Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月11日

仕事に疲れたら転職すべき?転職すべき人の特徴8つ!注意点も紹介!

人間関係や職場の問題などで仕事に疲れた、と感じることはないでしょうか。仕事に疲れる原因はいくつかありますが、中には自分ではどうしようない理由もあります。仕事に疲れた、そんな時に転職した方がよいのか、転職すべき人の特徴を見て考えてみましょう。

仕事に疲れたら転職すべき?転職すべき人の特徴8つ!注意点も紹介!

仕事に疲れるとは?

仕事に疲れるということはよくあります、仕事が終わった後にグッタリするほど疲れたと感じてしまったり、休日に週明けからの仕事があることを考えてすでに疲れたと感じてしまうなどがあります。

仕事で疲れることは働いている人にはよくあることですが、疲れたと強く感じて仕事が嫌になってしまうような場合には、たいていなにかしら原因があって理由になっていることが多いです。

今の仕事に疲れたと感じる理由6つ

今の仕事に疲れたと感じてしまう理由は、仕事内容が自分に合わないというものや人間関係、給料に対する不満や体力的な問題などの主に6つの理由があります。ここで挙げている、仕事に疲れたと感じる理由をチェックしてみて、自分はどの理由が近いのか見てみましょう。

理由によっては、勤めている会社の社風が合わない、正当な評価が受けられないなど転職を検討した方がよいような理由もあります。それぞれ見ていきましょう。

今の仕事に疲れたと感じる理由1:仕事内容が合わない

今の仕事に疲れたと感じてしまう、理由の1つ目は現在の仕事内容が自分と合わず、仕事そのものに対して不満がたまっているという理由です。

長年同じ仕事をしていて突然嫌になる、という場合もない訳ではありません。しかし、圧倒的に多いのは新入社員で初めての仕事だったり、異動で仕事の担当が変わった後になります。

仕事が自分にとって苦手だった場合、合わない仕事をしているという理由で仕事に疲れた気分になったりします。

今の仕事に疲れたと感じる理由2:人間関係

会社で仕事をしていると上司や同僚との人間関係は避けてはとおれないでしょう。しかし、その人間関係で問題があると関係を持つことが苦痛としてストレスになり、仕事そのものに疲れたと感じる理由になってしまいます。

どうしても性格的に合わない人がいたり、上手く人間関係を築けていると考えていても、実際は無理をしてストレスを感じてしまっていることもあります。仕事そのものではなく、仕事に伴う人間関係に疲れた状態です。

今の仕事に疲れたと感じる理由3:給料が満足ではない

今の仕事に疲れたと感じる理由3つ目は、自分が仕事に対してもらっている給料が高くはないことに不満があった時になります。他の同僚よりも自分の給料の方が少なかった、同業の人よりも自分の給料が少ないことなどが不満となり、仕事に疲れたと感じる理由になってしまいます。

給料は仕事に対するやる気、モチベーションの元です。ここに不満があると仕事に対してやる気が出ず、仕事に疲れたと感じたり転職を考えてしまいます。

今の仕事に疲れたと感じる理由4:体力的な面で辛い

残業が多かったり、仕事の中で体力を求められて体力的な面で辛かった場合も、体に感じる疲れと同じくらい今の仕事に疲れたと感じてしまう理由になってしまうことがあります。

体力的に辛い状況で仕事を続けると、ずっと無理をして仕事をしていることになります。体も相応に疲れてしまいますし、待遇に対する不満からストレスもたまりがちです。そういったことが原因で、仕事に疲れたと感じてしまう機会が増えてしまうでしょう。

今の仕事に疲れたと感じる理由5:社風が合わない

会社にはそれぞれ社風という、いわゆる気風のようなものがありますが、そういった空気が合わない場合には合わないことが気疲れの原因となって、今の仕事に疲れたと感じてしまったりします。

会社には多くの人がいますので、いわゆるその会社独自の社風が生まれやすいです。しかしその社風が合わなかった場合、会社自体が自分に合わないように感じてしまって転職したい、仕事に疲れたと感じてしまう理由になります。

今の仕事に疲れたと感じる理由6:正当な評価を受けられない

今の仕事に疲れたと感じる理由、6つ目の最後は仕事について正当な評価を受けられていないと感じており、そのことが原因でモチベーションが上がらず仕事に疲れてしまう場合です。

きちんと仕事で成果を挙げているのにそれが人事評価に反映されない、給料に反映されないような状態が続くと、正当な評価を受けられないことが不満の原因になります。仕事をしても評価されないことでやる気を失い、仕事に疲れたと感じるようになります。

仕事に疲れたら転職すべき?転職すべき人の特徴8つ

仕事に疲れたら転職すべきかというと、転職すべき人と転職すべきでない人がいます。

仕事に疲れたと感じるようになってしまったら、頭をよぎってくるのが転職です。しかし、仕事に疲れたからといって転職してもよいものでしょうか、転職したからといって必ずしも状況が好転する訳ではないでしょう。

ここからは、実際に転職すべき人の特徴について8つほど解説します。あてはまるかどうか、確認してみてください。

転職すべき人の特徴1:人間関係が修復不可能な人

転職すべき人の特徴1つ目は、職場の上司や同僚などとの人間関係がもはや修復不可能で、これ以上仕事をしていても良くなることが望めない人です。

自分か相手が異動する可能性があるような場合は、人間関係が修復不可能でも仕事を続けることができるでしょう。しかし、相手との付き合いが仕事上避けられず、かつ人間関係が修復不可能なら良い職場環境にしていくのは不可能に近いため、転職すべきと言えるでしょう。

転職すべき人の特徴2:精神的に追い込まれている人

仕事に疲れたというよりもはや、会社に行くということに苦痛を感じてしまっている人は、精神的に追い込まれているので転職すべき人となります。

転職したからといって必ずしも仕事環境が改善する訳ではありません。しかし、精神的に追い込まれるような職場はそうはないので、転職すれば上手くいく可能性があるからです。

仕事に疲れただけでなく会社が苦痛にしか感じられないなら、精神的に追い込まれている可能性があります。

転職すべき人の特徴3:ストレスフルな人

転職すべき人の特徴3つ目は、ストレスフルでもはや体調に不調すらきたしかねない状況になっている人です。

ストレスがたまりすぎて夜もよく眠れなくなったとか、仕事に行こうとすると腹痛が起こるなどストレスが原因で体調まで悪化しているようだと、放置はよくないでしょう。

そのままの仕事で耐え続けてもストレスの改善が見込めないならば、思いきって転職して環境を変えた方が本人の体のためにもなります。

転職すべき人の特徴4:仕事内容が向いていない人

仕事内容が自分に合わず疲れたと感じている人、または自分のやりたい仕事が明確に決まっていて他にあるような人の場合は、転職すべき人と言えるでしょう。

上司に相談することで仕事内容を変えられるならよいですが、そうでなければ合わない仕事をずっと続けることになります。合わない仕事を続けることで仕事に疲れ、ストレスもたまりますので思いきって転職してしまうのも1つの手でしょう。

転職すべき人の特徴5:しっかり貯蓄がある人

転職すべき人の特徴5つ目は、しっかりと貯蓄がしてありしばらくの間転職探しをしても生活を続けることができる人になります。

ここまでの紹介したどの特徴の場合でも、貯蓄がまったくない場合はすぐに生活が破綻する可能性があるため、転職を思いとどまった方がよい場合があります。逆にしっかりした貯蓄があるならば、しばらく転職活動に専念してもやっていけるため、転職するのに向いていると言えます。

転職すべき人の特徴6:起こりうるリスクを想定できている人

仕事に疲れたと感じている人の中には「転職すれば上手くいく」と考えている人もいますが、そうはならない場合もあると転職のリスクを想定できている人が転職に向いています。

人間関係や会社の社風などは転職すれば大幅に変わりますが、必ずしも良くなるという訳ではなく、今までにはなかった問題が発生する可能性もあります。転職したからといって必ずしも上手くいく訳ではないこと、リスクを想定できている人は向いています。

転職すべき人の特徴7:自己分析ができている人

転職すべき人の特徴7つ目は、自己分析がしっかりできていて自分にできること、自分のスキルや強みなどの置かれた状況をしっかり分析できている人です。

実際に転職してしまう前に、転職した場合自分はどういった位置づけになるのかを分析してみましょう。すぐに転職先が見つかるかどうか、適正な給与はどの程度なのかまず自分について詳しく知っておくことが転職を成功に導く秘訣の1つです。

転職すべき人の特徴8:現職場でやり残した事がない人

今の仕事に疲れたと感じている人でも、今自分にできることは全てやってみたでしょうか、全てうてる手はうったけれど現状が変わらないという場合には、転職すべき人と言えるでしょう。

仕事内容が合わないなら別の仕事に変えてもらう、人間関係が合わないならそのことを相談するなど、現職場でできることを全てやってやり残したことがない人は、もうその職場ではどうにもできないため転職が向いています。

転職する際の注意点3つ

実際に転職することを決意した場合、転職に際してどんなことを注意すればよいのか注意点を3つほど解説しますので、見ていきましょう。

転職活動は慣れていない人にはなかなか大変だったりします。ここで紹介する注意点を読んで、必要なポイントを押さえておきましょう。

転職する際の注意点1:転職活動のスタート時期を的確に決める

転職する際の注意点として、だいたいいつまでに転職するかを決めて逆算して転職活動をスタートさせる時期を決めましょう。

転職するとしてもなかなか取り掛からず、ぐずぐずして転職活動がのびのびになってしまう人もいます。

転職には3月~4月や9月~10月など、転職者にとって転職しやすい有利な時期があります。この時期に転職活動ができるよう、転職活動をいつからスタートするのかはっきり決めて行いましょう。

転職する際の注意点2:ベストを尽くした状態で退職する

仕事に疲れたという状態であったとしても、やり残したことはないベストを尽くした状態で退職するようにしましょう。

ここで頑張らずに退職してしまうと、後からあの時ああしておけばと後悔する原因になったりします。前の会社ではベストを尽くしたけれどもうこれ以上の改善は見込めない、そんな状態になった上で退職した方が、次にも行きやすいですし転職に対して後悔をしにくくなります。

転職する際の注意点3:退職手続きは段取り良く進める

転職するにしても、退職の手続きはきちんと「立つ鳥跡を濁さず」ということわざのように行っておいた方が、後々自分のためにもなりやすいです。

退職したい日の2か月前には退職の意思を伝え、退職1か月前から引き継ぎなどの作業をしておきましょう。転職先によっては前職場に連絡を入れて本人の職歴の確認などをすることもあるため、退職時もきちんと段取り良く進めておくことは自分の評価を高めることに繋がります。

仕事に疲れたら転職も選択肢の一つ!

仕事に疲れたと感じることは誰しもあることですが、何をしても改善できずこれからもその日々が続くことを嫌だと感じている時は、転職もまた選択肢の1つとなることを覚えておきましょう。

転職は成功する場合もあれば失敗する場合もありますので、急ぐことは禁物です。転職する前にリスクを調べ、転職するための準備を調えてから行うことがおすすめです。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related