Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月10日

おすすめプロジェクトマネジメント管理ツール15選|ポイント5つ

プロジェクトマネジメントを行うことで、プロジェクト管理者の業務を効率化し、プロジェクトチーム内のコミュニケーションを活発化することができます。プロジェクトの進行管理にはプロジェクトマネジメント管理ツールを利用するのがおすすめです。

おすすめプロジェクトマネジメント管理ツール15選|ポイント5つ

プロジェクトマネジメントとは

あるプロジェクトの目的を達成するために必要とされる、あらゆる要素を統括的に管理することをプロジェクトマネジメントと呼びます。

プロジェクトマネジメントを円滑に行うため作られた管理ツールのサービスも提供されており、数多くの企業で利用されています。プロジェクトマネジメント管理ツールにより、大規模なプロジェクト管理も円滑に行うことが可能です。

プロジェクトマネジメントが必要な理由

プロジェクトマネジメントをするメリットは、プロジェクトに関わるチームメンバーがプロジェクトの全容を把握しつつ、業務の進捗を管理できることです。プロジェクトの全容を把握することで、いつまでに何を終われせればよいのかが明確化されます。

プロジェクトマネジメントの活用により、最適な工程に沿って業務を行うことが可能です。より効率良く品質の高い成果物を得ることが期待できます。

おすすめのプロジェクトマネジメント管理ツール15選

プロジェクトマネジメントの管理ツールは、サービスによって個々にさまざまな特色があります。管理したいプロジェクトによって適切なツールを選択することが、プロジェクトマネジメントで業務を効率化する上で重要です。

ツールごとの特徴をご紹介しますので、プロジェクトマネジメント管理ツールの選定に役立ててみてください。

プロジェクトマネジメント管理ツール1:タスクワールド

タスクワールドは有名企業のマネジメントにも利用されており、多数の機能を備えたプロジェクトマネジメント管理ツールです。基本的には有償サービスになりますが、無料トライアル期間が設定されています。

プロジェクトマネジメントを一つのサービスで統合したい企業におすすめです。企業独自のプロジェクトマネジメントを本格的に導入するための追加サポートが受けられるカスタムサービスも用意されています。

プロジェクトマネジメント管理ツール2:キントーン

業種・部署別にあらかじめプロジェクトマネジメントの形式サンプルが用意されているのが、キントーンの大きな特徴です。ユーザーインターフェースやデザイン性にも優れています。

社内すべてのプロジェクトマネジメントをキントーンで統一して管理できるだけでなく、最適なプロジェクトマネジメントツールの使い方をさまざまな業種や部署に合わせ最適化することが可能です。

プロジェクトマネジメント管理ツール3:Trello

Trelloはアカウントを作ればすぐに利用することができ、基本料金がかからない無償のサービスです。ビジネスにおいて、チームでプロジェクトマネジメントを行うために便利な機能を備えた有償プランも用意されています。

カードリストを作り、プロジェクトを管理していくタイプのプロジェクトマネジメント管理ツールです。Butlerという追加機能と連携すると、trelloの機能を自動化させることができるのも大きな特徴です。

プロジェクトマネジメント管理ツール4:AppSuite

AppSuiteは社内情報を共有するグループウェアサービスdesknet's NEO上で利用できる業務アプリ作成ツールです。

desknet's NEOにはいくつか既存のアプリケーションが用意されていますが、AppSuiteを利用するとテンプレートや既存のファイルを自社向けにカスタマイズすることができます。自社で求めているプロジェクトマネジメントに最適なアプリケーションを用意することが可能です。

プロジェクトマネジメント管理ツール5:賢人ワークフロー

賢人ワークフローは修理点検業務のマネジメントに特化したプロジェクトマネジメント管理ツールです。主要機能が点検修理業務に管理をするための機能に絞られているので、点検修理業務のために一からツールやアプリケーションを用意する必要がなくなります。

スマートフォンやタブレットでもアクセスでき、現場でも報告が容易です。作業ワークフローや作業報告をさまざまなデバイスからスムーズに共有することができます。

プロジェクトマネジメント管理ツール6:follow

followはNTTコムウェアが提供する、勤怠管理と作業パフォーマンス向上のためのプロジェクトマネジメントツールになります。正確な勤務実態の把握や業務効率の分析が可能です。

勤怠管理に関わるデータをツールで集計することにより、業務改善を目指したり書類提出を省略し効率化に繋げたりすることが可能です。

プロジェクトマネジメント管理ツール7:Jector

Jectorはクリエイターチーム向けのプロジェクトマネジメント管理ツールです。扱えるフォーマットが幅広く、動画や音声などのデータもファイル形式にとらわれず共有することができます。

チームの人数に応じたアカウント数とストレージ容量によって利用料が決められているので、チーム人数の多寡を問わず無駄なく利用可能です。JectorのWebサイトで料金の見積もりを計算することができるようになっています。

プロジェクトマネジメント管理ツール8:SpreadOffice

SpreadOfficeは受発注業務の管理におすすめのプロジェクトマネジメント管理ツールになります。受発注業務に関わるおよそすべての情報を一元管理することができます。多数の帳簿テンプレートが用意されており、見積書や請求書などの書類を簡単作成することが可能です。

個人事業主向けの少人数利用プラン、6名以上の法人向けプラン、企業独自の帳簿を利用できるプランの3つの料金体系が用意されています。

プロジェクトマネジメント管理ツール9:TimeCrowd

TimeCrowdはタイムマネジメントを主としたシンプルで入力しやすいツールです。プロジェクトチーム内で、個々の作業内容や稼働中のメンバーを共有することができます。

グーグルカレンダーやSlackなど多くの他ツールとの連携に対応しているので、組み合わせて活用することでよりプロジェクトマネジメントに真価を発揮することが可能です。

プロジェクトマネジメント管理ツール10:タイムクレイ

タイムクレイはプロジェクトマネジメント管理ツールが集約されています。プランを契約すると機能のほとんどが標準搭載機能となっており、オプションによる料金追加がほとんどありません。

プロジェクト管理、業務実績の分析、グループでの情報共有をタイムクレイのみで行うことが可能です。一つのツールですべてを管理したいプロジェクトチームに適しています。

プロジェクトマネジメント管理ツール11:ジョートー

プロジェクトマネジメントは無償期間が設定されその後は有料というツールが多いですが、ジョートーはユーザー数4人までなら基本機能無料で使い続けることができます。

少人数でのプロジェクトなどプロジェクトマネジメントのコストを抑えたい時に必要十分な機能を兼ね備えています。リストに登録したタスクをガントチャートで表示することも可能で、視覚的なわかりやすさもおすすめできるポイントです。

プロジェクトマネジメント管理ツール12:Plaza-i

Plaza-iは、ERPパッケージと呼ばれる管理サービスです。従来は別々の業務システムで管理されていた業務を、一つの業務システムのもとに統合管理することができます。

各業種向けに細分化された一つ一つのモジュールをPlaze-iに統合し、複雑な業務システムも一本化することができます。ムダのないカスタマイズで企業一つ一つに最適な仕様を実現することが可能です。

プロジェクトマネジメント管理ツール13:シンビズエスツー

プロジェクト業務工程を最適化するならシンビズエスツーがおすすめです。シンビズエスツーでは作業者別の負荷を視覚的にチェックすることができます。業務量が多く負荷がかかりすぎている担当者の仕事を他の作業者に割り振り、作業スピードを維持することが可能です。

プロジェクト全体の管理者が、プロジェクト完了までの足並みを揃える調整を行うのに適したサービスといえるでしょう。

プロジェクトマネジメント管理ツール14:Clarity PPM

Clarity PPMはトップダウンの計画策定に優れた機能をもつプロジェクトマネジメント管理ツールです。プロジェクトマネージャーを始めとする、業務の管理者の意思決定に寄与するデータを一元化できます。

中堅企業・大企業といった大規模な企業単位で導入することを想定したサービス提供で、実際に多くの有名企業で利用されているプロジェクトマネジメントツールです。

プロジェクトマネジメント管理ツール15:ワンチーム

ワンチームは、企業内のコミュニケーションに着目したプロジェクトマネジメントツールです。工程の管理ではなく、コミュケーションがどれほど適切に取られているかを定量化し、コミュニケーションの質を業務改善に繋げることを目的としてツールとなっています。

解決しなければならない課題を決め、その課題を解決するためにどんなメンバーが必要なのかを逆算することで迅速な課題解決が可能です。

プロジェクトマネジメントを行う上でのポイント5つ

プロジェクトマネジメントツールを使って成果を上げるには5つのポイントがあります。管理ツールを使いこなすためには、プロジェクトマネジメントツールをどのように活用していけば良いのかをチーム全員が理解している必要があります。

プロジェクトマネジメント管理サービスには、利用者のための研修やマニュアルが用意されているサービスが多いので上手く活用しましょう。

ポイント1:プロジェクトのゴールを設定する

プロジェクトのゴールや達成目標を決めておきましょう。製品製造であれば製品の完成がゴールであることは明白ですが、プロジェクトマネジメントを行う目的が業務改善や業績向上などである場合は、具体的な数値目標を持っておく必要があります。

具体的なゴールを最優先で決定し、その目標を達成するために何をおこなっていけばいいのかを逆算し、タスクを細分化していきましょう。

ポイント2:設定したゴールに向けてやるべきことの整理

達成目標をプロジェクトマネジメントツールに落とし込むために、必要とされる業務を可能な限り細かく分析してみましょう。細分化したタスクは関連性ごとに分類し、プロジェクトマネジメントツールを利用してワークフロー、ガントチャート、リストなどに整理していきます。

タスクを整理する際は作業順序や期限を考慮することが大切です。タスクごとに重要度や優先度を設定すると、実際に業務を行う際の視認性が高まります。

ポイント3:役割分担

細分化して入力したタスクをチーム内で割り振っていきましょう。プロジェクトマネジメントツールを使っていれば、業務をしているうちにタスクが増えてしまうことがあっても、チーム内の誰に仕事を割り振るのが最適かすぐに判断することができます。

誰がどの業務をおこない、どのくらいの完成度に達しているかもひと目で管理することができるので、プロジェクト全体の管理責任者も常に全体の状況を把握することが可能です。

ポイント4:スケジュール作成

プロジェクトマネジメントツールを十分に活用するためには、業務にかかる期間を適切に設定する必要があります。細分化したタスクごとの所要時間を見積もってみましょう。

作業ごとの所要時間を自動で計測する機能がツールに備わっていれば、作業時間データを蓄積することが可能です。次回同じ内容の業務タスクを行う際により正確に業務所要時間を見積もることができます。

ポイント5:進捗の確認

プロジェクトが動き出したら、作業毎にプロジェクトマネジメントツールへアクセスして都度進捗の確認と報告を行うことが重要です。チームメンバーの作業進行度合いがわかるだけでなく、自分の作業進行状態をプロジェクト管理者に伝えることができます。

プロジェクトの管理者が利用する場合は、遅延している業務や人員のタスク配分へ常に目を通し、スムーズにチームを動かすための改善に役立てていきましょう。

ツールと組み合わせて上手なプロジェクトマネジメントを行おう

プロジェクトマネジメントツールは、少人数のプロジェクトではタイムマネジメントや情報共有に役立ちます。

企業全体で稼働するプロジェクトでも、業務内容が複雑かつ大規模になるほど異なる業務間での連携が重要となり、プロジェクトマネジメントの重要性は増すといえるでしょう。

プロジェクトマネジメントは職種や業務内容に合ったツールを活用することで、時間の使い方が最適化され業務の効率化に大きく貢献します。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related