Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月16日

働くことの意義・目的例6つ|働く意義を見つけられない人の対処法

子供の頃に「どうして働くのだろう」と一度は考えたことがあるでしょう。大人になってからも、不安や悩みの中で、働くことの意義を考えてしまうことがあるかもしれません。働くということはどういうことなのか、その意義を見つけるためのヒントを紹介します。

働くことの意義・目的例6つ|働く意義を見つけられない人の対処法

働くことの意義って?

働くことの意義・目的例6つ|働く意義を見つけられない人の対処法
ふと「働くことの意義」とは何か、と考えたことがある人も少なくないでしょう。学生時代が終われば自然と、就職をして社会に出ることになります。

人は昔から狩猟や農耕などで働いてきました。現代のように対価としてお金をもらうわけではありませんが、労働によって生活していくという部分においては、現代の労働と変わりありません。

人は、働くことによって一人前と認められ、その時代や場所において「一員」とみなされるといえるでしょう。

働くことの意義や目的は人それぞれ異なる

現代社会においては、日本をはじめほとんどの国では職業選択の自由が認められています。そのため、個人によって働くことの意義や目的はさまざまです。

仕事の内容そのものが好き、お給料が高い、働く会社そのものがステータスとなる、仕事内容が楽だ、など求めるものが違います。

同じ職場で働いていたとしても、同僚同士でその理由や仕事に見出す意義、目的が異なっているでしょう。

働くことの意義は?代表例6つ

働くことの意義とは、世の中に公にするものではありませんから、単にお金を稼ぎたい、貯蓄を増やし通帳の残高が増えていくのを眺めるのが楽しみだ、ということでも構わないでしょう。

しかし、働くことの意義というものを考えてしまうというのはどういう場合があるでしょうか。多くは、不満や不安があるときでしょう。

そのような時は初心にかえり、働くことの意義を考えてみると良いでしょう。

働くことの意義は?代表例1:収入を得た生活をするため

現代人の日々の暮らしには、必ずお金が必要です。よほどのことがない限り、経済社会に身を置いている以上、お金を稼がなければなりません。

もし働くことの意義が見つからない、というのであれば、とりあえず「今月生活するため」と考えてみても良いでしょう。

気力を無くしてしまうことが何より心配なことです。働くことの意義イコールお金という考え方は、それほど恥ずかしいことではありません。必要最低限の生活をする上でも、お金は必要だからです。

働くことの意義は?代表例2:社会との繋がりや人間関係のため

最近は、人間関係が面倒だという人がいる一方で、社会との繋がりを求める人も多くいます。特に、一度定年などリタイアした後に、働くことの意義を、再び勤めに出ることで見出す年配の方などです。

男女問わず人との出会いは新たな発見や、ほかの人の考え方を知る良い機会です。学生時代は、近い年齢・同じような嗜好を持ったもの同士が集まりやすいものです。

社会にはさまざまな人がいます。自分を高めるためにも、働くことに意義を求めるのも有効でしょう。

働くことの意義は?代表例3:将来の不安を解消するため

現代の日本は少子高齢化が進み、年金だけでは老後の生活に不安を覚えるという人も少なくありません。

また独身者でも、いずれ結婚を考えていれば、その資金などを貯めておいたり、子供の学費やマイホームの購入資金なども、将来の計画に含まれるでしょう。

働くことの意義を、お金を稼ぐためや、日々の収入のためとするのと近いかもしれませんが、明確なゴールがあることで、また違ったものとなります。

働くことの意義は?代表例4:社会に貢献するため

仕事の中には、明確に社会貢献となる職業があります。医師や看護師、警察官や消防士などの職業は、労働の対価として社会に貢献をしている、という実績が得られます。

もちろん、どのような仕事も社会の中では大切で必要なものですが、自分自身も周囲の人たちも貢献度合いが認識しやすいという点で、働くことの意義となるでしょう。

働くことの意義は?代表例5:スキルアップのため

スキルアップやステップアップのために、働くことの意義を見つけるのも良いでしょう。会社によっては、研修や教育プログラムなどを実施しているところもあります。

また、職種によっては従業員の資格取得のためにサポートがある場合もあります。OAや英語など、個人の実務に関わる資格をとって、スキルアップをするというのも、働くことの意義と言えます。

働くことの意義は?代表例6:やりたいことを実現するため

現在勤めているところを足がかりとして、将来的に成し遂げたいことのために、働くことの意義を求めることもあります。

例えば、料理人や理美容関係などです。専門の知識やスキルなどを身につけながらお金を貯めて、ゆくゆくは自分のお店を持つ、などです。

また、最近流行の田舎暮らしなどを実現させるために、早期退職を計画していて、そのために頑張っている、という人もいるでしょう。

働く意義を見つける方法5つ

働くことの意義は分かっても、自分には見つけられない、なんのために働くのか具体的なものが見えない、ということもあります。

これは多かれ少なかれ社会に出て働いている人には、経験があることでしょう。そんな場合は、一度リラックスできる環境でゆっくり考えてみることです。

働く意義を見つける方法1:自己分析をし自分の興味あるもの得意なものを知る

これから社会に出て働くという人であれば、まず自分の興味や得意分野を探ってみると良いでしょう。

漠然と「大企業で働きたい」「安定した職業に就きたい」ということでも悪くはありませんが、働くことの意義として考えたとき、はっきりとした指針がある方が、のちのち悩むことも少なくなるでしょう。

働く意義を見つける方法2:自分のモチベーションが上がるものを考えてみる

働くことの意義を必ずしも自分の業務内容に求める必要はありません。表立って誰に言うわけでもありませんから、ちょっとしたプライベートなことでも構いません。

「この企画書が出来上がったら、晩ご飯を贅沢しよう」や、仕事で使うものを好きなブランドで統一してみるなどです。

好きなものに囲まれていると、人間は自然と気分も良くなり、やる気も出てくるでしょう。

働く意義を見つける方法3:働く意味を求める原因を探ってみる

もしも、働くことの意義とは何か。と思いつめているとしたら、その原因を探ることも大切です。

忙しくて疲れている場合など、ふと考えてしまうこともありますが、会社の環境や対人関係など、外的要因のために追い詰められていないか、立ち止まり考えることも必要です。

働く意義を見つける方法4:目標を決めてみる

壮大な目標ではなく、日々のこなせる小さなことを働く意義や目標としてみましょう。

例えば、書類を見やすく丁寧に作成してみたり、仕事の期日前の提出などです。達成感というものは、人をやる気にさせます。

高い目標を掲げてしまうと、なかなか達成感達を得がたいものです。誰に表明するわけではないのですから、小さい目標から積み重ねていきましょう。

働く意義を見つける方法5:仕事以外に依存できるものを見つける

依存という言葉に抵抗を感じる方もいるでしょう。しかし、働くことの意義を見つけたあとに、今度は仕事に依存してしまうことは、それもまた問題です。

仕事が人生の中心で、全てになってしまうと、いつかは第一線を退かなければいけなくなったときに、第二の人生で「生きることの意義」を考えないようにしたいものです。

働く意義がわからないときは自分を見つめる良い機会

働くことの意義や、仕事に対して迷いがあるなど、誰にでも起こりうることです。しかしそのような思いを抱えたまま仕事をしていると、なにごともうまくいかなくなってしまいます。

もしも働くことの意義が見出せない、と思った時はその原因を一度ゆっくり考えてみ見ましょう。

ただし、外的要因で働く気力や意義を見出せないでいるとしたら、速やかに専門の機関に相談しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related