Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月03日

マーケティングとはなにか?あると便利なマーケティングの資格6つ

マーケティングとは?と聞かれると市場調査やサービスの広告を行うことだとイメージされる人もいますが、それらはマーケティングの一部の機能を指すものにすぎません。ここでは多くの企業が取り入れているマーケティング戦略、便利な資格についても解説しています。

マーケティングとはなにか?あると便利なマーケティングの資格6つ

マーケティングとは?

マーケティングという言葉は、ビジネスの世界でよく耳にしますが、言葉が指す意味を考えるとリサーチや広告宣伝、データ分析など、人によってさまざまな捉え方をされることがあります。

マーケティングを一言で表してみると「商品(サービス)が売れ続ける仕組みをつくる」ということがといえるでしょう。その仕組みを作るためには、商品戦略やプロセスが重要になるため、その全体像を総称してマーケティングといわれていいます。

市場分析

マーケティング活動のスタートは、市場を調査するところから始まります。顧客や消費者が求めているものを知り、売れる商品を開発するためにも必要なことです。そのために行われるのがマーケティングリサーチと言われる市場調査です。

具体的には政府が出している公共機関のデータリサーチや消費者へのアンケートの実施での定量的なデータや、お客様を集めての座談会や実際に商品を使ってもらうなど定性的なデータも把握します。

セグメンテーション

セグメンテーションとは、市場や顧客についてニーズや性質を読み解き、それをもとに細分化と分類を行い、小さな顧客グループ(セグメント)を作ることです。

セグメンテーションはマーケティングの基本として一般的ですが、時代の流れから、ひと昔前のマスマーケティング(全ての消費者を対象)では機能しなくなっているのが現状です。セグメンテーションは、顧客ニーズが多様化した現代では、さらに重要度を増していくでしょう。

ターゲティング

ターゲティングとは、市場の細分化(セグメンテーション)を行った後、その市場に対してターゲットをどこの市場に絞るか、狙う市場を決めることを指します。

どの市場を狙うのかターゲティングがしっかりとできていれば、その後の価格の設定、プロモーションなど、ターゲットに合わせて決めて行くことができます。マーケティクング戦略では、ターゲティングがしっかりできているかどうかが成功の分かれ目となるでしょう。

ポジショニング

ポジショニングとは、ターゲティングした消費者の頭の中に独自のポジションを築き上げ、自社商品の価値を認めてもらうことです。消費者にとって「他には替えられない」独自の存在となることで、競合製品に対して優位に立つことを目的としています。

結果として、価格競争や比較競争に巻き込まれることなく、独自のポジションを作り上げていることから、「指名買い」を続けてもらう状況を創り出すことができます。

マーケティングミックス

マーケティングミックスとは、販売する商品や提供するサービスに応じて、いくつかのフレームワークやツールを組み合わせて行うマーケティング戦略です。

広告宣伝や営業活動などの戦略を同時に行う手法が取られることが多いですが、代表的なフレームワークとして4Pがあげられ「プロダクト(製品)」「プライス(価格)」「プロモーション(宣伝活動)」「プレイス(流通)」の頭文字が、戦略の用語として使われています。

マーケティングの仕事内容3つ

マーケティングの仕事内容は、商品やサービスが継続的に売れる仕組みをつくることです。

その仕組みづくりの方法はさまざまですが、一般的には上記にも記したように顧客ニーズを探る市場調査や情報収集から始まり、ターゲティングなどのマーケティング戦略に移行していきます。

しっかりとデータ分析を行い、仮説を設定し戦略を立案して実行する、この繰り返しを行うことがマーケティングの大切な仕事となるでしょう。

マーケティングの仕事内容1:商品が売れる仕組みを考える

現代は消費者ひとりひとりの価値観が多様化しており、マスマーケティング(全ての消費者を対象)戦略では機能しなくなっているのが現状です。加えてSNSや口コミサイトが浸透し、物を見る目が高く、賢い消費者が増えています。

このようなことから、売れる仕組みを考えるうえで大切なことは「お客様目線」で仕組みを考えるということです。会社側を起点とするのではなく、お客様を起点としたマーケティング戦略が大切です。

マーケティングの仕事内容2:情報取集

リサーチ(情報収集)はマーケティングの仕事には欠かせない業務となります。お客様の抱える課題やニーズを知りマーケティング戦略に活かすうえでも重要な要素です。よく見かけるネット上のアンケートも企業による情報収集と言えるでしょう。

実際には、政府などの公共機関による統計データをもとにした定量調査による情報収集、アンケートやモニター会員による個人の評価を調査した定性調査による情報収集などが知られています。

マーケティングの仕事内容3:分析

分析はマーケティングの基本業務となり、集めた情報を比較したり傾向を掴むことで顧客ニーズを見つけ出すことなどにも利用され、マーケティングには必須の業務と言えるでしょう。

例えば、新商品の開発に先立ち、市場調査やアンケートを通じ消費者の嗜好を情報収集したら、自社のホームページで蓄積した顧客データを開示したり、いただいた声にもとづき分析・データ化など行い、実際に検証したり結果を報告したりします。

マーケティングに必要な能力3つ

マーケティングとは、上述してますように「商品が売れる仕組みを作りあげること」をいいます。現代では消費者ニーズの多様性からマーケティクングを重視する企業が増えており、企業のなかでもマーケッターといわれる人が活躍するようになりました。

そのため管理職や営業パーソンにもマーケティングの能力が求められており、マーケティングの基礎を学ぶための検定資格なども人気を博しています。

マーケティングに必要な能力1:データ解析の能力

マーケティング戦略に必要なデータ解析能力は、リサーチ(情報収集)と同時進行することにより効果が発揮できます。収集したデータを分析することで、素早く商品を売るための戦略や企画が考えられるからです。

そのため、仮説をたてることも必要とされ、例えばアンケートを通じて消費者の嗜好について情報が収集されたら、その傾向にもとづいた宣伝広告を行うことによる費用対効果など、仮説の検証結果も求められます。

マーケティングに必要な能力2:企画能力

マーケティクングに必要な能力として、企画能力があげられます。「売れる仕組み」づくりにおいては、全体のストーリーを企画・構成する力が必要です。

例えば、情報収集したデータを分析し、市場の動向を把握できたらターゲットを絞り有効なアプローチ方法を企画することが大切です。また、アプローチした後にお客様はどんな行動をするのか、SNSなどの情報拡散にも注視する能力が求められるでしょう。

マーケティングに必要な能力3:コミュニケーション能力

マーケティングの仕事に必要な能力としてコミュニケーション能力が求められます。マーケティングの業務に携わる人は、社内だけではなく広告代理店などの社外の人とも関わる機会が増えるためコミュニケーション能力は重要です。

特に新規プロジェクトを立ち上げるような時は、さまざまな人と関わりを持つだけではなく、円滑に話を進めるための調整力も必要です。コミュニケーション能力は常に磨いておく必要があるでしょう。

あると便利なマーケティング関係の資格6つ

企業でも重要視されているマーケティングの業務には、さまざまなスキルが必要なだけではなく、業務範囲も幅広くあります。

責任あるポジションのためプレッシャーも大変ですが、マーケティング関連の資格を有しているだけでも自信となったり、誤った方向に進まないという軌道修正もできることでしょう。

また資格を保有していることで、社内やクライアントに対しても信用度の向上につながります。ここからは関連資格をご紹介します。

あると便利なマーケティング関係の資格1:ビジネス実務検定

ビジネス実務検定は、商工会議所が主催しているものもあれば、国際実務マーケティング協会が主催している実務検定もあります。

マーケティング全般の基礎知識や実務に使える能力を身に付ける資格で、マーケティング職で実務を行う方、企画・開発・営業職の方におすすめです。

マーケティングの基礎知識以外にもマーケティング関連法規の分野まで包括しており、幅広くマーケティングについて学ぶことができるでしょう。

あると便利なマーケティング関係の資格2:ネットマーケティング検定

ネットを使ったマーケティングは、自分のサイトにどれだけの人がアクセスして、どのように行動したかなど、ウェブマーケッターには最低限必要な能力となります。

サイトへの集客はもちろんですが、魅力的なサイトに仕上げ、顧客や見込み客が何度も訪れたくなるようなサイト構築力も必要です。このようにネットマーケティングのスキルを磨きたい人や、仕事を任せたいと考えているクライアントのためにも必要な資格といえるでしょう。

あると便利なマーケティング関係の資格3:WEBアナリスト

WEBアナリスト検定は、Google Analytics(グーグルアナリティクス)を使った解析法やサイトの集客・流入・回遊・コンバージョンなど、実務的な知識を身につける検定です。

またWEBアナリストとしてデータ解析を行い、市場動向やトレンドといったマーケティングに必要な情報を提案するための基礎知識を学ぶこともできます。申し込んでから講座を受講し、オンラインで受験をするという流れとなっています。

あると便利なマーケティング関係の資格4:ネットショップ検定

ネットショップ検定は、Eコマース(電子商取引)業界での実務能力を証明する資格で、合格すると「ネットショップ実務士」として認定されます。

EC業界で働くうえで、必要な知識や実務を学ぶことができることから、大変人気な資格ですが、5段階レベルに分かれており、レベル3以上はプロフェショナルなクラスとして40営業日以上の勤務実績が必要となります。リアルなネットショップ運営についても大変役立つ資格です。

あると便利なマーケティング関係の資格5:IMA検定

IMA検定は、即実践できるスキルを習得することを目的としており、自らインターネット集客を行い、その結果をアクセス解析しながら対策を考える実践的な実務を習得します。

また改善策をレポートとして提出し、課題を克服しながら実行するという実務スキル全体を学ぶ講義内容となっています。最新のネットマーケティングの知識も身に付けられることからIMA検定で培ったスキルは十分に活かされる機会が多くなることでしょう。

あると便利なマーケティング関係の資格6:MBA検定

MBAとは、ビジネススクールと呼ばれる欧米の経営大学院の修了者に与えられる修士号です。一般的には「経営学修士」と呼ばれ、マーケティングと経営の両面について極めた資格を取得したい人におすすめです。

経営の視点からマーケティングを捉えることで、視野が広がりどのような業界でも活躍できるでしょう。転職やホジションには有利な資格ですが、スクールに通う必要があるため、仕事との両立など難しい面もあるでしょう。

マーケティングの理解を深めよう

マーケティングには、人間社会を見極める「分析・調査」や、社会のニーズに応える「企画能力」が大切なことは、ご理解いただけたのではないでしょうか。

最終的な目的は「商品やサービスが売れる仕組み」をつくることですが、その過程においてはマーケッターが活躍し、資格を有していることから社会的評価を高めつつあります。

ビジネススキルを磨くためにも、この機会にマーケティングについて理解を深めてみてはいかがでしょうか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related