Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月20日

辞めたい!会社に不信感を感じた時の対処法10個|辞めるべき判断基準

一度会社に不信感を抱いてしまうと、それを拭い去るのは難しいものです。不信感を持った状態で今の会社で働き続けるのはつらいことでしょう。この記事では会社に不信感を抱いた時に実践したい対処法についてご紹介しています。ぜひご覧ください。

辞めたい!会社に不信感を感じた時の対処法10個|辞めるべき判断基準

会社に不信感を感じる理由

辞めたい!会社に不信感を感じた時の対処法10個|辞めるべき判断基準
ビジネスパーソンのみなさん、これまで会社に不満や不信感など、ネガティブな感情を抱いたことはないでしょうか。

恐らく、会社に不信感を全く抱いたことがないという人ほうが少数派でしょう。一度会社に不信感を抱くと、このままその会社で働き続けてよいものかと転職を考えてしまいます。

ここからは、多くの人が会社に不信感を抱くであろう理由をご紹介していきますので、ご自身に当てはまっていないかチェックしてみてください。

人間関係がギスギスしている

辞めたい!会社に不信感を感じた時の対処法10個|辞めるべき判断基準
会社に不信感を抱く理由としてまず挙げられるのが、職場の人間関係がギスギスしているということです。

特にはっきりとしたパワハラやセクハラ、社内いじめなどがあるわけではないものの、職場の雰囲気が悪く、会社にいるだけでストレスを感じるようならば、会社そのものに不信感を抱いてしまいます。

このようなパターンは、過労により社員が常にイライラしているブラック企業や、出世競争の激しい会社によく見られます。

社長や上の人の人格に問題がある

社員や幹部などの人格に問題があるというのも、会社に不信感を抱く理由のひとつでしょう。

会社の経営方針や将来を決める立場にある人間が、十分に社員のことを考えておらず、またワンマン気質やパワハラ気質であれば、会社に対して強い不信感を抱くはずです。

「こんなに人格のある人間がどうして会社の未来を担えるのだろうか」と、その人物を抜擢した会社側に怒りや不満を感じ、転職をしたくなる人も多いでしょう。

過度の労働を強要するなど法律に触れることを要求してくる

会社に不信感を抱く理由のひとつに、就業時間を大幅に超えた長時間労働を強制するなど、労働基準法に違反することを平気でしてくるということも含まれるでしょう。

就業規則や労働基準法で定められた勤務時間を大幅に超えて働くよう強要されたり、サービス残業を余儀なくされたならば、「労働者としての権利が侵害されている」と会社に強い不信感と憤りを抱くはずです。

そのような会社に留まっても、よいことはないでしょう。

仕事量と給料/休日のバランスがおかしい

仕事量と給与や休日が見合っていないとういのも、会社に不信感を抱く理由のひとつとして挙げられるでしょう。

毎日早朝から夜遅くまで長時間働き、休日も返上して残業をしているのに、月の手取りが20万やそこらの低賃金ならば「こんなにハードに働いているのにおかしい」と会社に不信感を抱きます。

勤務時間が少なく仕事内容が楽ならばまだしも、仕事量と給料や休日数のバランスが取れていなければ、当然不満を感じるでしょう。

辞めたい!会社に不信感を感じた時の対処法10個

辞めたい!会社に不信感を感じた時の対処法10個|辞めるべき判断基準
いったん会社に不信感を抱くと、そのようなネガティブな感情を完全に拭い去るのはなかなか難しいことです。

ですが、一時の感情で早まって会社を退職したとしても、転職先が見つかるとはかぎりません。運よく転職先が見つかったとしても、今の会社よりも給料や待遇が下がってしまうこともありえます。

ここからは会社に不信感を抱いた時の対処法をご紹介していきますので、すぐに退職せずに、まずは以下の方法を試してみてください。

不信感を感じた時の対処法1:不信感を感じた出来事を書き出して根本原因を見つけ出す

辞めたい!会社に不信感を感じた時の対処法10個|辞めるべき判断基準
会社に不信感を抱いた時の対処法としてまず挙げられるのが、どのようなことに違和感や不満を感じたのかを紙に書き出し、不信感を抱く根本的な原因を探るということです。

会社に対して不信感を抱いている原因は人によってさまざまであり、対人面でのトラブルが発端のこともあれば、仕事量や仕事内容、あるいは給与・待遇などが原因である場合もあります。

自分のもやもやの原因を突き止めれば、その解決法を講ずることができます。

不信感を感じた時の対処法2:不信感を取り除くために自分ができることやすべきことを実践する

ネガティブな気持ちを取り除くために、まずは自分がやるべきことをやるというのも、会社に不信感を抱いた時の対処法として挙げられるでしょう。

会社に不満や怒りを感じているからと言って、ネガティブな感情に支配されても事態は好転しないので、できる範囲でやれることをやり、不信感の原因を解決するための努力をすることが大切です。

自分から積極的に行動を起こせば、時には不信感の原因を取り除くことも可能でしょう。

不信感を感じた時の対処法3:外部の要因があるのであればクビになる覚悟で原因を取り除く

会社に不信感を抱いた時の対処法のひとつに、クビになる覚悟でその原因を取り除くということも含まれるでしょう。

自分の言動や考え方に問題があるのではなく、明らかに自分以外に問題があって会社に不信感を抱いているならば、例えば上司に直訴や抗議するなどして、直談判を行うのも一つの手です。

ブラックな労働環境が原因の場合には、他の社員と協力して組合活動を行い、労使交渉に持ち込むというのもアリでしょう。

不信感を感じた時の対処法4:自分にマイナスな点しかないのか状況を客観視する

辞めたい!会社に不信感を感じた時の対処法10個|辞めるべき判断基準
自分の置かれた状況を客観視するということも、会社に不信感を抱いた時の対処法のひとつに数えられます。

ただ単に人よりも不満を感じやすく、物事を過敏かつネガティブに捉えてしまうだけであって、案外自分が感じているよりも今の状況が悪いわけではないという場合もあります。

自分が会社に抱いている不信感や怒りの感情は、果たしてまっとうなものであり、客観的に見て多くの人が共感できるものなのかを考えてみましょう。

不信感を感じた時の対処法5:転職を視野に入れて現状と比較してみる

会社に不信感を抱いた時の対処法のひとつとして挙げられるのが、転職を視野に入れて、希望する転職先と現職の諸条件を比較してみるということです。

今の会社を辞めて転職をしても本当に後悔しないのか、転職先のほうが今の会社よりも条件が悪いということはないのかを、冷静に比較し判断してみてください。

転職することに明白なメリットや利点がないのならば、今の会社を感情的になって退職するのはおすすめできません。

不信感を感じた時の対処法6:上司も含め周りの人に素直に気持ちを伝えてみる

辞めたい!会社に不信感を感じた時の対処法10個|辞めるべき判断基準
上司や同僚など、周囲の人々に自分のモヤモヤした気持ちを素直に伝えてみるというのも、会社に不信感を抱いた時の対処法として挙げられるでしょう。

一人で会社への不信感をたぎらせていても状態が良くなるわけではありませんし、時には自分の考えすぎというケースもあるので、まずは信頼できる職場の人に今の気持ちを打ち明けてみてください。

信頼できる上司や先輩ならば、適切なアドバイスをくれることでしょう。

不信感を感じた時の対処法7:長期の休みをもらい気持ちを切り替える

辞めたい!会社に不信感を感じた時の対処法10個|辞めるべき判断基準
会社に不信感を抱いてしまったのならば、思い切って長期休暇を取り、気持ちを切り替えてみてはいかがでしょうか。

モヤモヤしたネガティブな気持ちのまま働き続けると、心だけでなく体にも悪影響を及ぼしてしまいかねません。

一度そのような状態をリセットするためにも、長期の休みをもらって会社から物理的に離れ、自分自身を見つめ直す時間や、ストレスを発散して気持ちをリフレッシュする時間を作りましょう。

不信感を感じた時の対処法8:転職の難しさを知ることで今の会社で努力をする原動力を得る

転職の厳しい現実を知ることで、今の会社で働き続けることのモチベーションを得るというのも、会社に不信感を抱いた時の対処法のひとつです。

高いスキルやキャリアがなく、35歳以上の人が転職をしようとしても、天職市場における価値は低く、自分の望む条件での転職を実現するのはかなり難しいものです。

このような現実を知れば、転職という逃げ道を断ち、今の会社で頑張り続けるための動機や原動力を得られるでしょう。

不信感を感じた時の対処法9:転職活動をしてみる

辞めたい!会社に不信感を感じた時の対処法10個|辞めるべき判断基準
どうしても会社に対する不信感が拭えず、これ以上その会社で働きたくないという気持ちが強いならば、思い切って転職活動をしてみるのも一つの手です。

今の会社を退職してから転職活動をしても、転職先が見つかる保証はなく経済的なリスクが大きいので、在職中に転職活動をするようにしましょう。

職場の人に知られないようにこっそりと取り組むこと、転職の目的や希望する職種・条件を明確にすることが大切です。

不信感を感じた時の対処法10:第三者に意見を聞く

会社に不信感を抱いた時の対処法のひとつに、第三者に意見を聞くということも含まれるでしょう。

職場の人や家族・友人など近しい人に相談しても客観的な意見は得にくいので、転職エージェントのキャリアアドバイザーなどに意見を聞いてみてはどうでしょうか。

第三者の意見を聞くことで、自分が会社に抱いている不信感や怒りといった感情が正当なものなのか、それとも自分の考えすぎなのかを見極めることができます。

もう我慢できない!会社を辞めるべき判断基準

辞めたい!会社に不信感を感じた時の対処法10個|辞めるべき判断基準
以上では、会社を退職せずに事態を改善するための方法について解説してきました。ですが、時と場合によっては、すぐに会社を退職したほうがよいケースもあります。

では、具体的にどのようなケースならば、会社を退職してしかるべきと言えるのでしょうか。ここからは、会社を辞めるべきかどうかを判断するための基準をご紹介していきます。

退職するか迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

会社の人間関係に悩んでる

会社を辞めるべき判断基準としてまず挙げられるのが、会社の人間関係に悩んで生活に支障がでているということです。

多かれ少なかれ、大半のビジネスパーソンは会社の人間関係にストレスを感じているものですが、それが耐えられないほどのものならば、自分の心と体の健康を守るために退職をしたほうがよいでしょう。

体調不良になった

体調不良になったというのも、会社を辞めるべき判断基準のひとつとして挙げられるでしょう。

長時間労働や連日の残業で体を壊したり、職場のギスギスした人間関係が原因で心を病んでしまったならば、それは会社を辞めたほうがよいというサインです。

無理をして今の会社で働き続けても、余計に体調が悪化するだけでしょう。このような場合には、自分の心身の健康のためにも、退職を決断したほうがよいです。

セクハラ・パワハラを受けている

会社を辞めるべき判断基準のひとつに、セクハラやパワハラを受けているということも含まれるでしょう。

セクハラやパワハラは重大な人権侵害であり、そのようなハラスメントを許している会社はブラック企業に外なりません。

これ以上今の会社に勤めても、心身をすり減らしてしまうだけです。ハラスメントには絶えず、逃げるが勝ちの精神で退職をしましょう。

キャリアアップしたい

キャリアアップしたいというのも、会社を辞めるべき判断基準のひとつです。

今の会社では頑張ってみてもスキルや経験を得ることができず、自分のキャリアにとって何のメリットもないことが明白ならば、将来のために転職をしたほうがよいでしょう。

会社に不信感を感じた時の対処法を知っておこう!

辞めたい!会社に不信感を感じた時の対処法10個|辞めるべき判断基準
今回は会社に不信感を抱いた時の対処法について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。

働いていると多少なりとも会社に不信感や怒りを感じるものですので、そんな時にネガティブな感情で自分自身が押しつぶされてしまわないよう、上手い対処法をマスターしてきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related