Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月11日

会社の昼休みの有意義な過ごし方9つ|会社の昼休み中に避けたいこと

会社の昼休み時間はどのように過ごしていますか。どうしたら約1時間弱の時間を有意義に、自分のために過ごすことができるのでしょうか。有意義な過ごし方について、いくつかの例をあげながらお伝えします。また、昼休みに避けたい過ごし方についても触れます。

会社の昼休みの有意義な過ごし方9つ|会社の昼休み中に避けたいこと

会社の昼休みの時間

会社の昼休みの有意義な過ごし方9つ|会社の昼休み中に避けたいこと
昼食後、どのように過ごしていますか。SNSをチェックする人、もしくはただぼーっとする人が多いでしょう。せっかくの休み時間ですから、短い間でも有意義に過ごしたいところです。

いったい会社の昼休みの時間はどのように時間を使えば良いのでしょうか。

45分~1時間が一般的

休み時間は実は労働基準法で定まっています。一日の労働が6時間以上で8時間以内の場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間の休憩を与えなければならないとされています。

従って、だいたい45分から1時間の昼休みが一般的です。

また、労働基準法ではこの休憩が労働から解放されてなければいけないとされています。すなわち、従業員は全員この会社の昼休み時間を自由に使って良いと法律で定められています。

昼食後時間を持て余す人も多い

昼食はどのようなものを食べていますか。レストランに行くわけでもない限り、結局は30分くらいで食べ終わってしまうのではないでしょうか。要するに、15分から30分の自由時間があるということです。

この15分から30分を普段どのように使っていますか。意外と、この15分〜30分の時間に何をすれば良いのか分からない人が多いです。この食後の時間をどう有意義に過ごすかで、日々の充実度が変わるでしょう。

会社の昼休みの有意義な過ごし方

会社の昼休みの有意義な過ごし方9つ|会社の昼休み中に避けたいこと
どのような会社の昼休みの時間の使い方があるでしょうか。9つの過ごし方を提案します。リラックスしたり、自分のキャリアにつなげたりと、色々な昼休みの時間の使い方があります。

この自由な時間をうまく利用することで生活の充実度も全く違ってきます。これら9つの例の中から、自分に合った有意義な過ごし方を探してみると良いでしょう。

昼休みの有意義な過ごし方1:新聞・ネットなどから情報収集

ビジネスをする上で新聞やインターネットからの情報収集はとても大事です。忙しい日々を過ごす中、少しでも時間があれば情報収集をして仕事に活かせます。この15分〜30分の時間を使うのはどうでしょうか。

毎日情報収集を仕事の成果に繋げることができれば、キャリア上でも有利になることは間違いありません。新聞を読んだり、インターネットで色々な情報を得ることができます。

昼休みの活動として、仕事に活かしてみてはどうでしょうか。

昼休みの有意義な過ごし方2:勉強

会社の昼休みの有意義な過ごし方9つ|会社の昼休み中に避けたいこと
今後のキャリアの可能性が広がるのが勉強です。まずは語学の勉強です。会社の事業がグローバルに展開している場合、英語を勉強はキャリアアップに繋がる可能性があります。

また、資格取得のための勉強も考えられるでしょう。業務上に必要な知識や、新しい分野の資格など、それぞれのキャリアプランに合わせて勉強しましょう。

昼休みの食後の時間で問題集の1、2ページ分を解いたり、単語を覚えたりと、十分な時間を充てられるのではないでしょうか。

昼休みの有意義な過ごし方3:運動

会社の昼休みの有意義な過ごし方9つ|会社の昼休み中に避けたいこと
一日中会社の中で座っていることの多いオフィスワークには、程よく身体を動かすことが大切です。会社の昼休みの時間を使って体をほぐしてみるのはどうでしょうか。

昼食後は眠くなったり、やる気が起きないことも多くあります。少し体を動かすだけでも、気分がスッキリし集中力も上がります。

また、軽い運動は肥満、糖尿病などの生活習慣病の予防にも効果的です。昼休みの時間を有意義に過ごしながら、生活習慣を見直してみましょう。

昼休みの有意義な過ごし方4:目を休める

一日中パソコンやケータイを眺めていることが多い現代社会では、目への負担が非常に重く、偏頭痛などの体調不良の原因にもなります。会社の昼休みの時間を利用して、目を休めましょう。

会社の近くの公園などで緑をみるのもリラックスできて良いでしょう。もしくは、目を閉じてストレッチをしてみるのも効果があります。

いつも酷使している目を休めて、スッキリした状態で仕事に戻るのも、集中力が上がって良いでしょう。

休みの有意義な過ごし方5:スマホを使って副業

15分〜30分は副業をするのにちょうど良い時間です。スマホを使ってなんでもできる時代です。また、毎日の会社の昼休みの時間を利用して副業を行い、多い人は数十万稼ぐということも夢ではないでしょう。

スマホでの副業は毎日コツコツ進める必要があります。食後の時間は最適な時間と言えます。また日々の業務とは違うことをすることで仕事から頭を離すことができますから、ストレスから自分を解放できます。

昼休みの有意義な過ごし方6:他社の人と親睦を深める

会社の昼休みの有意義な過ごし方9つ|会社の昼休み中に避けたいこと
お昼休みの時間を使って、他社の人と親睦を深めるのも有意義でしょう。思い切って昼食に誘ってみてはいかがでしょうか。新たな関係性を築く良い機会です。

もしくはあなたの会社の近くに勤める友人を誘ってみるのも良いでしょう。情報交換をすることで違う職種や業界の話が思わぬビジネスチャンスのアイデアを運んでくる可能性もあります。

また全く違う分野や業界の話を聞くことで、気分を変えることができるでしょう。

昼休みの有意義な過ごし方7:買い物

買い物は良い気分転換になります。インターネットで簡単に買い物ができますし、会社の近くに商業施設があれば、ウィンドウショッピングをしてみるのも良いでしょう。

綺麗に並べられた商品を見るのは気分も上がります。また会社の空間とは全く違う環境に身を置くことで、仕事から頭を離し、リラックスすることができます。

欲しいものを探しているだけで、ストレスの多い仕事のことは忘れさせてくれます。

昼休みの有意義な過ごし方8:読書

会社の昼休みの有意義な過ごし方9つ|会社の昼休み中に避けたいこと
読書はリラックスのために有効な方法です。小説などを読むことで会社の仕事とは全く違う世界に集中することができますし、本の中の世界に浸ることで脳は活性化されます。夢中になれる本で仕事のことを少し忘れてみるのはどうでしょうか。

また、啓蒙本などの新たな視点をもたらしてくれる本もあります。会社の中での悩みを解決してくれたり、ビジネスについての本であれば、良いアイデアを運んでくれる可能性もあります。

昼休みの有意義な過ごし方9:仮眠

会社の昼休みの有意義な過ごし方9つ|会社の昼休み中に避けたいこと
15〜30分は仮眠に一番効果的な時間だと言われています。

昼寝は良くないと思われがちですが、パワーナップは集中力を上げ、仕事の効率を上げるのに効果的という研究結果が出ています。

食後の眠くなる時間帯に、仮眠をとり頭をスッキリさせてから仕事に励むと集中力が上がり、効率も上がります。またストレス解消にもなります。

アラームを設定するなど寝過ぎないように注意しながら、食後にゆっくりしてみるのも良いでしょう。

会社の昼休みに避けたいこと

会社の昼休みの有意義な過ごし方9つ|会社の昼休み中に避けたいこと
会社の昼休みに避けたいことは何でしょうか。それはストレスを感じることです。昼休みを有意義に過ごすには、リラックスすることを優先するべきです。

午後からの業務に向けて、気分を変えて、集中力を高めることが大切です。したがって、以下の4つの事項は避けたほうが良いでしょう。

昼休みに避けたいこと1:株・FX

昼休みに避けたいことの一つは株やFXです。株やFXは大きく変動し、その結果によって気分も変動することがあります。その気分の変動は仕事に影響してしまう可能性があります。

会社でイライラしてしまったり、不機嫌になってしまえば、同僚や上司との人間関係にも影響を与えかねません。

こうした問題を避けるためにも、昼休みに株やFXをするのはやめたほうが良いでしょう。昼休みは休憩し、リラックスするのが一番です。

昼休みに避けたいこと2:ストレスを感じる雑談

ストレスを感じる雑談も避けるべきです。例えば、仕事に関する雑談です。仕事が頭から離れず、ストレスを感じてしまうでしょう。

また、人の悪口などはあまり良い会話の内容とは言えません。このような内容は職場の人間関係にも影響し、ストレスを作る要因となるからです。

これらの内容の雑談は、リラックスすべき会社の昼休みには向いてるとは言えません。雑談をするのであれば、楽しく笑えるような内容がリラックスには効果的です。

昼休みに避けたいこと3:仕事

会社の昼休みの有意義な過ごし方9つ|会社の昼休み中に避けたいこと
会社の昼休みに仕事をすることもやめましょう。

だらだら仕事をし続けることは、疲れの原因になります。それは昼休み後の業務にも影響します。日頃のストレスの大きな要因は仕事です。

会社の昼休みは仕事からいったん頭を離し、切り替えるほうが午後の業務の集中力は上がり、効率的になります。

一旦、思い切って昼休みに気分を切り替え、仕事も早く終わらせてしまうほうがストレスが少ないです。

昼休みに避けたいこと4:スマホゲーム

スマホのゲームもストレスを与える要因となります。

しかし、ゲームがうまくいかないとストレスの要因となってしまいます。欲しいアイテムが手に入らなかったり、期間限定のステージをクリアしなければならないなど、義務感に変わっていきストレスになってしまいます。

会社の昼休みに義務感に駆られてストレスを感じるのは、本来の理想的な過ごし方の真逆です。ストレスの要因になってしまうのであれば避けたほうが良さそうです。

昼休みを有意義に過ごすときのポイント

会社の昼休みの有意義な過ごし方9つ|会社の昼休み中に避けたいこと
会社の昼休みを有意義に過ごす上で大切なポイント2つをご紹介します。有意義に過ごすには自分の意志が大切です。どんな目的で、どう過ごしたいかを考えてみると良いでしょう。

昼休みを有意義に過ごすポイント1:周囲の反応を気にしすぎない

上記でご紹介した有意義な過ごし方の中でも、勉強や仮眠など周りの目が気になるものがあります。しかし、周囲の反応を気にしすぎてはいけません。

キャリアアップやストレス発散など、その目的を達成し会社で良い成果を出すためには必要な時間です。何か言われるようであればきちんと説明し、理解を求めることも必要でしょう。

周囲の反応のためにだらだらと過ごすのではなく、自分の意志を持って有効的に時間を使うことが大切です。

昼休みを有意義に過ごすポイント2:ランチの誘いの断り方に注意

会社の昼休みは一斉に休み時間になることが多いです。有意義に過ごしたいと考えていても、同僚や上司からランチに誘われることもあるでしょう。そんな時は丁寧に断る必要があります。

もちろん理由を正直に伝えることも可能でしょう。しかしそれができない場合は、職場での人間関係に影響を与えないためにも言い訳を用意する必要があります。お弁当を持ってきたなど、どうしようもない状況であれば相手も納得するはずです。

会社の昼休みを有意義なものにしよう

会社の昼休みの有意義な過ごし方9つ|会社の昼休み中に避けたいこと
昼食後15分〜30分の間でできることはたくさんあります。キャリアアップにつなげたければ新聞やインターネットから情報収集をしてみたり、勉強をするのが良いでしょう。

もしくは仕事でのストレスを発散させたり、リラックスして頭をスッキリさせることも重要です。運動や仮眠は集中力を高め、効率を上げる効果があります。

自分に合った過ごし方を見つけて、会社の昼休みを有意義なものにしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related