Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月26日

第二創業期の流れとは?押さえておきたい5つのポイントを紹介!

第二創業期は、高齢化が進む日本の会社経営者にとって注目を集めている言葉です。ここでは、今後さらに重要性が高まる第二創業期について詳しく紹介していきます。第二創業期を盛り上げて、今の会社をさらに良くしたいと考えている人は、必見です。

第二創業期の流れとは?押さえておきたい5つのポイントを紹介!

第二創業期とは

第二創業期の流れとは?押さえておきたい5つのポイントを紹介!
第二創業期とは、今までとは違う経営者が会社を運営して経営状況や仕事の取組みなど大きく変えていく時期です。第二創業期を迎えるまでは、経営状況がいまいちという場合が少なくありません。

多くの会社は、創業時から円熟期を迎えてその後衰退してしまうというケースも少なくありません。特にずっと同じ経営者がワンマンのように会社を支配している場合は、徐々に衰退していきます。思い切って経営者を変えることが大事です。

第二創業の将来性

第二創業期の流れとは?押さえておきたい5つのポイントを紹介!
第二創業期の将来性は、新規事業の立ち上げなどで明るいケースも少なくありません。ただ今までのやり方を大事にしたい従業員もいるので、摩擦が生じないように気を付けることが大事です。

さらに今までの会社の歴史を大きく変えるような大胆さも求められます。反発をされたり上手く行かないこともありますが、意識を高く持って取り組めば、今までよりも経営状況が明るくなる可能性も高いでしょう。ただ失敗する場合もあります。

第二創業期の流れとは?

第二創業期の流れとは?押さえておきたい5つのポイントを紹介!
ここからは、第二創業期の流れについて紹介していきます。第二創業期の流れを経営者が押さえておくことは、会社のかじ取りにとってとても大事です。常に状況を冷静に判断しましょう。

自分の会社が今どの時期にいるのかを知っておくことで、自分の経営判断をどうすれば良いのかの参考になるでしょう。ただ判断を誤ってしまえば、せっかく跡を継いだ会社に関わらず上手く行かない状況に陥ってしまうこともあります。

第二創業期の流れ1:スタート期

第二創業期の流れとは?押さえておきたい5つのポイントを紹介!
第二創業期の流れの始まりは、スタート期です。この時にいかにうまく事業拡大を測れるかによって、今後の成功するかどうかに繋がっていきます。カリスマ性を示すことが大事です。

さらにスタート期では、前任の創業者のやり方に慣れている人も少なくありません。新しいことにチャレンジしようと考えても反発を受けてしまう場合もあるでしょう。特に社歴の長い人は、やり方にとまどい離れていくこともあります。

第二創業期の流れ2:成長期1

第二創業期の流れとは?押さえておきたい5つのポイントを紹介!
第二創業期の流れは、成長期の第一段階に繋がっていきます。成長期の第一段階とは、新しい試みや事業展開が上手く行くことです。利益も徐々に出てきて今後の見通しもできる時期と言えます。

この時期は、新しいノウハウをマスターした人材確保が大事になってきます。スタート期で離職してしまった人がいる場合は、人材の補充が必要になってくるでしょう。新卒などを積極的に採用し、長く会社を支えてくれる人を探すと良いです。

第二創業期の流れ3:成長期2

第二創業期の流れとは?押さえておきたい5つのポイントを紹介!
第二創業期の流れとしては、次にさらにステップアップを感じる時期になります。さらなる新規事業展開や事業拡大に力を注いで、会社の規模を大きくしていくと良いでしょう。

この時期には、多額の資金調達も必要となります。創業者がずっと取引していた銀行だけではなく、株式化してみるなど別の方法で資金を調達してみることもおすすめです。さらに優秀な人材の確保にも引き続き力を注ぐようにすると安泰と言えます。

第二創業期の流れ4:成熟期

第二創業期の流れとは?押さえておきたい5つのポイントを紹介!
第二創業期の流れは、次に成熟期を迎えます。会社の収益も安定し、右肩上がりから安定した収入を得ることができるようになる時期です。人材教育も行き届いて、皆が生き生きと過ごしていることが多いでしょう。

この時期になれば、資産も安定していることが少なくありません。そのため、M&Aを試みたり他社と提携したりしてさらに会社としての可能性を高め、今とは違う収入減を作っておくことも大事と言えます。

第二創業期の流れ5:衰退期

第二創業期の流れとは?押さえておきたい5つのポイントを紹介!
第二創業期の最後には、衰退期が訪れます。今までのやり方では通用しなくなってきている可能性も高いので、思い切って次の経営者のバトンを渡す勇気も必要でしょう。

さらにこの時期には、第二創業期のスタート期の苦労や目指した会社のビジョンに近づいているのかなどを確認する必要があるでしょう。後継者にアドバイスしたり、業務を大きく改善していく勇気を持つことも大事です。もう一度会社を復活させましょう。

第二創業期で押さえておきたい5つのポイント

第二創業期の流れとは?押さえておきたい5つのポイントを紹介!
ここからは、第二創業期で押さえておきたいおすすめの5つのポイントについて紹介していきます。第二創業期を上手く行っていきたいと考えている場合は、このポイントを押さえておくと良いでしょう。

第二創業期に会社を任さた人の多くは、創業者の子供であることが多いでしょう。幼い時から会社の経営などを学んでいる人も少なくありません。しかし、実際に経営してみるとマニュアルとおりにいかないことも多いです

第二創業期で押さえておきたいポイント1:経営者の意思決定

第二創業期の流れとは?押さえておきたい5つのポイントを紹介!
第二創業期には、経営者の意思決定をどうするのかということを大事にする必要があります。経営者の意思決定は、会社の命運を分ける大事な点です。

経営者の意思決定の軸がぶれていると、従業員もどのように仕事を進めたらいいのかが分からないことが多いです。いまだに創業者の力が強いという場合には、第一線に向けての発言は慎むようにお願いしましょう。

完全に跡を譲ったと宣言してもらうこともおすすめです。

第二創業期で押さえておきたいポイント2:どのような変化を起こすのか

第二創業期で押さえておきたいポイントの2つ目は、どのような変化を起こすのかという点です。むやみにやり方を変えても、反発にあってしまうだけのケースも少なくありません。

この場合には、どのような変化をどのくらい起こすのかということをポイントにすることが大事です。急激な変化は、会社の組織を混乱させてしまう可能性もあります。従来のやり方をしっかり確認して、改善点を加えるところからスタートしてみても良いでしょう。

第二創業期で押さえておきたいポイント3:長年の取引先との関係

第二創業期で押さえておきたいポイントは、長年の取引先との関係をどうするかという点です。事業スタイルを変える場合は、取引を中止せざる負えない場合も出てくるでしょう。

ただ今までの関係をある程度維持しながらビジネスを行うことは、とても大事です。第二創業期なので全てを0にして全く取引を中止してしまうという考え方は、おすすめできません。取引先と良好な関係を作ることが、成功の秘訣と言えるでしょう。

第二創業期で押さえておきたいポイント4:社員意識の向上

第二創業期で押さえておきたいポイントは、いかに社員意識を向上させて行くのかという点です。会社として今後どのように展開していくのかビジョンを見せることで、安心して業務に当たってくれるでしょう。

さらに第二創業期で経営を任された人本人が直接従業員の前に立って、会社の経営方針などを語ることはとても大事です。中小企業の場合は、毎朝会社の会議などで新しい経営ビジョンを繰り返し伝える場面を作ると良いでしょう。

第二創業期で押さえておきたいポイント5:創業者の思いを大事にする

創業者の思いを全く無視するような経営方針に転換することは、大きな反発に繋がります。第二創業期だからと社風を大きく変えてしまうと、ついて来れない人が大勢いるでしょう。

創業者の考えを大事にしつつ、新しい考え方やビジョンを徐々に浸透させていくと良いでしょう。創業者が残した言葉などは、格言として会社に飾っておくなどすることをおすすめします。昔から会社で活躍してくれている人に対してもリスペクトしましょう。

第二創業促進補助金による資金調達の5つのポイント

第二創業期の流れとは?押さえておきたい5つのポイントを紹介!
ここからは、第二創業促進補助金による資金調達の5つのポイントを紹介していきます。現在の日本では、第二創業促進するために補助金制度が拡充されつつあります。

採択されるためには、申請方法などを確認して確実に資金調達でいるように努めましょう。無料の相談会などが開催されているケースもあるので、気になる人はセミナーなどをチェックしていくと良いです。融資を引き出すことができれば、有利に事業を進められます。

第二創業促進補助金による資金調達のポイント1:公募期間を確認

第二創業促進補助金による資金調達のポイントは、公募期間を確認することです。公募期間は案外短いことが多く、常に情報を確認しておかないと資金調達が難しいケースもあります。

さらに認定支援機関に補助をお願いする必要があるなど、事前に準備しておくことも多いです。いつ公募が始まっても良いように再威厳の準備をしっかりしておくことがおすすめです。公募開始と共に確実に申請できるようにしておきましょう。

第二創業促進補助金による資金調達のポイント2:認定支援機関

第二創業促進補助金による資金調達のポインの2つ目は、認定支援機関との連携をしっかり行うという点です。認定支援機関とは、税理士や中小企業診断士などのことを指します。

補助金を申請するためには、事業計画などを提出する必要があります。その場合に、認定支援機関にサポートを受けながら作成すると効率も良く申請に繋がる書類に仕上がるでしょう。押印をなどが必要になってくるので、事前に調べておきましょう。

第二創業促進補助金による資金調達のポイント3:申請書類

第二創業促進補助金による資金調達のポイントの3つ目は、申請書類をしっかり準備することです。事業計画書がしっかりしていないと第二創業促進補助金の許可が下りない可能性があります。

認定支援機関のサポートもありますが、自分でもしっかり事業計画を確認する必要があります。これを機会に自分は会社をどのような方向に導いていきたいのかを検討してみることをおすすめします。創業者の考えなども参考にしましょう。

第二創業期で押さえておきたいポイント4:採択のポイントを知る

採択のポイントを頭に入れておくことは、第二創業促進補助金による資金調達に繋がります。自分が補助金の許可を出す側にたって考えると、分かりやすいでしょう。

全く無謀な計画や採算が取れないような事業計画を提出されれば、許可が出せないという結論になることは明白です。ベテランの認定支援機関などに相談しながらどのようなポイントを押さえておくと認定されやすいのか一緒になって考えていきましょう。

第二創業促進補助金による資金調達のポイント5:時間がかかると認識しておく

第二創業促進補助金による資金調達のポイント5は、時間がかかるものだという認識を持っておくことです。今すぐ資金が欲しいと焦る気持ちもわかりますが、申請から受給までは時間がかかることを頭に入れておきましょう。

どうしてもすぐにお金が欲しいと考えている人は、第二創業促進補助金以外にも資金を調達する方法を調べて並行して書類作成を行っておくことも大事です。関連機関に相談しながら、い資金調達計画を立てましょう。

第二創業期の流れと乗り越えるためのポイントを押さえましょう

第二創業期の流れとは?押さえておきたい5つのポイントを紹介!
第二創業期は、困難も多いですが成功すれば会社をさらに発展させることができます。先代などから受け継いだ会社をさらに盛り上げて、事業を拡大していくことをおすすめします。

第二創業期は、今後さらに注目が集まることが予想されます。成功例などを参考にして、会社を進化させていきましょう。

Related