Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月29日

プログラムマネージャーの本質的役割3つ|プログラムとプロジェクトの比較

プログラムマネージャーという言葉をご存知でしょうか。プログラムマネージャーとはどのような役割を持っているのか、プロジェクトマネージャーとの違いはどのような事なのかについてご紹介します。プログラムマネージャーを理解するための参考にして下さい。

プログラムマネージャーの本質的役割3つ|プログラムとプロジェクトの比較

プログラムマネージャーとは

プログラムマネージャーの本質的役割3つ|プログラムとプロジェクトの比較
プログラムマネージャーという言葉を聞いた事がある方も少なくないでしょう。プログラムマネージャーとは、さまざまなプロジェクトを統括して管理する権限を持つ役割の事をいいます。

各プロジェクトのプロジェクトマネージャーたちを束ねる事や、プログラムマネージャーとしてプロジェクトの責任者という立場も兼ねています。プログラムマネージャーは目標を達成させるための資金調達管理などを任せられる事もあります。

プロジェクトマネージャーとの違い

似たような言葉に「プロジェクトマネージャー」というモノがありますが、プログラムマネージャーとの違いをご存知でしょうか。プログラムマネージャーはプロジェクトマネージャーよりも上位の役割です。

複数あるプロジェクトを統括して管理する事が役割であるプログラムマネージャーに対してプロジェクトマネージャーは一つのプロジェクトを管理する立場にあります。プロジェクトマネージャーは現場の責任者と考えられるでしょう。

戦略性が強いマネジメントスタイル

プログラムマネージャーはIT戦略を立案したり、実行したりする立場で管理を行わなければいけません。プロジェクトのための資金調達や予算管理や人材管理をおこない、評価をおこないます。

経営的な立場からメリットを生みだすための戦略スキルが必要になるでしょう。事業環境の分析や戦略策定、経営戦略、経営手法、プロセスの導入や管理などさまざまなマネジメントスタイルから構成されています。

プロジェクトマネージャーを束ねる

プログラムマネージャーは経営的な立場から複数のプロジェクトマネージャーを束ねる役割がある役職です。プロジェクトマネージャーがプロジェクトの管理をおこなう現場監督のような立場であるとすれば、プログラムマネージャーはプロジェクトマネージャーたちを束ねます。

プログラムマネージャーは個別のプロジェクトを管理する事はなく、あくまでもプロジェクトを管理するプロジェクトマネージャーを組織的な立場で管理します。

デザインプログラムマネージャーとは

プログラムマネージャーの本質的役割3つ|プログラムとプロジェクトの比較
デザインプログラムマネージャーとは、デザイン業務をスムーズにすすめるための責任を負う役割を持っています。デザインプログラムマネージャーの役割についてご紹介しますのでぜひ参考にして下さい。

デザインプログラムマネージャーは戦略面でのデザインプロセスの設計や資金の活用方法、提案書などを作成します。他にもさまざまな業務をおこなっていかなくてはいけない重要な役割を持っていますのでチェックしてみてください。

デザインプログラムマネージャーについて1:デザイン専門のプロジェクトマネージャーの仕事

デザインプログラムマネージャーはデザイン専門のプロジェクト管理をおこなうマネージャーです。デザイン業務をプロジェクトとして受け持つプロジェクトデザイナーがいる場合、現場で活躍するのではなく統括して管理する役職が必要になります。

スムーズに仕事をすすめるために、細かな経営戦略や指示、プロセスの設計などをおこなうため、プログラムマネージャープロジェクトの責任を負う立場といえるでしょう。

デザインプログラムマネージャーについて2:デザインプログラムマネージャーの仕事

プログラムマネージャーの本質的役割3つ|プログラムとプロジェクトの比較
デザイナーがたくさんいる企業の場合、管理する役職、つまりデザインプログラムマネージャーがいなければ円滑に仕事をすすめる事はできません。

現場で作業をおこなうデザイナーが働きやすい環境を整え、プロジェクトに関する優先順位などを考える必要があり、現場の声を聞いたり、経営者の意向も踏まえて統括する役職としてプログラムマネージャーが存在していると言っても過言ではないでしょう。

デザインプログラムマネージャーについて3:デザインプログラムマネージャーの募集

デザインプログラムマネージャーを募集している企業は数多くあります。募集している会社として「Facebook」や「Amazon」などの大手企業も名を連ねており、必要とされている役職である事がわかるのではないでしょうか。

デザイナーの仕事を支える事ができるプログラムマネージャーになってみたいという方は少なくありませんが、大手企業でも多くのプログラムマネージャーを採用する事は少ない事も考えられます。

IBMでのプログラムマネージャーの役割

プログラムマネージャーの本質的役割3つ|プログラムとプロジェクトの比較
IBMでのプログラムマネージャーとはどのような役割を持っているのか、いくつかの項目にわけてご紹介します。プログラムマネージャーとして、さまざまな責任を負わなくてはいけません。

プログラムマネージャーの仕事はIBMにとって、とても重要な役割を持っているといえるでしょう。プログラム目標を達成させるために、どのようにし恵資金調達をすればよいのか、資金を活用するための決定もプログラムマネジャーの仕事です。

IBMでのプログラムマネージャーの役割1:プログラムマネージャーの役割のタスク

プログラムマネージャーの役割として含まれているタスクはさまざまあります。

プログラム目標を達成させるための資金調達や見積もり、資金調達をした後の資金の割り振り、プロジェクトを達成させるためのスケジュール管理、プロジェクトの資金調達の調整、プログラムのパフォーマンスを経営者に報告するなど、多岐にわたって動く必要があるでしょう。

挑戦していくチャレンジ精神のあるプログラムマネージャーが求められています。

IBMでのプログラムマネージャーの役割2:プログラムマネージャーの役割のポータル

プログラムマネージャーは多くのプロジェクトを束ねる必要があります。マネジメント能力を必要とし、プログラムマネージャーの役割として「資本プログラムマネージャー」や「ワークプレイスパフォーマンス管理」などのライセンスがあると良いでしょう。

ポータルとして「スケジュール超過プロジェクト」「契約期限内完了率」「予算超過プロジェクト」「現在の予算対予測」「予算に対する変更要求」などがあります。

プログラムマネージャーの本質的な役割

プログラムマネージャーの本質的役割3つ|プログラムとプロジェクトの比較
プログラムマネージャーの本質的な役割とはどのような事をさしていうの考えてみましょう。コンピュータープログラミングとは違い、企業の事業内容や経営戦略に欠かす事のできない役割でもあります。

企業によって投資対象や資源の分配方法などは異なっていますので、企業の描くビジョンを達成させるためにさまざまなプロセスを構成していく必要があるでしょう。資金調達やプロジェクトのスケジュール管理などをおこないます。

プログラムマネージャーの本質的な役割1:プロジェクトを統合する

プログラムマネージャーはプロジェクトを統合、または整合させることが役割の一つといえるでしょう。プロジェクトリーダーがおこなってきたプロジェクトを一つに統合し、管理していくマネジメントスキルが必要です。

企業でおこなっているプロジェクトはさまざまあり、プロジェクトごとでおこなってきた業務やプロジェクトで出た成果をひとつの結果として束ねて統合させる役割を担っています。

プログラムマネージャーの本質的な役割2:プロジェクトをマネジメントする

プログラムマネージャーの本質的役割3つ|プログラムとプロジェクトの比較
プログラムマネージャーの本質的な役割にはプロジェクトをマネジメントするという事が含まれています。プロジェクトが正しく組織化されているかどうかの判断や基準として定義されているかどうか管理していく事が大切です。

組織の目標を設定し、目標達成のための経営資源を適切に活用していく事やリスク管理などを業務としておこなうマネジメントは、企業にとってなくてはならない存在だと言えるでしょう。

プログラムマネージャーの本質的な役割3:プロジェクトを評価する

プログラムマネージャーの役割として、プロジェクトマネージャーにはできないプロジェクトに対する評価も役割のひとつになるでしょう。プログラムの評価を正しく行う事でリスク管理や今後の企業経営戦略のための情報収集としても役立てる事ができます。

プログラムマネージャーは経営戦略を常に念頭に置き、マネジメント業務をおこなう必要があるでしょう。組織の中でも重要な役割であると言えるのではないでしょうか。

プログラムとプロジェクトの比較

プログラムマネージャーの本質的役割3つ|プログラムとプロジェクトの比較
「プログラム」と「プロジェクト」は似ている言葉ではありますが、それぞれ別の意味を持つ言葉です。目的を達成させるために立ちあげられるのがプログラムであるならば、プロジェクトはプログラムを実行するために立ち上げられた目標であると言えるでしょう。

目的と目標は言葉にすると違うように異なる意味を持ちます。目的は実現させたい事であり、目標は目的のために達成させたい項目になるのではないでしょうか。

プログラムとプロジェクトの比較1:定義から読み取れる違い

「プログラム」と「プロジェクト」の定義から違いを比較してみましょう。プログラムマネージャーとしての役割を知るためには、まず「プログラムの定義」と「プロジェクトの定義」の違いを知る必要があります。

「プログラム」は目的や結果であり、実現させたい事です。「プロジェクト」は目標や成果物であり、「目的」を達成させるためにはどのようにすればよいのかを具体的に定めた項目になるでしょう。

プログラムとプロジェクトの比較2:プロジェクトの集合がプログラム?

プログラムマネージャーの本質的役割3つ|プログラムとプロジェクトの比較
「プログラム」が「プロジェクト」の集合ではないかと考える方がいらっしゃいますが、表現方法としては正しいとは言えないでしょう。ひとつの「プロジェクト」も複数のプロジェクトを合わせて構成されている場合があるためです。

「プログラム」のスケジュールに合わせ、「プロジェクト」をおこなわなければいけませんが、複数あるプロジェクトを管理し、達成させてこそ「プログラム」として意味があるといえるでしょう。

プログラムとプロジェクトの比較3:プログラムには反復の活動が含まれる

「プログラム」には「プロジェクト」と違い、反復型の活動が含まれている事も違いのひとつといえるでしょう。「プログラム」はさまざまな「プロジェクト」に対する人材管理や資金管理などを常におこなっていかなくてはいけない業務なども存在します。

反復的な活動のように一定のサイクルでおこなう業務がある事で、プロジェクトの成果に対する効率的な見直しをおこなう事ができるでしょう。

プログラムとプロジェクトの比較4:プログラムは成果の維持・監視も含まれる

プログラムマネージャーの本質的役割3つ|プログラムとプロジェクトの比較
「プログラム」と「プロジェクト」の比較として、「プログラム」には成果の維持や監視も含まれています。

「プログラム」が反復的な活動が含まれている事にもつながりますが、プロジェクトは成果がでればそこでプロジェクトの活動は終わりになります。

しかし、「プログラム」の場合は達成してもその後成果を維持し続ける事ができるのか、監視して必要ならば見直しをする事もあるでしょう。

プログラムとプロジェクトの比較5:プログラムは期限を持たないこともある

「プログラム」にはあまり期限を持たない活動もあるという事も「プロジェクト」とは違う部分です。「プログラム」の場合、一定のサイクルで維持し続ける、または監視する事を目的としている部分もありますので、期限を設けても意味をなさない場合もあるでしょう。

「プログラム」に期限を設ける事よりも、「プロジェクト」として達成させる事やいつかは目標を達成できるように努めていく事が大切です。

プログラムの概念を認識しておこう

プログラムマネージャーの本質的役割3つ|プログラムとプロジェクトの比較
プログラムマネージャーについてさまざまな角度からご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。企業でも「プログラム」の概念を持っていれば経営戦略や事業計画などを決定する際に参考になります。

「プログラムマネージャー」として企業の「プロジェクト」を管理し、しっかりとした活動方針を立てていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related