Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月23日

リテンションマネジメントの取り組みの事例15個|メリット3つ

快適な職場環境が整い、適正に評価されれば、人は長期にわたって意欲的に働けます。優秀な人材が、長期間働き続けられるように考えることがリテンションマネジメントです。ここでは具体的な取り組み例をあげながらリテンションマネジメントとは何かをお伝えします。

リテンションマネジメントの取り組みの事例15個|メリット3つ

リテンションマネジメントとは何か

リテンションマネジメントの取り組みの事例15個|メリット3つ
リテンションには、保持する、という意味があります。さらに企業が顧客を維持し、製品やサービスを継続的に利用してもらうことを指す言葉でもあります。

リテンションマネジメントとは質の高い人材が流出することのないよう引き留めておくための対策を意味します。

優秀な人材や若手社員が流動化しやすい現在、働きやすい環境を整えることにより長期的に働き続けられるような施策を施すことを指します。

リテンションマネジメントの取り組みの事例15個

リテンションマネジメントの取り組みの事例15個|メリット3つ
リテンションマネジメントの取り組みによって、結果的に一人一人の社員が働きやすくなり、職場が改善されます。

さまざまな取り組み方があるため、参考にしてみてはいかがでしょうか。会社全体に良い影響を与えられるので、ぜひ実行することをおすすめします。

リテンションマネジメントの取り組みの事例1:社員一人一人に責任と権限を与える

リテンションマネジメントでは責任と共に権限を与えることで、社員は主体的に仕事に取り組めるようになると考えます。社員一人一人の働きぶりや成果を適正に評価することで、職域内での権限を与えられるようになります。

意欲的に仕事をして、さらに成果を上げたとき、再度適性に評価して新たな責任と権限を与えるという循環を作ることで、モチベーションを上げ続けることが可能になるでしょう。

リテンションマネジメントの取り組みの事例2:適正な給与体系を構築する

リテンションマネジメントの取り組みの事例15個|メリット3つ
社員の意欲を上げるためには、納得のいく適正な給与体系であることが必要です。リテンションマネジメントにより働き方がどのように給与に反映されるかを明示し、給与体系への理解を促します。これにより働く意欲が高まります。

また一般的な給与体系を知らせることで、自社の給与体系と比較することが可能になり、適正な給与体系かどうかを知る手掛かりとなります。このような取り組みは、組織に対しての信頼を高められるでしょう。

リテンションマネジメントの取り組みの事例3:職務内容の変更に柔軟に対応する

職務内容の変更は常にともなうものですが、社員はこうした変化に柔軟に対応して働き続けなくてはなりません。リテンションマネジメントでは変化による経験を重ねることが、社員のキャリアアップにもつながると考えます。

変化を受け入れている社員を適正に評価し、さらなるキャリアアップを目指せる環境を整えることが必要です。また、労働に見合った報酬や昇格など、満足できる結果を与える仕組み作りも必要です。

リテンションマネジメントの取り組みの事例4:異動に柔軟に対応する

新入社員や幹部候補性向けのキャリア形成の仕組みとして、さまざまな部署に配置することには理由があります。異動によって適性がわかり、総合的なスキルが身に付くなどの良い効果をもたらすからなのです。

また、異動などの変化に柔軟に対応した社員を適性に評価し、社員の意欲を高め続ける必要があります。

リテンションマネジメントの取り組みの事例5:社員研修を充実させる

リテンションマネジメントの取り組みの事例15個|メリット3つ
リテンションマネジメントでは、社員研修を充実させることで、一人一人の能力が上がり、業務が効率的に運ぶことが可能になると考えます。

社員が思い描いていたキャリアプランがそれぞれあるのであれば、それを実現させられるように研修を行うことで、社員は意欲的に働けるようになります。また新人研修を行うことは、新入社員の離職を防ぐための対策にもつながります。

リテンションマネジメントの取り組みの事例6:育成プログラムを充実させる

新人社員の離職は、企業にとって大きな損失です。最近は転職する新入社員が多く、リテンションマネジメントとして育成プログラムの必要性が高まっています。

例えば、メンター制度とは先輩社員と後輩社員がペアになって一定期間仕事をすることで、後輩のサポートと教育が可能になる制度です。このような効率の良い人材育成プログラムを行うことにより社内の人間関係も良くなり、職場全体の環境の改善にもつながります。

リテンションマネジメントの取り組みの事例7:すべての社員が議論できる環境を作る

リテンションマネジメントの取り組みの事例15個|メリット3つ
リテンションマネジメントでは環境を整えることで、社員のコミュニケーションが深まると考えます。例えば気軽に話せるコミュニケーションスペースを設置するなども、効果的な方法です。

社内バーやカフェというのも気軽な交流ができ、おすすめの方法です。また、オフィススペースを設けることで情報交換が活発になったり、議論をすることで思いがけないアイディアが生み出されることも考えられます。

リテンションマネジメントの取り組みの事例8:コミュニケーションを良好に保つ

風通しの良い環境では人間関係も良好でコミュニケーションも活発になります。業務の効率化にもつながり、協調性のある職場が実現するでしょう。

リテンションマネジメントでは、従業員同士の親睦を図る活動を取り入れることをすすめています。慰安旅行やスポーツ大会などを行うこともコミュニケーションを良好に保つための良い対策になります。

また、部活を取り入れることでリフレッシュになり、ストレス解消にもつながるでしょう。

リテンションマネジメントの取り組みの事例9:働きやすい空間づくり

リテンションマネジメントの取り組みの事例15個|メリット3つ
一言で言えば、リテンションマネジメントとは社員にとって、働きやすい環境づくりということになるでしょう。つまり、快適さを感じられる空間作りとも言えます。

例えば、BGMを取り入れる、観葉植物をかざる、ユニバーサルデザインを取り入れるという方法でも良い空間づくりにつながり、働きやすさが増します。

リテンションマネジメントの取り組みの事例10:出産・育児・介護の支援制度を充実

リテンションマネジメントでは、従業員のライフステージに合わせて働きやすさを考え、対策を練ることで離職を防げるとしています。出産・育児・介護による従業員のライフステージの変化に対応できる柔軟さが企業には求められるでしょう。

例えば、フレックス制度を取り入れる、休暇制度を整えるなどの具体的な支援制度を充実させることも大切です。ほかにも時短勤務や社内保育所を設けるのも一つの手立てです。

リテンションマネジメントの取り組みの事例11:ワークライフバランスを整える

リテンションマネジメントの取り組みの事例15個|メリット3つ
企業の課題として取り上げられることの多いワークライフバランスを整えることもリテンションマネジメントの取り組みの一つと言えます。

一例として退職した従業員の再雇用制度や、1時間単位で取得可能な年次有給休暇制度への取り組みなどが挙げられます。また、男性の育児参加を支援する配偶者出産時休暇制度などもあります。

ほかにもワークライフバランスに関する研修や講演会を実施して、従業員の意識改革を促すことも大切です。

リテンションマネジメントの取り組みの事例12:業務に対する適切な対応

良い仕事をしたときに適正な評価をしてもらうことで、誰もがモチベーションが高まり、さらに良い仕事をしようと心がけるのではないでしょうか。

リテンションマネジメントでは、どのような働きをしてどのように評価されたかを明確に示すことが、従業員のやる気につながると考えます。

また、反対に失敗に対しては改善方法を考えるよう促すフォローが必要になります。きめ細かな対応により前向きに仕事に取り組めることでしょう。

リテンションマネジメントの取り組みの事例13:仕事負荷を常に確認

リテンションマネジメントの取り組みの事例15個|メリット3つ
従業員がストレスを貯めこんでいることは、会社のためにも良いことではありません。少しずつストレスが溜まり、離職につながることが多いため、常に従業員にかかる負荷を確認して把握しておくことが必要です。

一部の従業員に負荷がかかりすぎていないかをチェックするために、仕事量を記録しておくなどの対策を取ることが大切です。また、従業員の満足度調査を行うことなども役立ちます。

リテンションマネジメントの取り組みの事例14:離職の危険性を予測し早期に対応する

社員が離職するときは前兆があります。リテンションマネジメントでは小さな変化や兆候を見逃さず、早期に対策を取ることが必要と言えます。

退職を引き留めるだけが方法ではなく、早期のケアや適切な対応が大切です。元気のない様子や周囲との会話が減ったなどの変化がないか、遅刻や欠勤、残業が増えていないかなどをチェックしましょう。

このような状態を確認しだい、早めに話を聞いてストレスを減らすなどの対策を取りましょう。

リテンションマネジメントの取り組みの事例15:過去の離職者を参考にする

リテンションマネジメントの取り組みの事例15個|メリット3つ
離職リスクを低くするためのリテンションマネジメントによる対策として、過去の離職者の様子を参考にすることが挙げられます。どのような様子の後に離職したかを確認し、リスクを把握しておきましょう。

また、辞めた人と同じような仕事状況に置かれている人が離職しやすいと言えるため、過去の記録を取っておくことは大切です。こうした記録を基に、問題や課題を把握し、職場の改善につなげることで離職を防ぐ手立てになります。

リテンションマネジメントのメリット3つ

リテンションマネジメントの取り組みの事例15個|メリット3つ
リテンションマネジメントを行うことにより、結果的に雇用側にも働く側にもメリットが得られます。一例として、企業に関わるすべての人が効率的に働くことができるようなメリット3つが挙げられます。

ここでは、リテンションマネジメントには具体的にどんなメリットがあるのかをお伝えしていきます。

リテンションマネジメントのメリット1:エンゲージメントが高まる

エンゲージメントとは、社員の会社に対する愛着心を指す場合もありますが、ここでは個人と組織が一体となり、互いに成長し、貢献し合える関係としての意味を使います。

リテンションマネジメントによって従業員のために行う対策は、組織のためにもなり、結果として組織の質が全体的に向上することにつながるでしょう。良い循環がさらなる良い循環を呼び、優秀な人材が集まり、会社の発展へと向かうことが可能になります。

リテンションマネジメントのメリット2:人材の流出に伴う成長機会ロスを防ぐ

企業を安定的に発展させるためにも、リテンションマネジメントによって、優秀な人材に成長機会を与え続け、適正に評価して個々のモチベーションを上げる必要があります。

リテンションマネジメントで労働負荷をチェックして、ストレス解消や、業務の課題の改善し続け、人材流出を防ぎましょう。こうした取り組みにより、優良な従業員が定着してこそ、企業は信頼され、顧客をひきつけることが可能になります。

リテンションマネジメントのメリット3:採用コストを下げられる

優秀な人材や新規採用した人材の流出を防ぐ対策を行うことは、結果的に採用コストを下げることにつながります。人材こそが会社の宝であると言っても過言ではないでしょう。

そこにかけた時間や手間、労力を考えれば、会社の宝である優秀な人材の流出は最大の損失と言えるでしょう。リテンションマネジメントによって、継続的に働いてもらうことが可能になることで、採用にかかるコスト、時間、労力を下げることも可能です。

リテンションマネジメントで人材の流出を防ぎましょう

リテンションマネジメントの取り組みの事例15個|メリット3つ
リテンションマネジメントは、特に難しいことではなく、従業員が快適に働き続けられるような工夫を凝らすということです。リテンションマネジメントのさまざまな対策を行うことで、働きやすくなり、継続して働き続けたいと思える職場が実現することでしょう。

人材流出は会社にとっての損失以外の何者でもありません。せっかく採用した優秀な人材を逃さないためにも、利用方法を参考にして会社に取り入れてみてはいかがでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related