Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月26日

モンスター社員の対処法7選|モンスター社員が生まれる原因4つ

本記事は、モンスター社員の概要、タイプ、原因および対処法について大まかに紹介しているものとなっています。特にモンスター社員の特徴と対処法については人間関係に関わる情報と併せて少し詳しく紹介しています。また、モンスター社員ではない場合についても言及しています。

モンスター社員の対処法7選|モンスター社員が生まれる原因4つ

モンスター社員とは?

モンスター社員の対処法7選|モンスター社員が生まれる原因4つ
モンスター社員とは、職場において一般常識から逸脱した行動や言動が目立ち、就業態度が著しく悪いために全体の職務遂行に支障を来たさせ職場の風紀を乱す社員のことをいいます。

モンスター社員の存在は、会社や所属する社員にとって大変に厄介で、ずる賢い者になると、就業規則に触れないように、自分に逆らわなく当たりしやすそうな新人社員を見つけては、彼らを自らのルサンチマンをぶつけるためのサンドバッグに仕立て上げます。

モンスター社員のタイプごとに対処法は異なる

モンスター社員の対処法7選|モンスター社員が生まれる原因4つ
「モンスター社員」といっても、明確な定義があるわけではなく、千差万別にモンスター社員が存在するため、一概な方法で対処できるものではありません。

とりわけ、モンスター社員といえば「上司」にあたる者を対象に想像しがちですが、気の強い「部下」に上司が手を焼く場合もあります。また、モンスター社員との関係に苦労することで、職務そのものにも悪い影響を及ぼしてしまう場合などさまざまです。

モンスター社員のタイプ5種類

モンスター社員の対処法7選|モンスター社員が生まれる原因4つ
モンスター社員を5つのタイプに分類し特徴を見ていきましょう。

しかし、人の性格は一概に一般化できないものであり、連続的かつ事細かに多様なタイプの要素を持ち合わせているため、該当するモンスター社員のタイプは5つの内でどれが最も近いかで当てはめてみてください。

モンスター社員のタイプ1:パワハラタイプ

モンスター社員の対処法7選|モンスター社員が生まれる原因4つ
パワハラタイプは、上司を担っている者に多く、職務において部下を理不尽に追及したり、誇大に就業態度を批判するなど、上司という立場を利用した行動をとるモンスター社員のことです。

このようなモンスター上司に目をつけられてしまうと、仕事の良し悪しに関わらずいちゃもんをつけたり、標的から免れた同期との待遇の差に苦しむことになります。こうなると標的にされた者の努力は意味を成さず、段々と萎縮して行くことでしょう。

モンスター社員のタイプ2:反抗タイプ

反抗タイプは、「パワハラタイプ」とは逆に部下が上司に逆らう場合が多く、上司の指示に対し細かく口答えをしたり、揚げ足取りなどの反抗的な行動を頻繁にとるモンスター社員のことです。

このような社員は、上司の指示どおりに仕事を熟さないため、仕事を何度もやり直す破目になり、職場全体の職務遂行の足枷になってしまいます。また、効率のいい仕事の仕方をアドバイスしても、自己のやり方に固執してしまう頑固者でもあります。

モンスター社員のタイプ3:不安定タイプ

不安定タイプは、情緒が仕事の能率を大きく左右させたり、個人の事情を職場に持ち込むことで周囲を巻き込み、職務に支障を来たさせるモンスター社員のことです。

情緒不安定な人間は、自己肯定感が未熟で、他人の目を異常に気にするあまりに人により態度を変えてしまい、相手に誤解を与えることで人間関係に亀裂をもたらします。また、他人との距離感を図る段階に至っていないため、自他・公私の問題を混同する面が見受けられます。

モンスター社員のタイプ4:自信過剰タイプ

自信過剰タイプは、常に自分の意見や提案こそが尊いと考えており、相手が自分の意見に賛同しない場合に不機嫌になることで賛同を強いたり、他人の意見に口を挟んで自分の主張を加えたがるモンスター社員のことです。

このタイプは、とにかく、自身を尊重してくれることを望み、周囲に自身の能力を誇示するために、新人の教育係を買って出たり、部下の些細な問題を誇張して責め立ててみたり、常に尊大な振る舞いが目立つ人間です。

モンスター社員のタイプ5:被害妄想タイプ

被害妄想タイプは、「不安定タイプ」と同じく情緒不安定な面があり、他人の純粋な善意に対して懐疑的で、些細な他人の顔色にも被害者意識を持ってしまう卑屈なモンスター社員のことです。

このタイプは、その卑屈さゆえに、仕事においても余裕がないため、焦ってミスを連発してしまい、一層の自己嫌悪に陥ってしまいます。また、このタイプの人への対処法は、なるべく肯定的な物言いを心がけることで、業務の妨げを阻止しましょう。

モンスター社員の対処法7選

モンスター社員の対処法7選|モンスター社員が生まれる原因4つ
モンスター社員が現れた際の対処法7つを見ていきましょう。

モンスター社員は、とても扱い難く、遠慮して何も注意せずに放置してしまうことでしょう。しかし、それが彼らを増徴させ、職場の士気を奪い、結果的に中長期的な利益を損なう結果になりかねません。勇気を持って、必ず対処するように心がけましょう。

モンスター社員の対処法1:電話で状況を確認

1つ目の対処法は、まず電話を使って探りを入れつつ、ヒアリングを行う旨を伝える方法です。

モンスター社員は情緒が不安定であり、ヒアリングについて職場で急な呼び出しをかけるよりも事前に覚悟を決めてもらえるため、情緒の安定を図れます。

モンスター社員の対処法2:モンスター社員にヒアリング

モンスター社員の対処法7選|モンスター社員が生まれる原因4つ
2つ目の対処法は、モンスター社員と入念にヒアリングすることで、周囲の認識とモンスター社員本人の認識に違いを見つけることができます。

また、この対処法のメリットは周囲が何も言わなかったためにモンスター社員の認識が甘くなっていたことを、話し合いにより、改めて本人にその甘さを自覚させることができ、周囲に対する態度の改善が期待できるところです。

ただし、その後の人間関係には配慮するように注意しましょう。

モンスター社員の対処法3:モンスター社員の家族にヒアリング

3つ目の対処法は、モンスター社員の家族に直接話し合うことで、家族からモンスター社員にアプローチさせる方法です。

この対処法は、会社の人間との対話に応じない場合に、家族からもモンスター社員に対して問題を認識させることで、改心できる可能性が広がるところです。

協調性に問題がある人の中には家族の言うことであれば聴くという方がおり、家族だからこそ本人に訊けることもあるため、有効な対処法といえるでしょう。

モンスター社員の対処法4:証拠を残す

モンスター社員の対処法7選|モンスター社員が生まれる原因4つ
4つ目の対処法は、パワハラや業務命令に従わないモンスター社員に対しては、録音や業務命令を明文化するなどの物的証拠を残すことで対抗する方法です。

最悪、対処法として裁判を行う場合に録音は切札として有用です。なぜなら、民事裁判では無断で録音した音声でも証拠として機能するためです。また、業務命令を聞かない者への対処法としては、業務命令の趣旨を明確化し本人に誓約書を書かせることで証拠とすることができます。

モンスター社員の対処法5:就業規則の作成

5つ目の対処法は、モンスター社員の問題行動の抑止が期待でき、最悪の場合に懲戒処分を正当に課すことを可能にするために、就業規則を設ける方法です。

まず、就業規則は必ず設けなくてはなりません。というのも、10人以上の従業員を抱える企業ならば就業規則を所轄の労働基準監督署に届け出なければならないためです(労基法89条)。そこで、就業規則には問題社員に対処する有効な文言を必ず盛り込んでおきましょう。

モンスター社員の対処法6:懲戒処分の徹底

モンスター社員の対処法7選|モンスター社員が生まれる原因4つ
6つ目の対処法は、会社がモンスター社員に対し懲戒を躊躇せずに下すことで、職場全体の士気や風紀を改善させる対処法です。

「モンスター社員の対処法5」でも触れましたが、就業規則を必ず設け、規則に違反した社員は直ちに懲戒を行う体制を整えましょう。問題児1人のために有能な社員を犠牲にしてしまうことは、長期的に見て会社にとって不利益になることは間違いありません。

とはいえ、懲戒処分は慎重に検討する必要があります。

モンスター社員の対処法7:モンスター社員の配置の見直し

最後の対処法は、モンスター社員を別の部署に異動させることで、職場の人間関係の改善を図る対処法です。

モンスター社員になってしまう原因の一つに、性格や考え方が合わない社員が他にいることで、摩擦を生んでいる場合も十分に考えられるため、ヒアリングなどで様子を見つつ異動を検討しても良いでしょう。

しかし、問題社員本人に原因がある場合、異動先で猛威を振るうことも考えられるため、ヒアリングは欠かせません。

モンスター社員が生まれる原因4つ

モンスター社員の対処法7選|モンスター社員が生まれる原因4つ
現れてしまったモンスター社員に対する処遇を定めておくことも重要な対処法といえます。

そもそも、モンスター社員が発生しないようにすることが理想的な対処法といえるでしょう。例えば、採用の面接・試験において問題のある人間を選別する方法を取り入れるなどの、モンスター社員を根本から排除する試みも必要です。

モンスター社員が生まれる原因1:職場環境

会社側でモンスター社員対策を何も実施して来なかったことで、問題を起こす要素を持つ社員が増徴してしまったことが原因です。

職場環境の外的影響で、無害な社員がモンスター社員に変化してしまうわけではなく、モンスター社員になりうる気質の人間を放置した会社に問題があるという意味です。

対処法として、会社側で職務規定を一新し、モンスター社員を正しく懲戒できるように対策を講じる必要があるでしょう。

モンスター社員が生まれる原因2:人間関係

職場において些細なすれ違いが大きな誤解を生んでしまったことで、モンスター社員化したことが原因です。

不特定多数の人間が集まる場所では、自身の敵になる人間が必ず一定の人数で現れることが世の理です。さまざまな考え方を持った人間がいることを各人で覚悟し、人との距離の取り方を考える必要があります。

モンスター社員は人間的に未熟な者が多く、自己の評価を他者に依存している思考がこの問題の根本といえるでしょう。

モンスター社員が生まれる原因3:コミュニケーション不足

社員間でのやり取りが希薄で、誤解や思い込みまたは仕事で必要な情報を十分に伝えていないことが原因です。

「人間関係」にも通ずる事柄ですが、自意識が過剰なあまり他者との関わりを避けたり、自己主張が強すぎるなど、バランスのとれた関係を築けない人間に多い特徴です。対処法は、社員間で、お互いに細かく情報を伝えるように工夫する体制を作ることといえるでしょう。

モンスター社員が生まれる原因4:余裕を持てない環境

能力を無視した人事で、社員の職務が難化することで心に余裕が持てず、ストレスから職場の人間関係が悪化してしまうことが原因の1つといえるでしょう。

この場合は、会社側で社員毎に能力を見極めて、人事を再配置することが対処法といえるでしょう。また、既に把握できているが、いまだに手を付けていない非効率な職務実態を改善してみるのも手といえます。

モンスター社員ではなく正当なクレームの時もある

モンスター社員の対処法7選|モンスター社員が生まれる原因4つ
「残業代未払い」や「有給を取得させない」など、会社が、労働者に対し施さなくてはならない待遇を拒む場合に会社に異議を申し立てる者を「モンスター社員」とは呼びません。

この場合、対処法は会社側で労働者の権利を侵害していないかを確かめることであり、社員が主張する事柄の正否を判断することは当然です。誰であれ、不当な処遇に対し憤ることは心情的に当然であり、このことで裁判で争う形になっても会社側の自業自得です。

モンスター社員への対処法をしっかり把握しよう!

モンスター社員の対処法7選|モンスター社員が生まれる原因4つ
モンスター社員に対して核となる対処法は、会社側が「懲戒処分」を適切に下させる体制を十分に心がけているかです。

モンスター社員を争いを避けて黙認していては、これから育つ新人社員を失い続けたり、士気の下がった職場環境によって仕事の効率が悪化したりと、長期的な業績の悪化に繋がることも考えられます。

懲戒に関する対策を中心に対処法を把握しておくことで、問題のある社員とも上手く向き合える体制作りが大切です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related