Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月16日

定時で帰れる仕事はある?定時で帰れる仕事12選|仕事効率アップの方法

この記事では、定時で帰れる仕事の様々な職種の紹介をしました。簡単ではありますが、その職業についての説明や向いている人の解説も行いました。また属している仕事で、定時で帰れるための仕事の効率アップの方法についての解説も参考にしてください。

定時で帰れる仕事はある?定時で帰れる仕事12選|仕事効率アップの方法

定時で帰れる仕事はどんな仕事か

定時で帰れる仕事とは残業が少ない仕事です。

「早く帰りたい...」と思いながら毎日のように残業をしていませんか?毎日働いている労働者の大半の方は、残業をせず定時で上がってプライベートの時間を確保したいことでしょう。

この記事では、定時で帰れる仕事の種類と、定時で帰れるための効率的な仕事の進め方について紹介していきます。

定時で帰れる仕事12選

定時で帰れる仕事の種類は数多く存在します。

一般的に定時で帰れる仕事の種類とは、「1日の作業量が決まっている仕事」、「ルーティンワークが多い仕事」、「決まった時間に業務が終了しやすい仕事」などです。

そこで、これらの項目にあてはまっている業種と仕事内容も含め、分かりやすく紹介するのでぜひ参考にしてください。

定時で帰れる仕事1:販売員

販売員は店舗でお客さんに商品の販売をするお仕事です。

販売関係のお仕事は、基本的にお店が閉まれば帰宅できます。整理整頓や掃除などはありますが、残業らしい残業はないので定時で帰れるでしょう。

販売員は人と接することがメインとなるお仕事なので、コミュニケーション能力が問われます。

定時で帰れる仕事2:工場作業

工場の作業は、ピッキング作業や商品の梱包、ライン作業などがあります。

工場のお仕事は基本的に残業がないです。特に工場の作業員は毎日の仕事の稼働率が決まっており、1日の作業量がある程度決まっています。事前に仕事の予定を組んで行うので、残業はなく定時で帰れるでしょう。

工場員は人と接すことが苦手な方、黙々と仕事したいと思っている方に向いています。

定時で帰れる仕事3:事務職

事務職のお仕事は、書類の作成やデータ入力、仕分けなどの単純作業がメインです。

事務職は女性から人気のある、残業のない定時で帰れる仕事の代表格です。突発的に仕事が飛び込むことがないので、ある程度は先を見越して進めることができます。

仕事が溜まってしまっても、書類作成やデータ入力のスピードを上げればいいだけですので基本的に残業はありません。

定時で帰れる仕事4:医療関係

医療関係の種類は、医者・看護師・歯医者・レントゲン技師などのお仕事です。

医療関係のお仕事は残業が少ない職場が多いです。大半の病院は18時くらいには閉まりますのでその後は大した仕事はありません。資料整理などは行いますが、特に残業にはならないでしょう。

3交代で働く事が多い看護師なども時間通りに終わるのがほとんどのため、定時で帰れる仕事といえるでしょう。

定時で帰れる仕事5:コールセンター

インバウンド(受信業務)と、アウトバウンド(発信業務)の2種類の電話対応が主な仕事になります。

コールセンターは、電話応対時間が過ぎれば帰宅できるので、残業は少なくほぼ定時で帰れる仕事でしょう。ただし、コールセンターのお仕事は相手と会話をするコミュニケーション能力と、相手に対しての言葉遣いがとても大切になります。

定時で帰れる仕事6:薬剤師

国家資格を持つ「薬のエキスパート」です。

薬剤師は、医者と同じように残業がほとんどありません。最近では、ドラッグストアや調剤薬局が増えているので働ける職場が多くなっています。

国家資格を要するだけあって、給料もよく比較的安定している職業なので定時で帰れる仕事のおすすめの1つといえます。

定時で帰れる仕事7:人事の仕事

定時で帰れる仕事はある?定時で帰れる仕事12選|仕事効率アップの方法
人事は、人材採用・人材育成・人材評価・労務管理が主なお仕事です。

人事関係は、新入社員の入社時期と給与計算の時期が忙しくなります。しかし、それ以外の時期であれば会社の規模などで多少変化はしますが残業はほとんどありません。そのため、定時で帰れる仕事といえるでしょう。

ただし、残業はどうしてもやりたくないと決めている方にはあまり向かない仕事かもしれません。

定時で帰れる仕事8:外資系

外資系は定時で仕事を終わらせるのが当たり前の思考です。

外資系企業では、極力残業をしないという「ワークライフバランス」の元に仕事へ取り組んでいます。会社側は従業員のプライベートを尊重し、従業員も自分たちのプライベートを大切にしています。

日本人のように「残業するのは当たり前だ」という意味不明な企業風習がないので、定時で帰れる仕事に就きたい方には考え方がマッチングする仕事でしょう。

定時で帰れる仕事9:警備員

与えられた持ち場を警備するだけです。

警備員の仕事は、施設内や工場現場などで財産や人の警備、警護を行うことです。仕事内容からも比較的楽な職業になります。最初から警備する時間が決まっているので、残業をすることはまずありません。

立ちっぱなしが苦にならなければ、定時で帰れる仕事の候補に挙げられるでしょう。

定時で帰れる仕事10:ルート営業

法人を相手に行うルート営業は残業がないのがほとんどです。

法人向けにサービスを展開するので決まった顧客を相手にサービスを提案します。そのため、決まったルートで営業を行うので仕事が長引くことはありません。

「食品メーカーが食材をスーパーに卸す」、「医療メーカーが医療品を病院に販売する」といった仕事が、法人のルート営業となります。

定時で帰れる仕事11:公務員

昔から定時上がりできる職種として有名です。

公務員は部課によってはまったく残業がない場合も多くあります。地方公務員である市役所などの窓口業務は、締切時間がはっきりしているため定時で帰れる仕事といえるでしょう。

特に市民課は窓口業務がメインになるため残業は基本ありません。市役所の中でも定時で帰れる仕事の部署です。

定時で帰れる仕事12:IT系企業

自分のペースで働けるフレックス制度を採用している

一昔前のIT業界はブラックというイメージが強かったため、業界全体で少しでも働きやすい環境にしようとする動きが活発です。それがこのフレックス制度の採用です。

フレックス制度のもとでは自分に実力さえあれば毎日定時で帰れる仕事となります。社員が全員同じ定時ではないため、上司が帰らないから帰りにくいといった精神的ストレスも軽減されます。

定時で帰るために仕事の効率を上げる方法9つ

定時で帰るためには「残業は絶対にしない」という強い気持ちをもちましょう。

長時間労働による過労死などが問題視されているいま、働き方改革関連法が成立し「長時間労働をよしとしない風潮」が熟成しつつあります。

しかし、それでも日々の残業に追われている職場はまだまだ多いです。ここでは、残業を絶対にしないための仕事の効率を上げる方法を紹介していきます。

定時で帰るために仕事の効率を上げる方法1:仕事の優先順位を意識する

前もって優先する仕事と後回しにできる仕事を振り分けておきます。

定時で帰れる仕事にするためには、優先順位をつけて仕事をすることがとても大切です。わかりやすい例でいうと、今日締め切りの仕事を優先して片付けて1週間後の締め切りの仕事は放置しましょう。

もし時間に余裕ができたときは、定時を迎えるまで翌日締め切りの仕事にとりかかり、定時になったら途中でも構わないのでさっさと帰るようにしましょう。

定時で帰るために仕事の効率を上げる方法2:スケジュールを立てる

現実的な予定を入れて定時で帰れる仕事の流れを作りましょう。

スケジュールを作る際に、隙間のないように予定を埋めてしまうと一つの予定が延長してしまった場合、その後の予定も延長した分遅れてしまいます。その結果、想定外の残業が発生してしまう可能性があります。

こうした事態を防ぐために予定をびっしり詰め込まず、予定と予定の間に隙間を作るようにするといいでしょう。

定時で帰るために仕事の効率を上げる方法3:任せられる仕事は任せる

定時で帰れる仕事にするには一人で抱え込まず仕事を他人にふりましょう。

自分の仕事の優先順位をキチンと守って仕事を効率的に終わらせるためには、任せることができる仕事を他人にふることも大事です。余計な気を使ってしまい他人に仕事をふりにくい気持ちは、わからなくはないですがそれでは仕事の効率は上がりません。

仕事ができるのは自分だけではないので、他人にも仕事を任せて効率を上げていきましょう。

定時で帰るために仕事の効率を上げる方法4:整理整頓

定時で帰れる仕事を構築するのにデスク周りの整理は大切です。

デスクで必要な書類を探したり、探し物をするのに使っている時間は年間におよそ150時間だそうです。デスクがキチンと整理されておらず散らかっている状態だと、探す手間に時間を費やしてしまうのでムダな労力が増えます。

どんな仕事でも、効率的にするのに整理整頓は基本中の基本といえるでしょう。

定時で帰るために仕事の効率を上げる方法5:作業にかかる時間を把握しておく

時計を見ながら実際に自分がどれくらい時間をかけて作業をしているかを計ってみましょう。

自分が取り掛かっている仕事は、普段どれくらい時間が掛かるのかを把握することは定時で帰れる仕事にするためには大事なことです。

作業時間を把握することでスケジュール管理の精度が上がったり、作業効率のアップが測れます。何時までに仕事を終わらせるのかを決めた方が集中力も上がるはずです。

定時で帰るために仕事の効率を上げる方法6:必要以上に仕事を増やさない

退社前の仕事の依頼などは引き受けてはいけません。

仕事が順調に片付いて就業時間を迎えようとしたときに、上司や他の社員から「この仕事もお願いね」と頼まれることはよくあります。これを安易に受けてしまうと定時退社が難しくなるので、「就業時間になるので帰ります」とハッキリと伝えて断りましょう。

やるべき事をやっていれば、定時に帰っても全く問題ありません。

定時で帰るために仕事の効率を上げる方法7:体調管理をする

定時で帰れる仕事とは体調管理を徹底することが大前提となる

毎日ベストな体調を維持し続けることは、仕事の効率アップへの必須条件となります。栄養のバランスがとれた食事を摂取し、なるべく夜更かしをせずに睡眠をとり、休日は趣味や運動などでリフレッシュをしましょう。

特に睡眠時間を削ると、体調不良になりかねないので睡眠時間はしっかりと確保しましょう。

定時で帰るために仕事の効率を上げる方法8:休憩も予定に入れる

休憩を取り入れることで仕事の効率は飛躍的に上がります。

適度に休憩を取ることはとても大切です。人間の集中力が持続するのは大体2時間だといわれているため、休みを取り入れないと次第に集中力が落ちて仕事の能率が下がります。

休むことでリラックスができて仕事の効率アップにつながります。ただし、あまり長く休憩を取るのも良くないので10分~20分ぐらいがいいでしょう。

定時で帰るために仕事の効率を上げる方法9:定時で帰ってからすることを決める

定時で帰れる仕事にするには帰宅してからの予定をあらかじめ決めておきましょう。

仕事後の楽しみや予定を決めておくと、「もう少し頑張れば上がれる」という気持ちが強くなります。その結果モチベーションも高くなり仕事の効率アップにもつながります。

決める予定は「美味しい物を食べる」、「好きなことを楽しむ」など何でもいいです。

定時で帰れる仕事はある

定時で帰れる仕事は数多く存在しています

いかがだったでしょうか。視野を広くして探せば定時で帰れる仕事というのは、色々な職種があることがわかります。中には残業自体が発生しないような職業もあります。

もしこの記事を読んでいる方で、「残業が辛い」、「定時で帰れる仕事に就きたい」と思っているようでしたら、1日でも早く定時で帰れる仕事に変えて充実した人生を送ってください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related