Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月06日

シニアマーケティングの対象となる分野15個|対象となる層3つ

今後、日本の人口分布は老齢化社会へと変わっていくとされています。すでのその動きは始まっていて、シニアマーケティングを研究し実践していく企業や団体が目立ち始めています。シニアマーケティングの対象分野15個及びその層3つなどを踏まえた特集です。

シニアマーケティングの対象となる分野15個|対象となる層3つ

シニアマーケティングとは何か

益々高齢化が叫ばれている世の中、若い年代の青田買いに奔走している企業は、淘汰される可能性もあります。そこで改めてマーケティングは仕切り直されています。

シニアマーケティングとは、その名が示すように60歳を基準に定年退職者や高齢者向けなターゲティングして展開する市場開拓のことです。ますます高齢者人口の占める割合が増えることが確定している日本では、シニアマーケティングは重要な課題とされています。

シニアマーケティングの対象となる分野15個

シニアマーケティングと聞けば、老人世代に向けた趣味嗜好でターゲティングすればいいという考え方が蔓延りながら、実はまだまだ未開な分野だと言われています。

シニア世代と言っても一括りや一概にすることは難しいとされ、ある程度成熟した大人たちが対象なので、新しいことへの柔軟性が足りないという欠点も窺えます。そこでさらに細かいジャンルに分類することが必要となっています。

シニアマーケティングの対象となる分野1:健康

普段からアクティブなほうで自分の体のことを第一優先にするシニアには、健康に関する言葉で語りかけるのが良いでしょう。ますます寿命が長くなっている日本人です。最後まで健康で過ごしていくことは、シニアマーケティングの中でも最も注目されるキーワードです。

朝の散歩やジョギングから始まり、健康食品の通販などが根強くヒットしているのには、健康作りについて気軽に取り入れていきたい願望があるからです。

シニアマーケティングの対象となる分野2:ヘルスケア

健康とも類似しているのがヘルスケアに関するキーワードでのシニアマーケティングです。似ているようでいて違うのは、医療に即した内容の健康に対して、ヘルスケアは、日常での健全な手法に関する内容です。美容や痩身に近い分野であると想定するといいでしょう。

フィットネスや健康器具もさまざまな種類が登場しています。この分野もシニアマーケティングにて大きな市場ニーズが眠っていて、今後も拡大の一途を辿っていきます。

シニアマーケティングの対象となる分野3:旅行

シニアマーケティングでは、医療や健康に関する分野に興味を持つ傾向が既に定着し、その次に多くの人々が興味を抱いているのが、旅行などのレジャー産業です。

これは、ある程度の財力と余裕なる時間を持て余している富裕層などに見られる傾向です。例えば、それまでに行けなかった海外旅行などに積極的に行くようになったシニア層が増えています。

シニアマーケティングの対象となる分野4:仲間

シニアマーケティングにて、益々注目されていく分野の一つが、仲間作りができる環境やコミュニティです。お互いの趣味や娯楽が共通項なシニア層が集う場所や機会を設ける、そんな仕組み作りを積極的にしていく動きが目立っていることです。

これからの老齢化社会での問題点は、老人の孤独への対処です。そのため些細なことでも仲間を突くてる環境をいかに作りあげるかは、シニアマーケティングでも大きな課題とされています。

シニアマーケティングの対象となる分野5:家族

シニアマーケティングにて家族というキーワードを利用した考え方も外せません。とくにシニア層になると、自分たちの息子や娘世代が核家族化し、遠方で生活しているようになるケースも目立っています。

普段は老夫婦二人で水入らずという状態ながらも、時折、一族揃ってという光景に憧れている人も多いとされています。家系に関連するサービスなどを提案すると、必要性を感じた人々に響きます。

シニアマーケティングの対象となる分野6:孫

これも上記の家族というキーワードに付随して関係性が高いとされています。シニア世代にとって、孫はとてもかわいい存在です。ある意味、子育てに責任が生じなくなったため、ただひたすら可愛いと感じている人たちが圧倒的に存在します。

シニアマーケティングのターゲットとして、孫に関するキーワードをオープンにすることはとても有効的です。玩具や文具、学習用品などの商品を開発するケースが目立っています。

シニアマーケティングの対象となる分野7:ボランティア

シニア世代の最も顕著なところは、余生での規則正しい過ごし方を求めている点です。今までは仕事や家事などに追われ、暇な時間が取れなかったという人々も、リタイアと同時に時間の費やし方を再度見直す必要性が出てくるからです。

そこで概ねの人々にとって、有意義な余生の活用方法としていきつくのがボランティアなどの社会貢献です。シニアマーケティングにてボランティアとはとても重要なキーワードです。

シニアマーケティングの対象となる分野8:投資

一定のシニア層の中には退職金や年金、貯蓄などがあって、ある程度裕福な層も存在します。年齢も重ねていったこともあり、今から大げさなことや欲でモノを購入する気が無いという人もいます。そのような人の中には、貯めたお金を利用できる投資などに注力する人もいます。

彼らは更なる資産運用を始めています。シニアマーケティングにおける投資というキーワードも、近年増えている傾向です。

シニアマーケティングの対象となる分野9:文芸

シニア世代になると、それまでの人生を振り返って自分史を書いてみたいという方も増えていきます。それに自由な時間が多くなったことによって、今まで溜めていた本を読みなおしたりといった教養に関する興味も再燃していく傾向があります。

そのため文芸作品への関心が高まっていく世代でもあります。シニアマーケティングの一貫として、高齢者向けな文芸作品のリコメンドすることもおすすめです。

シニアマーケティングの対象となる分野10:菜園

シニア世代である65歳から69歳の間の人々には、動植物を愛でるという習慣が根付いています。ガーデニングや庭づくり、家庭菜園などを楽しむ傾向が強い人が目立ちます。

女性の場合は、とくに花や植物に思い入れを抱き飼育する傾向があり、男性は植木や盆栽などに人気があります。土をいじり自然を嗜みたいという願望があるのもシニアマーケティングの大事な要因です。

シニアマーケティングの対象となる分野11:ニュースや新聞を見る

世情に関しての関心や興味があり、自分独自な考え方や思想があるのもシニア世代の特徴の一つです。そのため、朝夕の報道番組を毎日欠かさず視聴したり、新聞などを隅から隅まで目を通すのが好きなのもシニア世代です。

政治情勢や社会情勢についても注目しながら、シニアマーケティングを把握することも重要です。

シニアマーケティングの対象となる分野12:写真撮影

写撮影はシニアマーケティングでも通用するキーワードです。スマホの普及によって、爆発的に日常化していきました。日々の些細なことなら、すぐさま写真撮影してSNSなどにアップロードしシェアする時代となりました。

しかしそれ他はまた別な層とし、望遠レンズや一眼レフなどの本格的な重装備で、屋外の自然や動物などの動きを撮影するファンも根強く人気があり、特にシニア世代には定番と化しています。

シニアマーケティングの対象となる分野13:料理

それまで一度もやったことがないものにチャレンジしたくなるのも、シニア世代の特徴の一つです。中でも男性高齢者の間で徐々に人気が高まっているのは料理作りです。

サラリーマン時代はすべて奥さんに任せきりだった料理を、今度は自分が作ることに興味を持って、料理学校に通う人も増えていると聞きます。シニアマーケティングにて、男性向けに関心が高まっています。

シニアマーケティングの対象となる分野14:キャンプなどの野外活動

シニア世代になると、より自然との一体化や原点回帰などに目覚めていく傾向が高まっていきます。そのためただ単に旅行に行くだけでは物足りず、アウトドアに近い内容も好む人が増えていきます。

屋外でのバーベキューやテントを張ってキャンプをしたり、釣が好きな人も多く定着している分野です。シニアマーケティングとしての見解もできますが、他の世代でも好きな人がそこそこいるので人気があります。

シニアマーケティングの対象となる分野15:登山

シニア世代になってから急増しているスポーツの分野、それは登山です。ただし登山と言っても、過酷な山登りをするというよりも、週末などや日帰りでも気軽にできるハイキングに近い程度のような、標高もさほど高くない山を目指す人が多く見受けられます。

他にも、特別感を醸し出したい時には富士山登頂を目指す人も後を絶ちません。一生に一度は挑んでみたいという願望を達成させるシニア世代が多いのも特徴です。

シニアマーケティングの対象となる層3つ

シニアマーケティングを実施するには、どのような ターゲットユーザーに向けて行うのかを明確にしていく必要があります。そのためには対象となるペルソナを設定することになります。ペルソナとは人格のことを意味します。

シニア層の一定のペルソナとは、大きく「アクティブシニア」「ノンアクティブシニア」「パッシブシニア」に分類ができます。

シニアマーケティングの対象となる層1:アクティブシニア

シニアマーケティングの対象となる分野15個|対象となる層3つ
アクティブシニアの特徴とは、健康的で扶養家族がおらず、仕事継続的に行い収入があり、資産運用なども行っている富裕層です。シニアの分類の中でも、一般的には恵まれている境遇で良質なペルソナなので、需要を創造できる期待があります。

すべてにわたってポジティヴで若々しいことへの推薦をするような、そんなシニアマーケティングを行うのが理想です。

シニアマーケティングの対象となる層2:ノンアクティブシニア

ノンアクティブシニアの特徴は、70歳代以降で、完全に元気な状態だとは言い切れない程度に持病なども患いつつ、生活は自分でもできているようなタイプです。不安や不便なことも感じながら生活そのものには困っていません。

しかし昔ほど自由に振る舞えないので衰えを自覚し始めています。シニア層でもとても比率が高い層で、特に健康やヘルスケアに関するシニアマーケティングに関心を寄せている傾向があります。

シニアマーケティングの対象となる層3:パッシブシニア

パッシブシニアとは、前述の2つのペルソナよりも生活上でちょっと深刻な状態に陥ってるシニア層を指します。特に介護サービスなどを利用しながら延命している段階や、医療関係の支えなくして過ごせないような高齢者が対象となります。

このシニア層には医療関連に近いシニアマーケティングや、財産や後継に関わるような内容のシニアマーケティングを必要としている傾向が見られます。

シニアマーケティングを成功させましょう

これからの先の時代を見据えれば、シニア層に充てた商品やサービスの充実、生活環境の適応化、慣習の見直しなどは、日本にとって最大な課題になります。60歳を過ぎたらリタイアして何もしなくていいという時代は幻想となっていくはずです。

否が応でも、未成年よりもシニアの比率のほうが高くなることが明白になっている以上、あらゆる企業や行政、団体などは、早急なシニアマーケティングを取り入れる必要性があります。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related