Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月15日

経営企画とマーケティングの違い5つ|両者の詳細について解説!

経営企画もマーケティングも会社の組織の中では人気の部署です。経営企画とマーケティングにはどのような違いがあるのか気になる人は多いのではないでしょうか。そこで、経営企画とマーケティングの違い5つや、それぞれの仕事内容について詳しく解説します。

経営企画とマーケティングの違い5つ|両者の詳細について解説!

経営企画とは?

経営企画は、社長などの経営陣と関わることも多く、会社の中でもエリートが集まる部署ともいわれています。このようなイメージから、経営企画に憧れを抱く人も多いのではないでしょうか。

会社の中でも「花形」といわれる経営企画が、どのような仕事をしているのか気になりませんか。経営企画の役割や仕事内容について詳しく見ていきましょう。

経営企画部の役割

経営企画部の大きな役割は、会社の経営戦略に基づいて計画を立て、その実現のために人材や資金などの分配の計画を立てることです。端的に言うと、会社の経営戦略を成功させるための計画を立てる部署です。

会社経営や事業計画におけるかじ取り役を担う存在であり、会社が取り組むべき課題や、会社が進むべき方向性を指し示すことが経営企画部の役割といえるでしょう。

経営企画部の仕事内容

経営企画部の仕事内容は、中期・長期的な経営企画の立案や経営管理です。会社の経営陣が決定した経営戦略に沿って、データ分析を行い業績の目標設定を行います。また、会社によってはビジネスモデルの構築やコスト削減の提案なども行うことがあります。

このように、経営企画部は幅広い仕事内容を担っており、それだけに、ここでは広い知識が必要になってきます。そのため、経営企画部は会社の「花形」と呼ばれます。

マーケティングとは?

マーケティングは経営企画と密接な関係を持っています。大きな会社になると、経営企画部とは別にマーケティング部を設置している場合もあります。会社にとっては、それほどマーケティングが大切になっています。

経営企画とも関係が深いマーケティングには、どのような役割があるのでしょうか。マーケティングの役割と仕事内容を詳しくご紹介します。

マーケティングの役割

会社でのマーケティングの役割は、自社製品がもっとも売れる仕組みを作り出すことです。製品が売れるためには、顧客のニーズに合ったものが、適切な価格や市場で提供される必要があります。

昨今では、実店舗だけでなくネット販売も拡大し、いつでも買い物ができます。そのなかで、他社の製品と差別化を図り自社製品を選んでもらうためには、どのようしたらよいかを徹底的にリサーチするのがマーケティングの役割です。

マーケティングの仕事内容

マーケティングの仕事内容は、消費者動向や市場の傾向などの調査や分析です。価格は適切か、消費者のニーズに合っているか、他社製品との差別化ができているか、など細かい分析を行うのがマーケティングの仕事です。

また、自社製品を売るにはどこで売るのが最も効率がいいのか、といった流通を考えたり、将来的な商品のトレンド予測、プロモーション活動の方法などを検討するのもマーケティングの仕事になります。

経営企画とマーケティングの違い5つ

経営企画とマーケティングには、密接な関係があります。どちらの部署も置かれている会社では、よく一緒に会議を行っていたりしていないでしょうか。

そうすると、経営企画とマーケティングの違いが気になります。どちらも会社の経営には欠かせない存在です。経営企画とマーケティングの違いを5つご紹介します。

経営企画とマーケティングの違い1:分析の対象

経営企画もマーケティングも「分析する」という点では同じですが、分析の対象がまったくといっていいほど違います。経営企画の分析対象は自社の情報なのに対し、マーケティングの分析対象は顧客や市場です。

同じように分析するのが仕事ですが、経営企画とマーケティングでは分析の対象に違いがあることを分かっていただけたでしょうか。社内の情報に目を向ける経営企画と、社外の情報に目を向けるマーケティングと考えてください。

経営企画とマーケティングの違い2:分析の範囲

経営企画とマーケティングの違いには、分析の範囲の違いが挙げられます。経営企画の分析範囲は経営戦略を実現させるための情報ですが、マーケティングの分析範囲は自社製品をもっと売るための情報です。

経営企画は経営戦略に基づいて、人材や資金・資産などの情報を集め分析を行います。マーケティングは、自社製品のターゲットのニーズや市場調査などが分析の範囲です。このように分析の範囲にも違いがあります。

経営企画とマーケティングの違い3:求められる役割

経営企画とマーケティングでは、社内で求められる役割も大きく違います。経営企画は、会社が長期的に営業利益を出すための舵取りを求められますが、マーケティングは自社製品をより売るための情報やプロモーションが求められます。

経営企画には、会社全体で目指すべき方向を指し示す役割があります。マーケティングは、いかに自社の製品を価値があるものにするか、他社との差別化を図り売り上げを上げるかが大事な役割です。

経営企画とマーケティングの違い4:会社での重要性

経営企画もマーケティングも会社では重要な役割を担っていますが、重要性の違いとは何でしょうか。経営企画は会社の方向性を決める舵取り役、マーケティングは自社製品の商品価値を高めるといった、それぞれ重要性のある役目を担っています。

会社を経営していくうえでは経営企画もマーケティングも、どちらも会社にとっては重要なセクションです。どちらかが欠けてしまえば、会社としての競争力は著しく落ちてしまうことでしょう。

経営企画とマーケティングの違い5:会社に与える影響

経営企画とマーケティングでは、会社に与える影響も違います。会社の舵取り役である経営企画が立てる経営戦略によっては、会社の進むべき方向性に大きな影響を与えます。マーケティングの分析次第により、自社製品の売り上げに影響が出ます。

経営企画とマーケティングでは、分析する分野が違うため、会社に与える影響にも違いが出るのは当然です。違いがあっても、会社にとっては大事な仕事です。

マーケティングは経営企画の中に含まれる

分析する分野はまったく違いますが、実はマーケティングは経営企画の中に含まれます。これまで経営企画とマーケティングの違いについてお伝えしてきたにもかかわらず、マーケティングは経営企画の中に含まれるといわれて混乱している方も多いのではないでしょうか。

今までは経営企画とマーケティングの違いについて見てきましたが、ここでは経営企画の中に含まれるマーケティングについて詳しくご説明します。

マーケティングで分析すること

マーケティングで分析することは、製品(Product)・流通(Place)・価格(Price)・プロモーション(Promotion)で、すべての頭文字に「P」が付くことから「マーケティングの4P」といわれています。自社製品の品質や機能、市場の価格調査など徹底的に分析を行います。

自社製品を効率よく販売するために、実店舗で販売するのかネットで販売するのかなど小売に関する分析もマーケティングが行います。

経営企画で分析すること

経営企画で分析することは、全社戦略・事業戦略・機能戦略の3つです。例えるならば「○○を作っている会社」といったイメージを作るのが全社戦略で、各事業でライバルとなる他社とどのように競合していくのか、情報を集め分析するのが事業戦略です。

機能戦略は、研究開発・生産・販売・財務・人事など社内の経営資源を分析し、どのように活動するのかを決定します。マーケティングは、この機能戦略の一環であるといえます。

マーケティングと経営企画部の違いを知ろう

経営企画とマーケティングは情報を集め分析するという点では同じですが、分析する対象や内容は、まったくといっていいほど異なっています。社内の情報を分析するのが経営企画で、マーケティングは市場や商品の情報を分析します。

大きく見ると、マーケティングも経営企画の中のひとつですが、マーケティングと経営企画部では、分析する対象に違いがあることをしっかり理解しておきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related