Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月11日

長時間労働の原因4つと対策法5つ|企業別!長時間労働対策の成功例4選

長時間労働をなんとか削減するため、対策に乗り出そうとしている方にぜひ読んでもらいたい記事になっています。さまざまな企業が対策方法を打ち出しているので、成功例の解説も行いました。いいところどりをして、削減対策に役立ててみてください。

長時間労働の原因4つと対策法5つ|企業別!長時間労働対策の成功例4選

長時間労働とは

長時間労働とは、労働時間が定められている労働時間と比較して特に長い状態のことをいいます。

実は、「この時間以上が長時間労働に該当する」という決まりはありません。しかし、労働基準法によって1日8時間、1週間に40時間と定められているため、それを超えての勤務は基本的には長時間労働といえるでしょう。

使用者は、原則として、1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけません。
使用者は、労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩を与えなければいけません。
使用者は、少なくとも毎週1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を与えなければなりません。

出典: https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_ro... |

長時間労働の実態

長時間労働の現状は、一人当たりの平均労働時間に関して長期的に下がっています。

パートタイムなどの短時間労働者の増加や、企業の週休2日制の普及により一人当たりの労働時間は減少してきています。

しかし、正社員と非正規社員(パートタイムなど)での労働時間は差が開き、二極化している状況となっています。

サービス残業

サービス残業とは、賃金がつかない業務のことです。

サビ残や賃金不払い残業ともいい、雇用主から賃金をもらう時間外の、正規の賃金の支払いがないまま業務を継続して行うことをいいます。時間外労働となり、時間外労働手当を支払っていない場合は労働基準法違反となる場合もあります。

雇用主が労働者に対して強制を強いる場合が一般化していて、他にも始業前に出勤させて始業開始まで時間外労働させる「サービス早出」もあります。

時間外労働をさせる場合、割増賃金の支払が必要になります。時間外労働に対する割増賃金は、通常の賃金の2割5分以上となります。例えば、通常1時間当たり1,000円で働く労働者の場合、時間外労働1時間につき、割増賃金を含め1,250円以上支払う必要があります。

出典: https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/faq_kijyungyosei... |

長時間労働の原因4つ

長時間労働には個人をはじめ企業や国が改善に踏み込む必要があります。

1日に2時間を超える業務を行えば、それは立派な長時間労働です。そもそもなぜ長時間労働が起こってしまうのか原因はさまざまですが、どの原因をとっても、各個人の改善をはじめ、企業や国が改善に踏み込まなければ状況は良くなりません。

まずは、長時間労働の原因となるものを下記で紹介します。

長時間労働の原因1:マネジメント不足

長時間労働の原因として、マネジメント不足は主な原因といっても過言ではありません。

状況にもよりますが、企業内での上司のマネジメント不足は長時間労働の原因としてとても多いです。

この時間までと決まっている会議を長引かせてみたり、終業間際になって仕事を振ってくるなど、上司のパワハラにも近い内容の強要は立派なマネジメント不足であり、長時間労働の原因になります。

長時間労働の原因2:人手不足

人手不足は、長時間労働の原因として切っても切りはなせません。

どの企業、店舗でも人手不足には頭を抱えています。人手が足りないことで業務に支障がでたりすれば必然的に労働が長引き、長時間労働の原因となります。

また、人件費の節約によって人手が足りず、業務過多で長時間労働となる企業も多いです。

長時間労働の原因3:生産性の低さ

労働時間の長さと生産性の低さは比例してしまっています。

日本の労働時間は、世界の中でもトップレベルで長いです。それに加え、生産性の低さも先進国の中でなんと最下位です。長時間労働を行っているのに、生産性が低いのは本末転倒です。

これには、集まるだけ集まって中身のない会議を行っていたり、積極性の低さから時間だけが過ぎてしまったりと、無駄な時間を過ごしていることも長時間労働へと繋がる原因となっています。

長時間労働の原因4:職場の風土

職場の雰囲気が長時間労働の原因を作ってしまうこともあります。

これは、職場全体のことをいえますが空気間で個人が気を使い帰れず、結果みんなが残り長時間労働を強いられてしまうものであり、精神面に訴えるものとなります。

帰ろうとすると「もう帰るのか」というような視線、空気、または直接言われてしまうことで帰りづらくなってしまい、長時間労働となってしまいます。

長時間労働を削減するための対策法5つ

長時間労働を削減するために働き方改革が求められています。

働く時間を短くしたら成果も半分なんてことがないよう、成果を維持しつつさらには向上させながら、長時間労働を減らしていくことが重要となってきます。

それにはやはり、生産性の向上により、労働時間を削減していくことが必要となります。では、生産性を上げるために必要なことは何が挙げられるのか、下記でご紹介します。

長時間労働を削減するための対策法1:人事評価制度の見直し

人事評価制度で社員に寄り添い、負担を減らすことで長時間労働を避ける対策方法です。

そもそも人事評価制度では、賃金アップや社員育成で評価をし、結果、会社を成長させることができます。

残業を減らすことが給料を下げることとイコールではないこと、社員の扱いが悪くなったことではないことを理解してもらいます。社員ひとりひとりを評価することでやる気アップにつなげ、生産性を維持して長時間労働を減らす対策ができます。

長時間労働を削減するための対策法2:有給休暇の取得促進

有給休暇を取りやすい環境、取らなければいけない環境を企業が作ることで、物理的に長時間労働を減らしていく対策方法です。

働き方改革にともない、企業も有給休暇の取得に積極的になるよう取り組みを始めています。有給休暇の取得には、社員が有給休暇を取りやすい環境を作ることで会社の雰囲気アップを図れたり、本人の心の休憩にもつながることなど、長時間労働の削減対策にはもってこいです。

長時間労働を削減するための対策法3:勤務間インターバル制度の導入

勤務間インターバル制度を取り入れることで、労働時間を制限できます。

そもそも、勤務間インターバル制度とは、「休息期間」をきちんと確保しようという規則です。原則としては一日(24時間)につき連続して11時間の休息をとることとされています。

この規則を取り入れることができれば、物理的に長時間労働を削減できます。しかし、日本では法律で定められているわけではないため、取り入れている企業が少ない対策方法です。

「勤務間インターバル」という言葉をご存知でしょうか。「勤務間
イン ターバル」は、勤務終了後、一定時間以上の「休息時間」を設
けることで、 働く方の生活時間や睡眠時間を確保するものです。

出典: https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou... |

長時間労働を削減するための対策法4:労働時間管理システム

労働時間管理システムを使い、勤務時間を機械で管理することで不正の長時間労働を防ぐ対策です。

長時間労働を防ぐ管理のスタートとして、正しい勤務管理が重要です。労働時間管理システムを導入し、勤怠管理を正確に行って社員の労働時間の状態を確認することで一つの長時間労働削減の対策となります。

ここで重要なのが、不正が行われないよう不正打刻を防止するシステムを導入して、第三者による不正打刻を防止することです。

長時間労働を削減するための対策法5:フレックスタイムの導入

フレックスタイムを導入し、意識的に長時間労働を減らすようにする対策方法です。

フレックスタイム制とは、1か月内の労働時間をあらかじめ企業が定めておき、社員はその範囲内で労働日や労働時間を自分で決定し、調節しながら働く制度です。

まだまだ試験的に導入を行う企業がいるだけで、日本の導入状況は5%と少ないです。働き方改革により、導入する企業が増えれば長時間労働を削減する対策としても機能するでしょう。

企業別!長時間労働への対策成功事例4選

名が通る企業は、我が先にと長時間労働への対策に乗り出しています。

働き方改革により、企業は長時間労働の削減をはじめ、社員の働きやすさを求め工夫を凝らしています。その中でも、対策の成功をした企業の取り組みをご紹介します。

長時間労働への対策成功事例1:大和証券グループ本社

19時前退社という先進的な決定で長時間労働に待ったをかけます。

長時間労働は無駄だという思いから、19時前退社を徹底し、効率的に仕事を終えることができるよう社員のモチベーションを上げて、長時間労働の削減に結び付けることができた対策方法です。

長時間労働への対策成功事例2:カルビー株式会社

ノー残業デーなどの導入により長時間労働削減の対策を行います。

「長く働くことが良いことではなく、短時間に効率よく働き成果を出すこと」をモットーに在宅勤務や1週間の長期休暇取得の推進、業務フロー見直しによる改善などに取り組むことで長時間労働削減への対策を行っています。

長時間労働への対策成功事例3:セントワークス株式会社

セントワークス株式会社は、残業半減・利益は162%アップを打ち出した長時間労働の削減対策の鏡ともいえる会社です。

ワークライフバランス推進として長時間労働削減に力を入れていて、時間管理の方法を見直し効率的な働き方に繋げる先進的な企業として注目されています。

必達ノー残業デーという日に残業をすると、「恥ずかしいマントを着用」など、ユーモアあふれる意識を高めた工夫を凝らした対策で、残業時間は半減しました。

長時間労働への対策成功事例4:コクヨグループ

働き方改革の実現をサポートした支援を積極的に行い、長時間労働削減への対策を取っています。

コクヨグループでは、ワークライフバランスを考え働きやすい環境づくりを目指しています。長時間労働を減らすことも、含まれています。

また、他社を交えた交流会なども定期的に開いて長時間労働の悩みなどを打ち明けあい、ディスカッションを行って対策を取り、解決に努めています。

長時間労働の原因を究明し対策法を練りましょう

長時間労働削減の対策は、企業内のしがらみをなくすことでしょう。

さまざまな要因により起こる長時間労働の問題を、いかにシェアしあって解決の糸口を見つけ、対策を行っていけるか、企業の力量が試されています。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related