Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月19日

転職を決断するきっかけ10個|転職に踏み切りやすい人の特徴3つ

世のビジネスパーソンはどのようなきっかけで転職に踏み切っているのでしょうか。この記事では転職を決断する主なきっかけについて徹底解説しています。また併せて転職に踏み切りやすい人の特徴についてもご紹介しているので、ぜひご覧ください。

転職を決断するきっかけ10個|転職に踏み切りやすい人の特徴3つ

転職を決断するきっかけは年齢や立場などで異なる

転職を決断するきっかけ10個|転職に踏み切りやすい人の特徴3つ
社会人として何年も働いていると、今までに一度や二度は転職を考えたことがあるのではないでしょうか。

転職のきっかけは十人十色であり、転職に踏み切った理由も年齢や立場などによって大きく異なります。

世のビジネスパーソンは、いったいどのようなきっかけで転職を決断するものなのでしょうか。

この記事ではビジネスパーソンが転職を決心するきっかけについて特集しているので、ぜひ最後までご覧ください。

転職を決断する主なきっかけ10個

転職を決断するきっかけ10個|転職に踏み切りやすい人の特徴3つ
人によって、転職を決心するきっかけはさまざまなことでしょう。ここからは、ビジネスパーソンが転職を決心する主なきっかけを10個ピックアップしてご紹介していきます。

もしご自身が以下で取り上げる項目に複数当てはまっているのならば、心のどこかで転職を考えているのではないでしょうか。

転職をすべきかどうかを判断するためにも、ぜひ最後までチェックしてみてください。

転職を決断する主なきっかけ1:労働時間・環境が不満

転職を決断するきっかけ10個|転職に踏み切りやすい人の特徴3つ
転職を決心するきっかけとしてまず挙げられるのが、労働時間や労働環境に対して不満をもっているということです。

朝から晩まで働きづめの長時間労働が常態化していて仕事一色の生活を余儀なくされるなど、過酷な労働環境に身を置いているならばそれだけで十分に転職を決断するきっかけになるでしょう。

特に最近の若い世代は労働者としての健全な権利意識を持っているため、なおさらです。

転職を決断する主なきっかけ2:同僚・先輩・後輩とうまくいかない

転職を決断するきっかけ10個|転職に踏み切りやすい人の特徴3つ
同僚や先輩・後輩とうまくいかないというのも、転職を決断するきっかけのひとつとして挙げられるでしょう。

労働環境に特に不満をもっていなかったとしても、職場の人との関係がうまくいかず、その人間関係で強いストレスを感じているのならば転職に踏み切るきっかけとなり得ます。

ほぼ毎日朝から晩まで過ごす職場だからこそ、人間関係でトラブルがあれば耐えることはできないでしょう。

転職を決断する主なきっかけ3:給与が低い

転職を決断するきっかけ10個|転職に踏み切りやすい人の特徴3つ
転職を決断するきっかけのひとつとして、給与が低いということも含まれるでしょう。ただ単に給与が低いだけでなく、ハードな業務内容であるにもかかわらずそれに見合った給与をもらうことができていないならば、転職を決断するのも無理はありません。

生きていくためにはお金を稼いで生計を立てていかねばなりませんが、低賃金ならば十分に生活をすることができず、将来に不安を抱いてしまうからです。

転職を決断する主なきっかけ4:仕事内容が面白くない

転職を決断するきっかけ10個|転職に踏み切りやすい人の特徴3つ
仕事内容に面白さを感じられないというのも、転職を決断するきっかけのひとつでしょう。仕事にやりがいを求めている人に取って、今の仕事に全く面白みが感じられないことは強いストレスになります。

「もっと自分の能力や適性に合った仕事をしたい」「仕事を通じてやりがいを感じたい」という考えが強い人は、このようなきっかけによって転職に踏み切ることでしょう。

転職を決断する主なきっかけ5:昇給の見込みがない

転職を決断するきっかけ10個|転職に踏み切りやすい人の特徴3つ
転職を決断するきっかけのひとつとして挙げられるのが、昇給の見込みがないということです。

どんなに頑張って業績を上げたとしても、また勤続年数が上がったとしても昇給の見込みがほとんどないのならば仕事を頑張るモチベーションが失われてしまうことでしょう。

「もっと自分の頑張りが正当に評価される職場で働きたい」と転職を決心するのも、致し方ないことだと言えます。

転職を決断する主なきっかけ6:家庭環境の変化

転職を決断するきっかけ10個|転職に踏み切りやすい人の特徴3つ
家庭環境の変化も、転職を決断するきっかけのひとつに数えられるでしょう。結婚や妊娠・出産・育児によって今までのように長時間労働が難しくなった場合は、転職せざるを得なくなります。

また、家族の介護をしなければならなくなった時も、同じような理由で転職をしなければならないでしょう。

とりわけ、時短勤務などの柔軟な働き方を採り入れていない職場では、このような理由で離職率が高まります。

転職を決断する主なきっかけ7:会社の業績悪化

転職を決断するきっかけ10個|転職に踏み切りやすい人の特徴3つ
転職を決断する主なきっかけのひとつとして、会社の業績が悪化しているということも含まれるでしょう。

会社の経営状態が悪化して先の見通しが危なくなってくるならば、「潰れかけの会社に留まってもしょうがない」「もっと安心して働ける会社に転職しよう」と転職を決心することになるはずです。

有能なビジネスパーソンほど、このような会社の変化に敏感であり、リスク回避のために早々と転職をすることでしょう。

転職を決断する主なきっかけ8:他にやりたいことが見つかった

転職を決断するきっかけ10個|転職に踏み切りやすい人の特徴3つ
他にやりたいことが見つかったというのも、転職を決断するきっかけとして挙げられるでしょう。

今の仕事に特に大きな不満はなかったとしても、どうしてもやりたいことが見つかったならば、自分の夢を追いかけるために転職をするのも致し方ありません。

社会人として働き、色々な人に出会いさまざまな経験を積む中で、それまで見つけることのできなかった自分のやりたいことや夢を見つける人も多いでしょう。

転職を決断する主なきっかけ9:引き抜きを受けた

転職を決断するきっかけ10個|転職に踏み切りやすい人の特徴3つ
転職を決断するきっかけのひとつに、他の会社から引き抜きやヘッドハントを受けたということも含まれます。

優秀なビジネスパーソンであれば、他の会社から関心を持たれ、引き抜きを受けることも少なくありません。

引き抜きを受けると、「自分の能力を認めてくれた」「自分を評価してくれる会社があるんだ」と嬉しく感じると同時に、もっと新しい環境で自分の能力を試したいと考えることでしょう。

転職を決断する主なきっかけ10:将来への不安感

転職を決断するきっかけ10個|転職に踏み切りやすい人の特徴3つ
将来に対する不安感も、転職を決断するきっかけになるでしょう。今の会社でこのまま働き続けたとしても収入やキャリアをアップさせることができなず、何のプラスにもならないと判断したならば、転職に踏み切るのも当然だと言えます。

とりわけキャリア志向が強く、将来のことについて計画的に考える人であればあるほど、このような理由で今の会社に見切りをつけ、よりよい環境を求めて転職をすることでしょう。

転職に踏み切りやすい人の特徴3つ

転職を決断するきっかけ10個|転職に踏み切りやすい人の特徴3つ
転職を決断することは悪いことではありませんが、十分に考えもせず、拙速に転職に踏み切ってしまうのは考えものでしょう。

焦って転職に踏み切ると、多くのケースにおいて転職に失敗してしまうからです。では、転職に踏み切りやすい人にはどのような共通性があるのでしょうか。

ここからは転職に踏み切りやすい人の特徴を3つ取り上げて解説していきますので、反面教師としてぜひチェックしてみてください。

転職に踏み切りやすい人の特徴1:明確なビジョンを持たずに入社した

転職に踏み切りやすい人の特徴としてまず挙げられるのが、明確なビジョンをもたずに何となく今の会社に入社したということです。

やりたいことや目的意識がなく、内定をくれたからなんとなく入社したという人は、今の会社で仕事を頑張る意欲もモチベーションもないため、「仕事が面白くないから」「会社が自分に合わないから」といった理由で簡単に転職に踏み切ってしまいます。

転職に踏み切りやすい人の特徴2:もっといい職場があると思っている

もっといい職場があると思っているというのも、転職に踏み切りやすい人ならではの特徴として挙げられるでしょう。

たいした能力もスキル・実績もないのにもかかわらず、自分にはもっといい職場があると盲目的に信じ、転職さえすればすべてが好転すると甘く考えている人も、簡単に転職に踏み切ってしまいます。

そして、理想と現実とのギャップにショックを受け、転職に失敗してしまうでしょう。

転職に踏み切りやすい人の特徴3:職場の悪い部分しか見ない

転職に踏み切りやすい人の特徴のひとつに、職場の悪い部分しか見ないということも含まれます。

100%完璧な職場というものは世の中にほとんど存在せず、なんらかの欠点や悪い部分があるものですが、簡単に転職に踏み切る人は職場のよい面ではなく悪い面ばかりに焦点を当てるため、不満を過剰に募らせる傾向にあるでしょう。

転職を決断するきっかけを一通り把握しましょう

転職を決断するきっかけ10個|転職に踏み切りやすい人の特徴3つ
今回は転職を決断するきっかけについて特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。転職を決断するきっかけは人によってさまざまですが、転職を成功させる人は総じてポジティブな理由で転職を決心しているものです。

安易に転職に踏み切ることはせず、転職を本当にすべきかどうかをよく考えてみることも大切でしょう。

Related