Search

検索したいワードを入力してください

2017年05月10日

新社会人に必要なもの|男性/女性/事務職/営業職など

長き就職活動の果てに見事内定をもらい、春から新社会人として社会に出る方々は毎年たくさん誕生しています。新社会人には社会に出るにあたって必要なものがあります。今回は新社会人の必要なものを男女別に更に営業職と事務職に絞って説明していきます。

新社会人に必要なもの|男性/女性/事務職/営業職など

新社会人の方たちの声

就職活動を終え、春から社会の荒波へと投げ出される人たちがたくさんいます。そしてこの記事を読んでいるあなたもそんな方なのかもしれませんね。この記事では新社会人の必要なものを説明していきますが、まずは新社会人の困っている声を紹介していきます。あなたも共感できるかもしれません。

困っている声
「春から社会人になるんですけど、必要なものってなにかありますかね?あった方がいい資格やスキルを教えていただくととても助かるのにな…」

「営業ってなにが必要なの!?コミュニケーション力とか?(笑)」
「事務職ってパソコンの技術が必要なイメージ…」
「なにも準備しないまま時が過ぎて行ってるんだけど、ホントはなにか必要なんじゃないか焦ってきた…」

などたくさんの方が困っていたり、悩んでいます。ではさっそく新社会人の必要なものを説明していきます。

新社会人に必要なもの、男女別新社会人に必要なもの、営業職&事務職の必要なもの

新社会人に必要なものリスト

新社会人に必要なものは就職する会社や行う業務によって変わっていきますが、基本的な必要なものはどの職でも共通して言えるので、簡単に挙げていきます。詳しくは後々男女別や営業職・事務職と掘り下げて説明していきますでまずはこちらから読んでください。

新社会人にとって必要なものはこちらになります。

1、スーツ
社会人と聞いてイメージしやすい印象は何といっても「スーツ」ですよね。
これがなきゃ始まらないです。スーツを選ぶ際には黒色のスーツやグレーのスーツを選びましょう。新卒の方や若い方はちょっとおしゃれに着こなしたい気持ちもわかりますがそこは抑えてましょう。

しかしネクタイやハンカチなどは少しおしゃれな物でも問題なさそうです。(派手すぎないように!)初めから何十万もするスーツなんて揃えなくても大丈夫ですよ。スーツを取り扱っているお店などは新社会人のために社会人セットなど割引が効いたプランなども行っているので利用することをおすすめします。

2、名刺入れ・名刺ケース
こちらは持っていると便利なアイテムです。取引先など様々な人と交流したり仕事をする際に「名刺」は渡したりもらったりしますよね。この名刺をケースなどには入れずに保管していると大事な連絡先をなくしてしまったりと、思わぬトラブルの原因となってしまいます。
ぜひ名刺入れや名刺ケースは持っておくことをお勧めします。

3、腕時計
こちらも重要度は高くなってくる必要なものです。腕時計は時間を確認するためのものですが、腕時計をつけることはビジネス上などでは必ずつけなくてはいけなくなっていたりします。工場勤務などアクセサリーをつけてはいけない場合でも通勤時などにはつけておくと便利ですよ。

4、筆記用具関連
こちらも必ず常に持っておきましょう。筆記用具は主にボールペンなどを連想しますが、ボールペンだけを持っていても意味がありません。必ずボールペンと一緒にメモ帳も常備しておきましょう。ボールペンやメモ帳を持っていないと、仕事場の人や上司などに「やる気がない」「仕事を覚えようとしてくれていない」といったイメージを持たれてしまいます。
必ず持ち歩きましょう。

5、ハンコ(印鑑)
こちらも筆記用具ケースや名刺入れなど一緒に持ち歩くことをお勧めします。印鑑を使う予定が無くても急遽必要になったりすることがあります。準備が良いと思われるためにも常に持ち歩いていましょう。なみに普通の朱肉を使うタイプの印鑑とシャクハチタイプの印鑑の2つをもっておくと困ることが無いと思います。

以上が新社会人みんなに言える必要なものになります。他にもたくさん必要なものはありますが数が多すぎるので重要度の高いものを紹介しました。では次に新社会人になる前にやっておくべき必要なものを紹介します。

必要なもの(行っておくこと)

新社会人にとって必要なものは説明していきましたが、社会人になる前に行っておくべきことも数々あります。今度はそれについて説明していきます。

1、友人やなかなか会えなくなるであろう人には会っておくこれって結構大事なことですよ。社会人になると仕事に追われたり休みが少なくなり、今まで以上に人と出かけたり会ったりすることが出来なくなります。新社会人になる前の期間は時間があると思うので今のうちに友人など会えなくなるであろう人には会って話をするだけでも変わってきますので、ぜひ会いに行ったり、約束をつけましょう。

2、病院に行っておくこと
こちらも結構大切なことです。社会に出る前の期間に治せる病気や体調は病院などに行って治すことに努めましょう。なかなか治せないものであっても薬などをもらっておくのも忘れないようにしておきましょう。入社してからは仕事に慣れていなく、疲れが溜まりやすいのでなかなか病院に行けないこともあるので今のうちに行っておくことをお勧めします。

3、自分の家のデスクや部屋は片づける
新社会人になると会社や仕事で得た資料やデータなどは会社内で保管するのもいいのですが、自宅に持ち帰ったり自宅で保管する場合もあるので、今の期間中にきれいに整理整頓しておいた方が後々助かります。

以上が新社会人になる前に行っておくべき必要なものです。忘れないうちにやっておいてしまいましょう。それでは次に男女別に必要なものを紹介していきます。

男性の場合

男性の場合は以下のものが必要となってきます。
・携帯型髭剃り
男性は髭がすぐ生えてきますよね。そのため夜になると濃くなってしまいがちです。夜に取引先と交流などがある場合に便利です。

・脂ふき取り紙
こちらも男性ならではのことなんですが、顔などから女性よりも多く脂が分泌されます。こちらも携帯型髭剃りと一緒に持っておきましょう。

・歯磨きセット
こちらは男女ともに必要なものとなりますが比較的女性の方が持っている方が多い傾向にあると思います。男性も食事後の口臭などには気を付けましょうね。

以上のようなものが男性に必要なものとなってきます。男性の場合は身だしなみに関してのものが多いようです。

女性の場合

次に女性の場合です。女性は以下のものが必要となってきます。
1、メイクセット
こちらは女性の方は必須となるものです。そんなの言われなくても持ちあるいている方もいると思いますが、主に取引先に行く前やメイクが落ちてくる夕方などに使われます。

2、ストッキング
こちらは常識的にスーツやビジネスには素足はタブーとされています。ですからストッキングは必ず用意しましょう。

3、汗取りシートやマット
こちらは主に暑い時期に使います。汗が滲んだスーツは不快ですし、いい印象を持たれないので用意しておくことをお勧めします。

以上が主な女性の必要なものとなります。他にもたくさんありますが割愛させていただきます。いかがでしたか?男女ともに必要なものは変わってきますが、基本的に身だしなみについてのものが多いです。

営業職の場合

では次に職種の例として営業職の必要なものを紹介します。
営業職の方に必要なものは以下となります。
1、第一印象を心がける
営業に外へ出たり取引先と会うことを頻繁に行うため、身だしなみや印象は一番に気を使いましょう。
そのためには先ほど紹介した身だしなみアイテムのようなものを常に持っておきましょう。

2、コミュニケーション能力
こちらも営業職の方は必要となってきます。
コミュニケーション能力がないと悪い印象を持たれたり、仕事をうまく進められなくなるなど悪いことばかりです。
少しずつでいいので身につけていきましょう。

では次に事務職です。

事務職の場合

事務職をする方に必要なものはこちらになります。事務職は主に机に座って仕事を進めていきます。更に仕事内容によって変わっていきます。

1、電話応対の正しい受け答え
正しい日本語や話し方をしないと会社全体のイメージダウンのきっかけになってしまったり相手の方がうまく話を進められないなどの悪いことがあります。もし入社前に期間がある場合は電話応対などの勉強もしておくといいかもしれません。

2、PCスキル
やはり事務と聞くとパソコンのイメージはありますよね。パソコンを操作することもだいたいの場合あるのでこちらも期間内に勉強できそうならしておきましょう。

3、計算能力
こちらはパソコンで計算する場合もありますが、早く正確にできる方はとても大事にされますのでこの能力も必要になってきます。

新社会人が参考にしたい動画

必要なものを揃えることから仕事は始まる

いかがでしたか?新社会人に必要なものは理解できましたでしょうか?こちらを参考にしてぜひ入社前に準備できるものは準備してしまいましょう。最後まで読んでいただきありがとうございます。良い社会人ライフを送れることを願っています。

Related