Search

検索したいワードを入力してください

2017年01月25日

貯金1000万の資産運用・かかる税金・1000万にする年齢の目安

人間誰しも初めて1000万という金額が貯金できた時は、使い道や増やしていく方法に悩みます。今回は、貯金が1000万超えた時のおすすめ運用+貯金1000万にする年齢の目安+20代で貯金1000万にするには+貯金1000万の場合の税金について紹介していきます。

貯金1000万の資産運用・かかる税金・1000万にする年齢の目安

貯金が1000万を超えるということ

貯金が1000万を超えるということはとても大きなことです。それは貯金10万、100万とわけがちがいます。4桁の資産を持ったときの安心感というのは一般的に見ても大きいでしょう。その上、このくらいの金額を持つと人間の思考は変わってくるといわれています。それはちょっとやそっとではお金がなくならないという安心感やそれを蓄えられたことへの自信、そして未来の展望が開く期待感からくるもので、その気持ちは何にもかえががたいといえます。貯金1000万はそれだけあなたの人生に膨大な影響を与えてくれるということです。では、この大台1である貯金1000万を達成した人に向けて今後どうすればいいかについて考えていきましょう。

貯金が1000万超えた時のおすすめ運用

貯金が1000万あれば資産運用に大きな期待を持つことができます。
不動産投資は1000万だと物足りないですが、他の運用方法であれば十分に利益を得ることが可能です。

株・FX

まず、資産を大きく増やしたい方におすすめの運用方法は株やFXでの投資です。株やFXは買い時と売り時を間違えず、銘柄選別を適切に行えば大きな利益を出すことができます。中には資金100万ほどで何百億の資産に増やした人もいるくらいですから、運用に対する期待感は大きなものとなるでしょう。
これらには個人売買か投資会社に資金を預けて行う方法の2種類があります。自分で行う場合も、他人に任せる場合もそれ相応のリスクは覚悟する必要がありますが、それと同じくらいにメリットがあることも事実です。

国債投資

次に、安定した運用を臨むのであれば国債投資などはいかがでしょうか。国債とは国の借金のことでちょっとやそっとでは動くことがなく高利回り商品として注目されています。また、自分の持っている資産を安定して運用に回したいのであれば金運用という方法もあります。金は価値が約束されているばかりか、価値が上がれば大きく利益を出すことも可能です。

定期預金

他にも定期預金という方法もおすすめです。定期預金であれば金利が高く設定されているので安定して利益をだせます。しかも資産が減るリスクがほとんどありません。もちろん、銀行が何らかの理由で口座を凍結させてしまった場合はリスクがありますが、その場合でも1000万までは国が保証してくれます(1000万を預けてたときに出た利息はなくなります)。

貯蓄型の保険

他にも貯蓄型の保険に資金を投じて利回りを得るという方法もおすすめです。保険と聞くと病気や事故などのときい保証してくれるだけのイメージで毎月高い保険料を払わなければいけないイメージをもたれる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は貯蓄型の保険というのは定期預金よりも利回りのいいものが沢山あるのです。そうしたもので資産を運用していくのもひとつの手といえるでしょう。



これらの運用方法は一部のものですが、どれもメリット・デメリットを兼ね備えています。そうしたことから、自分でどの資産運用の方法が最適か適切に見極め、自分に合ったものを選んでいきましょう。

貯金1000万にする年齢の目安

貯金1000万にする年齢の目安ですが、答えは「できる限り早いほうがいい」です。一般的にみてもお金というのはこの時期にこれくらいあればいいなんてものではないからです。あればあるだけ、安心感も得られるし、自信もつきます。ですので、できるだけ早い段階で貯金の額を増やせるように努力を重ねましょう。しかし、強いて年齢の目安をたてるのであれば貯金1000万は30代の内に達成しておきたいところでしょう。なぜなら、30代は活発な働き盛りの年齢で、結婚をしたり、子供ができたり、お金が急にかかるイベントが待っている可能性が大きいです。そうしたときにすぐにお金を出すことができるように貯金1000万は30代の内に実現しておくとよいです。

20代で貯金1000万にするには

20代で貯金を1000万にしようと思えば、それ相応の努力が必要です。基本的に世の中の資産家は事業か投資の二種類で財を成しています。そのため、20代の内に1000万の貯金を達成するためには事業を興すか、投資で利益を出すかのどちらかが近道であるといえるでしょう。しかしながら、給与所得でも貯金1000万が達成できないというわけではありません。その人の年収によっても変わりますが、自分のお金を貯金に回す努力が必要であります。自分の年収を見て、どのようにしたら20代の内に貯金1000万が達成できるかきっちりと計画を立てるとよいでしょう。
1000万というのは非常に大きなお金なため、自分で計画を立てるのが難しいということであれば、ファイナンシャルプランナーに計画を考えてもらうこともできます。ファイナンシャルプランナーとは、いわば資産計画のプロフェッショナルです。そのため、あなたの資産状況や収入などを鑑みて、適切な計画を立ててくれるでしょう。

貯金1000万の場合の税金

貯金が1000万ある場合の税金ですが、銀行に預けていた場合の利息は利子所得ということになります。そのため、その利子所得には税金がかかってきます。もし、貯金1000万を運用する場合は運用益に当然税金がかかってきますし、そうなると確定申告も必要になってきます。こうしたことから貯金1000万の場合も何かしらの形で税金を払う形になるということを頭にいれておきましょう。税金の申告漏れで追徴課税なんてことになると大きなデメリットを被ることになりますから。

貯金1000万がある場合にしてはいけないこと

目の前にある銀行の通帳に1000万という大金がある場合にやってはいけないことがあります。それは理性を崩壊させるということです。人間はお金が絡んでくると正常な思考ができない場合があります。しかし、お金があるからと言って感情にまかせて動いていいというわけではありません。まず、やってはいけないことのひとつが豪遊です。
当然ですが、お金は使えばなくなってしまいます。計画も立てずに1000万の貯蓄を崩して使ってしまえば、すぐにその1000万というお金はなくなってしまうことでしょう。次にやってはいけないことはギャンブルです。ギャンブルはお金を一気に失う可能性のある最たるものといえます。例えば、ギャンブルのひとつに投機があります。投機とは短期間で株などの金融商品を売買して、利益を得ようという行為です。運用はある程度の計画的な思考が介在されますが、投機はそのときの感情や希望といった不確実性の高いものが多く含まれてきます。わかりやすいギャンブルもやってはいけないですが、こうした投機などにも気をつけましょう。

貯金1000万を持って人生をより豊かに

お金は人生を豊かにしてくれます。資本主義社会において価値を約束されたものであるからです。お金があればご飯を食べることができます。家を買うことができます。大切な人を守ることができます。もし、お金がなくなってしまえば路頭に迷うかもしれません。
何のために毎日必死ではたらいているのでしょうか、人生に刺激を与えるといったメンタル的な部分もありますが、大部分は労働における対価であるお金を得るためです。仕事は人生の半分を占めている方が多いことからもそれはよく分かることと思います。それだけお金はあなたの人生に密接に関わっているのです。そのため、あなたが努力の末に手にした貯金1000万を欲望に任せて使ってしまってよいのでしょうか。それは自分を否定していることにも繋がります。人生を豊かにしてくれる貯金1000万を無駄にしないようにしましょう。それは貯金するにしろ、運用するにしろ、どちらにおいてもいえることです。あなたは貯金1000万があれば何がしたいでしょうか。そうしたイメージを膨らませながら、自分の人生をよりよい方向へと導くために貯金1000万への道のりや使い道を考えていくとよいのではないでしょうか。

Related