Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月19日

仕事をしたくない時の対処法6つ|仕事をしたくない時に気を付けること

恐らくほとんどのビジネスパーソンが、一度や二度は「仕事をしたくない」と感じたことがあるのではないでしょうか。この記事では、仕事がしたくない時の対処法やそんな時に気を付けたいことについてご紹介しています。仕事をしたくないと感じた時にぜひご覧ください。

仕事をしたくない時の対処法6つ|仕事をしたくない時に気を付けること

仕事をしたくないと感じる原因とは?

仕事をしたくない時の対処法6つ|仕事をしたくない時に気を付けること
恐らくほとんどのビジネスパーソンが、「仕事をしたくない」「いっそこのと今日は会社をずる休みしてしまおうか」と考えたことがあるのではないでしょうか。

人によって、また状況によって仕事をしたくない原因はさまざまです。仕事をしたくない時にはまず、原因を探ることでそれに合った対処法を講ずることが大切です。

そこでここからは、仕事をしたくない時の原因についてチェックしていきましょう。

職場の人間関係

仕事をしたくない時の対処法6つ|仕事をしたくない時に気を付けること
仕事をしたくない原因としてまず考えられるのが、職場の人間関係での悩みです。

誰しも職場に一人や二人は気が合わない人・苦手な人がいるものですが、職場の人から嫌がらせを受けたり上司・先輩から過度の叱責を受けるならば、仕事をしたくないと思うのも当然のことでしょう。

毎日長時間顔を合わせなければならないからこそ、職場の人とのトラブルがあれば仕事をしたくないと感じてしまいます。

労働環境が悪い

仕事をしたくない時の対処法6つ|仕事をしたくない時に気を付けること
労働環境が悪いというのも、仕事をしたくない原因のひとつとして挙げられるでしょう。

毎日残業しなければならないほどの仕事量を与えられ、ろくに休憩を取ることもできず長時間労働を強いられるならば、仕事をしたくないと感じるのも無理はありません。

どんなに真面目で頑張り屋さんであっても、労働環境が劣悪ならば次第に仕事へのモチベーションを失っていくことでしょう。

給料が低い

仕事をしたくない原因のひとつに、給料が低いということも含まれるでしょう。

短時間勤務で仕事内容が楽ならば低賃金でもまだ納得がいきますが、長時間労働で業務内容がハードであるにもかかわらず、それに見合った給料がもらえないのならば仕事をしたくないと感じるのも当然です。

頑張って業績を上げても昇給の可能性がないのならば、対処法としてより年収のよい職場に転職をするのが対処法でしょう。

仕事にやりがいを感じない

仕事をしたくない時の対処法6つ|仕事をしたくない時に気を付けること
仕事にやりがいを感じないというのも、仕事をしたくない原因になり得るでしょう。

今の職場では自分の能力や適性を活かすことができずに不満を感じていたり、誰でもできるような単純作業しか与えられないのならば、仕事に対するモチベーションが下がるのもしょうがありません。

このような時は自分で仕事を工夫することでそこにやりがいを見出すことが、おすすめの対処法でしょう。

正当に評価されない

仕事をしたくない時の対処法6つ|仕事をしたくない時に気を付けること
仕事をしたくない原因のひとつとして、正当に評価されないということも含まれます。

いくら頑張っても、また業績を着実にあげたとしてもそれが正当に評価されず、口が上手く上司にごまをするのが得意な社員だけが不当に評価を受けるならば、仕事をしたくないと感じるのも無理はありません。

このような時の対処法としては、思い切って転職をするか、自分なりに評価される工夫や努力を重ねることが必要でしょう。

仕事をしたくない時の対処法6つ

仕事をしたくない時の対処法6つ|仕事をしたくない時に気を付けること
以上では、仕事をしたくないと感じる主な原因について取り上げてきました。仕事をしたくないとモチベーションが下がった時には、まずはそう感じる原因を突き止め、それに合った対処法を実践することが必要です。

では、具体的にどのような対処法があるのでしょうか。ここからは仕事をしたくない時におすすめしたい対処法を6つご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

仕事をしたくない時の対処法1:職場の人間関係を相談する

仕事をしたくない時の対処法6つ|仕事をしたくない時に気を付けること
仕事をしたくない時におすすめしたい対処法としてまず挙げられるのが、職場の人間関係を相談するということです。

職場の人間関係の悩みは仕事へのモチベーションを低下させる大きな要因となりますので、一人で抱え込まず、誰かに相談をすることが対処法として必要でしょう。

今悩んでいることやつらいことを誰かに聞いてもらうだけでも、心がずいぶん軽くなるはずです。

相談できる相手を社内に作っておく

仕事をしたくないと感じた時の対処法のために、あらかじめ相談できる相手を社内に作っておくことが必要でしょう。

上司にはなかなか職場の人間関係の悩みは相談しづらいものですので、先輩や同期などと普段からコミュニケーションを積極的にとるように心がけ、悩んだ時や困った時に相談できるような関係性を作っておくことが大切です。

同じ職場で働いているからこそ、悩みを理解して適切な対処法を示してくれることでしょう。

仕事をしたくない時の対処法2:労働環境が悪い場合にできる自己対処を知っておく

仕事をしたくない時の対処法6つ|仕事をしたくない時に気を付けること
労働環境が悪い場合にはそれを改善するための自己対処法をリサーチしておくというのも、仕事をしたくない時におすすめしたい対処法のひとつとして挙げられるでしょう。

十分に睡眠もとれないほどの長時間労働やサービス残業によって心身ともにストレスを感じて仕事がしたくないと感じるのならば、最悪の場合労基署に相談するなど労働者としての権利を知っておくのも対処法のひとつです。

自分自身で仕事に集中できるルーティンを作る

労働環境を改善するための自己対処法のひとつとして、まずは自分自身で仕事に集中できるルーティンづくりを行うとよいでしょう。

たとえばコーヒーを飲むことで仕事モードに切り替わる人もいますし、メールチェックなどの単純作業を最初に行うことで徐々にやる気が出てきて仕事に集中できるという人もいます。

仕事へのやる気を出すためのルーティンを自分なりに見つけてみてください。

サポートを依頼する

仕事をしたくない時の対処法6つ|仕事をしたくない時に気を付けること
サポートを依頼するというのも、仕事をしたくない時の対処法のひとつとして挙げられます。

とうてい自分ひとりではこなせないような内容や量の仕事を与えられたのならば、無理をして一人で抱え込まず、先輩や同僚にサポートを求めるのも対処法として効果的です。

ただ、いつもサポートを依頼してばかりだといけないので、持ちつ持たれつの関係で、余力がある時は自分も職場の人の手伝いをするようにしましょう。

配置転換や増員を希望する

労働環境を改善するための対処法として、配置転換や増員を希望するというのもおすすめです。

仕事のやり方を工夫したり同僚にサポートを依頼するなどの自己対処法では到底労働環境が改善されない場合には、上司に相談をして業務量の少ない部署やポジションに変えてもらったり、あるいは増員を頼んでみてはいかがでしょうか。

仕事をしたくない時の対処法3:収入アップの努力をする

仕事をしたくない時の対処法6つ|仕事をしたくない時に気を付けること
給与が低いことに不満があり、それによって仕事をしたくないとモチベーションが下がってしまうのならば、対処法として収入アップの努力をしましょう。

低い給与に不満を抱くだけでは、また「仕事をしたくない」とだらけるだけでは事態を改善することはできませんが、収入アップのための勉強など努力を行えばそれによって道が開けるはずです。

キャリアアップのための勉強をする

仕事をしたくない時の対処法6つ|仕事をしたくない時に気を付けること
収入をアップさせるための対処法としてまずおすすめしたいのが、キャリアアップのための勉強を行うということです。

勉強をすることでキャリアアップを実現し年収を上げることが可能になりますし、また主体的に勉強をすることで仕事の面白さを発見し、仕事へのモチベーションを上げるきっかけにもなることでしょう。

なお、早起きをして朝活をするなど時間を有効活用するのがポイントです。

副業をする

副業をするというのも、年収アップのための対処法の一つに数えられるでしょう。副業が禁止されていない職場にお勤めならば、副業をすることで確実に収入をアップさせることができますし、それを通じてスキルを磨くことも可能です。

なお、職場によっては就業規則によって副業を禁止しているところもありますので、副業を開始する前に就業規則をきちんと確認しておきましょう。

転職をする

年収アップのための対処法のひとつとして、思い切って転職をするというのもありでしょう。

今の職場でどんなに頑張っても昇給が見込めないのならば、自分の頑張りがきちんと給与に反映される職場に転職をするのがベストです。

ただし、計画的かつ戦略的に転職活動を行わなければかえって年収ダウンをしてしまうこともあるので、転職活動は慎重に行いましょう。

仕事をしたくない時の対処法4:仕事が合わないと感じた時

仕事をしたくない時の対処法6つ|仕事をしたくない時に気を付けること
仕事が合わないがゆえに仕事をしたくないと感じるならば、やりがい探しを行ったり仕事だと割り切るのが対処法として効果的です。

もちろん自分の適性や能力にどうしても合わない仕事をさせられているのならば部署移動などを申し出るのもアリですが、そうでないのならば自分から努力をして仕事に楽しみを見つけることも必要でしょう。

仕事だと割り切る

仕事が合わない時の対処法としては、仕事だと割り切るのがポイントです。

世のビジネスパーソンの大半は楽しくないこと・やりたくないことでも仕事だと割り切って淡々とこなしているものですので、多少自分に合わない仕事であっても大人になり、給料をもらっている分だけ頑張ることが大切でしょう。

やりがいをさがす

やりがいを探すというのも、仕事が合わない時におすすめしたい対処法です。自分に合わない・楽しくないと思い込んでいるだけであって、探してみれば意外に楽しみややりがいを感じられる仕事であるケースもままあります。

どんな仕事であれ、自分なりに工夫をして楽しみを作りだしたり、やりがいを発見するように努める姿勢が必要でしょう。

部署異動を願い出る

努力をしてもどうしても仕事が合わないと感じたのならば、部署異動を願い出るという対処法がおすすめです。

たとえば人見知りで物怖じをする性格をしている人は努力をしても営業や接客の仕事に適応するのは難しいため、事務など裏方の仕事ができる部署に異動願いを出してみてはいかがでしょうか。

自分の能力が活かせる部署を選びましょう。

仕事をしたくない時の対処法5:プライベートの過ごし方を工夫する

仕事をしたくない時の対処法6つ|仕事をしたくない時に気を付けること
仕事をしたくない時の対処法のひとつとしてご紹介したいのが、プライベートを思い切り楽しむようにするということです。

プライベートの過ごし方を工夫し、仕事とプライベートのめりはりをつけることで上手にストレスを解消し、仕事へのモチベーションを高めることができるでしょう。

身体を動かす

仕事をしたくない時には、休日に思いっきり体を動かすようにしてみてはいかがでしょうか。

家の中に閉じこもっていると仕事のことをあれこれと考えてしまうので、ランニングをしたりジムに行くなどして思い切り体を動かし、余計なことを考えないでよい状態に自分をもっていきましょう。

また、体を動かせば心も体もすっきりとするため、ストレス解消法として効果的です。

趣味を持つ

仕事をしたくない時の対処法6つ|仕事をしたくない時に気を付けること
趣味をもつというのも、仕事をしたくないと感じたときにおすすめしたい対処法のひとつでしょう。

熱中できる趣味を持っていれば、休日はその趣味を楽しむことで仕事のストレスを解消することができますし、趣味を通じて英気を養い、もう一度仕事を頑張ろうという気持ちを取り戻すことができるはずです。

仕事をしたくない時の対処法6:体調が悪い時は休む

仕事をしたくない時の対処法6つ|仕事をしたくない時に気を付けること
体調が悪い時は無理をせず休むというのも、仕事をしたくない時の対処法でしょう。仕事をしたくないというのは心と体が疲れている時のサインの場合もあるため、そんな時はしっかりと休息を取ることが必要です。

休息を取れば心と体の疲れがなくなり、再び仕事に対する意欲やモチベーションを取り戻すこともできるでしょう。

仕事をしたくない時に気を付けること

仕事をしたくない時の対処法6つ|仕事をしたくない時に気を付けること
以上では、仕事をしたくないと感じたときに実践してもらいたい対処法について取り上げてきました。

他方で、仕事をしたくない時にしてはいけないこともいくつか存在します。ここからは仕事をしたくない時に気を付けるべきことを3つピックアップしてご紹介していきますので、最近仕事へのモチベーションが低下しているという方はぜひチェックしてみてください。

身心の疲労を軽く考えない

仕事をしたくない時の対処法6つ|仕事をしたくない時に気を付けること
仕事をしたくない時に気を付けるべきこととしてまず挙げられるのが、心身の疲れを軽く見ないということです。

無理をして仕事を頑張り続けると心と体の健康を損ねてしまう場合もありますので、「仕事をしたくないな」と感じた時にはゆっくりと休息を取るようにしてみてください。

また、憂鬱な気持ちが続くときには有休をもらってプチ旅行に出かけたり、信頼できる人に相談するのがおすすめです。

勢いで転職を考えない

勢いで転職を考えないというのも、仕事をしたくない時に気を付けることとして挙げられるでしょう。

仕事をしたくないという感情は一時的なものであることが多いため、勢いで転職を決断してしまうと必ずと言っていいほど後悔することになります。

後悔しても、すでに今の仕事を辞めてしまった後ならば取り返しのつかないことになるでしょう。

焦って転職活動をしない

焦って転職活動をしないというのも、仕事をしたくない時に気を付けることのひとつです。

内定がもらえないことに焦って条件を下げすぎたり、自分の適性や能力に合わない職種・社風の会社に応募すると、転職後に「やっぱり転職するんじゃなかった」と後悔することでしょう。

転職を成功させるためにはじっくりと腰を据えて戦略的に転職活動を行うことが不可欠です。

仕事をしたくない時の対処法を知っておこう

仕事をしたくない時の対処法6つ|仕事をしたくない時に気を付けること
今回は仕事をしたくない時の原因や対処法について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。

仕事をしていると誰しも一度は仕事をしたくないと感じてスランプに陥るものですが、それを乗り越えることができればビジネスパーソンとして一回り成長することができるはずです。

Related