Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月16日

社内コミュニケーションの主な悩み5つ|悩みを解決する方法とは?

社内コミュニケーションは重要なのでしょうか。この記事では社内コミュニケーションの必要性、職場のコミュニケーションでの主な悩みとその解決方法を紹介します。社内コミュニケーションは職場をより良いものにします。ぜひこの記事を読んで、積極的に取り組みましょう。

社内コミュニケーションの主な悩み5つ|悩みを解決する方法とは?

社内コミュニケーションの活性化は大切

社内コミュニケーションの主な悩み5つ|悩みを解決する方法とは?
会社で働く上で、社内でのコミュニケーションはかかせません。上司や同僚、部下、他の部署の社員、社外や取引先の人など、多くの人と関わらなければなりません。そういった社内でのコミュニケーションに不安や悩みを抱えている方も多いでしょう。

会社では積極的な社内コミュニケーションが大切です。社内でのコミュニケーションは、会社の利益を左右し、経営に大きく影響します。常日頃から意欲的に取り組まなければなりません。

社内コミュニケーションの活性化の必要性

社内コミュニケーションの主な悩み5つ|悩みを解決する方法とは?
社内でのコミュニケーションを積極的に行うことで、社員同士の交流が起こり、競争意識が働いて能力を高め合えます。また他の社員と悩みを共有することで、職場でのストレスが減るなどの効果が期待できます。

社内コミュニケーションは、能力の向上、職場のストレス軽減といった身近な問題を改善できるメリットがあります。その他にも経営や事業に関する情報をシェアし、業務効率をアップさせるといった企業側のメリットもあります。

社内コミュニケーションの種類は?

社内コミュニケーションの主な悩み5つ|悩みを解決する方法とは?
社内コミュニケーションと言っても、多様な取り組みがあります。会社全体での取り組みや、部署別、会社の枠を超えた取り組みもあるでしょう。

社内コミュニケーションに取り組むことで、会社に関わる大勢の人と知り合える貴重な機会を得られます。部署を超えた繋がりを見つけ交流を深めることで、今までになかった経験や情報を得ることができるでしょう。ではこれから社内コミュニケーションの種類を見ていきましょう。

組織全体

社内コミュニケーションの主な悩み5つ|悩みを解決する方法とは?
企業全体で取り組む社内コミュニケーションに社内報があります。社内報ではその会社の取り組みや経営方針など、会社に関わる情報が多く掲載されています。また社員の声など身近の話題があったりと有益な情報があります。

社内報は会社を客観的に知り、同じ立場の人の意見を知ることができる身近な情報媒体です。社内報で情報を知ることで、会社内の状態を知ることができる重要な社内コミュニケーションの一つと言えるでしょう。

事業部・職種など横のコミュニケーション

社内コミュニケーションの主な悩み5つ|悩みを解決する方法とは?
社内コミュニケーションの悩みには、同僚との付き合いが多いでしょう。事業部・職種など横のコミュニケーションには、会議やグループウェアなどがあります。グループウェアとは、スケジュール管理機能などネットワークを通して情報を共有し仕事の効率を計るツールです。

同僚とのコミュニケーションは、スムーズに仕事をするためにも大切なことです。会議での意欲的な発言、グループウェアでの管理能力は、信頼に繋がります。

階層・年代などの縦のコミュニケーション

社内コミュニケーションの主な悩み5つ|悩みを解決する方法とは?
一方で上司や役員など、縦のコミュニケーションに悩みを抱えている方も多いでしょう。縦の社内コミュニケーションには、ゴルフなどのスポーツ、飲み会や社内旅行などの親睦会などがあります。

上司や役員からの信頼は、社内での評価に大きく繋がります。しかしごまをするような打算的なコミュニケーションは最善ではありません。上司や役員など活躍をしている目上の人に敬意を表しつつ、自然体でいることも大切なことです。

社内コミュニケーションの主な悩み5つ

社内コミュニケーションの主な悩み5つ|悩みを解決する方法とは?
以上では社内コミュニケーションの必要性、種類などを紹介しました。しかし必要だと分かっていても人とコミュニケーションすることが苦手な人にとっては、そこに大きなストレスや悩みがあることでしょう。

しかし、会社からはコミュニケーションを求められ、悩んでいる方も多いでしょう。社内コミュニケーションは避けては通れません。では多くの方はどのようなことで悩みを抱えているのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

社内コミュニケーションの主な悩み1:気軽に相談できない

基本的なことですが、同僚や上司へ気軽に相談できない人はいます。そこには一つに羞恥心があります。こんな単純なことを相談したら、仕事ができない人と思われてしまう、そういう考えを持つ方もいるでしょう。

しかし相談は、些細なことでも分からないことを話して、自分の求められていることを明確にできる利点があります。分からないことをそのままにして結果的にマイナスのことをしてしまえば、それ以上に迷惑がかかります。

社内コミュニケーションの主な悩み2:意見が通らない

自分の発言した意見が通らなかったときほど、辛いことはありません。社内コミュニケーションに悩みを持つ人は、過去にそういった辛い経験をしていることでしょう。つい自分は会社に必要ない存在だと考えてしまいます。

意見が通らないのは、あなただけではありません。会社には多くの意見、考え方があります。意見が通らなかったことを心配する必要はありません。むしろ積極的な発言は、評価されるでしょう。

社内コミュニケーションの主な悩み3:他の部署や事業部との情報共有に手間取る

社内コミュニケーションをスムーズにできない人の中には、電話をかけたり、メールなどの連絡をすることにひどくストレスを抱えてしまう方もいます。人と話すということに悩みを抱える人にとって、社内での連絡は苦しい作業です。

仕事は一人だけで行えるものではありません。他の部署や事業部との情報共有に手間取ってしまうことは、仕事の遅れを意味します。効率よく仕事をするためにも、迅速な情報共有は大切です。

社内コミュニケーションの主な悩み4:ランチが孤食

社内コミュニケーションが取れないと、同僚との関係も希薄なものになります。同僚との関わり合いが少なくなることで、当然プライベートの誘いも少なくなるでしょう。休日は問題ありませんが、特に平日社内での昼食は孤食で済まさなければなりません。

孤食になることは、ますます他者の目が気になり、社内でのコミュニケーションが取りずらくなります。積極的に知人を作り、悩みなどを相談できるようになると日々も充実します。

社内コミュニケーションの主な悩み5:何を話すか迷ってしまう

積極的に社内コミュニケーションを取ろうと努力しても、何を話していいのか迷ってしまう方もいます。普段人と話すという習慣がなく、話そうとしても話題がないと悩みを抱えています。

スポーツ、車などの話は、話の種にしやすそうな話題ですが、分からない人にとっては興味の引かれない内容です。社内コミュニケーションは、意思疎通によってより良い職場を作ることが目的です。従ってその場に適した話題が必要になります。

社内コミュニケーションの悩みを解決するメリット

社内コミュニケーションの主な悩み5つ|悩みを解決する方法とは?
以上、社内コミュニケーションの主な悩みを紹介しました。悩めば悩むほど、社内でのコミュニケーションは重荷になっていくでしょう。しかし、社内コミュニケーションの悩みを解決することで、得られるメリットがあります。

社内コミュニケーションの悩みを解決することは、職場の環境をより良くし、働く意欲の促進につながるというメリットがあります。ぜひ社内コミュニケーションの悩みを解決し、充実した日々を送りましょう。

社内コミュニケーションの悩みを解決する方法5つ

社内コミュニケーションの主な悩み5つ|悩みを解決する方法とは?
これまでは社内コミュニケーションの必要性、そしてコミュニケーションに関わる悩み、その悩みを解決することで得られるメリットを紹介しました。

社内コミュニケーションの悩みを解決する方法は必ずあります。では具体的に社内コミュニケーションの悩みを解決するには、どのような方法があるのでしょうか。以下ではその方法について紹介していきます。

社内コミュニケーションの悩みを解決する方法1:Good&New

Good&Newは社内コミュニケーションの悩みを解決する良い方法です。3~7人ほどでグループになり、24時間以内で見つけた良かったこと、新しい発見などをそれぞれ発表していきます。

一人が話し終わった後に全員で拍手をすることで、グループ内での信頼関係が築かれます。さらにGood&Newをすることで、良いことを探すよう意識するようになるというメリットもあり、全体にポジティブな空気が生まれます。

社内コミュニケーションの悩みを解決する方法2:現状確認を行う

仕事の進捗状況や、体調など、互いに現状確認を行うことは大切です。こまめに相談できる環境を作ることで、些細な疑問などを解決し、より効率的に仕事を勧められます。困っているときには助け舟を出すなど、精神的なストレスの緩和にもつながります。

現状確認を行うことは、未然に仕事上のミスを防ぎ、仕事の効率を上げます。職場の社員全員が前向きに業務に取り組むことで、生産性は上がっていくでしょう。

社内コミュニケーションの悩みを解決する方法3:ランチを定期的に開催する

食事は他者に対する警戒心を解く、とっておきの手段です。美味しい食事を取って満腹になれば、一緒に食事をしている人とも自然に打ち解けるようになります。満腹感が人を幸せにし、穏やかな気持ちにさせることで、会話も弾むでしょう。

ランチを定期的に開催することは、会話が苦手な人にとって最良の社内コミュニケーションと言えます。多少会話に息詰まったりしても、警戒心が解かれている状況では問題視されません。

社内コミュニケーションの悩みを解決する方法4:計画的な面談

計画的な面談は、部下のモチベーションを上げ、成長を促します。面談では、面談の目的やテーマを事前に明確にすることで部下の警戒心を和らげ、思考力や自律性を高めることが期待できるでしょう。

面談を通して、普段は言えないことを話したり、話を聞いてもらうことで共通の目標に前向きに取り組むことができます。計画的な面談は、互いの信頼関係を固めることができる大切な社内コミュニケーションです。

社内コミュニケーションの悩みを解決する方法5:チームビルディング研修

チームビルディングは、メンバーが主体的に個性や能力を発揮し、一丸となって目標に取り組むことを言います。

チームビルディングに必要なことは、チームとして安心できることと、個人のリーダーシップ力です。これらはチーム一人一人が意欲的に目標へ取り組むための重要な要素です。

チームビルディング研修では、チームで個性や能力を発揮し、安心して楽しく目標を取り組むための方法が学べます。今後必ず必要になる研修です。

社内コミュニケーションの悩みについて知ろう

社内コミュニケーションの主な悩み5つ|悩みを解決する方法とは?
今回は社内コミュニケーションの大切さから、それに関する悩み、悩みを解決する方法を紹介しました。これらの方法も、コミュニケーションが不得意な人には勇気のいることでしょう。しかし社内コミュニケーションを積極的にとることで得られるメリットがたくさんあります。

社内コミュニケーションは、職場環境をより良いものにして、仕事の生産性を上げることができます。ぜひ積極的な社内コミュニケーションに取り組みましょう。

Related