Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月26日

経営企画の転職市場・転職サイト・エージェント5つ|経営企画の仕事内容5つ

経営企画は、グローバル化していくマーケットには必要不可欠な職種として転職市場でも注目が集まっています。各企業が海外進出を推進し新規プロジェクトを続々と立ち上げているなか、経営企画は会社のかじ取り役としての活躍が期待されています。

経営企画の転職市場・転職サイト・エージェント5つ|経営企画の仕事内容5つ

経営企画の仕事内容5つ

経営企画の転職市場・転職サイト・エージェント5つ|経営企画の仕事内容5つ
企業がグローバル化していくなかで、経営企画の転職市場は活性化しています。経営企画の仕事は「経営のかじとり」を柱とした業務が多岐にわたっており、会社の規模が大きくなればなるほど経営企画の効率的な機能が必要となってきます。

会社経営に最も重要な経営戦略や経営計画を立案する経営企画の仕事は、大変やりがいのある仕事です。ここからは、経営幹部と密接に行う業務にはどのようなスキルが必要なのか紹介していきます。

経営企画の仕事内容1:会社の経営戦略を考える

会社の経営戦略を考えることは、経営企画の中心的な業務です。経営陣が間違いのない判断をするために根拠ある数字をつかみ分析資料を作ることや、会社がどこに向かって行くのか目標を設定することは大変重要です。

転職市場で求められている人材は、現状の実績よりも未来の実績を変える意志があることです。そのためには、会社の数字をしっかり可視化できる能力や未来をプランニングできる能力が求められています。

経営企画の仕事内容2:データの収集・分析

経営企画の転職市場・転職サイト・エージェント5つ|経営企画の仕事内容5つ
経営企画は会社全体を担っていく部署として幅広い知識と経験が求められます。特に転職市場で求められる条件の一つにデータ分析力は重要な能力とされ、経営企画職には必須の条件となるでしょう。

経営企画は会社の中長期的な経営計画の策定や経営管理を行うことが、役割の一つとなります。その際に必要な営業データや人材資源などの情報を収集、正確なデータを分析をすることで、経営陣が必要とする要望に応えられるようになります。

経営企画の仕事内容3:データから資料を作成・経営戦略を立案

経営企画の仕事には、さまざまなデータを基にして作られた正確な自社専用のデータの作成が必要です。会社が今どのような状況におかれているのか、世の中では何がブームになっているのかなど、企業を取り巻く内部の状況や外部の経営環境を分析する必要があります。

転職市場が求める経営企画のスキルには、自社専用データ分析とマーケットのニーズや競合他社の調査を組み合わせて最適な経営戦略を立案できる能力が求められます。

経営企画の仕事内容4:立案した戦略を会議で経営陣に提案して経営目標を設定

経営企画の転職市場・転職サイト・エージェント5つ|経営企画の仕事内容5つ
経営企画の業務内容のひとつに経営会議を運営することがあげられます。経営会議での決定事項が会社方針として決められますので、立案した戦略を経営陣に提案する大切な機会となります。

ここで大切なことは経営陣に行うプレゼンテーションです。経営陣からは容赦ない質問や意見が飛んできますので、論理的な説明をしなければいけません。転職市場が求める経営企画の業務には論理的思考に基づいたプレゼンテーション能力は大変重要です。

経営企画の仕事内容5:目標達成のための具体的な対策・企画を提案する

経営会議で会社方針が決定すると、次の展開として目標達成のための具体的な対策・企画の提案が必要となります。

目標を達成するために必要な人員補強、広報活動や新商品の開発など、経営企画は新規プロジェクトを立ち上げて目標達成の実現に向かって取り組んで行くことが求められます。

このように転職市場が求める経営企画の業務には、データ分析力や論理的思考能力以外にもそれを活かす実行力が必要とされます。

経営企画の転職市場・転職サイト5つ

経営企画の転職市場・転職サイト・エージェント5つ|経営企画の仕事内容5つ
ここまでは、転職市場が求める経営企画のスキルや業務内容について説明してきました。経営企画の転職市場は一般には出回ってないことが多く非公開求人となることが多くあります。

そのため一般社員の募集要項とは違い面接の際にも役員クラスがでてくる可能性もありますので、転職する際にはさまざまな情報を集めミスマッチが起きないようにする必要があります。ここからは、経営企画職にも対応できる転職サイトをご紹介します。

経営企画の転職市場1:リクルートエージェント

経営企画への転職を考えるなら転職市場のなかでも圧倒的に取扱量が多い「リクルートエージェント」がおすすめです。

経営企画への転職は、取り扱っている求人数がもともと少ないうえ、少数精鋭の部隊で運営していることが多いため採用数も少ないのが現状です。

しかし求人数の少ない業界や職種であっても、豊富な案件を取り扱っているクルートエージェントなら見つかる可能性が格段にアップします。

経営企画の転職市場2:マイナビエージェント

経営企画の転職市場・転職サイト・エージェント5つ|経営企画の仕事内容5つ
第二新卒社員や20代向けの案件を急増させており、転職市場における優良企業の案件を豊富に抱えているのが「マイナビエージェント」です。

30代以降の評価は優れてはいませんが、マイナビエージェントだけが抱える独占案件が多く、経営企画の仕事に興味のある方にはおすすめできる転職サイトです。

サポート体制もしっかりしており熱い気持ちを持った担当者が多い事から、20代には絶大なる指示を受けています。

経営企画の転職市場3:doda(インテリジェンス)

転職市場における大企業や優良中小企業の案件も多く取り揃えており、経営企画の仕事を幅広く探すのにおすすめなのがdoda(インテリジェンス)です。

リクルートエージェントと同じように案件数が多いのが特徴で、ご自身の希望に合う求人を探しやすい面も人気です。

サポート体制もしっかりしており、面接前のアドバイスは業界一の評価を得ていますが、案件数の多さから質の低い案件も紛れ込んでいる点はご注意ください。

経営企画の転職市場4:パソナキャリア

経営企画の転職市場・転職サイト・エージェント5つ|経営企画の仕事内容5つ
「パソナキャリア」は、人材派遣業で長い年月をかけて作り上げた各企業との絆が深い実績のある優秀な転職エージェントです。

人材派遣業大手のパソナが運営しているパソナキャリアの特徴は、幅広い転職市場で得られた詳しい企業情報がしっかりしている点です。そのためサポート体制においてはとても厚みが深く、利用者からは最高評価を得られています。

案件数はやや少ないですが、初心者に優しいサポート体制は魅力的です。

経営企画の転職市場5:JACリクルートメント

転職市場におけるハイキャリア・経営企画の転職を狙うなら「JACリクルートメント」がおすすめです。窓口の狭い経営企画職や高ホジションなど質の高い案件が多く、キャリアに自信がある方には向いています。

ハイキャリアの案件に特化しているため、担当者も優秀な人材が多いいのですが、転職市場にマッチしない人材にはドライな対応になることがありますので注意が必要です。案件の数より案件の質を重視する方におすすめです。

経営企画の仕事で大変なこと3つ

経営企画の転職市場・転職サイト・エージェント5つ|経営企画の仕事内容5つ
ここまでは、経営企画の転職市場についてのさまざまな情報をお伝えしてきました。決して窓口が広いとは言えない経営企画の求人ですが、効率の良い転職サイトへの登録により幅広く経営企画の仕事を探すことは可能となります。

転職市場に強みがあり案件量の多い転職サイトには登録しておくだけでもメリットはあるでしょう。ここからは経営企画の仕事で大変な事についてお伝えします。ぜひご覧になってください。

経営企画の仕事で大変なこと1:サポーター業務が多い

経営企画職は、常に経営幹部とコミュニケーションを取りながら仕事を行うことが多いため、高いスキルを兼ね備えたハイセンスなビジネスマンと思われがちですが、意外にも地味な仕事も多く行っています。

例えば、データ収集のための資料探しやプレゼン資料作成など事務的な仕事も少なくありません。これも全て経営方針を間違いのない方向へ導くためであり、経営陣をサポートして企業をさらなる発展に導くために行っていることです。

経営企画の仕事で大変なこと2:高い能力が必要

経営企画の転職市場・転職サイト・エージェント5つ|経営企画の仕事内容5つ
転職市場における経営企画の仕事は、経営者を支えるために必要不可欠な部署として認識されています。

そのため経営企画にはエース級の社員が配属されることが多く、コミュニケーション能力や社内調整力にたけていたり、論理的思考能力が高く、マネジメント能力が豊富な人材が求められます。

また、未来を変えるために今やるべきことを見いだせるプランニング力は、最も経営者から期待される能力の1つです。

経営企画の仕事で大変なこと3:経営陣と現場との調整業務

経営企画では実際に現場で起こっているさまざまな問題点を経営陣へ伝え、業務改善を促したり労働環境を改善するなど、現場と経営陣の間に入り企業をさらなる発展に導くことが求められます。

そのためには、高いコミュニケーション能力が必用となります。コミュニケーション能力とは人の気持ちや感情をくみ取り、お互いの意思疎通をスムーズにする能力のことです。転職市場では人との信頼関係を築く調整力は必須条件となるでしょう。

経営企画の転職市場について理解を深めよう!

経営企画の仕事には、会社全体を見渡すことができる高いビジネススキルが必要とされます。また、社長以上に経営の中味を知る能力が求められることから、経営のプロフェッショナルと評価されることが多くあります。

このようなことから転職市場では未来の社長候補として募集されるケースも増えており、転職される方にはチャンスが増えること間違いありません。ご自身のビジネススキルを再確認し、チャレンジしてはいかがでしょうか。

Related