Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月19日

ロボットに奪われない仕事4選|奪われやすい仕事の特徴

ロボット(AI)の発展が目覚ましいです。しかし令和の時代はロボットに奪われない仕事を探すのがたいへんだともいわれています。ロボットに奪われない仕事とはなんでしょうか。そこで今回は、ロボットに奪われない仕事4選と、奪われやすい仕事の特徴をご紹介していきます。

ロボットに奪われない仕事4選|奪われやすい仕事の特徴

ロボット(AI)とは?

ロボットに奪われない仕事4選|奪われやすい仕事の特徴
ロボット(AI)とは、ロボットにAIを搭載したものです。

従来のロボットは同じ作業をくりかえすだけの存在でした。しかし今は、繊細で微妙な仕事を人間の代わりにやってくれるロボット(AI)の誕生で、人材不足の解消がだんだんと行われる時代になりました。

ロボットに、人間のように考えて応用ができる人工知能AIを搭載することで、24時間働けてミスを起こさないロボット(AI)が社会で活躍を始めています。

ロボットの発展と人間の仕事の関係

ロボットの発展と人間の仕事の関係は、ロボット(AI)に奪われない仕事を人間がいかに探っていくかが課題になっています。

ロボット(AI)は万能です。現在の日本の少子高齢化対策の要といっても過言ではない状態にまでロボットの性能が上がっています。これに、ビッグデータの集積や映像・音声技術の高度化が拍車をかけています。

その結果、ロボット(AI)に奪われない仕事を探すことがわたしたちの課題になっています。

ロボット(AI)にできないこと

ロボットに奪われない仕事4選|奪われやすい仕事の特徴
ロボット(AI)にできないこととは何かを考えていきましょう。

ロボット(AI)に奪われない仕事を考える前に、ロボット(AI)ができないことに着目していきましょう。ロボット(AI)は人間に近い人工知能を有しているので、人間と同じような考え方や感じ方をアウトプットします。

しかし、ロボット(AI)はプログラミングや情報としてインプットされていないことは行動に移せません。そのあたりを見ていきましょう。

感情を考える

ロボット(AI)にできないことは感情を考えることです。

喜怒哀楽などの感情は、脳のドーパンミンや扁桃体などが関係して起こります。心や気持ちと呼ばれるこの目に見えない感情というものが、ロボット(AI)には現時点では搭載されていません。

近い将来はロボット(AI)が感情を持つともいわれています。ロボット(AI)が間違った情報を鵜呑みにして暴走しないように、感情をストッパーにしようという動きがあるからです。

リーダーとして人を率いる

ロボットに奪われない仕事4選|奪われやすい仕事の特徴
ロボット(AI)にできないことはリーダーとして人を率いることです。

ロボット(AI)はあくまで人間が作ったプログラミングです。ロボット(AI)は人間の道具として機能しているので、リーダーとして人を率いるようには設計されていません。

リーダーとは人を引き付ける魅力があり、統率力や理解力がなくては務まりません。現時点ではロボット(AI)がリーダーとして人を率いることはできていません。

教育

ロボット(AI)にできないことは教育です。

ロボット(AI)は現時点では教育をするようにはできていません。ロボット(AI)に奪われない仕事に、教師などの教育者が挙げられています。

しかし現在、小型の教育用のロボット(AI)の開発が進んでいて、一部実用化されています。これらのロボット(AI)が汎用人工知能と結び付いたとき、教育の分野がロボット(AI)に圧倒される可能性があります。

イレギュラーな対応

ロボット(AI)にできないことはイレギュラーな対応です。

ロボット(AI)はプログラミングされたことにしか対応できません。イレギュラーなできごとには人間でないと対応できないので、その部分は奪われない仕事として残ると予想されています。

しかし、イレギュラーな対応のビックデータがロボット(AI)に蓄積できたときは、さまざまな複雑な要望にロボット(AI)が対応できるようになる可能性があります。

ロボット(AI)に奪われない仕事の特徴4つ

ロボットに奪われない仕事4選|奪われやすい仕事の特徴
ロボット(AI)に奪われない仕事の特徴4つをご紹介していきます。

ロボット(AI)は創造性のある仕事はできないといわれています。人間が頭で想い描く発想はときに、突拍子もなくまったく新しい産物となり、芸術作品などとなってわたしたちの元へ発信されます。

ロボット(AI)に奪われない仕事はたくさんあるといわれています。人間にしかできない人間らしい仕事について見ていきましょう。

1:複雑なコミュニケーションが必要な仕事

ロボット(AI)に奪われない仕事は、複雑なコミュニケーションが必要な仕事です。

コミュニケーションは現在、仕事にとってとても大切な要素となっています。どんな仕事も対人関係が良くないとスムーズに行われないからです。

ロボット(AI)は複雑なコミュニケーションを自らとることはできません。ロボット(AI)はツールのひとつなので、こちらから働きかけないと仕事ができないからです。

2:クリエイティブな仕事

ロボットに奪われない仕事4選|奪われやすい仕事の特徴
ロボット(AI)に奪われない仕事はクリエイティブな仕事です。

無から有を生みだすことは、現時点ではロボット(AI)にはできません。創造性が必要な仕事は発想力が重要なので、プログラミングや入力されたデータ以外に出力できないロボット(AI)にはクリエイティブな仕事は無理だといわれています。

ただしロボット(AI)が小説やシナリオのプロットを考えたりヒントを与えたりと、補助的な仕事には現在使われています。

3:物理的な単純作業

ロボット(AI)に奪われない仕事に物理的な単純作業があります。

物理的な単純作業はロボット(AI)にもできますが、まったく同じ作業をくりかえす人間はいません。そのときそのときに複雑な対応をしながら、多彩な仕事をこなしています。多彩な仕事をロボット(AI)にさせるとなると、ロボット(AI)が何台も必要になってしまいます。

物理的な単純作業は実は人間らしい業務なので、ロボット(AI)に奪われない仕事です。

4:ロボット(AI)を開発する仕事

ロボット(AI)に奪われない仕事は、ロボット(AI)を開発する仕事です。

ロボット(AI)は人間によってプログラミングされて使われている道具です。ロボット(AI)の設計や開発は、現時点ではロボット(AI)には無理です。

人間社会が複雑に変化していく中で、わたしたちの考えや行動も変化しています。ロボット(AI)は人間について、まだまだ学習しなくてはならないことがたくさんあります。

ロボット(AI)に奪われやすい仕事の特徴4つ

ロボットに奪われない仕事4選|奪われやすい仕事の特徴
ロボット(AI)に奪われやすい仕事の特徴4つをご紹介していきます。

ロボット(AI)に奪われない仕事があるなかで、ロボット(AI)に奪われてしまう可能性が高い職業があります。今後、世の中の職業の半数近くがロボット(AI)に奪われるといわれています。そのうちわけを詳しく見ていきましょう。

わたしたちはそこから、ロボット(AI)と上手に共存して彼らに奪われない仕事を見極めていく方法を探っていきましょう。

1:簡単なコミュニケーションの仕事

ロボット(AI)に奪われやすい仕事に、簡単なコミュニケーションの仕事があります。

単純な質問に答える仕事や、マニュアル通りの返答が必要とされている職種です。現在、ホテルなどの受付業務はロボット(AI)が行っているところがたくさんあります。コンビニ・スーパーなどの小売店業務も、今後はロボット(AI)によっておこなわれると考えられている業種です。

2:解析や分析をする仕事

ロボットに奪われない仕事4選|奪われやすい仕事の特徴
ロボット(AI)に奪われやすい仕事は解析や分析をする仕事です。

ロボット(AI)がもっとも得意とする仕事が計算や解析です。これらの仕事は現在、アメリカでは人工知能AIが活躍し始めています。膨大な書類の処理も、ロボット(AI)を利用すればあっという間に終わらせることができるからです。

ロボット(AI)で社内のシステムを一元管理すれば、自動で解析や分析結果を提示してもらえるのでたいへん便利です。

3:管理や監視をする仕事

ロボットに奪われない仕事4選|奪われやすい仕事の特徴
ロボット(AI)に奪われやすい仕事に、管理や監視をする仕事があります。

セキュリティやデータの管理や監視をする仕事はロボット(AI)に向いています。今後もっとも重要となってくる個人データの管理や監視をロボット(AI)に任せれば、ミスがなく安心だからです。

4:PCで完結する仕事

ロボット(AI)に奪われやすい仕事に、PCで完結する仕事があります。

PCで完結する仕事はロボット(AI)がすべて行える業務です。社内システムを一元化してすべてロボット(AI)に任せてしまえば、統計や分析を自動で終わらせてくれます。

給与計算や勤怠管理もロボット(AI)に行ってもらえば、ミスや手間がなくなりコストの削減にも繋がって、人手不足が解消できます。

ロボット(AI)に奪われない仕事をするには?

ロボットに奪われない仕事4選|奪われやすい仕事の特徴
ロボット(AI)に奪われない仕事をするにはどうすればよいのかを、ご紹介していきます。

ロボット(AI)に奪われない仕事をするために、わたしたちは創造力を働かせて新しい物を生みだす工夫をしていくべきです。そのためにこつこつと努力を積み重ねて、どんな分野の仕事についても探求心と発展性を失わないことが重要です。

変化に対応できる人間だけがロボット(AI)に奪われない仕事を続けることができる時代がきています。

クリエイティブな仕事を選ぶ

ロボット(AI)に奪われない仕事をするには、クリエイティブな仕事を選ぶことが大切です。

芸術性の高い仕事はロボット(AI)にはできません。柔軟な発想ができるように常日頃から人とのコミュニケーションをとり、心豊かな生活を心がけましょう。クリエイティブな仕事のための努力を怠らないようにして、精進と勉強も必要です。

オリジナリティを生み出す

ロボットに奪われない仕事4選|奪われやすい仕事の特徴
ロボット(AI)に奪われない仕事をするには、オリジナリティを生み出す努力が必要です。

オリジナリティを生み出すために、さまざまな職業として経験を積み重ねていきましょう。研究心も必要です。セミナーや講座に出席して勉強を重ね、オリジナリティのある発想力を生みだしてロボット(AI)に対抗していきましょう。

新しい分野のパイオニアになる

ロボット(AI)に奪われない仕事をするには、新しい分野のパイオニアになる必要があります。

ロボット(AI)に奪われない仕事を探すのではなく、ロボット(AI)にできない仕事を産み出し、自らがパイオニアになっていきましょう。新しい発想、新しい仕事の開拓は、人間にだけにしかできない偉業です。

ロボット(AI)に奪われない仕事に就こう

ロボットに奪われない仕事4選|奪われやすい仕事の特徴
ロボット(AI)に奪われない仕事に就きましょう。

これからの時代は、ロボット(AI)に奪われない仕事を選ぶことが生き抜くコツです。そのためにも、ロボット(AI)に使われるのではなく、ロボット(AI)を使う側の人間になれるように努力をしていきましょう。

ロボット(AI)にはできないコミュニケーション能力を高めて、スキルを磨いてロボット(AI)を使いこなし、クリエイティブな仕事ができる人間になりましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related