Search

検索したいワードを入力してください

多国籍企業のメリットとデメリット5つ|日本の多国籍企業4選の紹介

初回公開日:2019年09月02日

更新日:2019年09月02日

記載されている内容は2019年09月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

最近では日本でも、多国籍企業と言う言葉をよくきくようになりました。しかし、多国籍企業とはどう言う企業のことをいっているのでしょう。また、多国籍企業にはメリットも多くあるといいます。そんな、多国籍企業の意味や、メリットやデメリットについて紹介していきます。

多国籍企業のメリットとデメリット5つ|日本の多国籍企業4選の紹介

多国籍企業とは

多国籍の、グローバル企業が日本でも多くなってきました。多国籍企業とはどのような企業のことなのでしょうか。多国籍企業とは、多くの国での経済活動をおこなっている企業のことです。最近ではM&Aによる、企業買収をおこなう日本の大手企業も多くなりました。

大企業の多くは、多国籍企業として日本以外にも拠点をおいて活動をしています。今回、多国籍企業のメリットやデメリットや、日本の多国籍企業を紹介していきます。

多国籍企業のメリット5つ

世界を相手に活動していると、メリットも多く得ることができます。企業としても、拠点を置く国にとってもメリットがあります。企業が大きくなっていき、世界的には企業の再編もかさなり多国籍企業もふえてきました。

多国籍企業による、多くのメリットがありますが5つにまとめて紹介します。

多国籍企業のメリット1:新しい技術の導入

多国籍企業のメリット1つ目は、新しい技術を導入することができる環境ができます。特に、M&Aによる企業買収によって新しい技術を得ることが可能になります。また、拠点をおく国の人材から今までにない新しい技術の導入もあるからです。

もちろん、多国籍企業が現地の国に対して最新の技術をもたらすことも多いです。そのため、お互いにとって良いメリットがあることになります。

多国籍企業のメリット2:商圏範囲が拡大

多国籍企業のメリット2つ目は、商圏範囲が拡大することです。マーケットが広がることは、企業にとってのメリットも大きいです。また、現地の国にとっても多くのメリットをもたらすことにもなります。

多くの国に拠点をおくことで、その国でのマーケティングによる利益が得られるからです。企業にとって、利益のために現地の国をよく知る必要もあります。さまざまな努力は必要ですが、商圏範囲が広がることにまちがいはありません。

多国籍企業のメリット3:生産コストの削減

多国籍企業のメリットの3つ目は、企業の生産コストの削減です。国外に生産拠点を、発展途上国など人件費の安い国に移します。また、物価も低いことも加わって、当然企業の生産コストは削減されます。

発展途上国では、大企業の誘致も積極的におこなっています。それは、雇用を生みだすことで国がうるおうからです。企業にとっても、安い人件費で多くの従業員や、そして原材料を低価格で確保することもできます。

多国籍企業のメリット4:税金が比較的安い

多国籍企業のメリットの4つ目は、税金が安くおさえられることです。途上国では税金も安く、すべての国ではありませんが優遇してくれる国もあります。発展途上国や新興国などでは、国の規模が小さく物価が安く生活レベルが低いので税金も安いです。

多国籍企業のメリット5:世界規模のマーケティング

多国籍企業のメリットの5つ目は、世界規模のマーケティングです。多くの国に拠点をもつことで、世界規模のマーケティングができます。日本の企業は、品質の良い商品を作りますが、世界を相手に販売する能力が低いとされています。

多くの国に拠点をおくことで、現地の事情にあわせた販売戦略ができることは大きなメリットです。

多国籍企業のデメリット5つ

多国籍企業には、多くのメリットがある反面デメリットも多くあります。活動拠点でもある発展途上国や新興国との間には、現地の習慣などからさまざまな問題が常に起きます。

現代は自国だけで、活動していればいいという時代でもなくなりました。世界に出ていけば、多くの問題であるデメリットが生じます。そんな、多国籍企業にとってのデメリットを5つにまとめて紹介します。

多国籍企業のデメリット1:多国籍人材採用の難しさ

多国籍企業のデメリット1つ目は、多国籍人材採用の難しさです。最近では日本の企業でも、外国の人材を雇い入れる大企業も多くなってきました。国外に拠点を持つことで、外国の優秀な人材を確保しやすいが仕事への考え方が大きく違います。

日本人の場合は、仕事に対する責任感から報酬に関係なく働く傾向があります。しかし、外国籍の人の多くは報酬以上の働きをしません。これは、慣習や考え方の違いが大きく影響しています。

多国籍企業のデメリット2:情報管理の複雑さ

多国籍企業のデメリット2つ目として、どこの企業も感じる情報管理の複雑さです。グローバル企業であれば、本社の経営方針を世界中で統一していくことができます。しかし、多国籍企業は現地法人が独立した経営方針をもつことになります。

各国ごとに状況が違いますから、本社と現地法人が統一した経営戦略をもつことが、難しいとされています。本社と同じITシステムを取り入れたら問題はないのですが難しいです。

多国籍企業のデメリット3:市場の独占

多国籍企業のデメリット3つ目として、現地の市場を独占してしまうことです。多くの多国籍企業はコストが低くなり、豊富な資金力から市場での価格で優位にたてます。そのため、現地の企業が太刀打ちできない状況になりやすく、自然と市場を独占することになります。

新興国や発展途上国や新興国の企業にとっては、大きく飛躍できるチャンスを逃すことにもなります。

多国籍企業のデメリット4:労働力の搾取

多国籍企業のデメリット4つ目として、発展途上国や新興国での労働力の搾取です。これは一般論としてですが、多国籍企業が低賃金で人材を長時間労働をさせていることがあります。多くの多国籍企業がおこなっているわけではありません。

世界的に景気が良い国と、まだまだ経済的にも大変な国があります。多くの発展途上国や新興国では、深刻な就職難をかかえているところもあります。

多国籍企業のデメリット5:環境汚染問題

多国籍企業のデメリット5つ目として、環境汚染に関する問題です。発展途上国に生産拠点をもつことで、現地の自然を破壊している現実があります。また、工場の建設にともない工場から排水される汚染水なども環境問題の1つです。

発展途上国や新興国からみたら、国を豊かにしたい発展したいと考えています。環境問題については、国の発展を優先する傾向にあります。

日本の多国籍企業4選

日本の多くの大企業も世界戦略から、誰でも知っている会社が海外に拠点をおいて多国籍企業となっています。多国籍企業にとって、デメリットもありますがメリットも多くあります。そんな、世界規模で活躍している日本の多国籍企業を4社紹介します。

日本の多国籍企業1:武田薬品工業株式会社

日本の多国籍企業1社目は、武田薬品工業株式会社です。武田薬品工業株式会社は、国内医薬品業界で5大医薬品メーカーで売上高は有数です。武田薬品工業の本社は東京都日本橋にあります。

1781年(天明元年)に、設立された伝統のある医薬品メーカーです。世界的なマーケティングを続けていくために、今後の戦略から会社の方針が決められています。武田薬品工業は、量よりも質を大切にする起業を目指していくことになります。

日本の多国籍企業2:トヨタ自動車株式会社

日本の多国籍企業2社目は、トヨタ自動車株式会社です。トヨタ自動車株式会社は、日本を代表する大企業で多くの国に拠点をもつ多国籍企業でもあります。また、自動車業界だけではなく売上において世界1、2を争う有数企業です。

自動車業界の再編から、大きく3社のみが生き残るとされトヨタ自動車はその中の1社に名前があがっています。トヨタ自動車は、豊田自動織機製作所内の自動車部門として発足しました。

日本の多国籍企業3:AGC旭硝子

日本の多国籍企業3社目に、AGC旭硝子株式会社です。AGC旭硝子は、世界最大のガラスメーカーで主力製品は建築用ガラスやフッ素化学製品などです。もともとは、旭硝子株式会社でしたが単体での略称を世界統一の名称として会社名をAGC旭硝子としました。

AGC旭硝子は、1907年に創立された三菱グループに属している会社です。創立者が三菱グループの創立者の甥で、世界シェア有数に君臨しています。

日本の多国籍企業4:株式会社日立製作所

日本の多国籍企業4社目は、株式会社日立製作所です。日立製作所は、トヨタ自動車に次ぐ規模の従業員数で世界的な総合電機メーカーです。日立製作所は世界的にも有数の大企業で、製造販売拠点も世界中に点在しています。

日立製作所はもともとは、日立鉱山で使用している機械の修理部門から独立した会社です。現在、日立製作所は8つの部門からなり巨大な多国籍企業となっています。

多国籍企業のメリットとデメリットを知ろう

日本をはじめ、世界的に知られている大企業の多くは多国籍企業です。多国籍企業によるメリットには、国に対する貢献もあります。実際に、企業が大きくなり他国にも拠点をもてば、デメリットも複雑です。

多国籍企業を知るうえで、メリットとデメリットをそれぞれ知ることも必要です。もっと、深く多国籍企業のことを理解しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related