Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月28日

エンジニアが働きやすい職場環境の特徴8つ|快適な職場環境作りを目指そう

エンジニアはどのような職場で最大限の力が発揮できるのかご存知ですか。ここではエンジニアが働きやすいと感じる職場環境や好まない職場環境の特徴についてご紹介します。職場環境を整えることで、エンジニアの作業をサポートしたいと考える企業の担当者はぜひご覧ください。

エンジニアが働きやすい職場環境の特徴8つ|快適な職場環境作りを目指そう

エンジニアにとって良い職場環境とは?

IT業界の急成長によりエンジニアの需要は年々増えてきました。エンジニアは他の職種に比べて残業が多い傾向にあり、疲れやストレスを溜めやすい環境で働いている人が多くいます。

そんなエンジニアが「働きやすい」と感じる職場とは、どのような場所なのでしょうか。今回は、エンジニアが最大限の力を発揮できるように、快適な職場環境づくりについてご紹介します。

職場環境の改善は業務の効率化にも繋がる

職場環境を提供することは、エンジニアが効率的に業務を行うことにも繋がります。

エンジニアの多くは、ほぼ一日中座ったままでパソコン作業をしています。中には「デスクが狭い」などの理由で作業が捗らない人や、腰痛が気になって仕事に集中できない人、長時間動かないことで頭の回転が鈍っている人もいます。

そんな職場環境の問題を少しでも改善していくことで、エンジニアはモチベーションを維持しながら働くことができます。

エンジニアが働きやすい職場環境の特徴8つ

エンジニアの種類によって働きやすいと考える環境はさまざまですが、今回は主にデスク作業の多いエンジニアが働きやすいと考える職場環境をご紹介します。

エンジニアが快適に過ごせるよう、職場環境を整えたいと考えている企業の担当者は、ぜひ参考にしてください。

エンジニアが働きやすい職場環境の特徴1:快適なデスク環境

長時間座って作業をすることが多いエンジニアは、デスク周辺の快適さによって仕事の効率が左右されます。

エンジニアが作業しやすいようにディアルディスプレイを支給する企業は多いですが、ディアルディスプレイを置いても隣のデスクとの間に十分な余裕があるとエンジニアは作業がしやすいでしょう。

エンジニアのために長時間座っても腰を痛めない椅子や、打ちやすさを追求したキーボードなどを用意している企業もあります。

エンジニアが働きやすい職場環境の特徴2:社員食堂

納期が近づくとランチタイムに食事をすることなく作業を続けたり、ビタミン剤やカップ麺などでサッと済ませてしまうエンジニアも多いでしょう。健康面を考えると決して良いとは言えません。

企業内に社員食堂があれば、栄養バランスの良い食事を手軽に取ることができ、エンジニアの健康管理にも繋がります。また、同僚と食事を通してコミュニケーションが取れるので、エンジニアの息抜きにもなります。

エンジニアが働きやすい職場環境の特徴3:リラックスルーム

朝から夜遅くの長時間作業が多いエンジニアは、疲れやストレスが溜まりやすい職種です。作業に行き詰った際に気軽に気分転換ができるリラックスルームがあると、エンジニアのストレス解消に役立ちます。

軽食や飲み物を無料で用意している企業も多いですが、中には固まった体をほぐしてくれる「マッサージルーム」や、気分転換に体を動かすことができる「フィットネススタジオ」を導入している企業もあります。

エンジニアが働きやすい職場環境の特徴4:技術を追求できる

好奇心旺盛なエンジニアにとって、とことん技術を追求できる職場環境は魅力を感じます。

新しい技術を吸収したいと考えているエンジニアは多いので、スキルアップに貢献できるような教育制度を設けたり、資格試験のサポートや、新しい技術の勉強会などがあるとエンジニアのモチベーション維持に繋がります。

利益を出すために技術を疎かにするような職場環境では、やる気がなくなってしまうエンジニアもいるでしょう。

エンジニアが働きやすい職場環境の特徴5:リモートワークや在宅勤務が可能

リモートワークや在宅勤務が可能であることも、エンジニアにとって働きやすい職場環境です。

在宅勤務であれば通勤時間がなくなり、より多くのプライベート時間を確保することができます。育児中のエンジニアにとっては、子どもの体調不良や予定に考慮した働き方ができるのでメリットが大きいと言えます。

また、リモートワークを活用すれば地方のエンジニアも採用することができるので、人材不足の企業にとっても利点になります。

エンジニアが働きやすい職場環境の特徴6:待遇が良い

待遇が良い企業は、エンジニアにとって働きやすい職場環境です。サービス残業がないのはもちろんのこと、残業時間や休日出勤が少ないこと、有給休暇が取得しやすいことは、エンジニアにとって魅力的です。

女性エンジニアの場合は、産休や育休で長期休みを取っても安心して復帰できる職場環境を整えることで、出産後も長く働き続けてくれるでしょう。

エンジニアが働きやすい職場環境の特徴7:社員同士のコミュニケーションが取りやすい

社員同士のコミュニケーションが取りやすい職場環境であることも、エンジニアにとっては重要です。

個人作業が多いイメージのエンジニアですが、ほとんどの場合はプロジェクト単位で担当を決めて作業をしています。連絡や相談があった際に気軽にコミュニケーションが取れることで、プロジェクト全体を円滑に進めることができます。

エンジニアが働きやすい職場環境の特徴8:服装が自由

服装が自由な職場環境も、エンジニアにとって働きやすい職場です。エンジニアは長時間作業することが多いため、ビジネススーツやネクタイのようなきちんとした服装は苦手です。楽な体制で作業がしやすいカジュアルな服装を認めている職場に惹かれます。

顧客とのミーティングなど特別な理由がない場合は、カジュアルな服装での出社を認めるとエンジニアは作業しやすいでしょう。

エンジニアが好まない職場環境3つ

ここまで、エンジニアが働きやすいと感じる職場環境をご紹介してきました。職場環境を整えると、作業効率に影響することを理解していただけたのではないでしょうか。

では逆に、エンジニアが働きにくいと感じる職場環境はどのような場所なのでしょうか。

ここからは、エンジニアが好まない職場環境をご紹介します。エンジニアが働きやすい環境を整えるために、「働きたくないな」と感じる職場環境についても理解しておきましょう。

エンジニアが好まない職場環境1:社長がエンジニアリングへの理解がない

社長の出身分野は社風に大きく影響します。社長がエンジニア出身の場合は、業務内容を理解した上でスケジュールや施策を考えるため、働きやすい職場環境になります。社長が理解者となので、相談もしやすいでしょう。

社長がエンジニアリングへの理解がなかったり、精神論で乗り切ろうとする場合には、エンジニアにとってストレスな職場環境になります。無茶な仕様やスケジュールでスムーズに業務が行えない可能性もでてきます。

エンジニアが好まない職場環境2:営業色が強い

営業色が強い会社もエンジニアは好みません。顧客優先の営業が行われている職場であるほど、エンジニアの都合を無視した利益優先の受注を行う傾向にあります。

エンジニアは営業担当者が顧客と交わした無理難題の契約に振り回され、納期を間に合わせるために残業などでカバーしなければならず、心身ともに疲れてしまいます。

エンジニアが好まない職場環境3:新しいことを取り入れない

新しいことを取り入れず、古い制度や技術に固執しているような職場もエンジニアは好みません。「前例がないので」「うちはこれでずっとやってきたから」などの理由で、新しいことに挑戦しない職場環境では、エンジニアのモチベーションが下がってしまいます。

新しい制度や技術を取り入れることはリスクもありますが、「まずは試しにやってみよう」という挑戦的な職場では、エンジニアも意欲が湧いてきます。

エンジニアにとって快適な職場環境作りをしよう!

エンジニアにとって働きやすいと感じる職場環境は、身の回りの備品だけでなく、自由な働き方ができたり、新しい技術を追求できる場所であるとご紹介してきました。

働きやすい職場環境を整えることで、職場の雰囲気も変わり、個人のモチベーションアップにも繋がっていきます。エンジニアが長く働き続けられるように、快適に職場環境作りをしていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related