Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月19日

ITエンジニアになるには?エンジニアを目指すための方法5つ

ITエンジニアはプログラミング言語を用いてサービスや商品を製作する仕事ですが、ネットワークやサーバーなど種類がたくさんです。初心者向けのプログラミング言語もたくさんあり、短いコードで色々と作る事ができるため覚えたら楽しい仕事だと感じるのは間違いありません。

ITエンジニアになるには?エンジニアを目指すための方法5つ

ITエンジニアとは

ITエンジニアになるには?エンジニアを目指すための方法5つ
ITエンジニアの「IT」は「 information technology」の頭文字から取っており、情報技術を指します。ITエンジニアはITに基づき、通信やネットワークを用いて行うエンジニアです。ITエンジニアは色々な種類があり、それぞれ全く異なる業務を行います。

ITエンジニアの業務内容は、パソコンでシステム開発やスマートフォンアプリの製作、ゲームソフトの製作など、色々な種類の物があります。

ITエンジニアの種類10個

ITエンジニアになるには?エンジニアを目指すための方法5つ
ITエンジニアは、「エンジニア」という言葉から理系出身の人が主に活躍する業界なのかと捉えられがちですが、文系出身でもなることができます。ITエンジニアはパソコンに詳しいだけでなく、文章力やコミュニケーション力も必要です。

理系以外の方でもパソコン関係に興味があれば、誰でも目指すことができる職業です。ここからは、ITエンジニアの種類について紹介するので、気になる人は参考にしましょう。

ITエンジニアの種類1:システムエンジニア

ITエンジニアになるには?エンジニアを目指すための方法5つ
システムエンジニアはITエンジニアの一つの種類で、システムの設計開発、テストなどを行うエンジニアです。より高い能力が求められるので、誰でもなれる訳ではありません。

システムの設計開発やテストだけでなく、依頼先との打ち合わせをするなどの営業力も必要です。依頼主にシステムの設計開発について説明したり、納期までに間に合うかなどの話し合いも行うため、人と話すのが苦手な人は向いていないでしょう。

ITエンジニアの種類2:プログラマー

ITエンジニアになるには?エンジニアを目指すための方法5つ
プログラマーは、SEが作成した設計書に基づき、プログラミング言語でシステムを実際に組む作業を行う仕事です。パソコンの画面に向かってひたすらコマンドを打ち込むイメージで、多くの人が想像するITエンジニアの姿に最も近いと言えるでしょう。

完成度の高い物を、より迅速に完成させる事が前提条件で、エラーがない物を納期までに完成させなければいけないため、集中力と正確性を常に求められます。

ITエンジニアの種類3:サーバーエンジニア

ITエンジニアになるには?エンジニアを目指すための方法5つ
サーバエンジニアは、色々なデータを保管するシステムの運用や保守、設計、構築などを行うITエンジニアです。この他にもセキュリティーに関する障害や対策に関する業務もあり、色々な仕事があるので忙しくなるでしょう。

サーバエンジニアは基本的に、資格がなければ就くことができません。Cisco技術者認定資格やマイクロソフト認定プロフェッショナル、Linux技術者認定資格などの資格が主に必要です。

ITエンジニアの種類4:ネットワークエンジニア

ITエンジニアになるには?エンジニアを目指すための方法5つ
ネットワークエンジニアは、ネットワークの管理や保守、構築、設計などを行うITエンジニアです。ネットワークに興味があり、ネットワークに関して知識が豊富な方や能力の高い方には向いているでしょう。

インターネットに繋げるDNSやルーターに関して、知識が豊富な人は楽しめる職種です。これからの時代は、ネット社会が次第に変わっていくと予想されているため、ネット社会に最も対応できるでしょう。

ITエンジニアの種類5:データベースエンジニア

ITエンジニアになるには?エンジニアを目指すための方法5つ
データベースエンジニアは、ネット上でデータを管理しているデータベースを扱うITエンジニアです。データベースはデータを保管する倉庫のような物で、常に管理することで必要なデータが取り出せるように運用していくのが主な業務内容です。

データベースエンジニアになるには資格が必要で、「ORACLE MASTER」や「データベーススペシャリスト」が主に必要でしょう。とても難しいので、勉強しなければ取得できません。

ITエンジニアの種類6:セキュリティエンジニア

ITエンジニアになるには?エンジニアを目指すための方法5つ
セキュリティエンジニアは、セキュリティに関するITエンジニアです。進化していくサイバーテロや攻撃に対し、ネットワークやサーバーをセキュリティで守るネット管理のスペシャリストと言われることが多いでしょう。

セキュリティの知識だけに留まらず、常にインターネットに関する知識を勉強することで、サイバーテロから身を守ることができるでしょう。サーバーの知識に加え、情報収集力や強い責任感が求められます。

ITエンジニアの種類7:エンベデッドエンジニア

ITエンジニアになるには?エンジニアを目指すための方法5つ
エンベデッドエンジニアは別名「組み込みエンジニア」とも呼ばれており、家電や車などの機械にプログラムを直接組み込むエンジニアです。炊飯器に「炊飯ボタンを押すと○○分でご飯が炊きあがる」などのプログラムがたくさん組み込まれているのが良い例です。

組み込む形のプログラムは、パソコンのプログラミングとは異なり「後で修正する」作業ができません。色々な状況に対応したプログラムを作成する必要があります。

ITエンジニアの種類8:セールスエンジニア

ITエンジニアになるには?エンジニアを目指すための方法5つ
セールスエンジニアは、技術力と営業力の両方の能力を兼ねるITエンジニアです。製品の専門的な知識がある技術職としての能力、色々な商品を顧客に売り込んでいく営業職の両方の性質があります。

専門性の高いシステムは、営業だけで顧客に説明するのは難しい時があるでしょう。セールスエンジニアはその難点を解決させられ、顧客がサービスや商品を仕事に活かせるようにサポートする時もあります。

ITエンジニアの種類9:インフラエンジニア

インフラエンジニアはサーバーやデータベース、ネットワークなどの色々なシステムの基盤を扱うITエンジニアの要素が一まとめになっています。システムの土台や裏側の部分を作っていく職種なので、裏方で活躍している人にはとてもオススメです。

大人数で仕事をする機会が多く、人と話すのが好きな方がオススメの仕事と言えるでしょう。
インフラの知識を身に付けてから、興味がある分野を学ぶ人が多いと言われています。

ITエンジニアの種類10:チーフエンジニア

チーフエンジニアは、自動車メーカーで担当している車種の全部の事柄を担当するITエンジニアです。商品や販売に関する企画や設計開発、評価を行います。他には生産や販売に関する指導、その結果や責任を背負う役割もあるでしょう。

チーフエンジニアは、社内外開発能力や市場品質問題、市場競合性、顧客ニーズ、技術動向など、色々な条件を満たした上で、製品が売れるように研究や開発を行います。

ITエンジニア目指す際におすすめのプログラミング言語

ITエンジニアになるには?エンジニアを目指すための方法5つ
ITエンジニアになるには、プログラミング学ぶ必要があります。しかしどのプログラミング言語を勉強するべきかを迷っている人は多いです。プログラミングは、最初に勉強する言語選びが大切だと言われています。

理由は、言語ごとで作れるサービスや製品が違い、難易度にもバラつきがあるからです。ここからは、ITエンジニアを目指す際にオススメのプログラミング言語について紹介するので、気になる方は参考にしましょう。

ITエンジニア目指す際におすすめ言語1:Python

PythonはGoogleやFacebookにも使用されている言語で、簡潔で読みやすいコードを使用するため初心者に人気です。Webシステムの開発をする際に使用する機会がほとんどですが、統計を解析する際にも使用します。

JavaやC言語よりも易しい言語で、短いコードで色々なプログラムを組むことができるでしょう。日本ではあまり馴染んでいませんが、これから普及が考えられるため需要がある言語と言えます。

ITエンジニア目指す際におすすめ言語2:JavaScript

JavaScriptはブラウザ上で使用するタイプのプログラミング言語であるため、対応するブラウザでJavaScriptのコードが組まれたウェブサイトを使用することができます。色々な物を作れるため、勉強するには最適でスマホアプリを作る事もできるでしょう。

そこまで難しい言語ではありませんが、ブラウザごとで動作が遅くなったりする場合があります。色々なWebシステムを開発する際に必要です。

ITエンジニア目指す際におすすめ言語3:Ruby

RubyはTwitterに使用されていたことがあり、他の言語より柔軟性あるため、短いコードで色々な物を作れるでしょう。使い勝手が良く、突然の変更やエラーにもすぐに対応できるため、短期間で何かを仕上げるのに使えます。

他の言語に比べて覚えやすいため、初心者にオススメできるプログラミング言語です。上述のPythonと同じ使用用途で、開発者が日本人であるためポータルサイトも日本語になっています。

ITエンジニアを目指すための方法

ITエンジニアになるには?エンジニアを目指すための方法5つ
ITエンジニアやプログラミング言語には色々な種類がありますが、これらを活かして実際にITエンジニアになるための勉強法は、独学やオンライン学習、専門学校への進学、会社の研修、オンラインサロンなどです。

自分に合った勉強法を試すのが最も効果的ですが、これから紹介する項目に関しては、メリットとデメリットの両方があります。その両方を見比べながら、どの方法が自分に最も合っているかを探していきましょう。

ITエンジニアを目指すための方法1:独学で学ぶ

独学でITエンジニアの知識やスキルを学ぶメリットとして、書籍代しか費用が掛からないため、他の方法より低コストで取り組めるでしょう。時間がある時にすぐ取り組めるため、自分のペースで勉強することができます。

一方で独学の場合は監督する人がいないため、分からない所があった場合は解決に時間がかかる所がデメリットになるでしょう。そのため間違っている所を改善できないために、挫折する人も少なくありません。

ITエンジニアを目指すための方法2:オンライン学習サイトで学ぶ

オンライン学習サイトでITエンジニアのスキルや知識を学ぶメリットは、どこでもパソコンとネット環境さえあれば勉強できる所です。近くに専門学校やITエンジニアについて勉強ができる環境がない場合は、どこでも好きな場所で勉強できるでしょう。

オンライン学習のデメリットは、独学と一緒で監督をしてくれる人が近くにいないため、分からない箇所を克服するのに時間を費やしてしまう所です。

ITエンジニアを目指すための方法3:プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールでITエンジニアのスキルや知識を学ぶメリットは、近くに指導してくれる人がいるので分からない箇所をすぐに解決できる所です。友人と一緒に勉強する事もできるため、勉強に対する意識を保つことができるでしょう。

一方でデメリットは、どこでも受講できる訳ではないので、授業以外は独学で勉強することになる所です。なので分からない箇所があった場合は、次の授業まで解決できないでしょう。

ITエンジニアを目指すための方法4:会社の研修を受ける

会社の研修でITエンジニアのスキルや知識を学ぶメリットは、必要なスキルやノウハウを身に付けられるだけでなく、研修員ごとのレベルに合わせて適切な課題を出せる所です。

ITエンジニアの育成に力を入れている場所でも、勢いだけで体制作りができていない場合は、指導の仕方が研修員ごとにバラバラになってしまうため、適切なノウハウやスキルを伝えられない場合があります。

ITエンジニアを目指すための方法5:オンラインサロンなどを開いている人から教わる

オンラインサロンでITエンジニアスキルや知識を学ぶメリットは、モチベーションが上がる所やエンジニアから話を聞ける所です。エンジニアから話を直接聞く事で、価値観が広がったりビジネス感覚が身に付きます。

しかし単純にエンジニアとしてスキルを上げるには、オンラインサロンよりインターネットや書籍を利用するのが手っ取り早いです。オンラインサロンでスキルを上げるのは難しいと言われています。

ITエンジニアに向けた学習方法は様々

ITエンジニアになるには?エンジニアを目指すための方法5つ
こちらではITエンジニアの種類、身に付けるのにオススメの言語、そしてITエンジニアになるためにはどんな方法が最適かを紹介しました。ITエンジニアと一言で表しても、色々な種類や言語があるため、目指している所に合っている物を選びましょう。

ITエンジニアへの就職や転職を目指すのであれば就職サポート付きのスクールがおすすめ

ITエンジニアになるには?エンジニアを目指すための方法5つ
ITエンジニアを目指すには、プログラミングを効率的に勉強できるかが重要です。プログラミングスクールに行く場合は、予約を取れるか、短期集中型か、マンツーマンで対応してもらえるかの3点に着目して選びましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related