Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月21日

基本的なセクハラ対策5選とは?|気を付けたいハラスメント4選

近年企業のハラスメント対策が重要視されています。セクハラ対策の必要性を感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。この記事では企業に必要なセクハラ対策、セクハラ以外のハラスメントについて紹介します。セクハラ対策をお考えの方はぜひ読んでみてください

基本的なセクハラ対策5選とは?|気を付けたいハラスメント4選

セクハラとは?

基本的なセクハラ対策5選とは?|気を付けたいハラスメント4選
セクハラとはセクシュアルハラスメントの略です。セクシュアルとは「性的な」という意味を持ちハラスメントとは「嫌がらせ」という意味です。

職場における相手の意に反する性的な言動全てを意味します。一般的には男性から女性に対する言動を言いますが男女間だけでなく同性間でもセクハラは存在します。

被害者が不快に感じたところからがセクハラとみなされるため、どのような行為がハラスメントに該当するか知る必要があります。

セクハラの定義

基本的なセクハラ対策5選とは?|気を付けたいハラスメント4選
相手の意志に反して性的に不快な思いをさせたり、働く上での不利益を受けさせたり、労働環境の悪化によって労働者の能力の発揮に悪影響を与えたりする言動全てを指します。

言動を行った本人の性的な意識の有無を問わず、被害者側が不快だと感じ職場環境が悪化した時点でセクハラとされるため、受け取り手の感じ方でセクハラに該当するか否かが変わってきます。

セクハラだと認識せず行っている言動がセクハラになることもあります。

日本企業のセクハラの現状

基本的なセクハラ対策5選とは?|気を付けたいハラスメント4選
日本の各企業はセクハラだけでなくハラスメントに対する対策に進んで取り組んでいますが、正規・非正規問わずセクハラの被害を受けたことがあると感じる女性が多いのが現状です。

セクハラの被害を受けたと感じても声を上げにくい、また声を上げたことによって非難を浴びたという女性も多く、泣き寝入りするケースも多くあります。

日本のセクハラ対策は諸外国から遅れており各企業の現時点の対策への検討と改善が求められています。

基本的なセクハラ対策5選

基本的なセクハラ対策5選とは?|気を付けたいハラスメント4選
企業にできる基本的なセクハラ対策を5つ紹介いたします。現在各企業にはセクハラに関する対策が義務付けられており、それぞれその内容に従い対策をしています。そこでも実施されている基本的な対策をご紹介します。

セクハラに対する企業の姿勢は大変重要です。万が一起こってしまった場合には職場環境の悪化や優秀な人材の流出、企業イメージの悪化に繋がります。企業としてセクハラに対する対策をしっかりと取ることが重要です。

基本的なセクハラ対策1: 就業規則での社内ルールの明確化

基本的なセクハラ対策1つ目は企業の就業規則としてセクハラについての社内ルールを明確にすることです。

まず企業としてセクハラはあってはならないという旨を方針として明確に周知・啓発することが重要です。また懲戒内容などを記載し、行為者には厳正に対処するということも明記する必要があります。

企業としてセクハラに対する姿勢をより分かりやすく社員に伝えるために文書化することも重要であり抑止や事前防止にもなります。

基本的なセクハラ対策2: 社内での研修・教育活動

基本的なセクハラ対策5選とは?|気を付けたいハラスメント4選
基本的なセクハラ対策2つ目は社内での研修・教育活動を行うことです。研修会や講演会、ビデオや教材を利用してセクハラについての正しい知識を教育する機会を持つことが大切です。

周知・啓発の方法として教育活動を実施することも挙げられます。研修前にセクハラに関するアンケートを行い、実態を参加者に共有した上で実施することも大切です。

事例を取り上げたりディスカッションしながら研修を行うとより効果的です。

基本的なセクハラ対策3: 相談窓口の設置

基本的なセクハラ対策3つ目は相談窓口を設置することです。被害者になってしまった際に気軽に相談できる窓口を設置することが重要です。

相談窓口は担当者を決めたり外部に委託することもあります。被害者の多くは声を上げることができず泣き寝入りしてしまいます。被害にあった際にメールや電話、ネットなどで気軽に相談できる窓口を作りそのことを周知することが重要です。

また社員同士が気軽に相談できる関係作りも必要です。

基本的なセクハラ対策4: セクハラが発生した場合のマニュアル作成

基本的なセクハラ対策4つ目はセクハラが発生した場合の対応マニュアルを作成することです。迅速かつ正確に事実確認、加害者・被害者に対し適切に対応するためにマニュアルを作成しておくことが重要です。

事前にマニュアルを作成しておくことで対応に不備があったり遅れたりすることを防ぐことができます。厚生労働省がマニュアルを出しているので参考にしながら企業独自のものを作成し、社員に配布することも重要です。

基本的なセクハラ対策5: セクハラ再発防止

基本的なセクハラ対策5つ目はセクハラの再発防止を強化することです。これまでの対策に問題がなかったか検証し、企業の方針を再確認・再周知することです。

セクハラは万全な対策を取り予防に力をいれる必要があります。ですが、万が一起こってしまった場合は企業の方針を改めて検討・周知することが重要です。

その際に実際に起こったセクハラの内容や処分内容を社員に公表し、企業としての姿勢を示すことが大切です。

企業ができるセクハラのリスク管理3選

基本的なセクハラ対策5選とは?|気を付けたいハラスメント4選
企業ができるセクハラのリスク管理の方法を3つご紹介いたします。企業として存続していくためにはリスクを回避・低減させる対策を取り、事態に備えることも重要です。

万全な対策をするのはもちろんですが、企業としてリスク管理をしっかりと行うことも必要です。万が一セクハラが起こってしまった場合の企業のリスクは大変大きくなります。事態に備え、リスクを最小限に抑えるためにもリスク管理は重要です。

企業ができるセクハラのリスク管理1:事業主用の保険

企業ができるセクハラのリスク管理1つ目は事業主用の雇用慣行賠償責任保険に加入することです。セクハラによって生じた雇用に関する賠償損害請求へ備える対策が必要です。

雇用慣行賠償責任保険とはセクハラによって生じた従業員から企業への訴訟が対象となり損害賠償金や慰謝料、訴訟費用などを保障する保険です。

セクハラの管理責任や不当解雇などを企業に控訴するケースが増加しているため、加入する企業が増えています。

企業ができるセクハラのリスク管理2:サポート体制の充実

企業ができるセクハラのリスク管理2つ目はサポート体制を充実させることです。セクハラが生じた際の加害者・被害者両方への指導やサポートを的確に行える体制を整えることが大切です。

相談しやすい環境を整備するだけでなく内容に応じた上司やカウンセラーとの連携が取れた適切な対応が必要です。同じ問題が起こらないよう定期的な面談や継続的なフォローが重要です。

また必要に応じて医療専門機関や弁護士の紹介も必要です。

企業ができるセクハラのリスク管理3:外部機関との連携

企業ができるセクハラのリスク管理3つ目は外部機関と連携を取る仕組み作りです。第三者機関との連携が重要です。

専門機関に相談窓口を委託したり、セクハラ問題が生じた際には労働局雇用均等室公的機関や弁護士などに解決の援助を求めたりすることでプライバシーに配慮した迅速かつ的確な対応をすることができます。

それだけでなく外部の保健機関や医療機関と連携し被害者の心身の健康を守ることも大切です。

セクハラ対策で企業がやってはいけないこと3つ

基本的なセクハラ対策5選とは?|気を付けたいハラスメント4選
セクハラ対策として企業がやってはいけないことを3つ紹介いたします。安心して働ける職場を作るためには気を付けるべき内容です。

セクハラ問題が起こると顧客や取引先から企業への信頼は失墜します。それだけでなく職場環境の悪化は優秀な人材を流出させることにも繋がります。

企業として適切な対応ができるように下記で紹介する内容を参考にしてみてください。

セクハラ対策で企業がやってはいけないこと1:事実確認をしないで放置する

企業がやってはいけないこと1つ目は事実を確認せず放置することです。相談があった際に適切な事実確認をせず放置することは、セクハラを助長するだけでなく企業を崩壊させることもあります。

そのような企業の姿勢は従業員に不信感を募らせ信頼を失うだけでなく職場環境の悪化や離職、訴訟問題など大きな問題に発展します。また被害の拡大や精神疾患などの深刻化し労働災害となるケースもあります。迅速かつ適切な対応が必要です。

セクハラ対策で企業がやってはいけないこと2:プライバシーの損害

企業がやってはいけないこと2つ目はプライバシーを損害をする行為です。プライバシーに配慮しない対応により事態が深刻化することがあります。

セクハラの相談者はもちろんですが加害者や目撃者など関係者のプライバシー保護も必要です。ヒアリングの際に相談内容を口外したり内容に関する噂が広がったりすることは禁物です。

そのような行為は人権侵害となり場合によっては懲戒処分もあり得ることを認識する必要があります。

セクハラ対策で企業がやってはいけないこと3:被害者への不利益な取り扱い

企業がやってはいけないこと3つ目は被害者への不利益な取り扱いです。相談したことや調査に協力したことを理由にして不利益な取り扱いを行うことは禁物です。

相談者だけでなく協力者に対しても減給や降格、配置変更など職場環境が悪化するような不利益な取り扱いを行うことがないように注意する必要があります。

またそのことを事業主が理解しているのはもちろんですが、従業員に対してもしっかりと周知・啓発することが必要です。

セクハラ以外にも!気を付けたいハラスメント4選

基本的なセクハラ対策5選とは?|気を付けたいハラスメント4選
セクハラ以外にも職場において不快な思いや自尊心を傷つけられるような発言・言動を受けるハラスメントが存在します。

近年ハラスメントという言葉がいたるところで聞かれるようになり、数多くのハラスメントが取り上げられています。ハラスメントのある職場環境に対して悩む人も数多く存在します。

セクハラ以外にも!気を付けたいハラスメント1:パワーハラスメント

セクハラ以外に気を付けたいハラスメント2つ目はパワーハラスメントです。職務上の地位や人間関係を背景に、業務の適切な範囲を超え、精神的・身体的苦痛を与えたり職場環境の悪化をさせたりする言動のことです。

身体的・精神的攻撃だけでなく無視するなどの人間関係の切り離し、過度・過少な要求、プライベートへの過度な侵入などです。言動が著しい場合には罪に問われることもあり企業が対策をすることが義務付けられています。

セクハラ以外にも!気を付けたいハラスメント2:アルコールハラスメント

基本的なセクハラ対策5選とは?|気を付けたいハラスメント4選
セクハラ以外に気を付けたいハラスメント2つ目はアルコールハラスメントです。飲酒にまつわる人権侵害をいい、命を失うことや犯罪に発展することもある極めて危険なハラスメントです。

アルコールを飲まざるを得ない状況に追い込む、アルコールが飲めない人や弱い人への飲酒の強要、酒に酔ったうえでの暴言や暴力などの迷惑行為のことです。

お酒を無理に勧めることは法律でも禁止されています。節度を持った飲酒が重要です。

セクハラ以外にも!気を付けたいハラスメント3:マタニティハラスメント

セクハラ以外に気を付けたいハラスメント3つ目はマタニティハラスメントです。妊娠や出産、子育てをきっかけに嫌がらせや不利益な取り扱いを受けることです。

産休や育休などの制度を利用することによる嫌がらせや解雇など職場環境の悪化、妊娠・出産した状態に対して嫌味を言われたり職場環境が害されることをいいます。これらの言動は法律で禁止されており企業側が対策を取ることが義務付けられています。

セクハラ以外にも!気を付けたいハラスメント4:スメルハラスメント

基本的なセクハラ対策5選とは?|気を付けたいハラスメント4選
セクハラ以外に気を付けたいハラスメント4つ目はスメルハラスメントです。体臭や口臭などの臭いにより周囲の人に不快な思いを与えることです。

不快な臭いとは汗をかいた時の体臭や煙草の臭い・香水の臭い・強い柔軟剤の臭いなどを指し本人に自覚が無い場合が多いです。臭いの多くは個人の体質に関わる問題であるため注意しにくいのが特徴です。

自覚がないまま従業員同士だけでなく顧客や取引先の相手を不快にすることもあります。

セクハラ対策を行い働きやすい職場環境を作りましょう

基本的なセクハラ対策5選とは?|気を付けたいハラスメント4選
セクハラを中心とするハラスメントに対し企業の対策が必要とされます。セクハラへの理解を深め迅速かつ的確な対応が重要です。

ハラスメントへ対策を取ることは企業の責任です。そしてセクハラをはじめとするハラスメントは顧客や取引先、従業員からの信頼に関わる問題です。

紹介したセクハラ対策を参考に従業員が働きやすく生産性を上げることができる職場環境を整えましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related