Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月25日

ワークライフバランスの成功事例7選|メリットや重視される理由

ワークライフバランスとは、仕事とプライベートを両立させ、より働きやすい職場環境に整えることとうをいいます。取り入れるのが難しいというイメージがありますが、実際にワークライフバランスを取り入れた企業の成功事例を参考に、人員の定着と生産率アップを目指しましょう。

ワークライフバランスの成功事例7選|メリットや重視される理由

ワークライフバランスとは

ワークライフバランスの成功事例7選|メリットや重視される理由
ワークライフバランスとは、仕事とプライベートを両立させることで、より働きやすい環境整えることをいいます。

働きながらプライベートを充実させられるため、社員は資格取得などのキャリアアップのほか、リフレッシュの時間がとれるため、離職率を下げて仕事の効率化が図れます。

それでは、ワークライフバランスを実際に実行している企業と、ワークライフバランスを取り入れるとどのようなメリットが得られるかについてご存知でしょうか。

そこで今回は、ワークライフバランスが重視されている理由とメリット、成功事例を紹介します。

ワークライフバランスが重視される理由

それでは、なぜ今ワークライフバランスが重要視されているのでしょうか。その原因の1つとして少子化が挙げられます。少子高齢化に伴い、仕事と育児、出産や介護との両立が難しくなるため、離職する方が多く見られるようになりました。

そこで、人材を確保しながら生産性を上げるため、残業時間の見直しを図るなどの職場環境を整えるワークライフバランスが重要視され、実際にワークライフバランスに取り組み成功を収めている事例が増えてきています。

ワークライフバランスの成功事例7選

ワークライフバランスの成功事例7選|メリットや重視される理由
最近では、ワークライフバランスに取り組む企業も多く見られるようになり、優秀な人材の確保や仕事の効率が上がったという成功事例が増えてきています。

しかし、実際にワークライフバランスに取り組むといっても何をするべきか戸惑うことがほとんどでしょう。そこで次に、ワークライフバランスに積極的に取り組み、成功を収めている事例と企業を紹介します。

ワークライフバランスの成功事例1:サイボウズ株式会社

サイボウズ株式会社は、従業員同士のコミニケーションに重点を置き、組織制度の見直しを図ることで離職率を大幅に下げることに成功しています。

育児、介護休暇制度のほか、ライフスタイルに合わせて働き方を変えられる選択型人事制度、子連れ出勤制度など、女性が働きやすい環境を作り出し、ワークライフバランスに成功した事例の1つとなっています。

ワークライフバランスの成功事例2:株式会社レオパレス21

ワークライフバランスの成功事例7選|メリットや重視される理由
レオパレス21のワークライフバランスもまた、職員の定着率を上げた成功事例の1つです。レオパレス21は、従業員を対象に無記名で意識調査を行い休暇制度や非効率的な業務、職場環境について徹底した改善を図りました。

例えば、契約社員やパートタイマーの再雇用を認め、出産や育児、介護に関する相談窓口を設けるなど、女性が活躍できる職場づくりを整える事で、職員の定着率を上げることに成功しています。

ワークライフバランスの成功事例3:旭化成株式会社

3つ目の成功事例である旭化成株式会社は、フレックスタイムを導入したことで、介護や育児と仕事の両立を可能にしました。

特に育児に関しては、現在でも「女性がするもの」と言う考えが深く根付いており、男性が育児休暇を取ることを敬遠する方も少なくありませんでした。

しかし、企業がワークライフバランスを推奨することで、女性も男性も休暇を取りやすくなり、給与を安定させることで従業員の定着に成功しています。

ワークライフバランスの成功事例4:株式会社JTB

株式会社JTBは、お客様第一という考えをもとに時間外労働は当然と言う事社風を持っていましたが、ワークライフバランスを改善させるため、外部のコンサルタントの協力を得て、働き方改革に成功した事例を持っています。

残業時間の多いチームを選んでモデルとし、そこで得た情報を事業部や支店に広めたほか、好事例を表彰する催し物を行うなど、会社全体が好事例を共有することで、生産性の向上に成功しています。

ワークライフバランスの成功事例5:IKEA

IKEAは日本に比べワークライフバランスの好事例を多く持つスウェーデンの企業です。「人を大事に」を企業理念に、スウェーデンの制度をそのまま採用するのではなく、所定労働時間を週24時間まで、38時間まで39時間までに区分けし、労働時間をライフスタイルに合わせて働けるよう工夫しています。

そのため、従業員はライフスタイルにあわせて仕事に励むことが可能となり、短時間で働く社員も賃金を同じにすることで、社員の定着率を上げるといった成功を収めています。

ワークライフバランスの成功例6:伊藤忠商事株式会社

日本屈指の総合商社である伊藤忠商事もまた、ワークライフバランスの好事例を多く持つ企業の1つです。伊藤忠商事では、夜の残業を禁止し、早朝出勤を推奨しています。

これは、お客様へのサービス向上のためと、残業を減らし、すっきりした状態で朝仕事に向かう方が生産性が上がるという考えの下、導入された制度です。

これにより、女性や高齢の従業員が増え、優秀な人材が経験豊富な人材の確保に成功しています。

ワークライフバランスの成功例7:第一生命保険株式会社

第一生命保険株式会社では、未経験者でもわかりやすいマニュアルを作り、業務の効率化を図ることでワークライフバランスに成功した事例を持っています。

また、労働時間の縮減や休暇取得の推進、介護、育児の支援などを積極的に行っています。それにより、企業イメージもアップし、入社希望者が増えるなど、優秀な人材の確保にも成功した好事例の1つです。

ワークライフバランスのメリット5つ

ワークライフバランスの成功事例7選|メリットや重視される理由
少子高齢化が進む現代社会においては、どの企業も人材の確保に不安を抱えています。そこで、優秀な人材確保のためにワークライフバランスが重要となりますが、ワークライフバランスを取り入れることでどのようなメリットがあるのでしょうか。

企業が導入することにで、どのようなメリットについて考えてみましょう。

ワークライフバランスのメリット1:優秀な人材の獲得

ワークライフバランスを導入することのメリットとして挙げられるのが、優秀な人材の確保ですが、最近では、少子化に伴う人手不足により、優秀な人材の確保が難しくなりつつあります。

しかし、ワークライフバランスを導入することで、社員が働きやすい環境が整っている、ライフスタイルに合った働き方ができるといった良いイメージを作ることができるため、優秀な人材確保に役立ちます。

ワークライフバランスのメリット2:女性社員の定着

ワークライフバランスの成功事例7選|メリットや重視される理由
現在社会では、女性の社会進出が進み、それだけ優秀な人材も増えてきました。しかし、女性社員の中には、育児や介護との両立が難しく退社せざるをえなくなる人も少なくありません。

そこで、育児休暇などのワークライフバランスを導入することで、出産後にプランクの心配をする必要がなくなり、出産後も仕事ができるということで、女性社員が定着しやすくなり、女性管理職の育成にも役立ちます。

ワークライフバランスのメリット3:社員のモチベーションアップ

ワークライフバランスに成功している企業事例を見ると、リーダー社員に積極的にワークライフバランスの活用してもらうことで、新入社員のやる気を引き出し、生産性を上げることに成功している事例が多く見られます。

ワークライフバランスを取り入れることで従業員の生活の質が向上し、仕事に対するモチベーションアップが期待できます。また、企業側が今後どのようなスキルアップの支援を行うかについてより具体的になります。

ワークライフバランスのメリット4:生産性の向上

ワークライフバランスの成功事例7選|メリットや重視される理由
労働基準法では、1日8時間という労働時間が定められています。8時間以上残業するとかえって効率的が悪くなり、短時間集中して働くことで生産性が上がることが前の項目で紹介した事例を見てもわかります。

また、残業を続けていると心身の健康を害する恐れがあるため、無駄を省くなど、ワークライフバランスを整えることで、プライベートを充実させられれば、社員のモチベーションも上がり、生産率アップにもつながります。

ワークライフバランスのメリット5:企業イメージアップ

企業のイメージは、どれだけ利益を上げているかというだけでなく、社会貢献度も大きく関わっています。

ワークライフバランスを整えることで、「社員を大事にしている」または」社員が安心して働ける環境が整っている」というイメージを与えることができ、その結果、会社のイメージアップがはかれます。

ワークライフバランスの成功事例を知ろう

ワークライフバランスの成功事例7選|メリットや重視される理由
いかがでしたか。今回はワークライフバランスの成功事例とメリット、その必要性について紹介しました。ワークライフバランスは、従業員ばかりでなく、企業側にとっても大きなメリットになりです。

一見、ハードルが高いイメージがありますが、ワークライフバランスを取り入れることがそれほど難しいことではありません。

Related