Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月11日

気疲れする原因10選|気疲れした時の対処法3つと気疲れしやすい職業

特別体を動かしたわけではないのに、ぐったりしているということはありませんか。その理由は「気疲れ」が原因になっているいうこともあります。本記事では、気疲れする原因10選、気疲れした時の対処法3つと気疲れしやすい職業について紹介していきます。

気疲れする原因10選|気疲れした時の対処法3つと気疲れしやすい職業

気疲れしやすい場面3選

たいしたこともしていないため体は疲れていないのに、なんだかグッタリしてしまう、ということはありませんか。

それは、心づかいや緊張などのため、精神的に疲れてしまい体に影響を及ぼしている「気疲れ」を起こしている可能性があります。

本記事では、気疲れする原因10選、気疲れした時の対処法3つと気疲れしやすい職業について紹介していきます。気疲れをためすぎてしまうと大きなストレスに発展するので注意が必要です。

気疲れしやすい場面1:偉い人に囲まれた時

まず、気疲れしやすい場面を見ていきましょう。気疲れしやすい場面1は、偉い人に囲まれた時です。

偉い人とは、立場や地位が自分よりも上の人、職場の上司、社長、取引先の相手も含まれます。

一対一でもある程度緊張しますが、偉い人複数に囲まれた時は自分がどう見られているか、不快にさせていないかなど会話に気を使う場面が多いです。

仕事上の偉い人は自分の昇進、将来に関わるので非常に気を使うでしょう。

気疲れしやすい場面2:嫌な人とずっと一緒にいる時

気疲れしやすい場面2は嫌な人とずっと一緒にいる時です。嫌な人と一緒にいる時は、少しでも嫌な時間を過ごしたくない、相手を変に刺激したくない、など思うことから、色々と気を使う場面が出てきます。

例えば、ちょっとしたことで怒鳴り声を上げるタイプの人であれば、小さなことでも怒らせないようにしたり、相手が上機嫌でいる雰囲気を終始作ろうとします。それがずっと、長時間であれば当然疲れてしまうでしょう。

気疲れしやすい場面3:失敗が許されない時

気疲れしやすい場面3は、失敗が許されない時です。

失敗が許されない時は、その時がくるまで「失敗したときのことを考えると夜も眠れない」という状況に陥り、マイナス思考になりがちです。ずっと緊張状態でいるため、当然体の調子も崩してしまいがちになるでしょう。

自分でプレッシャーを余計に高めてしまっているところもあり、余計に気疲れしてしまいます。

気疲れする原因10選

気疲れしてしまう原因はあるのでしょうか。人によっては同じような場面であってもそれほど気疲れを起こさないという人もいます。

性格や気の持ちようで済む問題なのでしょうか。確かに、ちょっとしたことですぐ気疲れする人には性格的な部分で気疲れしやすいよう、自分で仕向けているところがあります。

次は、気疲れする原因10選について紹介していきます。自分が気疲れしやすい部分があるのか参考にしてみてください。

気疲れする原因1:コミュニケーション力が低い

気疲れする原因1つ目に、コミュニケーション能力が低いということがあります。

コミュニケーション能力は人と接する時に必要なスキルですが、現代社会では特に重要視されるようになっています。

そのためコミュニケーション能力がないことを隠す人も多く、無理に話したり頑張りすぎてしまう人も多いです。

円滑なコミュニケーションを作るために、終始空気を読むために気を張ったりするので、精神的に疲れてしまうでしょう。

気疲れする原因2:プライドが高い

気疲れする原因2つ目は、プライドが高いことです。プライドの高い人は、自分の気持ちよりも他人の評価を優先するところがあります。

仕事で弱音を吐かない自分を演じたり、苦手なことや嫌なことをNOといわない部分を持っています。

プライドの高さから周りに「素敵な存在」として一目置かれたいという気持ちが強いので、仕事ができる自分、良い人の自分、などを演じてしまい、偽りの自分を作ることで気疲れしてしまうでしょう。

気疲れする原因3:神経質

気疲れする原因3つ目は、神経質なことです。神経質な人は些細なことを気にするところがあります。

心配ごとがあればずっとそのことから意識が離れなかったり、もう終わってしまってことでも「あれでよかったかな」「こうしておけばよかったかな」と悩み続けます。

自分の行動を思い返しては疑問を持ち気にしているので、必要以上に嫌な気持ちに襲われ、自分でわざわざ精神的に疲れるサイクルを引き起こしているでしょう。

気疲れする原因4:ストレスに弱い

気疲れする原因4つ目は、ストレスに弱いことです。ストレスに弱いため、ちょっとしたことでも気を張ってしまい気疲れをおこします。

ストレス耐性が高い人は、嫌なことがあっても「何事も経験だ」と思ったり、「まあいいか」と受け流すところがありますが、ストレスに弱い人は心が弱く傷きやすく、嫌なことがあればすぐに苦手意識を持ち、いつまでもくよくよ引きずってしまうでしょう。

気疲れする原因5:責任感が強すぎる

気疲れする原因5つ目は、責任感が強すぎることです。

責任感が強すぎることによって、「まあいいか」という妥協ができなくなってしまい自分が理想とする形で終わらないと気が済まなくなってしまいます。

「自分に任せられたのだから」という責任感に捕らわれます。完璧に物事をこなすために必要以上に気を張り、責任感から誰にも助けを求められず気疲れを起こしてしまうことがあるでしょう。

気疲れする原因6:コンプレックス

気疲れする原因6つ目は、コンプレックスです。コンプレックスとは、自分が他より劣っているという感情、劣等感のことをいいます。

勝手に劣等感を感じて卑下したり、自分を貶めてしまうことで、重たい気持ちになります。仕事であれば、気持ちとは相反して、作り笑いをしたり自分をネタにしてコミュニケーションを行ったりすることもあるので、心はどんどん疲れていってしまうでしょう。

気疲れする原因7:被害者意識が強い

気疲れする原因7つ目は、被害者意識が強いです。

「自分は無関係だ」という意識の人が気にもとめないことを、被害者意識が強い人は「自分は被害者だ」と感じていたりします。被害を受ける気持ちでいっぱいなので、デリケートになり、常に警戒しているでしょう。

被害者意識が強いだけであれば、周りも心配してくれることも少なく、「自分で自分の身を守らなけらば」という防御態勢を張って気疲れを起こします。

気疲れする原因8:生まれつき集団が苦手

気疲れする原因8つ目は、生まれつき集団が苦手という性格です。集団行動では色々な人がいるため、高い協調性が求められます。中には個性が強い人がいたり、何を考えているかわからない人など気を使う場面が増えてしまうでしょう。

集団は複数人いることで自分の意見はどうしても通りづらくなります。自分の本音を我慢したり、相手の顔色を伺うことが苦手な人にとって、人と一緒にいることは非常に苦痛で気疲れするでしょう。

気疲れする原因9:人の好き嫌いが激しい

気疲れする原因9つ目は、人の好き嫌いが激しいことです。人にはそれぞれ価値観や個性があるので合わない人も当然いるでしょう。

中には絶対に気が合わない人、理解しがたい人というのも存在するので、出会った人全員を好きになる必要はありません。

しかし、人の好き嫌いが極端に激しい人は、感情の起伏が激しくなり、嫌いな人がいればイライラしたりと、人付き合いをする上でストレスがたまりやすく気疲れするでしょう。

気疲れする原因10:物事を考えすぎる

気疲れする原因10は、物事を考えすぎる人です。このタイプの人は、肩の力の抜きどころがわからないため、小さなことでも物事を深く考えすぎていることはありませんか。

物事を考えることは良いことですが、考えすぎてしまうことによって熱が入り疲れてしまいます。些細なことでも全力投球すれば、それだけ疲れるのは当然です。

気疲れしやすい職業4選

次は、気疲れしやすい職業4選、美容師・ITエンジニア・販売業・コールセンター、について紹介していきます。

どんな仕事でも気疲れするところはありますが、気疲れしやすい職業についてしまったため、気疲れしているということもあるでしょう。

「気疲れしやすい職業につきたくない」と考えている人もぜひ参考にしてみてください。

気疲れしやすい職業1:美容師

気疲れしやすい職業1は、美容師です。

美容師はお客様に満足してもらえるヘアスタイルを提供する仕事で、毎回その腕を評価されます。お客様に似合った髪型を提案したり、好みを聞いたり、コミュニケーションの大変さも感じさせるでしょう。

おしゃれで華やかなイメージがある職業ですが、仕上がりの評価やクレームがこないか、など、多くのプレッシャーがかかることから想像以上に気疲れしやすい職業です。

気疲れしやすい職業2:ITエンジニア

気疲れしやすい職業2は、ITエンジニアです。ITエンジニアは、人手不足な開発環境が多いことが多く、それでも納期までに作業を完了しなくてはなりません。

納期がある仕事ということもあり残業が多いです。案件がどんどん入ってくる現場であれば、肉体的精神的に追い込まれるでしょう。

また、ITエンジニアを続けていくことで、常に技術の習得は必須になります。時代とともに技術は変化していくので終わりがありません。

気疲れしやすい職業3:販売業

気疲れしやすい職業3は、販売業です。販売員がお店の顔になるため、販売員の育成に力を入れている企業も多いでしょう。販売員は常にお客様と対面するため、笑顔で良い対応をしなければいけません。

良い対応を心がけていても色々なお客様いるため、クレームを受けてしまうこともあります。ミスしないように、という強いプレッシャーを自分にかけることで余計に気疲れすることもあります。

気疲れしやすい職業4:コールセンター

気疲れしやすい職業4は、コールセンターの仕事です。コールセンターはお客様と電話でのやりとりがメイン業務です。理不尽なクレームや問合せにも丁寧に応対しなければなりません。

クレームに対して自分が怒られているような気持ちになってしまう人は、気疲れを起こしやすくなってしまうでしょう。

気疲れした時の対処法3つ

では、気疲れしてしまうときはどのようにして気持ちを良い方向にもっていくと良いのでしょうか。

すでに気疲れしやすい職業についていたり、性格的理由からすぐには気疲れ癖を直せない人もいるでしょう。最後に気疲れした時の対処法3つについて紹介していきます。

気疲れした時の対処法1:空気を読みすぎない

気疲れした時の対処法1つ目は、空気を読みすぎないことです。空気を読むことはコミュニケーションにおいて重要ですが、空気を読む事は非常にパワーを使います。

今は気を抜いていいときか、という部分を見極めたり、今はそこまで空気を読む必要があるのか、など考えましょう。

いつも無理に会話の盛り上げ役になっているという人は、空気を読みすぎている傾向があります。適当に話を聞き流すことも気疲れを食い止めるには必要です。

気疲れした時の対処法2:人に頼る

気疲れした時の対処法2つ目は、人に頼ることです。気疲れしやすい人は、人に頼ることが苦手な傾向にあります。完璧主義であったり、プライドが高かったり、どうしても自分で解決しようとします。

「人に迷惑を掛けてはいけない」という気持ちが強く、弱音を表に出しにくいため強がってしまい気疲れを起こしています。

頼られることが嬉しい人もいるので、迷惑と考えず、気疲れを起こす前に人に相談してみましょう。

気疲れした時の対処法3:自分のストレス発散方法を知る

気疲れした時の対処法3つ目は、自分のストレス発散方法を知ることです。

気疲れは気持ちの余裕がないことでうまれます。スケジュールがいっぱいだったり、ストレスをため込んだ状態で過ごしていくと、いつまでも気持ちに余裕が生まれず気疲れを起こすサイクルができてしまいます。

一人の時間をつくったり、好きなことに打ち込む時間を設けたり、自分のストレス発散方法を探してみましょう。

気疲れと上手に付き合っていこう

気疲れする原因10選、気疲れした時の対処法3つと気疲れしやすい職業について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

現代はコミュニケーション能力を重視されることによって、ストレス社会ともいわれています。気疲れする場面が多く、休日も心身ともになかなか疲れがとれないという人も多いでしょう。

本記事の気疲れしたときの対処法などを参考にしていただき、気疲れとは上手に付き合っていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related