Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月30日

ソーシャルリクルーティングのメリット5つとデメリット5つ|活用事例3社

近年、採用活動における手段のひとつとして注目を集めているソーシャルリクルーティングについて、メリットやデメリットを解説しています。また、ソーシャルリクルーティングを活用したことで、理想的な人材獲得に成功した企業の事例も併せてご紹紹介します。

ソーシャルリクルーティングのメリット5つとデメリット5つ|活用事例3社

ソーシャルリクルーティングとは?

ソーシャルリクルーティングとは、ブログやtwitter、Facebookなどのソーシャルネットワークサービス(SNS)を活用した就職活動、採用手法の一つです。

今までのような企業の採用特設サイトだけではなく、企業側がSNSを通して応募者に採用情報や詳細を伝達することです。応募者から質疑応答を受けることもできるので、企業を身近に感じることもできます。

ソーシャルリクルーティングが近年注目を集めている理由

ソーシャルリクルーティングは、インターネット特にスマートフォンが普及されてから広まった採用方法です。SNSは企業側の発信だけでなく個人から発信することができるので、個人の志向や価値観を探ることができます。

近年人口減の人手不足といわれている中、優秀な人材を確保することも企業の使命です。優秀な人材を確保するためにも、SNSを活用したブランディングが必要不可欠になっています。

ソーシャルリクルーティングのメリット5つ

ここからは、ソーシャルリクルーティングのメリットを紹介します。日本でも主流になっている中、ソーシャルリクルーティングはどのようなメリットがあるのでしょうか。

具体的なメリットは採用後のミスマッチを減らせたり、コストを抑えることなどがあります。良い点を理解することでうまくソーシャルリクルーティングを活用することができます。それぞれ紹介していきます。

ソーシャルリクルーティングのメリット1:入社後のミスマッチを減らせる

ソーシャルリクルーティングを活用することで、入社後のミスマッチを防ぐことができます。今までの採用活動だと、思っていたのと違った、期待していたパフォーマンスが得られないなどが採用後に発覚することがありました。

ソーシャルリクルーティングを活用することは、面接だけでは得られない資質や適応性をSNSから分析することができます。SNSには仕事や社会に対する思いや考えを正直に書くので、知り得やすい媒体です。

ソーシャルリクルーティングのメリット2:広告費や採用コストの削減ができる

転職サイトや就職エージェントに企業を載せてほしい場合は、数十万円かかることが普通です。広告費にお金がかかってしまうのでコストがもったいないです。

ソーシャルリクルーティングの場合は、数万円で済むことがほとんどです。また、自社でtwitterやFacebookを介して採用活動をするのであれば利用料は無料なので、ほとんどコストはかかりません。採用する際の単価を下げることができれば他の事業に投資ができます。

ソーシャルリクルーティングのメリット3:幅広い人材にアプローチできる

ソーシャルリクルーティングをすることで、幅広い人材に企業側からもアプローチすることができます。その企業に興味がある就職希望者なら自分から応募します。しかし、企業が欲している優秀な人材が就職・転職市場に出ていない場合もあります。

SNSは、企業が欲しい人材も利用しているため直接アプローチすることもできます。

ソーシャルリクルーティングのメリット4:内面性を見極めることができる

応募者が日常的に使っているSNSアカウントをチェックすることで、面接では知ることのできない人となりや内面性を見極めることができます。

価値観や思考を知ることは、自社に欲しい人材か高いパフォーマンスを発揮してくれるか見極めることができます。

ソーシャルリクルーティングのメリット5:企業との距離感が縮まる

SNSは拡散力があるため、シェアされることによって多くの人の目に触れます。目に触れることにより、企業の認知度が上がります。

SNSは友人など関係性が強い人同士が繋がっている場合も多いので志向も似ている傾向があります。一人がシェアすれば周りのユーザーも目につきます。さらにソーシャルリクルーティングは相互でやりとりができるので、企業との距離が縮まります。

ソーシャルリクルーティングのデメリット5つ

ここからは、ソーシャルリクルーティングのデメリットを紹介します。SNSは嘘の情報も多いので、デメリットもしっかり理解しておきましょう。

デメリットとしては企業側が負担になってしまうことが多く、うまくいかず結局長続きしないということもあります。採用活動を成功させるためにも、デメリットも理解しておきましょう。

ソーシャルリクルーティングのデメリット1:有益な情報を発信し続ける必要がある

応募者が企業のアカウントをフォローしているということは、知りたい情報や有益な情報があるからです。そのため、有益な情報を日々発信し続けなければいけないことが企業の負担になってしまうことがあります。

採用情報だけでなく社内情報などでも良いのですが、ある程度の更新がないとアカウントから離れていってしまう恐れがあります。毎日SNSを更新することは、慣れていないと負担になることがあるので疲れてしまいます。

ソーシャルリクルーティングのデメリット2:長期的な運用が必要

ソーシャルリクルーティングは、中長期的な運用が必要です。採用活動の運用は常にやっている企業もあるので、ソーシャルリクルーティングも合わせて行わなければいけません。

SNSでの配信やユーザーとのやりとりは、やればやるだけ多くの人の目に触れます。また、今年度の採用活動は終わっても来年再来年と続きます。結果として、長期運用で考えなければいけないので負担になることがあります。

ソーシャルリクルーティングのデメリット3:炎上などのリスクを伴う

SNSでは、言葉や言い回しなど発信する際に気を付けなければいけない点が多くあります。誤解されるようなコメントがあれば企業名も晒され、炎上してしまうリスクもあります。

一度炎上すると拡散するスピードは早いので、消し止めるには時間がかかります。企業名にも傷がつくことになるので、ブランドイメージが下がります。ソーシャルリクルーティングは、炎上リスクがある点も注意すべきポイントです。

ソーシャルリクルーティングのデメリット4:一方的な発信になりやすい

企業の採用アカウントがあっても一方的な発信ばかりだと注目度は下がります。一方的な発信になりやすい理由は、企業は多くのことを発信したいのにユーザーは特に反応しないということも多くあります。

一歩的な発信ではなく、内容も考えユーザーとのやりとりをしっかり行うようにしましょう。

ソーシャルリクルーティングのデメリット5:労力がかかる

総括して言えることは、労力がかかることです。ソーシャルリクルーティングを有効的に活用するには、こまめに更新しユーザーとのやりとりも欠かせないなどやるべきことが多くあります。

SNSは最新の情報が優先的に表示されるので、どんなに有益な情報でも時間が経てば一目に触れにくくなります。常にユーザーの目に触れているように更新や内容を意識する必要があります。

ソーシャルリクルーティング活用事例3社

ここからは、実際に企業でソーシャルリクルーティングを活用している事例を3つ紹介します。

メリットやデメリットを紹介してきましたが、実際にソーシャルリクルーティングを採用している企業が分かればよりイメージがつきやすいです。

ソーシャルリクルーティング活用事例1:NTTドコモ

NTTドコモはFacebookを使い、新卒採用ページではFacebook限定のLIVEセミナーを実施しています。配信中に直接質問ができ、実際その場にいるような感覚を味わうことができます。

最近は、webで会社説明会を開催する企業も増えていますがFacebook限定ということは、Facebookを利用している学生を取り込みたいといいう意図が伝わってきます。定期的に有益な情報が配信されています。

ソーシャルリクルーティング活用事例2:日本オラクル

日本オラクルは、twitterを使ったソーシャルリクルーティングを行っています。

日本オラクル採用という専用のアカウントがあり、採用に関する内容を発信しています。転職フェアの情報や選考突破の秘訣など幅広い情報が発信されています。配信頻度はそれほど高くありませんが見ると面白い内容も多いので一度見てみると良いでしょう。

ソーシャルリクルーティング活用事例3:ライオン株式会社

ライオンは、Facebookを使ったソーシャルリクルーティングを行っています。

Facebook限定で社員インタビューなどが配信されています。会社説明会の際も、Facebook限定で社員インタビューを配信していますとアピールすれば、チェックしてもらえるきっかけになります。

会社に必要な人材獲得にはソーシャルリクルーティングの活用も有効な手段

ソーシャルリクルーティングについてご理解いただけたでしょうか。働き方も多様化している中採用手法も多様化しています。

優秀な人材を確保することが難しい世の中ですが、ソーシャルリクルーティングをうまく活用していきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related