Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月12日

人事異動を行う5つの意味とは?人事異動のトラブルを防ぐ方法4つ

人事異動とは企業の命令に従って社員が勤務場所や部署、役職などを変更することを指しますが、どのような目的があって行うのでしょうか。この記事では人事異動を行う意味や有効的に行うためのポイント、人事異動を行う際に起こりうるトラブルを防ぐための方法などをご紹介します。

人事異動を行う5つの意味とは?人事異動のトラブルを防ぐ方法4つ

人事異動とは

人事異動を行う5つの意味とは?人事異動のトラブルを防ぐ方法4つ
企業に勤めていると、よく「また人事異動になった」といった話を聞くのではないでしょうか。

人事異動とは、企業の命令に従って社員が勤務場所や部署、役職などを変更することを指しています。人事異動はどういった目的があって行うのでしょうか。

この記事では人事異動について理解したい人に、人事異動を行う意味や行う上でのポイント、人事異動の際に起こりうるトラブルを回避する方法などについてご紹介します。

種類

まず、人事異動にはどのような種類があるのでしょうか。

配置転換や転勤、転任や出向など人事異動の一般的なイメージのものから、昇進や昇格、降格や降職、役職への任命、解任もあります。また、新規採用や定年退職、勧奨退職、解雇、免職といった意味合いのものも人事異動に含まれます。

なお、人事異動という言葉は労働基準法などで明確に定義された言葉ではありません。使う人によって意味が違うこともあるので注意しましょう。

検討される要素

人事異動は意味なく行われているわけではありません。人事異動が必要であると判断するに至る検討要素が存在します。

これは主に年齢や在職年数、健康状態、階級や職位などの社員本人に関する要素が多いです。本人に関する要素はこの他にも勤務態度なども含めた人事評価や賞罰、人間関係、保有資格や特技、採用試験の成績などもあります。

また、異動先の欠員状況や補充要望など企業側の検討要素もあります。

人事異動を行う意味5つ

なぜ、企業では人事異動を行うのでしょうか。企業は主に人材育成、組織の発展の意味で人事異動を行っています。

企業が発展していくためには戦略を実現していく必要がありますが、そのためには人材を適切な場所に配置することなども重要になってきます。また、人材に十分に能力を発揮してもらうためにはモチベーションを管理することも大切です。

人事異動を行う意味について詳しく見ていきましょう。

人事異動を行う意味1:経営戦略の実行と実現

市場環境が変化することで企業戦略の変更が必要になり、それに合わせて新たな人材の獲得や既存の人員配置の変更が必要になることがあります。つまり、新規事業の開発や事業の多角化、事業の再構築などに必要な人材を配置する意味で人事異動が行われます。

どの時期にどのような材がどのくらい必要になるのかを適切に判断し、計画的に人事異動を実施していくことが戦略を成功させる重要な要素となります。

人事異動を行う意味2:モチベーション管理

長い期間ずっと同じ部署で同じ業務をこなしていると、仕事のマンネリ化によって社員の仕事への意欲が低下してしまう場合があります。そのため、社員のモチベーション低下を回避する意味で一定期間ごとに部署の入れ替えを実施する企業もあります。

定期的に新しい業務環境を提供し続けることで、いろいろな仕事に挑戦できるという期待から社員のパフォーマンスが高まり、会社の活性化につながるケースもあります。

人事異動を行う意味3:人材育成

人事異動は新入社員の育成やベテラン社員の昇進や昇格などの意味で実施する場合もあります。異動した社員は、新しい環境に身を置いて他の業務に携わることになるので、新しい見解や技術が身について仕事の幅が広がり、成長することができます。

また、人事異動の際には、優秀な社員を異動してきた社員の教育係に配属することで、全体のスキルを底上げすることも可能になります。

人事異動を行う意味4:個人能力の専門化や硬直化の抑制

ずっと同じ部署で同じ業務を続けることで、個人の能力や組織が硬直化したり、マンネリ化やセクショナリズムが起こることがあります。

これを防止するため、組織の風通しをよくし、活性化させる意味で適宜、人事異動を行う企業もあります。また、全社的な視点を持つ従業員を育成する意味でも、一つの部署で能力が偏らないように定期的に組織的なジョブローテーションを行うことも重要です。

人事異動を行う意味5:適材適所の配置

現在、配属されている部署で力を発揮できていない人も、部署が変わることによって本来の実力を出せることがあります。その可能性がある場合、適した部署への人事異動を行います。この場合の異動は適材適所の意味を持ちます。

適正のない部署でずっと働き続けるよりも、適性のある部署を見つけて活躍してもらうほうが社員は幸せです。また、より適した別の部署へ異動して活躍してもらう方が、企業にとっても有益であるといえます。

人事異動を有効活用するポイント4つ

人事異動は効果的に行っていく必要があります。こういう意図で異動させたのに違っていた、異動させてみたら組織内がかえってうまく機能しなくなったということでは意味がありません。

人事異動を有効活用するためにはどのようにするとよいでしょうか。有効活用のポイントとしては人事異動を投資として計画する、全社視点での育成を考える、育成担当と異動担当が連携する、社員の成長意欲を考慮する、といった4つの意味があります。

有効活用するポイント1:投資として計画する

人事部は社員の能力開発の機能も担っています。社員は「ヒト」という経営資源でもあり、この経営資源が陳腐化しないように能力開発に投資する必要があります。

人事異動は人材の能力開発のための投資という意味でも有効に活用できます。異動によって育成したい人材に新たな経験とスキルを身につけさせることができます。

有効活用するポイント2:全社視点で育成を考える

小さい企業の場合、長い間、同じ職場で同じ職種で働いている人が多くいます。中には入社以来同じ職場で同じ仕事をしているという人も少なくないでしょう。

定期的に新人を採用することが難しく長期的視点で人事戦略を組みにくい状況では、人材が固定化する傾向があります。

そういった企業ほど定期的に人事異動を行うことで、全社的に技術やスキルを標準化できたり、全体観を社員1人ひとりが持てるようになります。

有効活用するポイント3:育成担当と異動担当との連携

大きな会社になればなるほど、人事部内で育成担当と異動担当に分かれていることが多くあります。

配置や異動には社員個人のキャリアプランや個人の能力開発などにも関わります。異動担当だけで独断で人事異動を行うのではなく、育成担当ときちんと連携することで、異動に育成の意味が加わります。

育成担当と異動担当が連携しながら人材育成と異動を行っていくことで、有効的に全社的な人材育成を行うことが可能になります。

有効活用するポイント4:社員自身の成長意欲

人事異動は対象の社員にとって未経験の業務にチャレンジできる良い機会です。これまでとは違う職種を経験することで「どういうことができるのか」「どんな仕事をしたいと思っているのか」といった自分の適性や興味を発見することができます。

これまで気づかなった自身の適性に気付くことで、社員個人の可能性が広がります。キャリア形成に向けて意欲的に仕事に取り組むきっかけ作りができるよう、人事異動を有効に活用しましょう。

人事異動のトラブルを防ぐ方法4つ

意味やポイントをしっかり押さえて、いざ人事異動を行っても、どうしてもトラブルは起こりえます。企業の中での人事異動であっても、組織の中で動くのは人なので個人的な事情を考慮する必要があります。

人事異動後に起こりうるトラブルを防ぐためにはどのようにするとよいのでしょうか。トラブルを防ぐためには異動に関する流れをしっかり把握することや異動対象者への十分な説明などが重要になります。

トラブルを防ぐ方法1:流れを把握する

トラブルを防ぐためには、人事異動によって対象の社員にどのような影響があるのかなど、しっかりと流れを把握しておく必要があります。

また、人事異動でトラブルが起こった際に、双方が確認できるよう就業規則や雇用契約で配置転換に関する内容をきちんと定めておくことも重要です。

トラブルを防ぐ方法2:十分な説明

人事異動はほぼ絶対的な命令に近いものです。そのため、会社側と社員とできちんと合意形成されないまま異動を行うことがあった場合には強制と捉えられる恐れがあります。

最悪、退職とまではいかなくても、社員本人にとって不本意な人事異動の場合には働くモチベーションや会社へのロイヤルティーを見失う原因にもなります。そうならないためにも、人事異動の対象となる社員に納得してもらえるよう十分に説明する必要があります。

トラブルを防ぐ方法3:個人的な事情の把握

人事異動で起こるトラブルの多くは、社員個人の事情から納得いかないことに原因があります。

人事異動によって家族を置いて単身で転勤しないといけないなど、内示の後でも事情を詳しく聞くことが大切です。社員側の言い分を全て聞き入れる必要はありませんが、事情によっては異動取消をきちんと検討する必要もあります。

トラブルを防ぐ方法4:手当や配慮の検討

人事異動の動機づけを与えることも重要です。動機づけの中でも最も効果的なのが手当などのお金です。

単身赴任に対して手当を支給したり社宅を提供したり、また引越し代も補償するなどの配慮など、従業員の生活を支えることでもトラブルを防ぐことができます

人事異動を行う意味は企業を成長させるためである

人事異動の意味やポイントについてご紹介してきました。人事異動は戦略に合わせて人材を配置することであり、企業を成長させるために行っています。

人事異動を行うことでサービスが向上したり業績がアップするなど、企業が発展するメリットがあります。一方、社員が納得しない人事異動を行ったり、配置が不適切な場合には、トラブルも起こります。

人事異動を行う場合も、異動の対象である場合も、しっかりと意味を理解しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related