Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月15日

会社で嫌われる社員の特徴15選|嫌われているかどうかの見分け方4つ

皆さんこんにちは、今回は「会社で嫌われる社員の特徴15選|嫌われているかどうかの見分け方4つ」と題し、「会社で嫌われる社員の特徴15選」をピックアップし、その際に気になる「嫌われているかどうかの見分け方4つ」をはじめ、見極めのコツをご紹介します。

会社で嫌われる社員の特徴15選|嫌われているかどうかの見分け方4つ

職場で嫌われる人の原因は?

会社・職場で嫌われる社員の特徴は、自己主張が強い人、とよく言われます。この場合の自己主張というのは、他人が言うこと・考えることを一切に受け入れず、自分本位のこと・自分だけが幸せになれること・満足できることにしか、興味がない人を指します。

一般的に「嫌われる社員」というのは、「多数の人から嫌がられる人・避けられている人」のことを指し、この場合でも(嫌われる社員が)自分でそうしている可能性が見られます。

会社で嫌われる社員の特徴15選

さてここからは「会社で嫌われる社員の特徴15選」と題して、実際にどんな人が嫌われるのか、なぜ嫌われるのかについて、いろいろなケースを土台にしながら詳細にご紹介していきます。

キツイ人、わがままな人、他人のことを何も考えない人、自分の満足感だけを考えている人などをはじめ、他にも「嫌われる社員」の特徴は多く見られます。それらの特徴や理由を前もってしっかり踏まえておき、そうならないよう注意してみましょう。

会社で嫌われる社員の特徴1: 言い訳や否定の言葉が多い

「言い訳や否定の言葉が多い」というのは基本的に、「自分の考え方が一番」、「他の人よりも常に自分のほうが優れている」などと決め付けている人が多く見られます。

そもそも「(他人の考えや気持ちを)否定する」というのは、模範解答を自分なりに決め付けておき、その解答に沿わない人をすべて排除する人の行動に見られます。そしてその陰には「自分が正しい」とする確固とした信念があり、この点が嫌われる理由になります。

会社で嫌われる社員の特徴2: すぐ感情的になる

感情的になる人というのは、どんな場面でもたいてい「付き合いにくい人」として避けられやすくなるでしょう。

感情的という言葉には、どうしても怒り口調で物を言う姿勢や、自分の考え方に合わない人がそばにいると、どうしてもその人に対して攻撃的になってしまうという、やり場の無い強い態度が見え隠れします。

多くの人はこのような攻撃的な姿勢を敬遠するため、感情的になりやすい人ははやり注意が必要になるでしょう。

会社で嫌われる社員の特徴3: 他の社員の悪口や愚痴が多い

嫌われる社員の大きな特徴のうちに、「他の社員の悪口や愚痴が多い点」が見られます。これはよく二重人格者や、本音と建前をきっちり分け過ぎている人の特徴として見られやすく、嫌われる社員の特徴のNo1になる程の理由・原因になります。

その理由を簡単に言うと、普段から簡単にできてしまう悪口・陰口であるため、非常に身近な行動で嫌われてしまう点にきっかけにあります。嫌われる社員にならないよう、十分注意しましょう。

会社で嫌われる社員の特徴4: 自己中心的で計算高い

先述でもご紹介してきましたが、この「自己中心的で計算高い」というのは嫌われる社員になる非常に強い理由・原因になってしまうでしょう。

自己中心的な行動しか取れないという人は、多くの場面で付き合いにくい感覚と、結果的に「誰でもすぐに裏切ってしまう」という非常に根強いマイナスイメージが付けられがちです。これもすぐに表面に出やすいため、しっかり注意しておく必要があるでしょう。

会社で嫌われる社員の特徴5: 相手によって態度を変える

これも先述の「計算高い」や「二重人格によるイメージ・印象の悪さ」につながるマイナスイメージになります。相手によって態度を変えるというのは、結局「権力に弱い人」の印象を根強く付けてしまうことになり、その点で嫌われる社員になってしまいます。

分け隔てなく、偏見を付けずに、誰とでも円滑に付き合える人がそばに居た場合、そうした人とはことごとく対照的に見られるため、その点でかなり嫌われることもあります。

会社で嫌われる社員の特徴6: 平気で嘘をつく

これは人道的に見てあり得ないことになりますが、特に会社や公式の場所・公共の場所で一緒に居たり働いたりする場合、平気で嘘をつく人というのは、間違いなく信用の置けない嫌われる社員になってしまいます。

嘘をつくという行動は「相手を馬鹿にしている行動」になり、その上で、自分をいつでも弁護する・保守するといった、自己本位意識の高い人の象徴として見られる傾向が根強くあります。この点にもしっかり配慮しましょう。

会社で嫌われる社員の特徴7: 時間にルーズ

これは場合によって変わりますが、この調子を続けていて何の自覚もない場合には、間違いなく「嫌われる社員」になってしまうでしょう。

時間にルーズというのは基本的に「自己中心的な人の行動」に見られやすく、たとえ前もって約束をしてその相手を待たせても、「自分の都合のほうが大事」と考えている人の特徴に大きく見られます。

結局「自己本位度」が高い人の特徴となるため、この点にも十分配慮しておきましょう。

会社で嫌われる社員の特徴8: お金をよく借りる

この場合は「お金を人から借りて、そのまま返さない人」の例になります。こんなこと本当にあるのかと疑いますが、日常的に見て結構あります。

上記の例では基本的に「お金を借りたことを忘れている」というものが多く、意図的に返さないと言うよりも、自分がその時(お金を借りた時)の窮地を克服した安心により、その「お金を借りたこと」そのものを忘れている姿勢になります。

これも嫌われる社員になるので十分注意しましょう。

会社で嫌われる社員の特徴9:暗い

会社で嫌われる社員の特徴15選|嫌われているかどうかの見分け方4つ
これも場合によって変わりますが、たとえ暗く見えても、実際に長く付き合ってみれば「結構明るいところもある」や「根はとてもいいやつ」などと、そのイメージを簡単に払拭できるケースも多くあります。

しかし、考え方が初めから暗く、その上で「誰に対しても愛想がない」や「特定の相手にだけ暗い」となれば、嫌われる社員のパターンになりやすいです。プラス思考は確かに大切で、暗いままだと相手も疲れてしまいます。

会社で嫌われる社員の特徴10: 感謝しない

誰かに何かをしてもらっても、ほとんど「ありがとう」や「今度はわたしがしてあげるからね」などといった謝意の言葉が無い場合、誰でも嫌われる社員になってしまうでしょう。

他人がしてくれた事に感謝しないというのは、そのまま自己本位・自己中心的な人のイメージに見られやすく、その上で「プライドが非常に高い人」に見られてとっつきにくくなります。それだけで嫌われる社員になるため、十分注意しておきましょう。

会社で嫌われる社員の特徴11: 謝らない

先述の「感謝しない」という特徴に似ていますが、この場合もプライドが高い人・自己中心的な人の特徴やマイナスイメージがそのまま見られて、嫌われる社員になってしまうでしょう。

素直に謝る姿勢がきちんと備わっている人というのは、その時点で「他人への尊重・敬意」が備わっており、他人と共存するためのルールを心得ている態度にあります。これらの姿勢ができていないと嫌われる社員になるため、注意しましょう。

会社で嫌われる社員の特徴12: すぐに優劣を決めたがる

最近になって特に多い「嫌われる社員」の特徴に見られるものですが、たとえば学歴・取得している資格をはじめ、それまでのキャリアや家庭のあり方などを含めた「社会的ステータス」を手玉に取り、すぐに優劣を決めようとする人が多く見られています。

優劣を付けるというのは、基本的に自分を優位に立たせることを前提にしやすいため、間違いなく嫌われる社員のイメージが貼られることになるので注意しましょう。

会社で嫌われる社員の特徴13: 極度の負けず嫌い

普通に見られる負けず嫌いというのは、学校や会社でも「切磋琢磨し合える間柄」として仲間意識を高められる重要なステップになります。

しかし極度の負けず嫌いというのは、この場合も常に「自分が他人より優位に立ちたい」という自意識が非常に強いために見られる行動になるため、その点で嫌われる社員になってしまいます。

負けず嫌いの性格も程ほどにしておき、周りとのバランスを常に考えるようにしましょう。

会社で嫌われる社員の特徴14: プライドが高い

これについては先述でも何度かご紹介してきましたが、プライドが高い人というのは、その行動や心情が要所の場面ですぐに出てしまいます。

競争心が高いこと、負けず嫌いな性格、学歴・キャリアをすぐに他人と比べてしまう、少しでも自分が良いポジションに居たいことなどをはじめ、とにかく相手を自分の下位に置き、絶対に自分の負けを認めない性格になるため「嫌われる社員」の筆頭にあげられます。

会社で嫌われる社員の特徴15: 異性にだらしがない

この場合の「だらしがない」というのは、いわゆる不貞を働いてしまう行動に見られ、またゆくゆくはそのようなサークルにつながる言動を働いている人の特徴になります。

異性にだらしがない場合、これは両性から嫌われる大きな原因にもなりがちで、好意を寄せられている本人にはそれほど嫌われませんが、その周囲の人たちからおもむろ「不潔だ」や「場違い」などといった理由で嫌われやすくなります。

会社で嫌われてるかどうかの見分け方4つ

さてここからは「会社で嫌われてるかどうかの見分け方4つ」と題し、今度は「実際に自分が嫌われているかどうか」を的確に見分ける方法についてご紹介していきます。

会社で嫌われる社員というのは、実は常に「自分が他人からどう見られているか・評価されているか」といった点に、非常に興味を持っている傾向が強いです。これは「嫌われてもいい」としている人の場合も同じです。ぜひ見分け方を踏まえておきましょう。

会社で嫌われてるかどうかの見分け方1: 話の輪に入ると会話が止まる

これは非常にオーソドックスな見分け方になります。「自分が他人の話の輪の中に入った途端に周囲の会話が止まる」というのは、自分が入ったからこそ皆それなりの感情を出し、意図的にその人を自分たちのグループに入らせない意思表示になることが多いです。

ここまでくると随分おもむろに「嫌われる社員」のレッテルを張られている背景がうかがえ、暫くはそっとしておくより他ない状況が見えてくるでしょう。

会社で嫌われてるかどうかの見分け方2: 態度がよそよそしい

「態度がよそよそしい」というのは、「できればわたしはあなたと話したくありません」という遠回しな意思表示ともなり、その上で「あなたとは深い付き合いはしません」と心の奥底で断定している姿勢に見て取れます。

友人関係・恋愛関係でもよく見られますが、他人行儀になる場合はその相手を「自分とは関係の無い人・関係の薄い人」としていることが多く、この点にも十分な配慮が必要になるでしょう。

会社で嫌われてるかどうかの見分け方3: 自分と他の人との態度が違う

これはいわゆる「避けられてる」といった相手の行動の、延長の仕種・遠回しな言動に現れやすい姿勢に見て取れるでしょう。

Aさんには良い顔を見せるけど、Bさんにはまったく違った態度で当たる、というのはよくあることで、この場合も「(そうする人が)自分のテリトリーを守るためにしている行動」と見てかまいません。

会社で嫌われてるかどうかの見分け方4: 飲み会に誘われない

これについても「避けられている場合」や「よそよそしい態度を取られる場合」などと同じく、その相手と一緒に行動しても面白くない・できれば関係を持ちたくないといった、他人感覚のままで良いという周囲の意思表示になります。

もちろんこの場合は時期によります。たとえば入社してすぐでは誘われにくいものですが、それがだんだん経過しているのに関わらずこの状態であれば、嫌われる社員になってしまっていると気付くでしょう。

会社で嫌われないためには他人を思いやることが大切

いかがでしたか。今回は「会社で嫌われる社員の特徴15選|嫌われているかどうかの見分け方4つ」と題し、「会社で嫌われる社員の特徴15選」をピックアップし、その際に気になる「嫌われているかどうかの見分け方4つ」をはじめ、見極めのコツをご紹介しました。

嫌われる社員というのはそれぞれ共通の特徴が見られるもので、その言動のあり方を改善することで問題は解消されます。そのための方法を十分模索しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related