Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月21日

名古屋市の法テラス|法テラスの行う2つのサービス・法テラスの利用法は?

弁護士を必要とする法律に関することを法テラスでは相談窓口をひとつにまとめてある場所です。民事裁判・手続きの援助を無料で相談を行い裁判費用や弁護士・司法書士の費用を立て替えてくれる、名古屋市の法テラス|法テラスの行う2つのサービス・法テラスの利用法のご紹介です

名古屋市の法テラス|法テラスの行う2つのサービス・法テラスの利用法は?

法テラスとは?

名古屋市の法テラス|法テラスの行う2つのサービス・法テラスの利用法は?
日本司法支援センターを通称「法テラス」と呼びます。国によって設立された法的トラブルを相談できる総合案内所です。

弁護士を必要とする法律に関することを法テラスでは相談窓口をひとつにまとめています。

名古屋の地方事務所では「法テラス愛知」として設立されています。法テラスのサポートダイヤルなどで全国の法テラスで用意されています。

弁護士に相談や依頼をする時には「法テラス」を利用すると得になるケースが多いです。

正式名称

名古屋市の法テラス|法テラスの行う2つのサービス・法テラスの利用法は?
総合法律支援法により、独立行政法人の枠組みに従い日本国政府が設立した法務省所管の法人です。

国が設立した機関の法テラスの正式名称は、「日本司法支援センター」と言います。正式名称より愛称の「法テラス」と呼ばれることが多いです

法テラスはサービスとして、法律の無料相談がとても有名です。弁護士・司法書士の費用の立替を受けられる「民事法律扶助」というサービスを受けることができます。

運営組織

名古屋市の法テラス|法テラスの行う2つのサービス・法テラスの利用法は?
法務省や行政機関などの最高裁判所の司法機関、日本弁護士連合会、日本司法書士会連合会の法律の専門職職能団体が運営している独立行政法人です。

国の機関である省庁から独立した法人組織なのですが、行政の一端を担い公共性の高い、国民のために生活の安定のある社会・経済の健全な発展に役立つ国家事業を法テラスでは行われています。

名古屋の法テラスの事務所まで出かけなくても近くの法律事務所でも利用できます。

法テラスの目的

名古屋市の法テラス|法テラスの行う2つのサービス・法テラスの利用法は?
法テラスとは、裁判や法による紛争の解決のための制度を容易利用するサービスを身近に受けられるようにするための総合的な支援を目的としています。

民事や刑事を全国においの法律による紛争の解決に必要ことや情報などのサービスの提供を受けられるような業務を目指している場所です。

また経済的な不安のある方でも、法的支援を安心をして受けられるようにと設立されました。これは名古屋にある法テラスでも同じです。

法テラスは、総合法律支援法(平成16年6月2日公布)に基づき、独立行政法人の枠組みに従って設立された法人で、総合法律支援に関する事業を迅速かつ適切に行うことを目的としています。(総合法律支援法 第14条)

出典: https://www.houterasu.or.jp/houterasu_gaiyou/mokuteki_gyo... |

名古屋市にも法テラスはあるのか

名古屋市の法テラス|法テラスの行う2つのサービス・法テラスの利用法は?
全国において、法による必要な情報やサービスの提供が受けられる地方事務支所として、名古屋での施設において「法テラス・愛知」としては存在しています。

法テラスは、関係機関・地域社会と連携することで、法律専門家の援助を名古屋や全国の誰もが受けることができます。

広い視野を国民に向けることを、日々の業務に心がけているのが、法テラスのサービスになります。名古屋においてもそれは同じです。

名古屋市の法テラス

名古屋市の法テラス|法テラスの行う2つのサービス・法テラスの利用法は?
全国内にある法テラスでは、誰もが安心して暮らしていける社会づくりに目指して貢献しています。

もちろん名古屋にある、法テラスにおいても地方であっても、法律専門家が同じ心構えを持ち適正な業務を行っていますので、より良いサービスを広く行きわたるような弛まぬ努力をしています。

名古屋に住む人であれば、必要な時に地方事務所の「法テラス愛知」を利用することができます。

連絡先

名古屋にある、法テラスを探す時には、「法テラス愛知」で検索してください。

また、法テラスでは、地方事務所・支部・出張所の代表番号にナビダイヤルが使用されています。

固定電話から、3分間8.5円、携帯電話からで20秒間10円の通話料が必要です。携帯電話の定額通話プランや無料通話でも料金が発生します。

電話:0570-078341
IP電話をご利用されている場合は、法テラス愛知(電話:050-3383-5460)へおかけください。

出典: https://www.houterasu.or.jp/chihoujimusho/aichi/access/ai... |

所在地

地方事務所である、法テラス愛知は、平成31年4月で、13年目になります。市民と司法の架け橋となり業務の内容拡大しながら成長しているそうです。

名古屋にある、法テラス愛知は、栄の中日ビルの東隣の位置にあります。

公共交通機関を利用の場合には、市バス「栄」の停留所で降りて徒歩3分で到着できます。また地下鉄の東山線利用する場合は・名城線「栄」駅の12番出口東で出ると徒歩3分で到着です。

〒460-0008
名古屋市中区栄4-1-8
栄サンシティービル15F

出典: https://www.houterasu.or.jp/chihoujimusho/aichi/access/ai... |

業務時間

名古屋にある、法テラス愛知の業務時間は、平日9時から17時までになっています。土日・祝日は業務を行っていません。

名古屋での法テラスをご利用の際には、必ず事前に電話・詳細・予約をすることをおすすめします。混み合っている場合もあるので注意が必要になります。

法テラス愛知(電話:050-3383-5460)へおかけください。
業務時間: 平日9時から17時(土日及び祝日は業務をおこなっておりません。)

出典: https://www.houterasu.or.jp/chihoujimusho/aichi/access/ai... |

法テラスのサービス2つ

名古屋市の法テラス|法テラスの行う2つのサービス・法テラスの利用法は?
名古屋の法テラスでも行われている中の無料相談と民事法律扶助についてお話しさせていただきます。

無料相談は法テラスで法律に関することを無料で法律相談できるサービスになります。

民事法律扶助業務は、法的トラブルにあった方の中で経済的な余裕がなく困った人へのサービスです。弁護士・司法書士の費用の立替えを行うことが可能になります。

扶助事業の対象者は、日本の国民と日本の国に住所を有した在留する外国人の方です。

法テラスのサービス1:無料相談

名古屋市の法テラス|法テラスの行う2つのサービス・法テラスの利用法は?
無料法律相談を受けるルためには・収入が一定額以下である方・民事法律扶助の趣旨に適する方この2つ条件に合った人が、法テラスで・弁護士・司法書士に相談を求めることができます。

まず無料の相談を受けたいと、名古屋にある法テラスへ電話で自分があてはまるのかの詳細を確認してください。

突然法テラスに尋ねて行っても、弁護士の方や司法書士の方に無料相談を受けることはできません。全国共通で名古屋で同じです。

相談時間

弁護士・司法書士の方との相談無料時間は30分以内の相談となっています。30分で相談したい内容を、弁護士・司法書士の方に伝えなければなりません。

この無料相談はひとつの法律的なトラブルにつき、3回までが無料になっています。それ以上は無料の相談を法テラスでは受けることはできません。

相談したいことをしっかり伝えるには、解決したいトラブル内容をまとめておく事も必要でしょう。

ご利用の条件
無料法律相談を受けることができるのは、(1)(3)の条件を満たす方です。
弁護士・司法書士費用等の立替制度を利用することができるのは、(1)(2)(3)すべての条件を満たす方です。
いずれも我が国に住所を有しなかったり、適法な在留資格のない外国人や、法人・組合等の団体は対象者に含まれません。

(1) 収入等が一定額以下であること
以下の資力基準をご覧ください。

(2) 勝訴の見込みがないとは言えないこと
和解、調停、示談等により紛争解決の見込みがあるもの、自己破産の免責見込みのあるものは、(2)に含みます。

(3) 民事法律扶助の趣旨に適すること
報復的感情を満たすだけや宣伝のためといった場合、または権利濫用的な訴訟の場合などは援助できません。

出典: https://www.houterasu.or.jp/madoguchi_info/faq/faq_2/inde... |

法テラスのサービス2:民事法律扶助

名古屋市の法テラス|法テラスの行う2つのサービス・法テラスの利用法は?
名古屋の法テラスでも、民事法律扶助を使い弁護士・司法書士の無料の法律相談ができます。

法律相談援助とは、法テラスの事務所は法テラスと契約している 弁護士・司法書士事務所などでも相談することができます。

・法律相談援助
・「代理援助」
・「代理援助」

経済的に費用負担ができない人のためにあるのが民事法律扶助です。

民事裁判など手続きの援助を無料で相談を行い裁判費用や弁護士・司法書士の費用の立替えしてくれます。

申込者及び配偶者(以下、「申込者等」)の手取り月収額(賞与を含む)が下表の基準を満たしていることが要件となります。
離婚事件などで配偶者が相手方のときは収入を合算しません。
申込者等と同居している家族の収入は、家計の貢献の範囲で申込者の収入に合算します。

出典: https://www.houterasu.or.jp/madoguchi_info/faq/faq_2/inde... |

要件審査

要件審査とは、民事法律扶助制度に必要な条件を満しているかの審査のことをいます。

相談したい内容は、民事事件・借金・離婚・労働・損害賠償であるか、また相談者の貯金や手取りが民事法律扶助制度の条件やケースに当てはまっていることが必要です。

要件審査に通ると、弁護士や司法書士が案件に介入することできるようになります。

直接法名古屋のテラスを訪ねる前に事前に要件体験ページもありますの試す事も可能です。

要件確認体験ページ
このページは、民事法律扶助制度の無料法律相談を受けるために必要な要件を満たすかどうか、自ら数字等を入力することによって体験することができるページです。
判定結果は実際の要件確認結果と必ずしも一致するものではありません。
無料法律相談の利用を希望される方は、お近くの地方事務所にご連絡ください。

出典: https://www.houterasu.or.jp/nagare/youkenkakunin/youken_c... |

費用返還

法テラスで掛かった費用を返還するには、原則としては名古屋法テラスでの契約を交わした後の2か月後からの返還になります。

金額が決まると法テラスより、援助開始決定の手紙が送られてきます。

また案件の終了後の生活状況によっては、立替金の全部を返還してもらう場合と、個人の状況により一部の支払いの免除を受けることができます。

これは名古屋の場合も同じになります。

費用を返済する

出典: https://www.houterasu.or.jp/madoguchi_info/faq/faq_4.html |

相談できること

さまざまな法的な分野であれば、名古屋法テラスでも相談は可能です。

・「民事法律扶助業務」
・「犯罪被害者支援業務」
・「司法過疎対策業務」
・「国選弁護・関連業務」

民事保証とは、人と人や会社と人などの私人の間の紛争を解決するための手続ですから、私人の間で権利関係に関する紛争の事実を法律で解決することです。

民事法律扶助業務では、裁判を起こしたいけれどお金がない方の弁護士の費用を立替行います。
借金・貸付・債務整理・自己破産・金銭債権
消費者被害・振り込め詐欺・架空請求・クーリングオフ
相続・遺言・相続放棄・法廷相続人・遺言状・遺留分
夫婦・男女・調停離婚・慰謝料
労働・パワハラ・不当解雇・損害賠償
住環境・家賃契約・原状回復義務・貸家契約・隣家問題
保険・年金・社会保障・介護保険・年金・生活保護
交通事故・損害賠償・自賠責保険・交通事故・賠償金・余談
法的手続・内容証明・調停・少額訴訟
成年後見・法定後見制度・解任・成年後見開始審判

相談をご希望の方へ
トラブルを抱えて困っている方、
どうやって解決したらいいかわからなくて
悩んでいる方、お気軽にお問合せください。

出典: https://www.houterasu.or.jp/madoguchi_info/ |

刑事事件は対象外

法テラスでは、民事、家事または行政に関する問題について相談は可能になりますが、刑事事件については相談の対象外になります。

刑事事件とは、犯罪を犯したと疑われる・被疑者・容疑者などの検察が裁判所で判決をする事案です。

刑事事件の例として・窃盗・脱税・詐欺・傷害・殺人などの事件のことになります。

やはり名古屋の法テラスでも対象外になっています

法テラスの利用法2つ

名古屋市の法テラス|法テラスの行う2つのサービス・法テラスの利用法は?
法テラスを利用する時には二つの方法があります、一つ目は、法テラスへ電話をしてから近くにある法テラスを自分で訪ねる方法です。

二つ目は、法テラスと契約している弁護士、または司法書士の事務へ直接連絡をする方法です。

法律相談を受けるには必ず事前の予約が必要になりますので、近くの法テラス、または法テラス契約のある法律事務所へ予約をしてください。

法テラスの利用法1:法テラスに問い合わせる

名古屋市の法テラス|法テラスの行う2つのサービス・法テラスの利用法は?
まずは、各法テラスへのサポートに電話をしてみることをおすすめします。

名古屋であれば、「法テラス・愛知」にサポートダイヤルに電話をしてみるといいでしょう。

法的トラブルに巻き込まれた方の、問い合わせ内容に応じて法テラスの専門オペレーターが法制度や相談機関・団体の紹介もしてくれます。

受付日時
平日の9時~21時、土曜日の9時から17時
(祝日・年末年始を除く)

料金
利用料

出典: https://www.houterasu.or.jp/madoguchi_info/call_center/in... |

法テラスの利用法2:自分で探した弁護士に依頼する

名古屋市の法テラス|法テラスの行う2つのサービス・法テラスの利用法は?
法テラスと契約をしている契約弁護士を探して民事法律扶助を使い依頼する方法もあります。

法テラスと契約をしている弁護士であれば、依頼者から案件依頼を受けるとき、法テラスの民事法律扶助を使用することができます。

今は自分で、ネットなどの検索で、法テラスと契約している弁護事務所を探す事も可能になります。

法テラスの契約弁護士かどうかを確認しておく

自分が住んでいる地域での法律相談の時には、「法テラスを使えますか?」と聞き弁護士さんに「民事法律扶助」を利用できるか確かめてください。

可能ならば弁護士が法テラスへの申込みや審査の手続をします。

民事法律扶助を利用できるかどうか、法テラスで確認後に再度弁護士さんが通知してくれます。

その弁護士から「大丈夫です」と確認できたら、その弁護士は法テラスの契約弁護士になるので、安心して相談に行くことができます。

名古屋の法テラスで法律相談をしてみよう

名古屋市の法テラス|法テラスの行う2つのサービス・法テラスの利用法は?
法テラスを利用することは、一般的な相場よりも弁護士費用がとても安くなります。費用を工面できなくて悩んでいた人でも、弁護士費用を少額で、後から分割払いが可能になります。

また生活保護受けている人は、費用はかからすに無料です。普通の分割事務所にはない、メリットが法テラスはあります。

法テラスは全国共通なので、もちろん名古屋の法テラスでも大丈夫です。法テラスを利用することで、費用を大きく節減できます。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related