Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月15日

本当に辞めるべき会社の特徴35個|退職しない方が良い2つのパターン

本当に辞めるべき会社の特徴35個と退職しない方が良い2つのパターンをご紹介します。不満や不服があっても本当に辞めるべき会社であるかを判断することは簡単ではありません。100%希望にマッチすることは珍しいため、我慢も必要ですが、転職を決意することも大切です。

本当に辞めるべき会社の特徴35個|退職しない方が良い2つのパターン

本当に辞めるべき会社とは

現状の会社を転職しようか、退職したいと感じたことはありませんか。ある程度は会社のルールに従い我慢も必要ですが、本当に辞めるべき会社である場合は、すぐにでも行動にでるべきです。

本当に辞める会社で長く働いても、時間がもったいないだけであり、後悔することも考えられます。まずは、本当に辞めるべき会社かどうかをじっくりと見極めてみましょう。

辞めるべき会社の特徴35

本当に辞めるべき会社である特徴を35個ご紹介しますので、ぜひともご参考にしてください。また、転職をお考えの方も、これらの特徴がある会社を避けて活動をするようにしましょう。

本当に辞めるべき会社である場合、デメリットが多く、連鎖反応でデメリットがたくさんあることが多いです。辞めるべき会社の特徴が何個もあり、改善の見込みがない場合には、じっくりと将来のことを考えてみましょう。

辞めるべき会社の特徴1:給料が安い

給料が安い会社は、本当に辞めるべき会社である理由になります。給料が安いかどうかを見定めるときには、自分の年齢の給料の平均値と照らし合わせてみましょう。

企業の大きさなどによって、給料は多少前後しますが明らかに少ない場合は、転職を考えることもよいでしょう。また、平均値だけでなく、年収の中央値も確認してみましょう。より一般的な平均がわかります。

辞めるべき会社の特徴2:有給が認められない

働き方改革などと言われておりますが、まだ、有給が認められない企業も実際に存在します。有給が認められない会社は、本当に辞めるべき会社であると判断してもよいでしょう。

有給制度があっても取れなかったり、取れる雰囲気でないことも多々あり、結果的に持越しができず権利がないと同然になります。有給が取れないこと自体が違法であるとの認識を持ちましょう。

辞めるべき会社の特徴3:労災が認められない

本当に辞めるべき会社である特徴の1つとして、労災が認められないことがあげられます。会社としては労災をだすと悪影響であるため、もみ消したり、無理やりな言い訳で労災でないと言い張るケースがあります。

上司や同僚に相談しても、改善されないようであれば、労働基準監督署に相談することも1つの作戦です。労災はきちんと報告する必要があります。

辞めるべき会社の特徴4:反社会的な業務内容

反社会的な業務内容である場合、本当に辞めるべき会社であるといえます。反社会的な業務の中には、環境を汚染するようなことであったり、社会への貢献から外れたこと全てが該当します。

特に、環境に関しては世界的に注目されており、年々基準も厳しくなっております。その基準に対して、企業は変化し続けて、適応していく必要があります。

辞めるべき会社の特徴5:昇給や昇格のチャンスがない

本当に辞めるべき会社である特徴の中で、昇給や昇格のチャンスがないということも問題があります。昇給や昇格のチャンスがないと、やる気もなくなり、さらに辞めたいという気持ちが強くなる傾向があります。

仕事のやりがいも大切ですが、お給料も重要なのでベースアップがなければ見直す必要もでてきます。会社にベースアップの制度を確認してみましょう。

辞めるべき会社の特徴6:残業が多い

日本の企業は残業が当たり前という感覚が強いですが、最近は働き方改革で残業を減らす傾向が一般的です。その中で、残業があまりにも多い会社は、本当に辞めるべき会社の可能性があります。

残業が多く、月の残業時間が45時間を超える場合は注意が必要です。

辞めるべき会社の特徴7:代休が取れない

休日出勤がある会社の場合、休日出勤した分を賃金にするか代休や振休で消化することが一般的です。しかし、本当に辞めるべき会社である場合、どちらも適応されないケースがあります。

これはサービス残業と同じであり、違法な雇用となります。転職する際にも、休日出勤やその際の対応も事前にしっかりと確認しておく必要があります。

辞めるべき会社の特徴8:強制的に有給を取らされる

働き方改革により、有給を消化させる企業が増えています。しかし、実際に有給を消化できている会社であっても、自由に有給を取れずに、強制的に有給を取らされているケースがあります。

有給は仕事に支障がなければ自由に休めるものであり、会社に指示されてとるものではありません。強制された場合、本当に辞めるべき会社であると判断してもよいでしょう。

辞めるべき会社の特徴9:人間関係が良くない

退職をする方の多くが、人間関係の問題により転職される方がとても多いです。仕事をする上で、同僚や上司や部下との信頼関係などの、人間関係はとても大切なことです。

人間関係がよくない職場で、働いているとストレスを感じたり、本気で悩んでメンタル的にダメージとなるケースも少なくはありません。いじめ、パワハラ、セクハラなどだけでなく、根本的な人間関係を構築することは重要です。

辞めるべき会社の特徴10:業績が悪い

時代の流れとともに、業種によっては衰退傾向の仕事もあります。新規事業開発などが進んでおらず、時代の流れに乗れていないと感じる会社は、未来が見えにくいため、辞めることを検討する方も珍しくはありません。

業種が悪いことで、真面目に仕事に取り組んでいても給料アップにも繋がらないなど、問題を抱えることにもなりかねません。会社の未来が怪しいのであれば、真剣に転職を考え、将来設計を見直す必要がでてきます。

辞めるべき会社の特徴11:年齢層が高い

会社全体の年齢層が高く、若い社員が極端に少ない会社も辞めるべき会社に入る事があります。若手社員が少ないと、仕事を引き継ぐ事ができず、先輩社員の高齢化が進んだ時に、一気に社員が減ってしまいます。

近い将来、定年退職される方ばかりになると彼らたちが在職中に若手社員を雇用して人材育成をしなければ、将来的に深刻な人材不足になりかねません。それらの処置が施されないならば、早めに見切って転職するのも得策です。

辞めるべき会社の特徴12:改善に批判的

古い考えの会社では、新たなことに取り組んだり、改善するということに批判的なケースがあります。従来のやり方に慣れており、現状が当たり前することにより、変化や改善に積極的になれないことがあります。

改善提案をしたとしても、きちんと見直しをされることなく、却下されるのであれば、組織としての発展もない可能性もあります。結果的に、伸びしろが少ない会社は、辞めるべき会社と判断されることがあります。

辞めるべき会社の特徴13:意見が聞き入れられない

辞めるべき会社の1つとして、意見や提案が聞き入れられないことがあげられます。昔は、組織の中での発言者はトップダウン形式で、上層部のみというイメージがありましたが、最近では、ボトムアップを採用する企業も増えています。

部下から上司への提案をしようとしても、耳を傾けてもらえないこともあります。一般社員に発言権がなく、部下の声を聞き入れられないことで、モチベーションが下がることも充分にあります。

辞めるべき会社の特徴14:評価がされない

人材の評価がされない会社は、辞めるべき会社の可能性があります。正当な評価がされない、そもそも評価をされることがないのであれば、昇給や昇進に繋がることが少ないです。

そうなりますと、努力が報われないことも多く、年功序列のみでの昇給や昇格となってしまいがちです。

辞めるべき会社の特徴15:責任転嫁される

仕事をするにあたり多かれ少なかれ、責任というものがあることは当然です。会社の中で、責任のなすりあいをするような、責任転嫁が日常的になってしまっている会社は辞めるべき会社と判断してよいでしょう。

責任力がない社員は、仕事をする上で致命的であり、何かあったときにはトラブルになる可能性が高いです。業績悪化にも繋がりかねない問題のため、転職を考えることも得策です。

辞めるべき会社の特徴16:上司が横柄である

上司が横柄で理不尽な会社も辞めるべき会社であるケースが多いです。上司だからといって偉そうであったり、役職がついた途端に態度をかえるような方が昇進しているということはよくありません。

人材の評価がなされていない可能性もあり、醸造部にはよい振る舞いをする二面性が強い上司とは、信頼関係の構築も難しいです。上司の横柄さを感じる事が多くなれば、部署移動、最終的には転職と考えてみてもよいのではないでしょうか。

辞めるべき会社の特徴17:モチベーションが低い

会社全体がモチベーションが低く、活気がない会社は辞めるべき会社に当てはまる事があります。モチベーションが低い社員の割合が多いと、フレッシュな新入社員のやる気もなくしてしまう可能性があります。

人間はどうしても流されたり周囲の環境に染まってしまう事があるので、盛り上げようとしても改善されない事もあります。トライしてもモチベーションの回復が見込めないのであれば、切り替えるタイミングではないでしょうか。

辞めるべき会社の特徴18:その仕事に向かない

根本的にその仕事に向かないのであれば、辞めることを検討することも必要です。会社の中で、部署移動ができるのであれば転職を考え直すこともできますが、その業界があわない場合は致命的です。

自分にあう業種を見つけることは簡単ではなく、やってみないとわからないことも多々ありますが、どうしてもあわない場合は、自分のためにも会社のためにも転職をすることがおすすめです。

辞めるべき会社の特徴19:求人内容と異なる

会社に入社してから、求人内容と相違がある会社は辞めるべき会社と判断できます。特に、賃金、休日、有給などの雇用条件に関することは重要です。

もちろん、仕事内容に相違がある場合も問題です。本来は求人内容の相違があってはいけないのですが、万が一そういったことが発生した場合には、労働基準監督に相談してみることもおすすめです。

辞めるべき会社の特徴20:不満が多い

社員同士の不満や会社に対しての不満が多い会社は、辞めるべき会社に匹敵することがあります。1つ勘違いしてはいけないことは、改善提案や、問題事項のピックアップと不満を混同してはいけないということです。

不満とはそもそも、満足できていないことや、飽き足りないことを意味します。職場での不満は仕事に関連することがベースとなります。

辞めるべき会社の特徴21:感謝がない

仕事をする上で、取引先や上下関係などにかかわらず、感謝と挨拶をすることは基本中の基本です。感謝ができない会社はよい会社とは言えないでしょう。

相手との立場や関係性は関係なく、してもらったことに対して、感謝の言葉を伝えることはとても大切です。親しい仲にも礼儀ありと言葉があるように、感謝をしなくてもよいシーンなどは基本的にありません。

辞めるべき会社の特徴22:目標がない

辞めるべき会社である理由の1つとしては、目標がないということがあげられます。目標は具体性があればあるほどよいでしょう。

目標売上達成や社是などで掲げる経営理念などがはっきりしていなければ、社員がどこに向かうべきかが不明確になります。同じ目標に向かって、各々が自分のやるべきことを行うことは会社の発展にとってもとても大切なことです。

辞めるべき会社の特徴23:尊敬できる人がいない

会社の中に尊敬できる人がいると、自分のスキルアップにも繋がります。漠然とどのようなスキルをつけたいか、どのような人材になりたいかと考えても具体例がでてこないことも多々あります。

しかし、尊敬できる方がいると、手本にするビジョンができるため、自分の成長を早めることができる可能性があります。尊敬できる人がいないと、モチベーションも下がりがちになります。

辞めるべき会社の特徴24:教育制度がない

会社として人材育成はとても大切なことであり、教育制度がない会社は辞めるべき会社に値することがあります。教育をするときには、OJTやOFFJTなど様々なやり方がありますが、職種によって適した手法を用いるべきです。

教育制度がないと、入社してから個人の裁量で手探りで仕事をしなければいけないため、仕事力にも多く差が出る可能性が高いです。そこに問題視を置かないことは改善の見込みも低いでしょう。

辞めるべき会社の特徴25:社長の意見しか通らない

中小企業に多いと言われている、社長の意見しか通らない会社も危険です。社長に意見ができない状況が強いと、社員は仕事をしなくなり、作業ばかりの毎日になりがちです。

会社の社長だからといって、必ずしも正しいとは限らない上に、情報収集や情報共有にも支障をきたす恐れがあります。いわゆる「ワンマン社長」と呼ばれる会社の場合、辞めるべき会社とみなされることも珍しくはありません。

辞めるべき会社の特徴26:残業代がでない

残業を行った際には、雇用主は雇用者に残業代を全て支払う義務があります。残業代がでないということは、大きな問題です。

しかし、残業代をもらえていない会社の社員はそれが当たり前化しているケースも多く、誰も問題視できないこともあります。残業の未払いが慢性化している会社は転職することをおすすめします。

辞めるべき会社の特徴27:休憩時間がない

休憩が取れない会社も辞めるべき会社と言えるでしょう。勤務時間によって労働者は休憩を取らなくてはなりません。

いくら忙しいと言っても、休憩は取らなくてはなりません。休憩が取れない企業は、ブラック企業の一環のため長く勤務するには相応しい会社とは言えないでしょう。

辞めるべき会社の特徴28:離職率が高い

離職率が高い会社も雇用条件や仕事内容などに不満があることが多く、辞めるべき会社であることが多いです。特に若手社員の離職率が高いことは、会社の将来に関わることなので、慎重に考えなければなりません。

また、離職するタイミングが早ければ早いほど、企業の評判も悪いといえます。日本の企業では、同じところで勤務し続けることは、ベースアップにもつながるだけでなく、好印象にとられることが多いです。

辞めるべき会社の特徴29:口コミ、評価が悪い

最近では会社の口コミや評判は簡単にパソコンやスマホなどで閲覧することができます。元従業員などにより、会社のメリットやエメリットが書かれており、誰でも閲覧することができます。

しかしながら、口コミの多くはメリットよりもデメリットが書かれていることの方が多いです。口コミや評判が悪い会社は辞めるべき会社であることが多いため、応募する前にきちんと内情を把握しておきましょう。

辞めるべき会社の特徴30:社員の口調が偉そうである

仕事をする上で、最も大切であるコミュニケーションですが、偉そうな口調であると喧嘩に発展したり、業務に支障をきたすこともあります。そこまでいかなくとも、偉そうな口調だと、日々少しずつストレスが溜まることもあり、環境がよくありません。

マナーや常識の範疇から外れているようであれば、辞めるべき会社と判断することもあります。メンタル的なダメージになることもあるため、気を付けましょう。

辞めるべき会社の特徴31:プライベートを強制される

同僚との関係の価値観は人それぞれですが、会社は会社と割り切ってプライベートはお付き合いしない方もいます。しかし、プライベートまで指示、命令かのように強制される会社は辞めるべきと考える方も少なくはありません。

休日まで強制され上司の趣味に付き合わされたり、仕事終わりは決まって食事などと強制されることは厳しいです。断ることでいづらくなるのであれば、転職を考えることも避けられません。

辞めるべき会社の特徴32:経費がでない

経費がでない場合は、辞めるべき会社である可能性があります。しかし、会食の費用を経費として扱えない会社では、個人のポケットマネーからの支出になり厳しいです。

経費が出る出ない、金額の設定が曖昧な会社は注意しましょう。あとから出ないと言われる可能性もあり、泣き寝入りしないとけいない場合も考えられます。

辞めるべき会社の特徴33:会社行事が強制である

会社の行事や飲み会などに強制参加をさせられる会社も辞めるべき会社の対象になることがあります。特に、社員旅行など、会社負担である場合はまだしも、個人負担で強制参加となると、金銭的負担も大きくなりしんどいと感じる事があります。

ある程度の飲み会はお付き合いも必要ですが、プライベートな事情もあるため、強制されることは厳しいと感じる方も増えています。飲み会も会費制が多いため、余裕がない家庭には厳しいです。

辞めるべき会社の特徴34:トイレが汚い

会社のトイレがきれいであると、会社の成長も順調という説があります。これはあながち間違いな話ではなく、会社のトイレが汚いことは悪影響になることがあります。

単純に衛生的にもよくないため、面接に行った際にはトイレをかりてチェックしてみることもおすすめです。辞めるべき会社であるかどうかは、できる限り入社前に見極めましょう。

辞めるべき会社の特徴35:理不尽なことが多い

納得がいかないことや理不尽なことが多い会社も、辞めるべき会社の可能性があります。納得がいかないということは、コミュニケーション不足か、責任転嫁・情報共有不足などがあると考えられます。

いずれにしても、社内で潤滑に業務が運ばれていないことには間違いありません。改善の余地がなければ転職することも念頭に入れておきましょう。

退職しない方が良い2つのパターン

辞めるべき会社と感じたとしても、退職を決断するには慎重に判断する必要があります。不満やストレスを感じることがあっても、転職で解決しない問題や、辞めたい理由が仕事以外である場合には退職することが適切でない場合も考えられます。

一時の感情で早まった行動を取ってしまうと、現状よりもよくない状況に陥り、後悔してしまう結果になってしまうこともあります。

退職しない方が良いパターン1:会社を辞めたい理由が仕事以外の場合

退職したい理由が仕事以外でない場合には、辞めること以外で解決できる可能性もあります。仕事のこと以外で辞めたい場合は、他の会社に行ったとしてもまた同じことで辞めたいということになる場合もあります。

基本的に会社には、仕事をしに行っているため、仕事以外のことが理由である場合は、ある程度の忍耐が必要で、辞めるべき会社とは限りません。

退職しない方が良いパターン2:転職が問題解決にならない場合

抱えている問題が転職することで解決できない場合は、退職することが懸命とは言えません。また、転職したからといって、必ずしも現状よりもよい環境へと転職できるとも限りません。

転職することもそれなりにリスクは伴うため、慎重に行動しなければ、転職したことで反って後悔することも考えられます。本当に辞めるべき会社か、解決方法が他にないかをよく考えてみましょう。

辞めるべき会社の特徴を見極めて次に繋げよう

本当に辞めるべき会社についてのご紹介はいかがでしたか。辞めるべき会社という感覚も人によって異なります。

働くことにおいて何を条件とするのかを、自分自身でよく考えて最終決断に至りましょう。転職することで解決できることも多くありますので、次へのステップへと進みましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related