Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月25日

休日出勤が多い会社の特徴4つと対処法5つ|休日出勤が多くない職種4選

休日出勤はできるだけ避けたいと考えている方が多いのではないでしょうか。この記事では、休日出勤のしくみからどういった会社に休日出勤が多い傾向があるのかをまとめています。そして、休日出勤が多い場合の対処法や逆に休日出勤が多くない職種も紹介しています。

休日出勤が多い会社の特徴4つと対処法5つ|休日出勤が多くない職種4選

休日出勤しなければいけないケース

休日出勤が多い会社の特徴4つと対処法5つ|休日出勤が多くない職種4選
休日出勤をしなければいけないケースは、仕事を急いで対応しなければいけない場合や人手不足で業務が終わらないことが多いです。

会社に勤めていれば、繁忙期やセールシーズンなどで休日出勤をしなければいけないという事態も出てきます。また、納期に間に合わない、急いで対応しなければいけない仕事も休日出勤をせざるを得ない状況です。

今回は休日出勤のしくみや、休日出勤が多い会社の特徴についてご紹介をしていきます。

休日出勤のしくみ

休日出勤とは、会社が定めた休日に出勤して業務を行うことです。休日は会社によって異なります。土日に休む会社もあれば、週に1度しか休日のない会社もあります。会社の就業規則で決めた休日が基準となります。

休日出勤をさせること自体は問題ありませんが、休日手当や代休などの処置が取られていないと違法となる場合があります。

休日出勤が多い会社の特徴4つ

休日出勤が多い会社の特徴4つと対処法5つ|休日出勤が多くない職種4選
休日出勤の多い会社は、特に人材不足や業務量が多すぎる傾向があります。

休日出勤はどんな業界、会社でもあり得ることですが特に多いケースがあります。特徴をあらかじめ知っておけば自分の働き方を見直すことができ、さらに転職の際の判断材料になるでしょう。休日出勤の多い会社の特徴を4つ紹介していきます。

休日出勤が多い会社の特徴1:人材不足

仕事量が多すぎて常に人材が不足しています。単純に仕事量が多いので、今居る人材で仕事が回っていない状況です。効率が悪いのか、会社自体が多くの案件を取りすぎているなど理由はさまざまです。

人手が不足していると、一人当たりの業務量が増えます。結果、締め切りに間に合わせるために休日出勤をすることが当たり前になります。さらに、専門的な仕事で特定の人しかできない場合も休日出勤をしなければいけない状況になります。

休日出勤が多い会社の特徴2:ノルマが厳しい

ノルマが厳しい会社は、許容できる範囲を超えた仕事を引き受けることが多いです。社員の人数や期日を踏まえ、許容できる範囲を超えた仕事を引き受けた結果社員一人一人に課せられるノルマが激しくなることです。

営業職に多い傾向がありますが、目標達成のために休日返上で働くことがあります。クライアントやお客様から無理難題を聞いてしまった場合通常の業務日程では間に合わず休日出勤をすることを余儀なくされます。

休日出勤が多い会社の特徴3:効率化を図らない

旧体制にこだわりすぎると仕事が非効率になり労働時間が増えます。効率性を重視した仕組みを導入し、無駄を省くことが必要です。例えば、会議をオンラインで行ったり資料をデータ化し共有したりと現在多くの企業が導入しています。

新しいやり方を躊躇し、アナログな方法で業務をすればそれだけ時間がかかってしまいます。会社全体として、どう業務効率を上げ生産性を上げることを考える必要があります。

休日出勤が多い会社の特徴4:離職率が高い

離職率が高い会社は、従業員が働きにくい会社とみなされます。離職率が高いということは、何らかの理由でその会社を辞めたいと考えている人が多いことになります。

人間関係もありますが、離職の理由には仕事がきついと感じることが多いです。仕事がきついということはノルマが激しかったり休日出勤が多いことに繋がります。結果として、離職率が高い会社ほど休日出勤も多い可能性があります。

休日出勤が多い場合の対処法5つ

休日出勤が多い会社の特徴4つと対処法5つ|休日出勤が多くない職種4選
対処法は、自分で行動することです。上司から休みの日だが出勤してくれと言われると断ることができない、業務量が多いので仕事が終わらないという方もいらっしゃるでしょう。

まずは、自分から行動してみましょう。自発的に働きかけてみることで改善されることも多いです。ここでは、休日出勤が多い多い場合の対処法を5つ紹介していきます。

休日出勤が多い場合の対処法1:上司に相談する

休日出勤が多い会社の特徴4つと対処法5つ|休日出勤が多くない職種4選
対処法は、上司に相談し一人で抱え込まないことです。休日出勤をしてしまうのは、あなた本人の能力なのか、上司の管理能力なのかを分析することも一つです。

現在、休日出勤をしないと業務が終わらないことやしっかり休みが欲しいなど上司に相談してみることです。相談を受けて、何らかの方法や策を考えてくれるでしょう。どうすれば改善できるのかを考えれば生産性も向上します。

休日出勤が多い場合の対処法2:休暇中は休日出勤できない

休暇とは労働者の休む権利です。例えば育児休暇や慶弔休暇、夏季休暇など聞いたことがある方は多いでしょう。休暇は、会社での労働義務がある日に労働者が申請を行い、休みをもらうことです。

労働者が法廷休暇を求めてきた場合、会社はその申し出を断ることができません。よって、休暇中には休日出勤はできません。

休日出勤が多い場合の対処法3:代休を交渉する

休日出勤をした後日、ほかの労働日に休みを取ることです。休日に労働した分、代わりに休みを取る交渉をしてみてください。休日手当として割引賃金が支払われている場合、お金か時間かを天秤にかけて必要なほうを選択するのが良いでしょう。

会社から代休を取得するよう言われることもありますが、そうでない場合自分から交渉してみましょう。

休日出勤が多い場合の対処法4:対価のない休日出勤は違法

休日手当が出ていない、また代休などの措置を取っていない場合は、違法になります。従業員が休日出勤をした際には、割増賃金が発生します。

割増賃金とは、通常の就業時間内の労働の賃金に、一定の割増率で割り増した賃金のことです。仮に企業が割増賃金を支払わなければ罰金など刑に処することもあり得ます。

割増賃金には時間外労働に対するもののほか、休日労働に対するものと深夜業に対するものがあります。休日労働とは、労働基準法で定められた法定休日(週1日又は4週を通じて4日。曜日は問いません。)に労働させることをいいます。休日労働に対する割増賃金は、通常の賃金の3割5分以上です。

出典: https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/faq_kijyungyosei... |

休日出勤が多い場合の対処法5:転職する

確実な方法は、休日出勤の少ない業種に転職することです。休日出勤が続くということは、それだけ自分のプライベートの時間が減っています。思い切って新しい環境に挑戦することで視野が広がります。

休日出勤の少ない企業に転職することでプライベートも充実し、メリハリのある生活になります。また、自分が本当にやりたかった仕事というものも改める考えるきっかけになります。

休日出勤が多くない職種4選

休日出勤が多い会社の特徴4つと対処法5つ|休日出勤が多くない職種4選
休日出勤が少ない職種はシフトで管理されている、また土日に営業自体していない場合が多いです。

ここからは、休日出勤の多くない職種を4つに分けて紹介していきます。具体的にどのような職種に休日出勤は少ないのでしょうか。急な出勤となればプライベートを犠牲にして働かなければなりません。ワークライフバランスを重視した働き方をすることもおすすめです。

休日出勤が多くない職種1:製造

休日出勤が多い会社の特徴4つと対処法5つ|休日出勤が多くない職種4選
工場は日中に稼働させ、土日や年末年始は休止していることも多いのでカレンダーどおりに休日を取りやすいです。

日本の製造業は「ものづくり」と称され、経済の成長を支えてきました。よって、古くから歴史のある会社も多く労働環境や制度が充実している傾向があります。

また、製造業は1年間の製造サイクルが決まっていることが多く繁忙期や閑散期も把握しています。無理な日程を組むことなく余裕を持った仕事ができます。

休日出勤が多くない職種2:空運

休日出勤が多い会社の特徴4つと対処法5つ|休日出勤が多くない職種4選
空運業界は特に残業時間・休日出勤が少ないです。フレックスタイム制度やテレワーク制度も整っていることが多く業務の効率化を図っています。>

例えば、客室乗務員も乗務便に応じたシフト勤務となっているので特別な事態が起こらない限りは休日出勤はありません。業務量についても、適切に配分されているので残業をすることも少ないです。

休日出勤が多くない職種3:銀行

休日出勤が多い会社の特徴4つと対処法5つ|休日出勤が多くない職種4選
銀行は、基本的に窓口業務は平日のみ、17時には閉まってしまいます。最近では土日に相談会などを企画している企業もありますが月に1回ほどです。そしてしっかり振替休日を取得することができます。

さらに、働き方改革により残業時間についても厳しく管理されています。しかし、業務量は少なくないため限られた時間内にどれだけ生産性を上げ成果を出すかが求められます。

休日出勤が多くない職種4:小売

休日出勤が多い会社の特徴4つと対処法5つ|休日出勤が多くない職種4選
長時間労働をしているイメージが強い小売業ですが、営業時間の決まっているテナント店舗や専門店などは残業時間があまり長くなりません。

ショッピングセンターやデパートに出店している店舗は、その施設が決めている営業時間内での営業となります。繁忙期ももちろんある職種ですが、従業員はシフト勤務で管理されているので休日出勤も多いことはなく不当な残業や休日出勤はありません。

休日出勤のしくみを知り無理のない仕事をしましょう

休日出勤が多い会社の特徴4つと対処法5つ|休日出勤が多くない職種4選
今回は休日出勤の多い会社の特徴や対処法、そして休日出勤が少ない職種も紹介しました。休日出勤は悪いことではないですが自分のプライベートな時間を奪われてしまうというデメリットもあります。

代休をうまく使う、休日手当はしっかり請求するなど自分から行動してみてください。仕事もプライベートも充実させ無理のない仕事をしましょう。

Related