Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月16日

【上司と合わない】と悩んでいるそんなときの8つの対処法を解説!

合わない上司が会社にいてイライラして仕方ない、こんな時どう対処したらいいんだろう、など悩んでいる人は是非この記事を読んでみてください。あなたが上司のことで悩まないで良いように8つの対処法を紹介していますので、是非参考にして実践してみて下さい。

【上司と合わない】と悩んでいるそんなときの8つの対処法を解説!

上司と合わないと感じている人の割合

20代~30代を対象に行ったある調査からは、合わない上司がいると回答した割合が約70%、いないと回答した割合は約30%と、合わない上司がいると回答した割合の方が多くなっています。

また、女性よりも男性の方が合わない上司がいると回答した割合が多く、年代が上がると共に合わない上司がいると回答した人は少なくなります。自分にも部下ができて役割が変化し、上司への意識が変化したことなどが理由として挙げられます。

上司と合わないと感じる原因5つ

上司と合わないと感じる原因は人それぞれ違います。原因が分からないけど上司と合わないと感じる人でも一度冷静になって考えてみれば何かしらの原因が見えてきます。

なぜ自分は上司と合わないのかということを、まずは一度考える時間を取ることで解決策のステップに繋がります。

ここでは上司と合わないと感じる原因5つ厳選して紹介していきますので自分の状況と照らし合わせてみてください。

上司と合わないと感じる原因1:仕事のできない上司

仕事ができない上司は見ているとイライラしてきます。仕事をさばけないのに指示だけは偉そうに出してくる上司は合わないと感じる原因になります。

さっき依頼したことをすぐに忘れたり、デスクの上が書類で山積みになっていたり、単純に一つ一つの仕事が遅かったりと、そんな上司を尊敬できるわけはなく、むしろ合わないと感じても不思議ではないです。

上司を合わないと感じる原因2:部下の成果を自分の手柄にする

上司は見ていただけで実際に仕事をしたのは部下の自分なのに、上層部の人からその仕事が評価されると、あたかも上司の自分がした仕事のように言いふらす上司はとても嫌な感じがします。

部下は上司の手前、なかなか何も言えないことが多いです。ただ心の中では苛立ちの炎が燃え上がって仕方ない状態になっています。

人の手柄を横取りするような上司はそもそも尊敬なんてできませんし、合わないと感じる原因にもなってしまいます。

上司と合わないと感じる原因3:自分の考えを押し付けてくる

自分ならこうするから君もそうしろ、この考え方は俺には理解できない、と頭ごなしに自分の考えを押し付けてくる上司とは合わないと感じる原因になります。

自分の考えを部下にも共有したいという気持ちもありますが、部下としてはなかなか理解しがたいです。助言をしてくれる上司には耳を傾けようと思いますが、自分の考えのみを押し付けて部下の意見を聞こうとせず頭から否定してくる上司の言うことに耳は傾きません。

上司と合わないと感じる原因4:セクハラがある

セクハラをしてくる上司はもちろん合わないと感じて当然です。セクハラといえば実際に体に触ってくるボディータッチや言葉のセクハラというものがあります。

体を触ってくるボディータッチの例としては、頭をなでたり肩を叩いてきたり、酷い時はおしりや胸を触ってきたり性行為の強要もあります。

言葉のセクハラの例は、性的な言葉や年齢についての発言、結婚などに関する言葉や身体的特徴などの発言などが挙げられます。

上司と合わないと感じる原因5:パワハラを感じる

上司と合わないと感じる原因として、職場での優位性を利用して、上司からのパワハラを感じるといった場合も挙げられます。

パワハラには暴行などの身体的な攻撃や脅迫や侮辱などの精神的な攻撃、業務上遂行が不可能であることの大きな要求や、業務においてかけ離れた小さな仕事しかさせてもらえないこともパワハラにあたります。

パワハラといっても、分かりやすいものもあれば小さくて人に気づいてもらえないものも挙げられます。

上司と合わないと感じたときの対処法8つ

上司とは合わないと感じても、やはり仕事だから対処できた方が自分もストレスを抱え込まずに済みますし、今よりも目の前の仕事に集中することができるようになります。

ただどのように対処していいか分からない人のために、ここでは上司と合わないと感じたときの対処法を8つ厳選して紹介していきます。

自分に合った対処法を見つけて、合わないと感じている上司に振り回されることなく仕事をこなしていけるようになりましょう。

上司と合わないと感じたときの対処法1:仕事だと割り切る

仕事は仕事だと割り切りましょう。給料をもらって働いているのですから、上司と合わないことは頭の隅に追いやります。

仕事に集中して取り組んで、自分なりの成果を達成することに尽力しましょう。仕事場は仕事をする場所です。そのことに重きをおいて今目の前にある仕事を着々とこなしていきましょう。

また上司が小言言っているな、と受け流して自分の仕事をやり遂げれば、それはあなたにとって成功です。

上司と合わないと感じたときの対処法2:完璧な人はいないと念じる

上司と言えど、あなたと同じ人間です。誰しも皆完璧な人間はおらず、何かしらの欠点を抱えています。あなたも完璧ではないはずです。

上司だから出来て当たり前、というわけではありません。上司だから、と考えるから余計に合わないと思ってしまうので、一人の人間として上司を見ましょう。

頭の中で完璧な人間はいないと念じることであなたの心も楽になっていきます。考え方次第で心が重くなるか軽くなるかは変わっていきます。

上司と合わないと感じた感じた時の対処法3:反面教師にする

上司と合わないと思ったら反面教師にしてみましょう。こんな風にはなりたくない、上司の嫌な対応で自分は傷ついたから自分が部下をもったらもっと優しく接しよう、という風に自分の勉強になることもあります。

自分のことはなかなか目に見えて分かりづらいですが、相手のことは客観的に見えやすい状況にあるので、そこを上手いこと自分の得になるように活用します。

上司と合わないと感じた感じたときの対処法4:上司の良い所を見つけてみる

誰しも皆良いところはあります。今は上司と合わないと思っているから上司の悪いところばかりに目がついてしまいがちですが、一度冷静になって考えてみてください。

合わないから、という感情を持たず上司を客観的に見てみます。すると少しかもしれませんが良いところが見つかってくるはずです。

悪いところに目を向けず良いところに目を向けると、自然と上司のことがそれほど嫌ではなくなっていきます。

上司と合わないと感じたときの対処法5:学びだと前向きに捉える

上司と合わないと感じるときは、学びの時間だと前向きに捉えてみます。仕事場に限らず、プライベートでも合わない人と出会った時、どのように対処すればいいか考えます。

この上司と上手くやっていければ自分はどこでも上手くやっていけるはずだから、今この時間を学びの時間にして学習していこうと考えた方が自分のためにも良いです。反抗したりあからさまに態度に出すと、あなたの方が嫌な思いをしてしまいます。

上司と合わないと感じたときの対処方6:自分に非は無いか考えてみる

上司のせいばかりにするのではなく、自分にも非がないか一度考えてみてください。基本的には理由もなしに理不尽なことを言う人は少ないと言えます。

今まで自分の上司に対する態度はどうだったか、仕事でミスばかりしてそれを上司が補ってくれた時にしっかりとお礼をいったか、など自分の態度を考え直してみましょう。

自分の非が見つかればこれから直していけば良いです。上司も部下が良い風に変わったと感じ取っていきます。

上司と合わないと感じたときの対処法7:与えられた仕事に集中する

与えられた仕事に集中することが大切です。自分の仕事に責任感を持ち、成果を出すために努力をすることに尽力していれば、おのずと上司の嫌な部分が気にならなくなります。

仕事場に行くのはまずは仕事をするためなので、そのことを第一優先として考えていきます。成果を上げると自分にも自信が出てくるので、自分のためにも良い結果となります。

上司と合わないと感じたときの対処法8:ストレス発散方法をみつける

自分にとってストレス発散となる方法を見つけましょう。帰っても合わない上司のことばかり考えて時間を取られるのはもったいないです。メリハリをつけないと仕事の効率も落ちてきます。

カラオケやスポーツでも良いですし、何か美味しいものを好きなだけ食べる日を作ったり、お笑い番組を見てお腹を抱えて笑ったり、自分がとにかく楽しめたり落ちつけたりするものを見つけると、嫌な上司のことなんて考えなくなります。

合わない上司と仕事することで起こるトラブル4つ

合わない上司と仕事をすることによって起こりえるトラブルがあります。なるべくトラブルは起こしたくないですが、上司と合わないと思っていると表情や態度に自然と出てきますので、あまり良い結果は生み出しません。

ここでは起こりえるトラブルを4つ厳選して紹介します。事前にトラブルを知っておくことで、危機管理能力が身につきます。

上司と合わないことで起こるトラブル1:仕事のモチベーションが下がる

仕事のモチベーションが格段に下がります。なんでこんな上司の下で働かなければいけないんだ、本当は顔も見たくない、などといった感情が生まれてきてしまいます。

「あーもうあんな上司がいるところの仕事場には行きたくない」と悩み、それをきっかけに会社を辞めてしまう人もでてくるほどです。

合わない上司がいると、最初はやる気を出して入った会社でも、時間が経つにつれてモチベーションが下がっていく結果になりやすいです。

上司と合わないことで起こるトラブル2:成長スピードが遅くなる

上司と合わないということは、コミュニケーションも徐々に減ってきている場合が多いです。そうなると仕事で聞きたいことがあってもなかなか聞けない状況になってしまいます。

分からなくても上司と話したくないからといって、自分ひとりで抱え込まなければいけなくなり、分からないことが自分の頭の中で堂々巡りとなっていきます。仕事がどんどんと増え、次のステップの仕事になかなか進めなくなります。

上司と合わないことで起こるトラブル3:疲労やストレスが溜まりやすくなる

上司と合わない、もう嫌だ、なんであんな人が自分の上司なんだろうかと、どんどん暗い気持ちが増えていき疲労やストレスが溜まっていきます。

自分自身で自分を追い詰めている状態になってしまいます。今まで目につかなかったことが目につくようになり、上司を合わないと思えば思うほど自分に悪い影響が出てしまいます。

上司と合わないことで起こるトラブル4:評価に繋がりにくくなる

部下のあなたの評価を決めるのはあなたの合わないと思っている上司です。態度が悪い、コミュニケーションがない、仕事の段取りが悪いなど、あなたの本来の実力が上司に届かない状態の評価に繋がってしまいます。

あなた自身も不本意な結果になってしまい、上司に対する嫌悪感がより増していきます。能力不足というレッテルを貼られてしまいかねません。

上司と合わないと感じることは誰にでもある!

今日は上司と合わないと悩んでいるそんなときの8つの対処法を解説しました。悩んでいるのは自分だけではないと感じた人も多いかもしれません。

上司と合わないことは誰にでもありますし、合わないからと言って態度に出してはあなたが損をしてしまいます。

上手く上司と仕事で付き合っていくことが、あなた自身の能力を引き出す結果ともなりますので、少しずつ対処法を実践してみましょう

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related