Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月01日

マーケティング・営業企画の仕事の種類7つ|仕事のやりがい4つとは?

マーケティングと営業企画の仕事の種類や内容について、基礎部分を知りたいと考える人におすすめな記事となっています。マーケティングと営業企画について、これから学びたい、もしくは現在マーケティング・営業企画の仕事に就いている人に向けた記事となっています。

マーケティング・営業企画の仕事の種類7つ|仕事のやりがい4つとは?

マーケティングとは?

マーケティングというと、市場調査や広告など、営業企画のようなイメージをされる人も多いとおもいますが、それは数種類あるマーケティングの一部を指したものに過ぎません。

「お客さまに商品価値を提供し、対価をいただくこと」を目的としたマーケティングには、お客様の頭の中に商品イメージを作り上げる必要があります。

そのためには、プロセスが重要です。ここからはマーケティングの流れや種類について解説していきます。

市場分析

マーケティング活動には、さまざまな種類がありますが、まずは市場を分析することからスタートします。顧客や消費者が求めているものを知り、売れる商品を開発したり、仕入れたりするのに必要なことです。

市場分析を行うには、公的機関の統計データを利用したり、消費者やアンケートを取ったり、POS実績を利用したりなど、さまざまな種類があげられますが、多くの企業は社外秘としており一般的に確認することは難しいでしょう。

セグメンテーション

マーケティングには、いくつかの種類がありますが、セグメンテーションはマーケティングの基本とされています。

セグメンテーションとは、市場を細分化することを指しており、一昔前のマスマーケティング(全ての消費者を対象とした販売方法)では、現代の市場とマッチングしないことからマーケティングの在り方が変わり始めています。

多種多様化した顧客ニーズに合わせた営業企画は、セグメンテーションを基礎としていくことでしょう。

ターゲティング

マーケティングにはいくつかの種類があります。ターゲティングは、セグメンテーション(市場の細分化)を行った後に、どの市場にターゲットを絞って営業企画を展開するか戦略をたてるためにも重要です。

企業の経営資源は限られているため、全ての市場に幅広くアプローチしていくことは現実的ではありません。

そのため、細分化した市場を狙うことで、マーケットの規模に合わせた自社製品・サービスを販売しやすくなります。

ポジショニング

マーケティングにはいくつかの種類があります。ポジショニングはターゲットとなる顧客に対して自社商品の優位性を認識してもらい、自社の立ち位置を明確にするためのマーケティングプロセスのひとつです。

ポジショニングは自社製品・自社ブランドを確立し、他の商品との差別化を図るために用いられるマーケティングであり、限られた経営資源でも取り組みやすく迅速にマーケティング活動を行えるメリットがあります。

マーケティングミックス

マーケティングにはいくつかの種類があります。マーケティングミックスは、特定の製品やサービスを販売するために使用されるマーケティング要素を、いくつか組み合わせたマーケティング手法のことです。

マーケティング戦略を行う上で、望ましい反応をマーケットから引き出すために行われる方法で、商品開発や広報活動、営業企画といった、数種類あるフレームワークを組み合わせて使います。「4P」「4C」などがあげられます。

マーケティング・営業企画の仕事の種類7つ

営業企画の仕事には、いくつかの種類がありますが、基礎となるのがマーケティング戦略です。マーケティングによる市場調査から始まり、セグメンテーション・ターゲティングと次々に営業企画会議が行われ、商品開発の立案が同時に行われていきます。

営業企画の仕事には、市場調査からサービスの開発、販売活動までの全体を見通した設計するスキルが求められます。さまざまな種類がありますが、ここから具体的にご紹介していきます。

マーケティング・営業企画の仕事の種類1:分析

マーケティング・営業企画の仕事の種類には「分析」がありますが、これはマーケットを分析して戦略的に製品やサービスを売るための仕組みを作る仕事です。市場調査や商品・サービスの開発なども含まれ、データ化した分析資料を経営に判断してもらうこともあるでしょう。

消費者の嗜好や関心、行政統計やアンケートなどを基に分析資料を作成、消費者へ最適なアプローチをするためにも重要とされ、企業経営に大きな影響を及ぼします。

マーケティング・営業企画の仕事の種類2:サービスの開発

マーケティング・営業企画の仕事の種類には「サービスの開発」があります。これは分析により調査された行政統計、消費者アンケートを基に顧客ニーズに合わせた「商品・サービスを開発」することです。

消費者の嗜好や関心、競合調査によりマーケットで競争力がある商品を開発することは、企業経営にとって大変重要です。営業企画の仕事には、日常的に社会的なトレンドの流れ、世の中の流行に敏感になり情報収集を行う必要があるでしょう。

マーケティング・営業企画の仕事の種類3:企画

マーケティング・営業企画の仕事の種類には「企画」がありますが、営業実績は企画の方針によって左右されると言っても過言ではありません。営業部門が目標達成するために、戦略や目標を立てバックアップするのが企画の仕事です。

営業一人ひとりのモチベーションを上げるとともに、販売できる環境を作ることも求められます。販促ツールや営業戦略立案、営業実績の把握や対策、競合他社の情報収集なども企画の仕事となるでしょう。

マーケティング・営業企画の仕事の種類4:設計

マーケティング・営業企画の仕事の種類には「設計」するというスキルが求められますが、これは営業企画全体の企画構想を設計する力という意味が含まれています。

営業企画には、現場の営業支援を行う力や、環境を整備するスキル力、人を動かすコミュニケーション能力が求められます。営業部門の現状を理解し、現場で営業を行う社員を支援し目標達成に導く営業力や企画内容を説明できる説明力も必要とされるでしょう。

マーケティング・営業企画の仕事の種類5:広告宣伝

マーケティング・営業企画の仕事の種類には「広告宣伝」があります。これは自社商品やサービスの情報を社外に発信することです。「広報」という仕事と混同されがちですが、自社ブランドの価値を上げるという点では共通していると言えるでしょう。

しかし、広告宣伝は広告費を投入するという点では広報とは違い、営業企画の仕事になります。ネット広告やTVCMなどで認知拡大・購入促進・リピート客増加など費用対効果の意識が大切です。

マーケティング・営業企画の仕事の種類6:価格設定

マーケティング・営業企画の仕事の種類には「価格設定」があります。企業における「価格設定」は経営上大変重要です。売り上げは「価格×販売数」という掛け算で成り立っており価格設定なしでは経営は語れません。

価格設定は、マーケティングの初期段階で行う市場調査や競合調査で仮設定の価格は作るものの、最終的な価格設定は経営に委ねられます。最大限に利益を出せて、顧客が増え続ける価格設定が理想でしょう。

マーケティング・営業企画の仕事の種類7:環境づくり

マーケティング・営業企画の仕事の種類には「環境づくり」があり、大変重要です。営業として働く社員のモチベーション管理や販売環境を整え、目標達成する向上心の強い集団をつくることです。

そのためには、営業戦略に沿った営業資料や販促ツールの作成、自ら現場で実践することも必要です。営業コンテストで社内を盛り上げたり、営業職のインセンティブの設定も必要になってくるでしょう。営業現場を知り尽くすことで人望が得られます。

マーケティング・営業企画のやりがい4つ

マーケティング・営業企画の仕事には、いくつかの種類があり大企業では各課に分かれて業務を行っています。

小規模の会社では、全て自分で行っていく必要があるため、マーケティング・営業企画の仕事に特化してやってみたいという人は小規模の会社のほうが、やりがいを実感できるかも知れません。

また大企業でも新規事業を立ち上げる際には、任される可能性があります。基本的には全ての種類をこなすスキルを身に付けていきましょう。

マーケティング・営業企画のやりがい1:ビジネスパーソンとしての成長

マーケティング・営業企画のやりがいとして「ビジネスパーソンとしての成長」があげられます。

商品やサービスを売り込む営業の仕事とは違い、売り込むためのプロセスを創造的に戦略化していくための分析やニーズ、競合調査を行うため、自然とビジネススキルが身についています。

戦略的なアプローチ方法も身につき、現場での指導や論理的なコミュニケーション能力も高いため、ビジネスパーソンとして、やりがいを実感できるでしょう。

マーケティング・営業企画のやりがい2:大きな達成感

マーケティング・営業企画のやりがいとして「大きな達成感」を味わうことができることです。そのためには、モチベーション管理をしたり目標設定したりと、自分のことよりも営業社員のことで頭がいっぱいになります。

営業が活躍することで企業全体が売上を伸ばし、企業の成長につながります。自ら現場に出て営業社員を支援し、さまざまな戦略や宣伝広告を行い、目標達成につながった時の喜びはひとしおでしょう。

マーケティング・営業企画のやりがい3:事業会社におけるやりがい

事業会社においては、マーケティング・営業企画の仕事に一から携わることができるため、醍醐味や、やりがいが実感できると言えるでしょう。

市場調査、分析を自ら行い、試行錯誤しながら商品・サービスを生み出し、自ら生み出した商品が多くの人に利用されたりするのを考えるだけでワクワします。

また、自ら考えた営業戦略や販促ツールにおいても、お客様から理解を示してもらい喜んでいただいたときは何物にも代えがたいでしょう。

マーケティング・営業企画のやりがい4:支援会社におけるやりがい

支援会社におけるやりがいについては、さまざまなクライアントに依頼されることが多いため、早く成長できるところがポイントです。

数多くの企業から異なるマーケティングの考え方や営業企画の手法に触れることから視野が広がり、ご自身の経験値や引き出しも増えることでしょう。

ネット広告代理店などで、数種類のマーケティング・営業企画の知識と経験を積み、事業会社へ転職するなど、キャリアを広げる人もたくさんいます。

マーケティングの基本が学べる書籍5選

マーケティング・営業企画の仕事には、さまざまな種類がありますが、まずは基本から学びたいという人も多いでしょう。現代では、インターネットを使ったWEBマーケティングが幅広く採用されています。

WEBを利用することで、潜在顧客に向けて的確な情報を、素早く低予算で伝えることができるためマーケティングの種類の中でも優位な方法です。ここからはマーケティングの基本が学べる書籍をご紹介します。

マーケティングの基本が学べる書籍1:マーケティングの教科書

本書の主な対象読者は、経営者、営業、商品開発、宣伝、広報、研究開発などの各部門のマネジャーから一般社員までとなります。

経営学の大家、ピーター・ドラッカーを含め、マーケティングの世界で最も有力な米国のマネジメント誌(ハーバード・ビジネス・レビュー)に掲載された論文から厳選されている一冊です。

顧客志向で考えることが大事であるという趣旨の内容ですが、各著者が様々な切り口でマーケティングに関して論じており、また話に登場する事業分野も多岐に渡るため、バランスが良い内容に仕上がっています。ビジネスマン全般にお勧めしたい本です。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%8... |

マーケティングの基本が学べる書籍2:顧客起点マーケティング

著者の西口 一希(にしぐち かずき)氏は、スキンケア商品の「肌ラボ」を日本一の販売数量の化粧水に成長させた実績があります。

また、男性用ボディケアブランドの「デ・オウ」の開発にも携わり、合計で60以上のブランドを担当した経験があります。

数々の商品をNo.1へ伸ばした著者が確立したマーケティング手法をわかりやすく解説しています。

以前に比べて、新商品が売れなくなった、広告宣伝の効果が出ない/下がっている気がするなどの悩みを持つ経営者向け。P&G出身でロート製薬、ロクシタン、直近ではITベンチャー(スマートニュース)でマーケティングだけではなく経営者としての実績をもつ著者が実践的な手法を紹介している。直近のスマートニュースでの施策のケースはここまで出してよいのかというくらい具体的。おまけでついている、自動車業界のコーポレートブランド分析も面白い。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%81%9F%E3%81%A3%E3%81%9F%E4%B... |

マーケティングの基本が学べる書籍3:ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム

世界で影響力のある経営学者のクリステンセン教授が、「モノをかうメカニズム」をわかりやすく解説した1冊となっています。

自社製品・他社製品共に購入していない「無消費者」をいかにして取り込むかを学べる1冊です。

顧客の購買行動を「どんなジョブ(用事、仕事)”を片づけたくて、その人あるいはその人達はそのプロダクトを雇用するのか?その裏で何を解雇するのか?」と捉えるという考え。
「(企業は果てしなく属性データを蓄積しているものの)こうしたデータは、顧客が「なぜ」ある選択をするのかについては何も教えてくれない。」
市場調査に頼ったり、販売実績データを定量分析したりするだけで顧客を分かったつもりになってはいけない、ということがよく分かる一冊。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%96%E7%9... |

マーケティングの基本が学べる書籍4:マンガでわかるWebマーケティング

マンガと解説がセットだから、楽しみながら読み進められます。マーケティング初心者にも分かりやすく説明、 最新デジタルマーケの専門用語もしっかりフォローしています。

著者の実体験やインタビュー取材に基づく実践的なノウハウ満載していることから、リアルなマーケティングの現場を実感できます。

Web上だけではない事業活動に必要なマーケティングの基本が、わかりやすく説明されている入門書です。

デジタルマーケティングの全体像がギューっと詰まってます。
「マンガがでわかる」、本当によくわかります。
デジタルマーケティングに関わることになって、本を色々と読みましたが、広いデジタルマーケティングの領域を、まず最初に俯瞰するにはベストの一冊ではないでしょうか。
まずこの本で全体像をつかんで、それぞれの専門領域の本を、というのがイイと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%8... |

マーケティングの基本が学べる書籍5:沈黙のWebマーケティング

人気コンテンツに解説記事を加えて書籍化した、Webマーケティングの実用入門書です。

解説記事ではSEOの現在の潮流をはじめ、Googleウェブマスターツールの活用術、Twitterをはじめとしたソーシャルメディアの効果的な運用法の極意など、Webマーケッターが必ず押さえておくべき事柄をわかりやすく説明しています。

Webマーケティング施策の「基本と本質」を身につけることができます。

webマーケティングを全く知らなかった初心者です。
webサイトを作ったのちにどう運営していけばいいのか、
さらにwebデザインの本当の意味やそこからどのように広報していくか、
TwitterやFacebook、はてブなどを使った手法は勉強になりました。
マーケティングと聞いていてもこんなに分厚い本を読めるのかと
若干不安でしたが、チャットのような形式で学ぶ敷居も低いので
2日くらいで読み終わりました。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E6%B2%88%E9%BB%99%E3%81%AEWeb%E... |

マーケティングと営業企画の仕事について詳しくなろう

マーケティング・営業企画の仕事には、さまざまな種類がありますが、企業ブランドの価値を高める点においては共通の意識を創り出せるでしょう。

マーケットにおけるポジショニングが確立されれば、「なくてはならない商品」と認識され、価格競争に巻き込まれることなく、広告の種類にも惑わされず売上をあげる仕組みが作れます。

仕事の内容は多岐にわたりますが、人生を賭けるだけの価値ある仕事であることは間違いありません。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related