Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月12日

部署異動を行う意味とは?突然の部署異動を前向きに捉える8つの方法

企業の経営方針が変わる場合も、社員に部署異動を言い渡すことがあります。部署異動は誰にでもありうることなので深く受け止めないことが大切です。もし、部署異動を言い渡されても、新たな部署で多くの経験を積み、実績を残せば昇給や出世の対象に選ばれることもあります。

部署異動を行う意味とは?突然の部署異動を前向きに捉える8つの方法

部署異動を行う6つの意味

部署異動を行う意味とは?突然の部署異動を前向きに捉える8つの方法
会社が社員の部署異動を行うことには意味があります。会社の経営方針が変わったり、社員の成長を促す必要がある場合などに部署異動が行われます。そのため、部署異動を言い渡されても前向きに受け止めることが大切です。

部署異動を言い渡された人は、新たなキャリアを積むつもりで異動先の部署の仕事に励んでいきましょう。

部署異動を行う意味1:部署の欠員を補充

部署異動での意味の一つに部署の欠員を補充することが挙げられます。会社の規模に関わらず退職や休職する人が出てくるので、そのための補充社員として部署異動を言い渡されることがあります

補充社員として部署異動した人は、会社が自分の今までの仕事を高く評価してくれてるのだと考え、新天地での仕事に取り組んでいきましょう。

部署異動を行う意味2:他部署からの引き抜き

部署異動での意味の一つに他部署からの引き抜きがあります。以前の部署で大きな成果を上げることができれば、その力を会社に買われ、企業が業績を伸ばしたい部署に異動することがあります。

他部署からの引き抜きの異動をした人は、新たな部署の雰囲気に馴染むことを第一に考え、これまでのスキルや経験を活かすように動いていきましょう。

部署異動を行う意味3:職場の活性化

部署異動での意味の一つに職場の活性化があります。多くの社員を定期的に部署異動させることができれば、社員一人一人の成長を促すことにつながるので、企業自体の力を高かめていくことができます。

部署異動を言い渡された人は、異動先の部署で多くの仕事を自分のものにすることで、会社が求める人物像に近づくよう努力しましょう。

部署異動を行う意味4:不正防止

部署異動での意味の一つに不正防止があります。金融関係の職場では金品の管理を社員に任せている企業が多いため、部署異動をさせることで不正を防止することができます。そのため、金融関係の会社では定期的に部署異動をさせています。

金融関係の企業で部署異動を言い渡された人は、部署にいる間は部下へのコンプライアンスを徹底し、不正を防ぐことに努めましょう。

部署異動を行う意味5:より適性のある部署に社員を移動させる

部署異動での意味の一つに社員をより適性のある部署へ移動させることが挙げられます。上司や会社が社員の能力を理解することができれば、その社員を適性のある部署へ移動させることで才能を開花させることができます。

上司や会社を経営する人は、部下の日々の仕事を把握しておきながら、お互いにコミュニケーションを取ることで社員の適性を見極める努力をしましょう。

部署異動を行う意味6:ゼネラリストを育成したい

部署異動での意味の一つにゼネラリスト育成したいことも理由にあります。ゼネラリストとは社内の仕事をオールマイティーにこなせる人物で、将来、管理職候補として活躍できる社員です。

優秀な社員を部署異動させることでさまざまな経験を積ませ、ゼネラリストとして育てることができます。

会社を経営する人は、ゼネラリストとしての力量と適性があるか見極め、管理職に必要な経験を積ませるようにしましょう。

突然の部署異動を前向きに捉える8つの方法

突然の部署異動を言い渡されても前向きに捉える方法があります。たとえ部署異動を言い渡されても良い面に注目し、プラスに受け止めることができれば、新しい部署で頑張っていくことができます。

突然の部署異動を言い渡された人は、部署異動した経験を無駄にしないためにも、新しい部署で成果を残すよう努力しましょう。そのためには、部署異動で得られるメリットを考え、前向きに捉えることが大切です。

部署異動を前向きに捉える方法1:異動は出世の第一歩

異動は出世の第一歩と考えることも部署異動を前向きに捉える方法です。部署異動を言い渡されても、新しい部署で経験を積み業績を伸ばすことができれば、上司や会社からの信頼を得て出世することもできます。

部署異動を言い渡された人は、部署異動を前向きに捉え、新しい部署で努力し実績を残すことで上司の信頼を得て、出世の道を切り拓きましょう。

部署異動を前向きに捉える方法2:新しい事を学ぶことができる

部署異動を前向きに捉える方法に新しいことを学ぶことができると考えることが挙げられます。新しい仕事を覚えることができれば、仕事の幅を広げていくことができるので、多くの人に頼りにされるので出世や昇給につなげることができます。

部署異動を言い渡された人は、新しい部署で多くの仕事を覚えることで、自分の仕事の許容範囲を広げ、昇給や出世のきっかけにしましょう。

部署異動を前向きに捉える方法3:一年後には慣れている

部署異動を言い渡されても一年後には慣れていると考えることも前向きに捉える方法の一つです。部署異動を言い渡され違う部署に移ることになっても、一年後には仕事や職場に慣れているのだと考えることができれば気持ちが楽になります。

部署異動させられ困っている人は、一年後、新しい部署で欠かせない人物になるためにも、一日一日の仕事をしっかりこなしていきましょう。

部署異動を前向きに捉える方法4:いろんな仕事ができる

いろんな仕事ができると考えることも、部署異動を前向きに捉える方法です。部署の異動をすれば今までしてこなかった仕事をすることになりますが、さまざまな作業を覚えることができるので会社で自身の評価を上げやすくなります。

部署異動を言い渡され困っている人は、新しい部署でいろいろな経験を積むことで、上司や会社側の信用を上げ、大きな仕事を得るチャンス摘みましょう。

部署異動を前向きに捉える方法5:部署異動はリスクのない転職

部署異動はリスクのない転職だと考えることも前向きに捉える方法の一つです。転職のように転職活動をして新しい場所で仕事をしていく訳ではないと考えることができれば、部署異動を重く捉えずに済みます。

不本意に部署異動を言い渡された人は、雑誌やネットで転職の厳しさを知ることで、今後、新しい部署で何ができるか考えていくことが大切です。

部署異動を前向きに捉える方法6:転職のためにも経験が役に立つ

転職のためにも経験が役に立つと考えることも部署異動を前向きに捉える方法です。異動し他部署で経験を積んでおくことができれば、いざ転職をすることになっても、多くの経験を積んでいるので転職活動を有利に進めることができます。

部署異動に納得できない人は、部署異動をさせられても転職活動のための経験だと考えて、新しい部署での業務をこなしていきましょう。

部署異動を前向きに捉える方法7:期待してくれたと感謝する

期待してくれたと感謝することも部署異動を前向きに捉える考え方です。部署異動を言い渡されても、自分に至らない点がある訳ではなく上司が期待してくれているのだと考えることで異動を前向きに捉えることができます。

納得できない部署異動を言い渡された人は、上司や会社側が自分に期待してくれているのだと考え、出来るだけ早く新しい部署の仕事を覚えるようにしましょう。

部署異動を前向きに捉える方法8:自分の能力を引き出すきっかけ

自分の能力を引き出すきっかけだと考えることも部署異動を前向きに捉える方法です。部署異動を言い渡されても、自分の新たな才能を開花させるきっかけになるのだと、自分自身に言い聞かせれば異動を前向きに捉えることができます。

納得できない部署異動を言い渡された人は、新しい部署に移ってもさまざま仕事を覚えることで、自分の未知の才能を開花させる努力をしましょう。

部署異動を前向きに捉える事ができない場合

部署異動を前向きに捉えられない場合、転職を視野に入れることも考えておきましょう。部署異動を何度か経験していても、多くの業務経験を積むことができるので、もし転職活動をすることになっても転職を有利に進めることができます。

部署異動を前向きに捉えられない人は、これまでの業務経験を活かせる会社を選んだり、部署の異動先で学んだ知識を元に転職活動を進めていきましょう。

転職サイトを活用する

部署異動を前向きに捉えられない場合、転職サイトなどを活用して転職活動を進めていきましょう。数回の部署異動を経験していれば、さまざまな業務をこなしていくことができます。

また、ハローワークでなく求人が見つけやすい転職サイトを利用し、転職活動での負担を減らしましょう。

転職サイトを活用して仕事を探す人は、自分が利用しやすいサイトを選び、アドバイザーのアドバイスを得て転職活動を有利に進めていきましょう。

部署異動は誰にでも起こりうる事と知っておこう!

部署異動は誰にでも起こりうることだということを知っておきましょう。会社が社員に異動を言い渡す場合、本人に落ち度があってもなくても、部署異動を言い渡すことがあります。そのため、部署異動は誰でも起こりうることだと知っておくことが大切です。

部署異動の対象になった人は、部署異動させられたことを深く受け止めず、自分なりに前向きに捉え、新しい部署でできることから始めるようにしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related