Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月30日

録画面接って?録画面接のメリット4つ|おすすめのWeb面接システム5選

就職面接の際に録画されることがあります。録画することによって面接官や応募者側にどのようなメリットがあるのかご紹介していきます。また、録画面接をする際におすすめのWeb面接システムもあわせてご紹介していきます。録画面接について気になる方は、ぜひご覧ください。

録画面接って?録画面接のメリット4つ|おすすめのWeb面接システム5選

録画面接とは

録画面接って?録画面接のメリット4つ|おすすめのWeb面接システム5選
近頃、録画面接を導入する企業が増えていますが、なぜ面接を録画するのか疑問に感じる方も多いのではないでしょうか。同じ応募者でも面接官が違えば合否が異なるケースは多いですが、録画面接を取り入れることで評価の差を埋めることにつながります。

こちらでは、録画面接におすすめのWeb面接システムや、録画面接で求められるマナーや録画面接のコツについてご紹介していきます。

なぜ面接を録画するのか

録画面接って?録画面接のメリット4つ|おすすめのWeb面接システム5選
応募者を面接する際、通常の面接だと面接官以外は紙ベースの資料でしか応募者の情報を知ることができません。そうなると、判断基準が紙ベースの資料ということになってしまいます。

しかし、面接を録画することで面接官以外の人も対象の応募者を確認することができます。面接官といえども、それぞれ評価の基準やポイントは異なります。録画面接は、面接官の評価基準をすり合わせることにも役立つといわれています。

録画面接の必要性

録画面接って?録画面接のメリット4つ|おすすめのWeb面接システム5選
採用担当者の中には、録画面接の必要性を感じない方もいるでしょう。しかし、業種によっては募集要項に適した応募者を採用するために人事担当者だけではなく、現場の社員も面接官を担当することがあります。

そんな時に、参考資料としても役立つのが面接の録画データです。過去の応募者の録画面接を参考に、面接官の育成も行えるということです。

録画面接を行うメリット4つ

録画面接って?録画面接のメリット4つ|おすすめのWeb面接システム5選
録画面接の必要性がわかったところで、ここからは録画面接行うメリットを4つご紹介していきます。面接官の評価軸を揃えることができるだけでなく、面接の振り返りができることもメリットとなります。

通常、面接の振り返りは質問内容の振り返りが中心になってしまいますが、録画面接を導入することで口調などにも目を向けることができます。また、面接官育成の教材になるなど参考資料としての役割もあります。

録画面接のメリット1:.面接官の評価軸を揃えることができる

録画面接って?録画面接のメリット4つ|おすすめのWeb面接システム5選
録画面接のメリット1つめは、面接官の評価軸を揃えることができることです。合否の判断に迷った際は、周囲の採用担当者にも録画データを確認してもらうことで正しい評価に近づけることができます。

また、面接官も人それぞれ感じ方や評価ポイントが異なるでしょう。場合によっては、録画データを見ながら面接官が意見を述べることでお互いの評価軸を合わせることが可能です。

録画面接のメリット2:面接の振り返りができる

録画面接のメリット2つめは、面接の振り返りができることです。これは応募者の面接内容を振り返るだけでなく、自分の面接官としての振り返りも行うことができます。

使い方によっては、上司にフィードバックをお願いすることもできるでしょう。従来の面接スタイルでは、面接に同席しない限りフィードバックを行うことは難しいでしょう。

録画面接のメリット3:面接官育成の教材になる

録画面接のメリット3つめは、面接官育成の教材になるということです。専門職など職種によっては、現場の社員でないと技術的な部分を判断できかねることがあります。

企業によっては、採用担当者だけではなく、現場の社員に面接をしてもらうというケースもあります。そんな時に、過去の録画データを面接官の教材にすることで非常に参考になるでしょう。

録画面接のメリット4:選考スピードをアップできる

録画面接のメリット4つめは、選考スピードをアップできることです。録画面接を導入することで、面接場所や面接時間の幅が広がります。そのため、効率的に面接のセッティングができるようになるでしょう。

従来の面接スタイルでは、面接のセッティングだけでも多くの時間がかかりますが、録画面接を取り入れることで選考スピードをアップできるでしょう。また、ツールによっては、応募者の情報を一元管理することも可能です。

録画面接におすすめのWeb面接システム5選

録画面接って?録画面接のメリット4つ|おすすめのWeb面接システム5選
録画面接のメリットがわかったところで、ここからは録画面接におすすめの「BioGraph」「Calling」「インタビューメーカー」「HARUTAKA」「V-CUBE」という5つのWeb面接システムをご紹介していきます。

限られた時間の中で多くの人数を面接する際は、さまざまな機能が備わったWeb面接システムが便利です。新卒採用でも中途採用であっても、遠方の応募者まで効率的に面接を行うことができます。

録画面接におすすめ1:BioGraph

録画面接におすすめのWeb面接システム1つめは「BioGraph」です。こちらは、採用活動のニーズに合わせた4つの有料プランが提供されています。

「ミニマム」「スタンダード」「プラチナ」「エンタープライズ」の中から自社に必要なプランを選ぶことができます。また、無料トライアルプランでも採用業務で十分に利用できるともいわれています。

録画面接におすすめ2:Calling

録画面接におすすめのWeb面接システム2つめは「Calling」です。こちらは、面接の際に応募者がアカウントを発行する必要がありません。CallingのWebサイトから4桁の数字を入力するだけで、録画面接をスムーズに開始することができます。

また、スマホにも対応しているため就職活動などでは学生も使いやすいと評判です。チャットボット機能もあるため、よくある質問も自動対応することができます。

録画面接におすすめ3:インタビューメーカー

録画面接におすすめのWeb面接システム3つめは「インタビューメーカー」です。こちらは、Webシステムの中でも録画機能が標準搭載されているタイプです。必要に応じて録画面接の実施内容をスムーズに確認できます。

また、面接前の応募者情報はインタビューメーカーのシステムでデータ化されているため一元管理が可能です。こちらのデータは、面接時にリアルタイムで行った記録と一緒に随時確認ができるため安心です。

録画面接におすすめ4:HARUTAKA

録画面接におすすめのWeb面接システム4つめは「HARUTAKA」です。こちらは、録画面接の際に専用ソフトをダウンロードする必要がないため、応募者の負担が少ないWeb面接システムです。

応募者に事前準備の負担をかけることなく録画面接をスムーズに行うことが可能なだけでなく必要に応じて自社専用の設問を用意することもできます。応募者の設問に対する離脱状況もデータ分析されるため非常に便利です。

録画面接におすすめ5:V-CUBE

録画面接におすすめのWeb面接システム5つめは「V-CUBE」です。こちらはWeb会議やテレビ会議用に「V-CUBE ミーティング」というシステムが用意されています。

インターネットの接続環境とパソコン・タブレットやスマホがあれば、専用アプリケーションをインストールすることなくブラウザからすぐに使うことができます。

録画面接を成功させる6つのコツ

録画面接って?録画面接のメリット4つ|おすすめのWeb面接システム5選
録画面接におすすめのWeb面接システムがわかったところで、ここからは録画面接を成功させるための6つのコツをご紹介していきます。応募者としてWeb面接に臨む際は、事前準備が必要です。

面接の邪魔にならないように背景や音に注意するだけでなく、カメラの位置や照明にも配慮する必要があります。また、Web面接とはいえ失礼のない服装が求められるなど、録画面接には従来の面接スタイルとは異なるコツがあります。

録画面接のコツ1:面接の邪魔にならないように背景・音に注意

録画面接って?録画面接のメリット4つ|おすすめのWeb面接システム5選
面接の邪魔にならないように背景や音に注意しましょう。録画面接で映るのは顔や上半身が基本となります。しかし、カメラの配置によっては面接している場所が映ってしまう可能性があります。

面接中にアイドルのグッズや散らかっている様子が映ってしまったり、周囲の雑音が入ると良くない印象を与えてしまいます。録画面接のカメラの背景は壁だけにして、音声にも配慮しましょう。

録画面接のコツ2:カメラ位置・照明は証明写真をイメージ

面接官に与える印象が悪くならないように、カメラの位置や照明は証明写真をイメージするといいでしょう。パソコンやスマホの画面の角度を下げすぎないように注意しましょう。角度によっては面接官を見下ろしているように映されてしまいます。

また、面接中にWEBカメラに目を合わせなかったり、ずっとカメラを見つめてしてしまうと不自然な印象を与えます。自然なカメラ目線を心がけましょう。

録画面接のコツ3:失礼のない服装で

録画面接って?録画面接のメリット4つ|おすすめのWeb面接システム5選
面接の際は、特別な指定がない限り失礼のない服装で臨みましょう。異本的には服装はスーツが無難です。録画面接とはいえ大事な面接のため、上下スーツを着用するといいでしょう。

女性の場合はメイクが面倒だと感じる方も多いでしょう。しかし、従来の対面型の面接よりもWebカメラの方が距離は縮まりますのでメイクはしっかりと行いましょう。

録画面接のコツ4:面接場所は個室にする

録画面接は、環境が整っていれば自宅で行うことができます。ただし、自宅といっても注意が必要です。面接場所は誰もいない個室にしましょう。自宅に静かな環境がない場合は、個室があるインターネットカフェを選びましょう。

カフェなどは周囲の雑音が入りやすく面接には適していません。また、フリーWi-Fiでは接続環境も不安定です。インターネットカフェはWi-Fiの速度も速いため、途中で切れたりする心配もありません。

録画面接のコツ5:デバイスは固定する

録画面接って?録画面接のメリット4つ|おすすめのWeb面接システム5選
録画面接では、画面のブレにも注意する必要があります。Webカメラの映像を安定させるためにはデバイスをしっかりと固定すべきです。スマホやタブレットを使用する場合も、手持ちではなく固定するようにしましょう。

パソコンを使用する場合は、カメラを顔の高さより少しに上に合わせるといいでしょう。デバイスを固定することができたら、実際に映像を映して確認しておきましょう。

録画面接のコツ6:準備をしっかり行う

最後に、録画面接の準備をしっかり行うことも大事です。面接前にデバイスがフルに充電されているかを確認し、面接の途中で電源が切れないように充電器に接続しておくと安心です。また、インターネット接続が安定している環境を選ぶことも大事です。

場合によっては、面接開始時間になっても何らかのトラブルによって面接が始まらなかったり、面接が中断されてしまうことがあります。事前に緊急時の対応を確認しておきましょう。

録画面接を活用しよう!

録画面接って?録画面接のメリット4つ|おすすめのWeb面接システム5選
いかがでしたか。録画面接には多くのメリットがありますが、従来の面接スタイルとは異なるマナーやコツがあることがわかりました。事前準備はもちろんのこと、面接中の仕草にも注意が必要です。声が小さすぎたり大きすぎると相手は聞き取りにくくなります。

可能であればマイク付きのイヤホンなどを使うといいでしょう。また、余計な通知や画面は非表示になるよう設定しておくと安心です。録画面接を理解して活用してみましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related