Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月13日

経営企画職への主な転職理由5つ|経営企画職で重宝される人の特徴

「会社の舵取り役」とも言われる経営企画職。花形の職業である経営企画職に転職をしたいと考える方も多いのではないでしょうか。この記事では、経営企画職への転職理由や経営企画職で重宝される人の特徴などを紹介しています。経営企画職に興味がある方はぜひ読んでみてください。

経営企画職への主な転職理由5つ|経営企画職で重宝される人の特徴

経営企画とは?

たくさんある職業の中で経営企画という職業があります。花形の職業や、エリート部隊のようなイメージを持っている方も多いことでしょう。中には経営企画という職業について初めて聞くので難しい仕事だ、堅苦しい仕事だ、という印象を持つ方もいるのではないでしょうか。

ここでは、経営企画では一体どんな仕事をしているのかについて紹介します。

経営企画部の役割

経営企画とは、会社の中長期的な経営計画などの策定や管理を行うことです。

小さな企業や設立したばかりの企業では、社長自らが経営企画を行っていることもあります。「会社経営・事業計画の舵取り役」と言われていたり、「会社の脳みそ」と考える方もいます。

その仕事内容から他の部門と協力し合う機会が多くあり、昼食を一緒に過ごすなどのコミュニケーションを意識するなど、人間関係を築き上げることが大切になります。

経営企画部の仕事内容

会社全体に視点を置いた、会社全体に関する幅広い仕事をカバーする業務を担当するのが、経営企画です。

経営企画の仕事は幅広く、経営会議の運営では必要な資料を用意したり、会議の進行を担当することもあります。正しい企業経営を行うための内部統制の策定、それが実行されるよう指導も行います。

また新事業の立ち上げ、他社との交渉、M&Aの推進、さらに上場企業だと株主総会の進行なども経営企画の仕事内容になります。

転職において転職理由は重要!

前職に不満があっても面接などでそのことについてネガティブに伝えてはいけません。嘘を吐かず、本当の転職理由をポジティブに伝えることが大切です。

自分が面接官の立場だったとして、面接相手が前の職場への愚痴や転職理由をネガティブに伝えられたりしては「大丈夫かな」と不安になります。

面接官が自分と一緒に働きたいと考えてくれるよう、ネガティブな転職理由もポジティブに言い換えて述べることは非常に大切です。

経営企画部は人気の花形職

経営企画の仕事は花形職と言われます。社長などの会社の上層部の近くで仕事ができ、エリート部門であったり、出世コースなどと言われることも多くあります。

社長に次ぐ会社のナンバー2と言われることもあります。出世コースとしてはまず課長を目指すことになるでしょう。また、中小企業では未来の社長候補として経営企画職の人材を求めることも、近年はあると言われています。

人気のある花形の職業であることも頷けます。

経営企画職への主な転職理由5つ

経営企画職への転職理由には、どんなものがあるのでしょうか。会社員が転職を考える理由はいろいろです。仕事をしていると、転職に踏み切れるかは別として、ささいな瞬間に「転職しようかな」なんて考えることもあるのではないでしょうか。

転職理由は人によりますが、特に多いであろう5つの転職理由について紹介します。

経営企画職への主な転職理由1:自分のこれまでの経験を活かしたい

転職理由のひとつに自分の経験を活かしたい、というものがあります。自分がこれまで培ってきた経験を転職したい仕事先で活かせるのなら、とても嬉しくありがたいことです。

そこで、自分の経験を活かして会社にどのように貢献できるのかをアピールすることが大切です。「より幅広い分野で活躍したく、前職で身につけた経験を活かしていきたい」と伝えることができると良いでしょう。

経営企画職への主な転職理由2:より評価される会社で働きたい

仕事において、やりがいがあるというのはより仕事を頑張れる大切なことです。しかし、自分の努力に見合った評価がされないとやりがいというのは感じられません。働くならば自分の努力を認めてくれ、評価してもらえる会社で働きたくなります。

そのため、前職でやりがいを感じられないなどの不満があると、より評価される会社で働きたいということを転職理由に挙げる人もいます。

経営企画職への主な転職理由3:違う業界を経験したい

転職理由に違う業界への興味を挙げる理由は人によって違い、たくさんあります。単純にやったことのない仕事への興味もあるでしょう。

実際に仕事をしてみて、想像していた仕事ではなかったなどの不満が転職理由になり、違う業界の仕事への転向を考える人もいます。

自分の今までの仕事や経験を経営企画職の業界に入るにつれてどう活かせるか、しっかりアピールしましょう。

経営企画職への主な転職理由4:収入が良い

会社経営の核である経営企画職は年収約400万~2,500万と、かなり高収入な職種であると言えます。

転職理由として、お金のことを真っ先に考える人も多いのではないでしょうか。前職に収入の面での不満があったのならば、転職理由に収入についてのことを思い浮かべる人も多いはずです。

面接の際は、転職理由をただ収入が良いからと伝えるのではなく、「高くモチベーションを持ち仕事に勤めたい」と伝えるのが良いでしょう。

経営企画職への主な転職理由5:自分の能力を活かしたい

経営企画職は会社の核となる大事な仕事なので、いろいろなスキルが必要になってきます。自分の持つ能力をやりたい職業に活かしたいというのは立派な転職理由です。

実行力・コミュニケーション能力・プレゼンテーション能力、他にもたくさんのスキルが経営企画職には必要になります。自分の能力が経営企画職に活かせるということのアピールをしましょう。

経営企画の転職で重宝される人とは?

優秀な人揃いの人気の高い花形の職業である経営企画職ですので、憧れがある人も多いことでしょう。いったいどのような人が経営企画職に就けるのか、気になるところです。

では、経営企画職への転職において重宝される人とは、いったいどのような人でしょうか。

経営企画の経験がある

経営企画に限らず、やはり経験があるというのは会社にとっても非常に心強い人材です。

経験者ということは業界についても詳しいですし、優秀な方であることもわかるので会社としても即戦力となります。また、海外への進出に前向きな企業が多くなってきているので、海外でのビジネス経験のある人を探す企業も増えています。

プレイヤー・マネジメント両方の能力が高い

自らが率先して成果や会社の利益を出すことが得意なプレイヤー型と、リーダーシップを発揮し全体を見まわすことが得意で、部下の育成にも長けているマネージャー型とがあります。

プレイングマネージャーという言葉もありますが、プレイヤーとネージャー、双方の能力が高いことは経営企画で重宝されるでしょう。

さまざまな分野の仕事を任されることが多いのが経営企画です。双方の能力が高いことは非常に大切になるでしょう。

学ぶ意欲が高い

やはり、学ぶ意欲が高いと良い印象を持ってくれるでしょう。

しかし、ただ学びたいという姿勢だけを伝えるのは良くない例になります。今まで学んだ何を活かしてどう頑張っていくか、次はなにを学びたいかまでを転職理由としてアピールできると、さらに良い印象を与えることができるでしょう。

また、海外進出に前向きな企業が多くなっているので、英語を積極的に学んで行けると良いでしょう。

突出している専門知識がある

経営企画部の意見は専門的な知識による裏付けが必要になります。幅広い経済知識、経理や財務への知識、企業の経営に関する法律知識などの専門知識があると、企業から重宝される人材になるでしょう。

しかし、経営企画の仕事をする上で必ず取得しなければいけない資格がある、ということはありません。資格などは必要ありませんが、自分自身のスキルアップのために、公認会計士や税理士などの難易度の高い資格を取得する人も多いです。

経営企画部への転職理由を知ろう

転職するときは、他の人の転職理由を知ることも大切です。

簡単に仕事を手にすることが難しい時代、転職しようと行動に移せるのはとてもすごいことです。就きたい職業に就くには、もともとはネガティブだった転職理由をポジティブに言い換えたりするなどの、良い印象を与えることが大切なことのひとつになってきます。

思い切って転職をすることになることでしょう。熱意をもって仕事に勤めることをアピールしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related