Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月21日

経営企画の仕事はつらい?つらいと感じる理由5つと対処する方法

経営企画に異動すると一般的には出世したとして羨ましがられるものですが、そのハードな業務内容ゆえにつらいと感じる人も少なくありません。この記事では経営企画の仕事がつらいと言われる理由に加えて、その対処法についてもご紹介しています。

経営企画の仕事はつらい?つらいと感じる理由5つと対処する方法

経営企画の仕事とは?

みなさんは、経営企画の仕事について関心を持ったことはあるでしょうか。簡単に言うならば、経営企画とは会社経営のサポートを行う役割のことです。

経営企画は会社の経営の根幹となる経営方針を策定するのに参加したり、経営者の業務を深いところまでサポートすることになります。

このことが、経営企画に異動した人が「出世組」や「勝ち組エリート」と呼ばれる所以です。

責任が大きくつらい仕事と感じる人も多い

一般的に経営企画に異動すると出世したエリートとして羨ましがられるものですが、中にはその仕事の責任の大きさゆえに「つらい」「やめてしまいたい」と考える人も少なくありません。

この記事では経営企画の仕事がつらいと言われる理由は、その対処法について徹底解説しているので、経営企画の仕事に携わっている方もそれに興味がある方もぜひ最後までご覧ください。

経営企画がつらいと感じる理由5つ

経営企画は会社の花形的なポジションであると同時に、年収も高くまさに勝ち組的な印象を受けることでしょう。

ですが、実際に経営企画の仕事をしている人の中には、その仕事をつらいと感じている人も多くいます。

では、なぜ経営企画の仕事はつらいと感じるものなのでしょうか。ここからは、経営企画の仕事がつらいと言われる理由についてご紹介していきます。

経営企画がつらいと感じる理由1:高度な能力が幅広く必要

経営企画の仕事がつらいと言われる理由としてまずご紹介したいのが、高度な能力を幅広く要求されるということです。

経営企画は経営方針の策定など、会社の根幹に携わる重要な仕事であるため、一つの能力に特化しただけでは十分に勤まらず、複数の高い能力を持っていることが常に求められます。

経営企画の人間に対して求められるハードルの高さゆえに、つらいと感じるのも無理はないでしょう。

経営企画がつらいと感じる理由2:休日を勉強時間にあてる必要がある

休日を勉強時間にあてる必要があるというのも、経営企画がつらいと言われる理由のひとつです。

経営企画の仕事は非常にマルチであり、常に最新の情報をアップデートして専門的な勉強をしなければこなすことができないため、貴重な休日を勉強に費やさなければいけない状態が続きます。

平日は仕事で非常に忙しいのに、たまの休日も十分に休みを取ることができないならば、つらいと感じるのも致し方ありません。

経営企画がつらいと感じる理由3:経営陣と事業部門との板挟みになる

経営企画がつらいと言われる理由のひとつとして、経営陣と事業部門との板挟みになるということも挙げられるでしょう。

経営企画は経営を指揮するリーダーではなく、経営陣のサポートを行う役割を担っている上に、経営陣と事業部門との橋渡しを務める中間管理的な役割も同時にこなさねばなりません。

そのため時には両者の板挟みにあい、調整役がつらいと感じることでしょう。

経営企画がつらいと感じる理由4:特命すぎて仕事が見えない

特命すぎて仕事が見えないというのも、経営企画の仕事がつらいと感じる理由のひとつに数えられるでしょう。

経営企画の仕事は会社のコアな経営方針など、重要機密事項を取り扱うことも多いため、その仕事を他言することは許されず、周囲からすると「何の仕事をやっているのかわからない」「暇そうだ」とやっかみを受けることも少なくありません。

仕事について言いたくても言えないのは、つらいことでしょう。

経営企画がつらいと感じる理由5:社長の雑務が多い

経営企画の仕事がつらいと感じる理由のひとつに、社長の雑務が多いということも含まれます。

経営企画では経営陣のサポートを行うため、その一環として社長が経営企画の人間を秘書や雑務係のように扱うことも少なくありません。

経営陣との距離が近いゆえに起こってしまう、経営企画ならではのつらさや悩みだと言えるでしょう。

つらい経営企画の仕事を対処する方法

以上で見たように、経営企画の仕事がつらいと感じる理由はさまざまです。一見すると華やかでエリートな印象を受ける経営企画の仕事ですが、実際には泥臭いところも多く、つらい仕事だと言えるでしょう。

では、つらい仕事をどのようにすれば楽にすることができるのでしょうか。ここからは、つらい経営企画の仕事への対処法についてご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

旅行などストレス発散をする

つらい経営企画の仕事への対処法としてまずおすすめしたいのが、旅行にでかけるなどストレス発散をするということです。

経営企画は精神的にも体力的にも非常にストレスのたまる仕事ですので、休日には旅行に出かけるなどして仕事から完全に切り離された非日常的な経験を楽しみましょう。

また、休日にはできるだけ仕事のことを考えないようにすることも大切です。

転職も視野に入れる

どうしても経営企画の仕事がつらいと感じてストレスがたまるのならば、思い切って転職を考えてみるのも一つの手でしょう。

経営企画はエリート組と世間一般では思われているため、そのキャリアを十分に活かして戦略的に転職活動を行えば、キャリアダウンや年収ダウンをすることなしに自分の望む転職を実現することも可能です。

経営企画の仕事が向いている人の特徴3つ

非常にハードな経営企画の仕事は、向き不向きが大きく分かれると言えるでしょう。では、一体どのような性格の人であれば経営企画の仕事につらさを感じず、順調にそれをこなすことができるのでしょうか。

ここからは経営企画の仕事に向いている人によく見られる特徴をご紹介していきますので、ご自身に当てはまっているかどうかチェックしてみてください。

経営企画の仕事が向いている人の特徴1:論理的思考能力

経営企画に向いている人は、まずもって論理的思考力を持っています。

常に冷静沈着であり、しっかりとしたエビデンスにもとづいて論理的に物事を考え、適切で合理的な判断を下せる人は、会社の経営をサポートする経営企画に適性があると言えるでしょう。

また、その論理的思考の説得力をもって人に伝えるスキルがあれば、なおさらです。

経営企画の仕事が向いている人の特徴2:コミュニケーション能力

コミュニケーション能力に長けているというのも、経営企画の仕事に向いている人ならではの特徴です。

経営企画は経営陣のサポートを行うと同時に、経営陣と事業部門の橋渡しを行うため、両者と密にコミュニケーションを取らねばなりません。

そのため、優れたコミュニケーション能力と対人スキルは経営企画の仕事に必須の要素だと言えるでしょう。

経営企画の仕事が向いている人の特徴3:サービス精神が豊富な人

経営企画の仕事が向いている人の特徴のひとつとして、サービス精神が豊富であるということも含まれます。

与えられた仕事だけを淡々とこなすのではなく、求められたもの以上の仕事に自発的に取り組み、経営陣のサポートを積極的に行うことができれば、一流の経営企画の仕事ができるでしょう。

経営企画の仕事がつらい理由を知りうまく対処しよう

今回は経営企画の仕事がつらいと言われる理由について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。

経営企画の仕事に興味のある方は、その仕事のつらさやハードさに加えて自分の適性を知り、つらい経営企画への対処法もチェックしてみてください。

Related