Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月19日

職場環境改善施策のアイデア8つ|職場環境を改善するメリットとは

良い職場環境は労働者にとって働きやすいだけでなく、企業側にとっても生産性向上につながります。ここでは、良い職場環境がどういった環境なのか、どうすれば良い職場環境を作ることができるのかについて考えています。アイデアを参考に職場環境改善に取り組んでみてください。

職場環境改善施策のアイデア8つ|職場環境を改善するメリットとは

職場環境とは

職場環境改善施策のアイデア8つ|職場環境を改善するメリットとは
職場環境とは職場において労働者を取り巻く全ての環境のことです。

職場環境が良いとか悪いといった言葉を耳にしたことはあると思いますが、「職場環境」が意味するところをきちんと言葉にすることは難しいです。

なぜなら「職場環境」は、私たちが働く職場の空調や採光・フロアの広さ、屋外の仕事などの場合は作業時の安全性、勤務時間・休憩時間、さらには人間関係や賃金まで働く上で必要な全ての要素を指すからです。

職場環境の重要性

労働者の職場環境を整えることは労使ともに重要です。

職場環境の良し悪しに労働者の勤労意欲は大きく左右されます。そしてそれは、事業全体の生産性につながります。

良い職場環境の下では、労働者は業務に意欲的に取り組むことができるので高い生産性が期待できますが、悪い職場環境では生産性が下がるだけでなく、離職率も高くなります。

良い職場環境を作るためには労使共に協力して良いアイデアを出し合うことも大切な方法です。

職場環境改善施策のアイデア8つ

職場環境改善施策のアイデア8つ|職場環境を改善するメリットとは
より良い職場環境を構築するために現状を見直し改善していきましょう。

良い職場環境は、一朝一夕に手に入れることはできません。また、労働者側の望む環境と使用者側が考える良い環境が一致するとも限りません。

双方の考える望ましい職場環境を実現するために、お互いにアイデアを出し合い、冷静に現状を把握し、改善していくことが必要です。ここでは職場環境の改善策を8つの観点でまとめていますので、参考にしてください。

職場環境改善施策のアイデア1:勤怠の見える化

職場環境改善施策のアイデア8つ|職場環境を改善するメリットとは
まずは、勤怠状況を可視化してみましょう。

長時間労働が目立つ職場では、まずは勤怠状況を可視化してみましょう。このアイデアのメリットは、まず、労働者の業務のバランスが確認できます。

特定の社員が常に長時間労働をしている場合、管理職が部下の業務バランスや適性に対して見直すきっかけになります。また、社員が自分の成果と勤怠のバランスを客観的に見ることで仕事へ取り組む姿勢の改善も期待できます。

職場環境改善施策のアイデア2:考課方法の見直し

人事考課制度を見直してみましょう。

賃金に対する不満が聞こえるような場合、人事考課制度を見直すことも1つのアイデアです。賃金に対する不満は、いくら貰ったら解消されるというものではありません。労働者は、自分を適正に評価してほしいと思っています。

社員の人物考査を行う評価制度は、古くからの方法や独自システムを使うなど見直しに躊躇するでしょうが、職場環境改善の必要を感じるならば一考する価値はあります。

職場環境改善施策のアイデア3:連続休暇を取得しやすい環境作り

2019年4月1日から年5日の有休取得が義務付けられました。

労働者の権利・使用者の義務として、半年以上継続勤務している社員は1年で最低でも5日の有給休暇を取得することが決められています。

有休取得が法制化されたため、取得させない企業は処罰の対象になります。休暇を取ることは、体を休めるだけでなく心をリフレッシュさせることにもつながります。互いに気兼ねなく連休が取得できる仕組みを作りましょう。

職場環境改善施策のアイデア4:残業削減するには

残業時間の削減は、会社全体で具体的なルールを明示しましょう。

漠然と残業時間を削減しようとしても実際に業務が減るわけではないため、実現は難しいです。残業削減実現のポイントは、会社全体で推進するということです。アイデアとしてよくあるのは、「ノー残業デー」の設定や月の残業時間の上限設定です。

全社を挙げて取り組む姿勢を見せることで、業務部門ごとにそのルールを遂行するための業務見直しも行いやすくなります。

職場環境改善施策のアイデア5:社員同士のコミュニケーション活性化

職場環境改善施策のアイデア8つ|職場環境を改善するメリットとは
社内の人間関係も職場環境の1つです。

社員同士のコミュニケーション活性化のアイデアとして多いのは、「タテ」のコミュニケーションの活性化です。経営者との意見交換会や、社内報などで経営者の考えを発信している企業は多くあります。

「ヨコ」のつながりとしては、社員旅行や運動会、サークル活動などのレクリエーションの企画です。他部門の社員とのコミュニケーションのきっかけとして有効なアイデアです。

職場環境改善施策のアイデア6:効率アップする休憩制度

職場環境改善施策のアイデア8つ|職場環境を改善するメリットとは
業務時間内の休憩時間は「労働基準法」にも定められた権利であり義務です。

適度な休憩は仕事の効率アップにつながります。誰もが休憩しやすいアイデアを考えることは職場全体の生産性を高めることでもあります。

労働基準法では、6~8時間の勤務に対し最低で45分の休憩、8時間以上の勤務に対し最低で1時間の休憩が定められています。

職場環境改善施策のアイデア7:社員の意見を抽出する

社員の意見を抽出し、風通しのよい職場環境を作りましょう。

社員の意見を知ることは、会社の現状を知ることでもあります。経営者と直接意見交換をする場を設けることもよいアイデアではありますが、最近では、社内SNSを構築している職場もあります。アンケートの実施もアイデアの一つです。

どのような方法にしても、意見は抽出するだけでなく、必ず結果を社員にフィードバックすることが風通しの良い環境として重要です。

職場環境改善施策のアイデア8:社員育成の方法

社員育成制度を充実させましょう。

社員育成制度の充実は、会社にとって有用な人材を育てることにつながります。社内研修などの教育制度は定期的に見直しましょう。

OJTは、新人の技術的・実務的な実地訓練だけでなく、上司・先輩の仕事に対する姿勢を伝える貴重な場ですが、社員全体の能力や知識を上げるためには、新しい知識を取得するための資格取得制度や研修を充実させることも重要です。

職場環境を改善するメリットとは?

職場環境改善施策のアイデア8つ|職場環境を改善するメリットとは
良い職場環境では高い生産性が期待できます。

職場環境を改善すると自然と風通しの良い職場になり、社員の精神的・肉体的な健康も良好な状態になります。健全な状態で仕事に向き合うことで、新しいアイデアも生まれやすくなり、業務の効率化が期待できます。

コミュニケーションが活発であれば、仲間意識も生まれ、チームワークが向上します。結果として、会社全体の生産性も向上するでしょう。

離職率低下と定着率向上

良い職場環境の下では、社員は会社へ貢献したいと考えます。

居心地のよい環境から離れたいと思う人は少ないでしょう。希望をもって就職した会社の職場環境が良ければ、その会社で自分も貢献したいと願うはずです。

良い職場環境を提供し、常により良い職場環境にするアイデアを考えることは、社員の離職率を低下させ新入社員の定着率を向上させるはずです。

仕事の質と生産性の向上

職場環境改善施策のアイデア8つ|職場環境を改善するメリットとは
良い職場環境では、社員一人一人の仕事の質が上がり会社全体の生産性が向上します。

良い職場環境を提供することで、社員は自分の業務にしっかりと向き合うことができます。業務に集中することで、自然と仕事の質が上がり、全体としてみたとき、生産性が向上しているはずです。

常に職場環境をより良くするアイデアを考えることは、社員一人一人が期待される役割に集中し能力を発揮できる環境を提供することにつながります。

組織の士気が高まる

良い職場環境の下では友好的なチームが育ちます。

風通しの良い職場環境では、社員同士のコミュニケーションも活発です。同じ目的に向かっているという仲間意識が育つでしょう。それぞれの部署・職場においては、協力し何かを成し遂げようとする連帯感が生まれ、組織全体の士気が高まるはずです。

職場環境をより良くしようと常にアイデアを考えることは、組織全体の結束力を高め、生産性向上につながります。

職場環境改善のアイデアを参考にしよう

職場環境改善施策のアイデア8つ|職場環境を改善するメリットとは
職場環境改善のアイデアを参考に、働きやすい環境づくりにチャレンジしてください。

2019年4月から「働き方改革関連法案」も順次施行され、労働基準法などと合わせて、職場環境を考えることに対して難しい印象を持たれている方もあるでしょうが、職場環境を改善することは、会社全体の生産性を向上させることにつながります。

職場環境改善のアイデアを参考に、ぜひ、今日から職場環境の改善に取り組んでみてください。

Related