Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月07日

コーポレートコミュニケーションの4つ課題|主な取り組み5つ

コーポレートコミュニケーションという言葉をご存知でしょうか。コーポレートコミュニケーションはこれからの企業にとって必要となる役割を持っていると言えます。企業が成長するために欠かす事のできないコーポレートコミュニケーションについてご紹介します。

コーポレートコミュニケーションの4つ課題|主な取り組み5つ

コーポレートコミュニケーションとは?

コーポレートコミュニケーションの4つ課題|主な取り組み5つ
コーポレートコミュニケーションとは、企業や組織がおこなう活動で影響を受ける利害関係者と企業との間にあるコミュニケーションの事です。つまり、企業と外部関係者との間にある対外的なコミュニケーションの事をいいます。

双方向性コミュニケーションとも呼ばれており、企業全体が良いイメージを持たれるように、または良い評価を得られるように意識した活動をおこなう事がコーポレートコミュニケーションです。

コーポレートコミュニケーションの定義

コーポレートコミュニケーションの定義は2つあります。ひとつは「企業と企業外部の利害関係者との間にある対外的な活動」で、もうひとつは「企業内部での対外的な活動」です。

どちらも対外的な活動ではありますが、企業内部で行われる対外的活動とは簡単にいえば「広報活動」になるでしょう。企業と外部の利害関係者との間の活動は、「地域社会への貢献」や「文化的行事」などが考えられるのではないでしょうか。

企業を社会や消費者に認識してもらうこと

コーポレートコミュニケーションには「企業を社会や消費者に認識してもらう」という目的が含まれています。コンプライアンスが重視されている中で企業全体に良い評価やポジティブイメージを持ってもらう前に、まず重要な事は企業の認知度を向上させる事です。

企業全体を認識してもらい、企業の存在価値を高めるためにも、コーポレートコミュニケーション機能を企業スタイルとして取り込んだ経営をおこなっていく必要があります。

マーケティング上の戦略にする

コーポレートコミュニケーション機能を企業スタイルとして取り込んだ場合、マーケティング上の戦略にするという目的も兼ねています。企業の活動を認識してもらう事によって、製品のプロモーションも兼ねたマーケティング戦略を建てる事ができるでしょう。

企業外部の利害関係者、つまりステークホルダーに理解を得る事ができれば、今後の企業活動もスムーズに進める事ができるようになるため、さまざまな企業で実践しています。

コーポレートコミュニケーションの主なターゲット

コーポレートコミュニケーションの4つ課題|主な取り組み5つ
コーポレートコミュニケーションの主なターゲットは、企業が扱っている商品やサービスを購入してくれる顧客になるでしょう。

コーポレートコミュニケーションのターゲットを企業にとって有利な方向へと動かすためには、積極的にコーポレートコミュニケーションを取り入れていく必要があります。

コーポレートコミュニケーションのターゲットは顧客だけではなく、コーポレートコミュニケーションに必要な特定の主体の場合もあります。

コーポレートコミュニケーションを実施する部署

コーポレートコミュニケーションを実施する部署は企業によってさまざまですが、担当部署としては「広報部」が最も多いと言えるでしょう。他にも「宣伝部」「人事部」「社長室」などが担当する事もあります。

コーポレートコミュニケーション経営が重要視されるようになってきていますので、企業によっては独自に「コーポレートコミュニケーション室」を専門部署として設置しているところも少なくないでしょう。

コーポレートコミュニケーションの手法

コーポレートコミュニケーションの4つ課題|主な取り組み5つ
コーポレートコミュニケーションの手法としては、「メディアに向けて発信する」「社会に向けてダイレクトに語り掛ける」といったものが考えられるでしょう。具体的にはニュースやCM、雑誌などの広報活動やウェブサイトを充実させ情報を発信していく事も考えられます。

企業外部への対外的コミュニケーションとして、奉仕活動やイベントの開催、企業のノベルティグッズの販売なども考えられるのではないでしょうか。

コーポレートコミュニケーションの期間

コーポレートコミュニケーションの4つ課題|主な取り組み5つ
コーポレートコミュニケションの期間を設ける場合、長い目で見る事が大切です。コーポレートコミュニケーションのターゲットによって、期間を変えて基本設計を考え出さなくてはいけないでしょう。

コーポレートコミュニケーション機能を日常的におこなっていく必要のある顧客などがターゲットの場合、期間は中長期的に考える必要がありますが、特定のターゲットの場合には短期間になる事もあるのではないでしょうか。

コーポレートコミュニケーションが必要な理由

コーポレートコミュニケーションが必要になってくる理由としては、社会や顧客との間での「相互理解」や「調和」という事になるでしょう。コーポレートコミュニケーションをおこなう事で、企業の売り込みや商品の差別化をはかる事ができるようになります。

情報発信という意味では、一方的にではありますが企業メッセージとして配信はされていました。インターネットの時代では主役は個人になる可能性があるのではないでしょうか。

商品の差別化戦略が弱まっているから

商品の差別化戦略を強くするためにもコーポレートコミュニケーションは必要だと言えるでしょう。企業で扱っている商品に対して競合商品との差別化をはかるためには、コーポレートブランドの強化をおこなう必要があります。

商品の差別化のポイントとしては、キャッチコピーやデザイン性の高いロゴ、社会に対するメッセージなどを発信するという事が考えられるでしょう。戦略性のあるコーポレートコミュニケーションが求められます。

企業そのものを売り込む必要があるから

企業の認知度を高めたりするためにもコーポレートコミュニケーションが必要になるでしょう。顧客に対してだけ企業を売り込むのではなく、社会全体に対しての認知度を高めて印象付けるためという事も考えられます。

企業そのものを売り込む事の重要性は、インターネットの普及によって高まってきていると言えるでしょう。個人のSNSで企業批判を受ける時代でもあり、信頼できる企業づくりを目指す必要があるのではないでしょうか。

コーポレートコミュニケーションの4つの課題

コーポレートコミュニケーションの4つ課題|主な取り組み5つ
企業にとって理想となるコーポレートコミュニケーションを実現させるためには4つの課題があると言えます。コーポレートコミュニケーションを企業の日常的な課題としてわけてみると「会社を変える」「会社を見極める」「会社を良くする」「会社を守る」といった項目になるでしょう。

毎日行っていく日課のような課題から、顧客や社員などからあげられる声を丁寧に拾い上げるといった細かい作業なども課題の中に含まれています。

コーポレートコミュニケーションの課題1:問題提起・会社を変える

コーポレートコミュニケーションの課題として、まずは問題提起である会社を変えるという事に注目してみましょう。会社を変える、企業を変えるというのは簡単な事ではありません。

日々変化していく社会や業界に合わせるように会社が変わっていかなければいけないと考えなければいけません。コーポレートコミュニケーションに取り組む事でより良い方向に変化していけるようにしましょう。

コーポレートコミュニケーションの課題2:問題発見・会社を見極める

コーポレートコミュニケーションの4つ課題|主な取り組み5つ
コーポレートコミュニケーションの課題として問題を発見する事、会社を見極める事も考えていく必要があります。企業が安定した状態でとどまり続けようとすると、日々の仕事内容に終れて、対外的な意見などを見落としがちになってしまうという事が考えられるでしょう。

顧客や社員、マスコミからの意見を丁寧に拾い上げていき、企業にとっての問題点を洗い出す必要があります。

コーポレートコミュニケーションの課題3:問題解決・会社をよくする

コーポレートコミュニケーションの課題の3つ目は問題解決と会社を良くしていく事です。コーポレートコミュニケーションによって見つける事ができた問題点を解決していく努力を企業はおこなわなければいけないでしょう。

放置されがちな、問題点を解決する事ができるように多くの声に耳を傾ける事で、企業がより飛躍して成長していけるようになります。

コーポレートコミュニケーションの課題4:問題処理・会社を守る

コーポレートコミュニケ―ションの課題の4つめは問題処理であり、会社を守る事です。より良い企業、会社を目指していくためには、日常的に行われる社外対応や電話対応、クレーム処理や取材対応なども会社をまもるための必要事項といえます。

ニュースリリース作成もコーポレートコミュニケーションの課題といえます。ニュースリリースとは企業の新しい情報であり、広報活動の中で代表的な業務のひとつです。

コーポレートコミュニケーションの主な取り組み5つ

コーポレートコミュニケーションの4つ課題|主な取り組み5つ
コーポレートコミュニケーションの主な取り組みは大きくわけて、「広報活動や企業広告」「工場解放」「文化的行事」「地域社会への貢献」「エコロジーへの取り組み」の5つです。それぞれどのような取り組みなのか詳しくご紹介します。

取り組み方は企業によってさまざまですが、一般的に多い取り組みとして考えられるのは「広報活動や企業広告」ではないでしょうか。その他にも企業に合った取り組みをおこなっていきましょう。

コーポレートコミュニケーションの主な取り組み1:広報活動・企業広告

コーポレートコミュニケーションの主な取り組みとして「広報活動」「企業広告」が考えられるでしょう。

広報活動や企業広告とはテレビコマーシャルなどにより公共電波を使っての広報活動や、新聞や雑誌などの紙面を媒体とした広報活動、他にも街頭ポスターなども考えられます。インターネットなどのネットを媒体とした広報活動もあるでしょう。

コーポレートコミュニケーションの主な取り組み2:工場解放

コーポレートコミュニケーションの4つ課題|主な取り組み5つ
コーポレートコミュニケーションの主な取り組みの2つ目として「工場解放」などもあります。工場見学などの工場解放は地域のイベントとしても楽しんでもらう事ができるのではないでしょうか。

工場見学をする事で安全な商品を提供している事を知ってもらう事もできますし、企業ノベルティなども配布すれば双方にとって有意義なコミュニケーションとなるでしょう。

コーポレートコミュニケーションの主な取り組み3:文化的行事

コーポレートコミュニケーションの主な取り組みの3つ目は「文化的行事」です。文化的行事とは企業によるスポーツや演劇などの文化的な活動に関して支援をおこなう事といえるでしょう。

コーポレートコミュニケーションの主な取り組み4:地域社会への貢献

コーポレートコミュニケーションの4つ課題|主な取り組み5つ
コーポレートコミュニケーションの主な取り組み4つ目は「地域社会への貢献」です。地域活動への貢献とはボランティア活動なども含まれる場合もあります。地域社会の発展のために企業ができる取り組みは進んでおこなっていく時代といえるでしょう。

地域の必要性に合ったさまざまな取り組みをおこない従業員と共に地域を盛り上げていく事で企業の認知度も信頼度も上がるのではないでしょうか。

コーポレートコミュニケーションの主な取り組み5:エコロジーへの取り組み

コーポレートコミュニケーションの4つ課題|主な取り組み5つ
コーポレートコミュニケーションの主な取り組みの5つめは「エコロジーへの取り組み」です。地球環境の維持や向上させる目的の事業をすすめていくことで、環境問題に取り組んでいく企業姿勢をアピールする事ができます。

コーポレートコミュニケーションは現代に必要なこと

コーポレートコミュニケーションの4つ課題|主な取り組み5つ
コーポレートコミュニケーションについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。コーポレートコミュニケーションは現代社会に存在する企業にとって必要不可欠な事になっています。

社会の中で企業の存在価値が認められ、社会との間で安定した関係性を持つ事が大切で、そのためには顧客との信頼関係を築けるような細かい企業努力が必要です。企業自らが進化できるようなコーポレートコミュニケーションを目指しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related