Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月20日

ゆとり世代の範囲は?嫌われる4つの理由|ゆとり世代の人が受けた教育

ゆとり世代とは、現在の20代から30代にかけての範囲の若者を広く指す言葉です。この記事ではゆとり世代が年配者から嫌われ批判される理由に加えて、ゆとり世代が受けた教育の内容についてもご紹介しています。ゆとり世代を理解したいという方、ぜひご覧ください。

ゆとり世代の範囲は?嫌われる4つの理由|ゆとり世代の人が受けた教育

ゆとり世代の人が受けた教育

メディアで何かと話題にされる「ゆとり世代」ですが、その範囲や定義について聞かれた時きちんと答えられる人は意外と少ないのではないでしょうか。

ゆとり世代とは、今の若者を範囲とする世代であり、暗記ばかりさせる詰込み型教育への反省から考案された「ゆとり教育」を受けた人々を指す言葉です。

この記事ではゆとり世代の範囲などについて特集しています。ここではまず、ゆとり世代の受けた教育について見ていきましょう。

教育内容が減らされた

ゆとり世代の受けた教育内容の特徴としてまず重要なのが、教育内容や範囲がそれまでに比べて大幅に減らされたということです。

それまでの詰込み式教育では子供が自分の頭で考え、判断する本当の学力が身につかないとされたため、全ての教科で教えられる範囲や内容が3割ほど削減されたのがゆとり教育です。

例えば英語では筆記体に関する範囲が削減され、また算数(数学)では円周率が「3.14」から「3」に変更されています。

学校の休日

ゆとり教育では、教育内容の範囲だけでなく、授業日数に関しても同様に減らされています。

それ以前は土曜日の午前中も授業を行う範囲とされ、子供たちは土曜日にも学校へ通っていましたが、ゆとり教育では土曜日が完全に休日へと変更されました。

教育内容の範囲も減り、授業日数の範囲も減ったことで子供たちが勉強に費やす時間や勉強の密度が減少し、ゆとり世代は「学力低下」という批判にさらされることになります。

成績表のつけ方

ゆとり世代が受けたゆとり教育においては、教育内容の範囲や密度・休日数だけでなく、成績のつけ方もそれまでとは大きく変化しました。

それまでの教育では、他の生徒と比べて優秀かどうかという相対評価で成績をつけていましたが、ゆとり世代の受けたゆとり教育では、他の生徒と比べることはせず、「テストで〇点以上取れば自動的に優とする」といった絶対評価が採用されています。

ゆとり世代の範囲

以上では、知っているようで意外と知らないゆとり世代の受けたゆとり教育の概要についてご紹介してきました。

ゆとり世代は一般的に今の若者を指す言葉ですが、より明確な範囲としてはどこからどこまでがゆとり世代と言えるのでしょうか。

ここからは、ゆとり世代の範囲を解説していきます。自分はゆとり世代の範囲に含まれるのかどうかがあやふやで分からない方は、ぜひ以下の範囲をチェックしてみてください。

ゆとり世代の範囲1:ゆとり世代の生まれた年

まずは、ゆとり世代の範囲を知るための手がかりとして、ゆとり世代の生まれた年を確認しておきましょう。

ゆとり世代とは2002年度にスタートした新しい学習指導要領を小学校・中学校で受けた世代を指すので、その範囲としては、1987年度生まれから2004年度生まれが含まれます。

ゆとり世代と一口に言っても、その範囲は意外と広いことがわかります。昭和末期から平成初期までに生まれた若者が、ゆとり世代の範囲です。

ゆとり世代の範囲2:ゆとり世代の年齢

では、ゆとり世代の範囲として、その具体的な年齢はどうなのでしょうか。ゆとり世代の範囲は1987年度から2004年度までに生まれた若者になるので、ゆとり世代の年齢の範囲は2019年時点で15際から32歳までになります。

まだ高校生の少年少女から立派な社会人であるアラサーまでを範囲とするゆとり世代は、幅が広いと言えるでしょう。

ゆとり教育への批判により、2008年度からは脱ゆとり教育が実施されています。

ゆとり世代の人が嫌われる理由

以上では、ゆとり世代という言葉が指す具体的な範囲についてご紹介してきました。ゆとり世代と言っても10代から30代前半までを包含するため、ゆとり世代の中にもさまざまな性格・考え方の人がいます。

ですが、このゆとり世代はしばしば年配者から「けしからん」と批判的に見られています。それは何故なのでしょうか。

ここからは、ゆとり世代が上の世代に嫌われる主な理由を4つピックアップしてご紹介していきます。

ゆとり世代の人が嫌われる理由1:学力低下

ゆとり世代が嫌われる理由としてまず挙げられるのが、学ぶべきものを学ばないまま大人になり、学力が低いからということです。

ゆとり世代はそれまでの世代に比べると教育内容や時間がかなり減らされているため、「筆記体が読めないし書けない」という人も多く、上の世代からすると「そんなこともわからないのか」と呆れの感情を抱いてしまいます。

学力不足ゆえにゆとり世代の社員の教育に四苦八苦している年配者も多いでしょう。

ゆとり世代の人が嫌われる理由2:ストレス耐性

ストレス耐性がないということも、ゆとり世代が嫌われる理由のひとつとして挙げられるでしょう。

ゆとり教育とは、競争を良いものとしてきたそれまでの教育制度を否定して生まれたものなので、その教育を受けたゆとり世代は競争にさらされず、ゆったりと育てられてきました。

競争にさらされないということはある意味温室の中で育てられているようなものであり、それゆえちょっとしたことでもすぐに心が折れてしまいがちです。

ゆとり世代の人が嫌われる理由3:積極的な行動の有無

自分から積極的に行動しないというのも、ゆとり世代が嫌われる理由のひとつでしょう。

ゆとり世代は親や教師から何かをしてもらうのが当然であり、指示がなければ自分から行動しないという人も少なくありません。

いわゆる指示待ち人間です。会社の上司や先輩からそのような態度を怒られると、「だって指示をされていません」「教えてもらっていません」とぬけぬけと逆ギレするのも、ゆとり世代の負の特徴でしょう。

ゆとり世代の人が嫌われる理由4:仕事よりプライベート

ゆとり世代の範囲は?嫌われる4つの理由|ゆとり世代の人が受けた教育
仕事よりもプライベートを優先させるということも、ゆとり世代が嫌われる理由のひとつに含まれるでしょう。

会社のためならばサービス残業も当たり前と考える年配者が多いのに対し、ゆとり世代は定時になったら退社するのが普通と考える傾向にあるため、両者の間で対立が生じてしまいがちです。

残業をせず、定時で退社してアフターファイブを楽しむゆとり世代は、年配者からすると甘えているように思われるでしょう。

ゆとり世代の人の特徴

ゆとり世代の範囲は?嫌われる4つの理由|ゆとり世代の人が受けた教育
ゆとり世代に生まれたからと言って、全ての人が同じような特徴をもっているわけではありません。

ですが、ゆとり教育を受けたことによってある程度物事に対する価値観や考え方が似通ってくるのもまた事実です。

ここからは、世間一般がゆとり世代に抱くイメージや特徴について解説していきます。

もしご自身が以下で取り上げる特徴に多く当てはまっているならば、典型的なゆとり世代であると言えるでしょう。

ゆとり世代の人の特徴1:お金をつかわない

ゆとり世代の範囲は?嫌われる4つの理由|ゆとり世代の人が受けた教育
ゆとり世代の特徴としてまず挙げられるのが、あまりお金を使わないということです。

ゆとり世代はバブルがはじけ、日本経済が戦後初めて傾いた不景気の時代に生まれたため、バブル世代と比べるとお金の使い方にシビアです。

10代や20代の若者であっても、将来への不安から貯蓄を重視する人が多く、堅実で節約家な傾向にあります。

またバブル世代がブランド志向であるのに対し、ゆとり世代はプチプラ志向だと言えるでしょう。

ゆとり世代の人の特徴2:恋愛に興味がない

ゆとり世代の範囲は?嫌われる4つの理由|ゆとり世代の人が受けた教育
恋愛に興味がないというのも、ゆとり世代によく見られる特徴として挙げられるでしょう。

アイドルや恋愛ゲームなどを通じて疑似恋愛がしやすくなった昨今では、ゆとり世代を中心とする若者の恋愛離れが進んでいると言われています。

いわゆる「草食系男子」も、このような恋愛離れの一端と考えることもできるでしょう。恋愛以外にも、ネットやゲームの普及で夢中になれるものが増えたことも若者の恋愛離れの一因です。

ゆとり世代の人の特徴3:すぐ成果を求める

ゆとり世代の特徴のひとつに、すぐ成果を求めようとするということも含まれるでしょう。

ゆとり世代はゆとり教育の中で育てられたため、我慢したり粘り強くことにあたるといった傾向に欠けています。

自分の起こしたアクションがすぐに、なおかつ目に見える形でよい成果に結びつかないと強い不満を感じ、途中で物事を諦めてしまうことも多いでしょう。

そのため、飽きっぽく責任感がないと年配者から批判されることもしばしばです。

ゆとり世代の人の特徴4:メモをとらない

メモを取らないというのも、ゆとり世代によく見られる特徴です。

ゆとり世代は指示されたことしかできない人が少なくなく、上司や先輩から「メモを取るように」とあらかじめ指示されなければ、自発的にメモを取ることがあまりないと言われています。

ゆとり世代の人の特徴5:上昇志向がない

ゆとり世代ならではの特徴として挙げられるのが、上昇志向がないということです。

ゆとり世代は学歴競争社会の反省から生まれたゆとり教育の中で育てられたので、他人を押しのけてでも上に行きたいという野心が少なく、横並びであること、周囲と同じであることを好みます。

よく言えば協調性があるとも表現できるでしょう。そのため、出世したいと考える割合が少なく、平社員のままでよいと考える人のほうが多いと言われています。

ゆとり世代の範囲の人との付き合い方

職場にいるゆとり世代の社員との付き合い方やコミュニケーションに戸惑いを感じている年配者も多いのではないでしょうか。

ここからは、ゆとり世代との上手な付き合い方のコツをご紹介していきます。ゆとり世代との付き合いに悩んだ時に、ぜひ参考になさってみてください。

ゆとり世代の人に対しての怒り方

ゆとり世代はストレス耐性がなく怒られ慣れていないので、頭ごなしに怒ってはすぐに心が折れてしまいます。

そのため、感情的に怒ったり厳しい口調で叱るのはNGです。冷静に落ち着いた態度で、諭すようにして叱ってあげましょう。

ゆとり世代が失敗した場合

ゆとり世代は甘やかされた環境で育った人も少なくなく、心が折れやすいので、失敗した時には優しく励ましてあげることが大切です。

「どうして失敗したんだ」と責めると心を閉ざしてしまうので、「どこが悪かったと思う」と質問し、自分の頭で問題点や改善方法を考えさせるように導いてあげましょう。

ゆとり世代は合理的な考え方

ゆとり世代は合理的な考え方をするので、「根性」などの精神論を持ち出すのはNGです。

ゆとり世代は、高度経済成長を支えてきた世代のように、自分の生活を犠牲にしてまで仕事一色の生活をしようとはしません。

残業をせずに定時で帰るのは労働者としての権利を正当に行使しているだけであり、サービス残業を甘受している上の世代を批判的に見なしています。

ゆとり世代の範囲の人と上手に付き合おう

ゆとり世代の範囲は?嫌われる4つの理由|ゆとり世代の人が受けた教育
今回はゆとり世代の範囲や特徴について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ゆとり世代はバブル世代と比べると堅実であり、また働き方や休日の過ごし方などについても合理的な考えをしている傾向にあります。

このようなゆとり世代の特徴を知り、その考え方を理解してあげれば、ゆとり世代と年が離れていたとしても、お互いにストレスを感じることなく付き合うことができるでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related