Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月23日

怒ると叱るの違いは?|部下に信頼される上手な叱り方5選

怒ると叱るは一見似ていますが、怒ることは自分本位、叱ることは相手本位の行為です。適切に叱ることは部下の成長にとって不可欠なことです。怒ると叱るの違いを理解し、部下に信頼される上手な叱り方を身につけて、部下の可能性を広げて将来の成長へとつなげていきましょう。

怒ると叱るの違いは?|部下に信頼される上手な叱り方5選

叱ることと怒ることの違いとは?

怒ることと叱ることにはどんな違いがあるのでしょうか。怒るとは、不満があって我慢できない感情を相手にぶつけること、叱るとは、目下の者の良くない点を注意して良い方向に導くことです。

怒る場合は、自分の気持ちが治まれば相手が傷つこうが関係ないといった考えであり、叱る場合は、相手に成長してほしいという相手を思いやる気持ちがあります。

怒るというのは自分本位の行為、叱るというのは相手本位の行為といえます。

叱る行為から逃げない

部下を叱ることによって人間関係が悪化したり、部下のモチベーションが下がったりするのではないかと恐れて、叱ることを避けたくなるでしょう。しかし、怒ると叱るの違いを知って上手に叱ることができれば、部下や会社の成長につながります。

怒ると違って叱ることは相手を責めることではなく、相手の可能性を広げることができます。叱る行為から逃げずに、上手に叱る方法を身につけましょう。

部下にやってはいけない怒る際のポイント3つ

感情に任せて怒ることでは、相手は反感を持ってしまい行動の改善にはつながりません。叱ることは、怒ることのように単に感情をぶつける行為ではなく、相手を望ましい方向に変える建設的な行為です。

しかし、相手の成長を思って叱っているつもりでも、次にあげるポイントを意識していないと感情任せに怒ることと同じ結果を招いてしまうでしょう。叱る際には何に気を付け何をやってはいけないのかポイントを見ていきましょう。

部下にやってはいけない怒る際のポイント1:感情をぶつけたり執拗に責めない

感情をぶつけて怒ることや執拗に責めてしまうことで、部下は失敗を恐れて萎縮してしまいチャレンジをする気持ちを失ってしまいます。

相手のどんな行動を改めてほしいのか冷静に考え、叱る目的や理由を明確にしておき、それが伝わるように話すことが、怒るではなく適切に叱る行為です。

くどくどと同じことの繰り返しや、蒸し返して不満を言うのも、感情任せに怒ることと同じです。要点を絞って手短に終わらせた方が効果的でしょう。

部下にやってはいけない怒る際のポイント2:他人と比較しない

他人と比較して叱られると、部下は自尊心を傷つけられ、自信を失ってしまいます。怒るのと同じでやる気を引き出せません。部下の良かった点を認めた上で、改善したらもっと良くなる、という言い方をしたほうが、相手は注意されたことを受け入れやすくなります。

人の成長スピードはそれぞれ違うので、その人の成長段階を考えて他人と比較せずに過去と比較して成長した点を認めながら、注意する点を伝えるようにするとよいでしょう。

部下にやってはいけない怒る際のポイント3:個人の人格や能力を否定しない

「きみはダメなやつだ」、「あなたにはがっかりだ」、というような言い方は、相手の人格を否定する言い方です。また、「こんなこともできないの」といった言い方は、相手の能力を否定する言い方です。部下は反感を抱いたり深く傷ついたりしてしまいます。感情任せに怒るのと同じ印象の言い方でしょう。

個人の人格や能力を否定するのではなく、どの行動がいけないのか、どういう行動をすればいいのかを具体的に伝えなければ改善はできません。

部下に信頼される上手な叱り方5選

怒ることとの違いをわきまえ、相手本位の考えの基に叱るということが理解できても、やはり人間関係の悪化につながらないか心配になります。部下が納得できる叱り方をすることによって、部下との信頼関係を築いていくことが大切です。

部下の納得感を引き出して、信頼を得ることができる、上手な叱り方はどんな叱り方か、叱る際に心掛けることについて、見ていきましょう。

部下に信頼される上手な叱り方1:叱る基準を決めておく

叱る基準が決まっていないと、部下は「前言っていたことと違う」と上司への不信感や不安を募らせ、注意されたことを素直に聞けなくなってしまいます。気分任せに怒る行為と同じように見えます。何に対して叱り何に対して叱らないかの基準を決めておくようにしましょう。

また相手によって叱ったり叱らなかったりするのも、信頼感を失ってしまいます。相手が誰であっても、同じミスには同じように叱るようにしましょう。

部下に信頼される上手な叱り方2:叱るタイミングと場所を考える

叱るのは、その場その時に叱るのが一番相手に伝わるタイミングです。遅れると後から言いにくくなったり、「今頃言われても」と思われて納得がいかなくなってしまいます。ただし、相手に余裕がない時などは、別のタイミングにしたほうがよい場合もあります。

叱る場所は大勢の前をさけるようにしましょう。大勢の前だと叱られた人の落ち込みが強くなります。内容の重要度によっては、時には個室を使用して話してもよいでしょう。

部下に信頼される上手な叱り方3:主観を交えず事実確認する

起こった事実、行動について、しっかりと聞いて確認をしましょう。

例えば、「○○の納期が遅れてしまったよね」、のようにです。その時に主観を交えてはいけません。やる気がないから遅れたんだ、などと言っては、納期が遅れる=やる気がないという主観が入ってしまいます。

冷静な分析を欠いて怒る行為と同じで、反感を覚えて素直に受け入れられないことが多いでしょう。主観を交えずお互いに事実が把握できるまで確認しましょう。

部下に信頼される上手な叱り方4:解決のための具体的な改善策を伝える

できるだけ具体的な改善策を伝えたほうが、部下に伝わりやすく、同じ過ちを防ぐことになるでしょう。

もっと頑張れ、もっと早く、などの具体性のない言葉では、部下は具体的にどこを改善したらいいのか分からず、また同じ失敗を繰り返してしまうことになってしまいます。

納期が遅れた場合ならば、納期3日前に進捗状況を報告しよう、など具体的な方法を示しましょう。

部下に信頼される上手な叱り方5:プラスの感情を引き出す言い方で終わる

最後には叱りっぱなしにせず、励ましたり褒めたりして、相手の感情がプラスに向かうようにして終わるようにしましょう。叱られた後の後味は、その後の部下の気持ちや行動に影響を与えます。マイナスの感情の時は消極的になってしまいます。

「期待しているよ」、「明日からまた頑張ろう」、などと笑顔で伝え、重い内容の話が終わったことを明確にしてプラスの感情で終わり、その後で部下がモチベーションを維持できるように配慮しましょう。

部下を叱る目的3つ

部下を叱ることは、感情をぶつけることではなく、良い方向に導く目的を持って行う行為です。最終的には部下の成長を促すことが目的ですが、もっと具体的に部下や組織にどのような影響を与えることが、叱ることの目的なのかをみてみましょう。

部下を叱る目的1:同じ誤りを繰り返さないよう矯正するため

同じ誤りを繰り返さないようにすることが、叱ることの主な目的の1つです。

仕事にはミスが付き物です。過去の失敗を蒸し返したり、怒ることを繰り返すのでは、部下のモチベーションを下げるだけで効果につながりません。

失敗の原因を分析しないと、失敗を繰り返してしまいます。部下と共に事実確認して原因を分析し、具体的に正しいやり方を示したり、原因と対策を部下に考えさせるとよいでしょう。

部下を叱る目的2:組織の規律を維持するため

部下を叱ることは、組織の規律を維持することにつながります。

上司が上手に叱ることができずに、規則やルールを守らない状態を見過ごしていると、モチベーションや生産性が低下し、結局そのしわよせが自分に回ってきます。

例えば遅刻をする部下に注意をしなかったら、時間を守っている他の部下は、なぜ注意をしないのかと、不信感を持ち、部署全体が始業時間を軽視するようになるといったことも起こり得るでしょう。

部下を叱る目的3:奮起を促す

人は自分の成長を感じた時にやる気が出ます。叱ることは相手の成長を願って行うことなので、うまくいけば、部下の奮起を促すことにつながります。

部下の行動や思考が社内のルールや基準から逸脱したマイナスの状態の場合には、戒めるために叱るしかありません。部下のやる気を促すには、ほめることは効果的ですが、叱ることも不可欠です。

叱る機会以上にほめる機会も作り、両方のバランスをとりながらやる気を引き出しましょう。

叱る時に注意したいポイント4つ

叱ることと怒ることの違いが分かっていないと、部下にパワーハラスメントだと思われてしまいます。同じ言葉を投げかけても、相手への愛情あってのことか、嘲笑するためなのか、といったような目的の違いが、パワハラかどうかを区別する基準の1つとなります。

パワハラになりかねないことを恐れずに堂々と叱ることができ、相手の改善すべき点をうまく伝えられるように、叱るときに注意したいポイントを見ていきましょう。

叱る時に注意したいポイント1:相手を侮辱する発言

侮辱とは、相手を見下し、言葉や動作などによって相手にはずかしいおもいをさせることです。部下を侮辱する発言をすることは、相手に精神的な攻撃を与える行為であり、パワーハラスメントにあたります。

パワーハラスメントとは、社会的な地位の強い者による、自らの権力を利用して、業務の適正な範囲をこえて、精神的・身体的な苦痛を与えることです。

部下の勤労意欲を減退させたり、心身の健康を損なってしまう場合もあります。

叱る時に注意したいポイント2:怒鳴りつけない

怒鳴りつけることは、精神的な攻撃となりパワハラにあたる可能性があります。他の人たちの前で必要以上に怒鳴られ、それが繰り返されたりしたら、部下に精神的な苦痛を与えることになってしまいます。

怒鳴りつけることは相手を怯えさせ思考を停止させます。自由な発想が生まれなくなってしまうでしょう。傷つき心を閉ざしてしまう場合もあります。叱られることを恐れて隠ぺいしようとしたり、嘘をつくようになる可能性もあります。

叱る時に注意したいポイント3:パワハラを意識しすぎて萎縮しない

叱ることが苦手だったり、パワハラと思われるのを恐れていると、見て見ぬふりをしてしまう場合もあります。前置きが長かったり、遠回しだったりすると、何が言いたいのか伝わらず、叱ったことにならない結果となります。

望ましい方向に部下を導くという目的を持って、部下が納得できる叱り方ができれば、部下と気まずくなるどころか、信頼を得ることができ、生産性があがる結果にもつながります。

叱る時に注意したいポイント4:事実のみに対して指摘する

叱る際には、まず事実を確認することが大切です。自分が考えている事実と、相手が考えている事実が違っていることもあります。

自分が捉えている事実が合っているとは限らず、事実確認をすることで、相手の事情が分かる場合もあります。

ただ、事情があったとしても、直すべき行動は直してもらわなければなりません。相手の事情を理解したうえで叱るほうが、相手は叱られたことを受け入れやすくなります。

怒ると叱るの違いを知ろう

怒ると叱るは似ているようで、大きな違いがあります。上司にとって、部下や会社の成長のために、叱ることは避けては通れない事ですが、怒ると叱るの違いを知らずに適切でない叱り方をすると、部下との関係が悪化して離職する人も出てしまいます。

怒ると叱るの違いを知り、部下のミスに対する怒りをコントロールしながら、適切な叱り方ができるような技術を身につけ、部下や会社の成長へとつなげていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related