Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月11日

Webマーケティング手法と種類5つ|Webマーケティングとは何か?

インターネットが日常の時代になり、マーケティングでも特にWebマーケティングが重要になりました。Webマーケティングはマーケティングと何が異なり、どういった種類の手法があるのでしょうか。Webマーケティングの手法の種類や効果測定の種類などについてご紹介します。

Webマーケティング手法と種類5つ|Webマーケティングとは何か?

Webマーケティングとは何か?

Webマーケティングという言葉をよく聞くようになりました。Webマーケティングはマーケティングの数ある手法の中の1つです。

マーケティングとは商品が売れる仕組みを作る活動のことを指しています。Webマーケティングはその一環としてインターネットを利用して商品が売れる仕組みを作る活動を行うことです。

この記事ではWebマーケティングについて知りたい人にWebマーケティングの種類や手法についてご紹介します。

Webマーケティングとマーケティングの違い

Webマーケティングはマーケティングと何が違うのでしょうか。リアルな市場でのマーケティングもWEBマーケティングも「お客様がどのようなものを求めているか」調査するという意味では違いはありません。

両者の違いとして、対応スピードの違いがあります。Webマーケティングは常にユーザーの反応を見られるので、記事をこまめに更新したり改善したりすることが可能です。リアルな市場では迅速な対応が難しい場合があります。

Webマーケティングの必要性3つ

Webマーケティングはなぜ必要なのでしょうか。

近年、インターネットを利用するのが当たり前になり、企業がビジネスでWebサイトを運営することは当然となりました。インターネットはユーザーが能動的に情報を探すメディアのため、ユーザーが何に興味を持っているのかを常にチェックする必要があります。

そこで押さえておく必要があるのが、カスタマーエクスペリエンス、インターネット、購入を判断する媒体の3つです。

Webマーケティングの必要性1:カスタマーエクスペリエンス

カスタマーエクスペリエンス(Customer Experience)とは、顧客が体験する価値を意味します。商品やサービスの金銭的な価値だけではなく、購入前の販促や購入後のサポートなど、関連する顧客体験すべてが対象となります。

カスタマーエクスペリエンスが顧客の期待以上であれば、リピートの可能性が高まります。Webマーケティングでは、このカスタマーエクスペリエンスを計測することが可能です。

Webマーケティングの必要性2:インターネット

Webマーケティングの必要性を考えるのに外せないのがインターネットです。

余暇にパソコンやスマートフォンなどでインターネットを利用する時間も増えています。

インターネットはテレビや雑誌を超える広告媒体であり、これを支えるWebマーケティングも重要な位置づけとなります。

Webマーケティングの必要性3:購入を判断する媒体

顧客は商品を購入するかどうかの判断材料として、これまではテレビやカタログなどを参考にしてきました。

近年は企業の公式サイトや商品比較サイトなどを判断のために見る顧客が非常に増えました。そのため、サイトを見た際に更新されていなかったり適切な情報が載っていないと顧客の心を掴むことができません。

多くの種類がある商品の中から、自社の商品を選んでもらうためにもサイトを運用するWebマーケティングが重要です。

Webマーケティング手法と種類5つ

Webマーケティングが近年のマーケティング手法として非常に重要であることがわかりました。では、Webマーケティングでは具体的にどのようなことを行うのでしょうか。

ここではWebマーケティングで行う手法の種類として、SEO、リスティング広告、アフィリエイト、アドネットワーク、SNS広告の5つの手法の種類をご紹介します。

Webマーケティング手法と種類1:SEO

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、「検索エンジン最適化」を意味します。

GoogleやYahooなどの検索エンジンの検索結果で、自分のWebサイトを多く露出させるために施策を打つことです。特にタイトルの付け方が重要で、長さに気をつけたり、検索エンジンで検索された際に上位にあがってくるようなタイトルをつける必要があります。

Webマーケティング手法と種類2:リスティング広告

リスティング広告とは、Googleなどでの検索結果に連動して表示される広告のことです。ユーザーが検索している関心が高い時に広告が表示されるので、高い効果を発揮します。

SEOと似た種類の手法ですが、表示をコントロールできるという点で異なります。リスティング広告はキーワードの入札価格や広告としての品質によって順位付けされて表示されるので、お金を出しさえすれば検索結果の上部に表示させることができます。

Webマーケティング手法と種類3:アフィリエイト

アフィリエイト(Affiliate)とは「加入させる」という意味で、広告主の商材をブログで紹介し、その成果に応じて報酬が決定する成果報酬型のWeb広告のことを指しています。

広告を掲載するためのブログを構築し、多数の種類があるASPの中から自分に合うものを選んで登録すれば準備完了です。ただし、それだけではブログを見てもらえないので、SEOを行ったり収益改善のためにアクセス解析を行う必要があります。

Webマーケティング手法と種類4:アドネットワーク

アドネットワーク(Ad Network)とは、WebサイトやSNS、ブログなど複数の広告媒体を集めて広告配信ネットワークを作り、それらの媒体に広告をまとめて配信する仕組みのことです。

さまざまなWebサイトやSNS、ブログなど多くの種類の媒体にまとめて広告出稿ができるので、より多くのトラフィックが見込めます。また、アドネットワーク業者に掲載前後の処理を一括して任せられるので、業務効率化も図れます。

Webマーケティング手法と種類5:SNS広告

SNS広告とはFacebook、Twitter、InstagramなどのSNSツールに掲載される広告のことです。

SNS広告の最大の特徴は正確なターゲティングを行うことができることです。SNSの利用ユーザーは年齢や居住場所など、自分の基本的なプロフィールを記載しているため、複数の種類の情報をこちらで入手しなくても、情報に合わせてターゲティングが可能になります。

Webマーケティングの効果測定方法3つ

Webマーケティングにおける基本的な手法の種類をご紹介してきました。Webマーケティングの特徴として、これらの手法で行った効果もスピーディーに測定することができるということがあります。

Webマーケティングの効果測定の方法の種類として、ここではアクセス解析、ヒートマップ、ユーザーテストの3つの種類についてご紹介します。

Webマーケティングの効果測定方法1:アクセス解析

アクセス解析とは、Webサイトへのアクセス記録を解析することです。

アクセス解析によってユーザーがいつ、何名訪問したかのカウントだけではなく、何回目の訪問なのかやページの滞在時間、ページにたどり着くまでの検索エンジンや検索キーワードまで知ることができます。

オンラインでの購入はユーザーの購入要因を探ることが重要です。アクセス解析を通じて、スムーズに購入できるように動線を意識する必要があります。

Webマーケティングの効果測定方法2:ヒートマップ

ヒートマップとは、ホームページ内でのユーザーのアクションの大小をサーモグラフィーのように表示する機能のことを指しています。ユーザーがどこを一番見ているのかをマウスの動きやスクロールなどから解析し、色で表します。

ヒートマップの種類にはクリックヒートマップやマウスヒートマップ、スクロールヒートマップなどがあります。これによってデザインを見直したり、コンテンツの配置換えを行ったりすることができます。

Webマーケティングの効果測定方法3:ユーザーテスト

ユーザーテストとはWebサイトやソフトウェア、製品などの使い勝手をユーザーに試してもらうことで問題点や改善点を見つけることを意味します。第三者にチェックしてもらうことで制作者側では気付かない問題を発見することができます。

一般ユーザーから被験者を集め、シナリオに応じた操作をしてもらいます。その際に操作状況をビデオで撮影したり、感想などを話してもらうことでサイトの見直しにつながります。

Webマーケティングとマーケティングの違いを把握しよう

Webマーケティングの手法の種類や効果測定の方法などについてご紹介してきましたが理解できましたでしょうか。

Webマーケティングがマーケティングと違う点は施策から結果までがWeb上で完結することです。また、Webマーケティングはターゲティングやコスト、費用対効果に優れているというメリットがあります。

さまざまな手法の種類がありますが、何を意識するかを押さえて効果的なマーケティングを行っていきましょう。

Related