Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月18日

経理の残業を減らす取り組み5つ|残業を減らすことによるメリット4つ

経理の仕事は残業が多くなりがちです。ではどうすれば経理の仕事の残業を減らすことができるのでしょうか。ここでは経理の残業を減らす取り組みや管理職向けの経理の残業を減らすために何ができるか、また残業を減らすことによるメリットについてご紹介します。

経理の残業を減らす取り組み5つ|残業を減らすことによるメリット4つ

経理職とは?

経理の残業を減らす取り組み5つ|残業を減らすことによるメリット4つ
経理職と聞くと計算機片手に会社に関わる事務作業を行っているというイメージですが、実際にはどういった仕事をしているか知っていますか。

経理職に興味がある方でも、その仕事内容の詳細までは知らないという方が多いです。ここでは経理職とはどういった仕事なのか、また他の部署の事務とどういう違いがあるかについてみていきます。

経理の仕事内容

経理の仕事内容は企業の経理に関係する事務作業になります。たとえば、何かの商品を作成し販売する企業の場合、商品受注の見積書や伝票作成、営業を行うのにかかった経費計上、決算作業などです。

ただし、同じ経理の仕事でも大企業と中小企業では仕事内容は異なることが多いです。大企業は経理や財務や決算というように部署が分かれていることが多いのに対し、中小企業の経理はそれらの仕事をまとめて行うことが多いです。

経理の平均年収

経理の残業を減らす取り組み5つ|残業を減らすことによるメリット4つ
経理の仕事をしている人の平均年収は400~700万円程度です。経理と一言でいっても、その仕事内容は経験によって異なり積み重ねてきたキャリアによって年収はさまざまです。

もし、簿記の資格を持っていたとしても、未経験の方であれば年収200~350万円程度で、3年以上の経験を積んだ人であれば350~600万円程度の年収になります。経理という仕事はそれまでの経験や実力が年収に表れやすいということがいえます。

企業の残業の実態

経理の残業を減らす取り組み5つ|残業を減らすことによるメリット4つ
経理の仕事というと時期によって激務ですが、閑散期にはゆったりと仕事をしているという実態があります。そのため、企業において経理をしている部署は、決算期などの繁忙期には残業が増えます。

では、経理職の人の残業の実態とはどの程度のものになるのでしょうか。ここでは企業の残業の実態についてみていきます。

経理の残業の現状

経理の残業は通常期と決算期で全く異なります。通常期とは閑散期ともいいますが、本決算や中間決算、四半期決算などの決算がない時期です。通常期については定時で仕事が終われるなど、ほぼ残業がない状態ですし土日の出勤もないのが一般的です。

対して決算期は毎日が残業となることも多く、時には祝日出勤を余儀なくされることも多いです。ただし、これも大企業の経理か中小企業の経理かによって違います。

経理の残業を減らす取り組み5つ

経理の残業を減らす取り組み5つ|残業を減らすことによるメリット4つ
経理の仕事では決算期などの繁忙期には残業をすることが多いことがわかりました。しかし、残業をなくそうという世の中になってきていますので、繁忙期といえども残業をなくす努力をしなくてはなりません。

では、企業は経理の残業を減らすためにはどういった取り組みを行っているのでしょうか。ここでは経理の残業を減らす取り組み5つをご紹介します。

経理の残業を減らす取り組み1:手順を明確化する

経理の残業を減らすための取り組みとしては、手順を明確化することが挙げられます。経理の仕事は簿記などの専門的知識が必要で、特定の人しかできない部分も多いです。そのために一人に降りかかる仕事が多くなりすぎる傾向にあります。

専門的知識を持っていなくても経験が浅くてもできる仕事の手順を明確化しておくと他の人にも仕事を振ることができます。残業を減らすには一人で抱え込まず、手順をしっかりとすることも重要です。

経理の残業を減らす取り組み2:業務の優先順位を把握しておく

経理の残業を減らす取り組み5つ|残業を減らすことによるメリット4つ
経理の残業を減らす取り組みとしては、業務の優先順位を把握しておくということが挙げられます。経理の仕事は非常に多岐にわたります。そのため、繁忙期や月初月末の時期に抱える仕事が非常に多くなります。

それらの仕事の順番をあまり考えずに行ってしまうと、期限が迫った仕事が終わらなくなり残業せざるを得なくなります。仕事の優先順位を把握しておくことで、優先順位の高いものから行えば残業を減らすことができます。

経理の残業を減らす取り組み3:目標時間を設定する

経理の残業を減らす取り組みとしては、目標時間を設けるということがあります。経理の仕事多くどの仕事にどのくらい時間をかけるかは考えている人は少ないでしょう。しかし、どの仕事もどのくらいの時間をかけて行うか目標を立てることは可能です。

目標を立てるということはやる気が出ますし、もし達成できなければ他の人に助けを求めることの指標にもなります。残業を減らすためにも目標時間の設定は有効です。

経理の残業を減らす取り組み4:今行っている業務を洗い出す

経理の残業を減らす取り組み5つ|残業を減らすことによるメリット4つ
経理の残業を減らす取り組みとして、今行っている業務の洗い出しが挙げられます。残業をするのはやるべき仕事が期限までに終わらないということです。つまり、まず経理の仕事で行っている業務が何かを全て洗い出すことが必要です。

そして、それらの仕事の所要時間や発生頻度、作業量をリスト化してみましょう。そうすることによって経理として行っている業務がはっきりとわかりますし、誰が何をやっているかが明確になります。

経理の残業を減らす取り組み5:効率化できることを探す

経理の残業を減らす取り組みとしては、今行っていることを洗い出した業務についてより効率化を図れる点がないかを探すということが挙げられます。

それは、所要時間としては適切かを考えたり、また一人に属人化している業務がないかなどを出して、改善することによっても実現できます。また、仕事によってはマニュアルを作って誰でも行えるようにするということでも効率化を図ることができます。

【管理職向け】経理の残業を減らすためにできること4つ

経理の残業を減らす取り組み5つ|残業を減らすことによるメリット4つ
経理の残業は、管理職の方にもあてはまります。むしろ、管理職の場合は残業代を支払わなくても良い場合もあり、残業ありきで仕事をしている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、そんな経理の管理職から残業を減らさなければ職場全体の残業の慣習を変えることはできません。ここでは管理職向けの経理の残業を減らすためにできることをみていきます。

【管理職向け】経理の残業を減らすためにできること1:部下への技能伝承

管理職向けの経理の残業を減らすためにできることに、部下への技能伝承があります。自分が経理の仕事で身につけた技能を部下に伝承することによって、自分一人に抱えている仕事を分散することができます。

一人で抱え込んで残業して何とかこなしていた仕事を部下に分散できれば、自然に残業を減らすことができます。また、技能伝承によって部下もキャリアアップを図れるためにどちらにも良い結果となります。

【管理職向け】経理の残業を減らすためにできること2:こまめに状況を聞き把握する

経理の残業を減らす取り組み5つ|残業を減らすことによるメリット4つ
管理職向けに経理の残業を減らすためにできることに、こまめに状況を聞き把握するということが挙げられます。管理職となれば実際に自分が仕事の中心になって作業を行うというよりは、人の管理であったりその責任をとるという役割になります。

そのため、実際に作業を行う人の状況を聞いてしっかりと把握することにによって、人員の配置を変えたり担当を変えたりという対策を行うことができます。

【管理職向け】経理の残業を減らすためにできること3:業務内容の見直し

管理職向けに経理の残業を減らすためにできることとして業務内容の見直しがあります。経理の管理職の仕事では会社の慣例として存在している作業もあるでしょう。

そういった見直しができる業務内容があれば、必要な部分は残し省略できる作業はなくすなど変更することが有効です。管理職の場合は経理の実作業というよりは人の管理であったり他部署との連携などの仕事もあるでしょうから、見直しができる業務はある可能性が高いです。

【管理職向け】経理の残業を減らすためにできること4:働き方の意識を変える

経理の残業を減らす取り組み5つ|残業を減らすことによるメリット4つ
管理職向けに経理の残業を減らすためにできることに、残業など含めた働き方に対する意識を変えるということがあります。管理職自らが残業をしないという意思を示して、効率よく仕事をすることが善であると意識を変えましょう。

たとえ残業をなくそうと提示したとしても、管理職自らが残業ばかりしていたのでは現場の意識は変わりません。自らが率先して効率化を目指していくようにしましょう。

残業を減らすことによるメリット4つ

経理の残業を減らす取り組み5つ|残業を減らすことによるメリット4つ
残業を減らすためにできることをみてきましたが、残業を減らしたことによるメリットにはどういったことがあるのでしょうか。ここでは残業を減らすことによるメリットを4つご紹介します。これから働き方改革として残業をしない方向に考えている方はぜひご参照ください。

残業を減らすことによるメリット1:プライベートの時間が増える

残業を減らすことによるメリットに挙げられるのが、プライベートの時間が増えるということです。残業が続く場合は、自分の時間が持てず平日にプライベートの時間はほとんどなくなります。仕事から帰って食事をして寝るのみという生活ではストレスは貯まるばかりです。

しかし残業が減ればプライベートを充実させることができ、ストレス解消ができます。それは日々の仕事へのやる気にもつながります。

残業を減らすことによるメリット2:無駄な業務が減る

残業を減らすことによるメリットに挙げられるのが、無駄な業務が減るということです。残業を減らすためには、今までの業務内容で無駄な仕事をなくすようにするでしょう。無駄な業務に時間を割くほどこともったいないことはありません。

時間ができれば残業をなくすことはもちろん、仕事の質も高くなります。残業を減らすことによって必要な仕事の質も高められるというメリットも享受できます。

残業を減らすことによるメリット3:ストレスが減り健康的な生活ができる

経理の残業を減らす取り組み5つ|残業を減らすことによるメリット4つ
残業を減らすことによるメリットに挙げられるのが、ストレスが減り健康的な生活ができるということです。残業が減れば、プライベートな時間が増えます。結果としてストレスがなくなって健康的な生活が取り戻せます。

毎日残業をしていると、何かしらの時間を削る必要があります。それは趣味の時間であったり、睡眠であったり、食事時間も含まれるでしょう。これらの時間が取り戻せれば自然に健康になっていきます。

残業を減らすことによるメリット4:生産性が向上する

残業を減らすことによるメリットに挙げられるのが、生産性が向上することです。残業をするということはその状態が常態化する傾向にあります。始めから帰ることができないときに全力で仕事をするでしょうか。おそらくはみなさんが残業ありきで仕事を進めるでしょう。

そのような残業ありきの仕事ではモチベーションが低くなり生産性が下がります。残業をなくすことは効率化を促すとともに仕事の生産性を高めるという効果があります。

経理の人は残業を減らすために取り組みをしよう

経理の残業を減らす取り組み5つ|残業を減らすことによるメリット4つ
いかがでしたか。経理の人は閑散期には定時で帰ることが多いものの月初や月末や決算期が繁忙期でその時期に残業することが多いことがわかりました。しかし、経理の仕事も必要な仕事を洗い出して無駄を省き、意識を変えていくことによって残業を減らすことができます。

また、経理の方が残業を減らすことによって享受できるメリットも大きいです。経理の人は残業を減らすために取り組みをしっかりするように心がけましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related