Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月10日

リストラとは?リストラがありそうな会社の特徴6つ|レイオフとは?

リストラとは、会社・組織の再構築のために行なわれる整理解雇を指し、会社の一方的な理由による解雇とは異なります。本文では、リストラの意味に加えて、整理解雇を合理化するための4つの要件、リストラがありそうな会社の特徴について説明します。

リストラとは?リストラがありそうな会社の特徴6つ|レイオフとは?

リストラとは?

誰もが一度は耳にしたことがある「リストラ」とは、企業の収益力を高めるために、成長部門への投資を増やしたり、採算の取れない部門からの撤退や組織の簡略化などを行う事業の再構築を意味します。

日本では、バブル景気の崩壊後に訪れた不況に伴う企業の人員整理や工場閉鎖による解雇時に多く使用されたことから、リストラは会社の都合によって退職や失業を余儀なくされたマイナスの意味で捉えられています。

リストラと解雇の違い

リストラとは?リストラがありそうな会社の特徴6つ|レイオフとは?
解雇とは、雇い主が労働者に対して一方的に労働契約の解除を行うことを指し、同じ意味で捉えられているリストラも、整理解雇と呼ばれる解雇の一種に該当します。

解雇には、リストラで行われる整理解雇と、労働者の勤務怠慢や職務遂行能力が著しく低いことなど、正当な解雇理由が認められたことで発生する普通解雇、会社が定めた就業規則に抵触した場合の懲戒解雇の3つがあります。

整理解雇(リストラ)の4つの要件

リストラとは?リストラがありそうな会社の特徴6つ|レイオフとは?
リストラは、会社の経営悪化など経済上の理由による大量の人員削減を意味する場合に多く使用されますが、整理解雇を実施せざるをえない明確かつ客観的な理由や必要性が無い限り、安易に行うべきではないと言われてます。

また、会社側がリストラと呼ばれる整理解雇を実施について、明確なルール・規則はありませんが、以下で説明する4つの要件を満たすことで、整理解雇の必要性が有効となるでしょう。

1:人事整理の必要性

会社の経営悪化に伴うリストラによる大量解雇を実施するためには、人事整理の必要性を有効にすることが重要です。

企業の規模や経営状況によって人事整理の必要度合いは大きく変わりますが、企業の維持存続のための打開策に、人員削減しか残されていないと判断される明確な理由が必要になります。

しかし、経営悪化を理由に早々とリストラに踏み切ることは人事整理の必要性が無いと判断され、整理解雇も無効とされてしまいます。

2:解雇回避努力義務の履行

リストラとは?リストラがありそうな会社の特徴6つ|レイオフとは?
会社が経営危機に陥った場合、まず解雇以外の方策を実施して経営改善を図る解雇回避努力を行い、大量の人員削減を避けることが重要です。

解雇回避努力義務では、残業や労働時間の短縮、社員の配置転換、固定費の削減、中途・新規採用の中止や、希望退職者の応募のような対策を行うことが定められており、これらの手段を抜いて整理解雇に踏み切った場合、努力義務の怠慢を根拠とする、不当解雇に該当します。

3:被解雇者選定の合理性

人員整理によって解雇される労働者を選定する際には、勤続年数による選定を始め、業績・出勤率の低さ、扶養家族の有無による生活への影響など、客観的な基準を設けて慎重に行なわれます。

会社の主観的な考えではなく、客観的な基準によって選定することで、被雇用者選定の合理性が認められやすくなります。

4:手続の妥当性

リストラを実施するにあたり、会社は労働者に対して、整理解雇に関する説明、整理解雇を行なう必要性や時期、選定基準や方法などを十分に行い、労働者との協議を経て同意を得ることが、整理解雇で最も重視される要件です。

整理解雇には、手続きの妥当性が重要であり、労働協約の人員削減に基づく協議や、整理解雇に関する十分な説明協議せず行なった場合、手続きの妥当性が認められず、解雇も無効とされます。

リストラがありそうな会社の特徴6つ

リストラとは?リストラがありそうな会社の特徴6つ|レイオフとは?
リストラによる整理解雇は、会社を辞めざるを得なくなるだけでなく、同時に仕事を失う可能性も秘めています。

リストラが実施されるきっかけは、会社の経営不振や不祥事などが広く知られていますが、会社で任される仕事の変化や職場の不穏な空気なども、近い将来リストラが実施される可能性が高いことを示唆している可能性もあります。

1:長期的な仕事を任されなくなる

業務の引継ぎなども含めて長期的な仕事を任されなくなる代わりに、短期完結の仕事を任される頻度が多くなったら近い将来、リストラによる大量解雇が行なわれる可能性が考えられます。

また、長期的な仕事を任されられなくなることは、会社での業績にも大きく関与し、リストラの被解雇者選定にも選ばれやすい要素にもなります。

2:仕事内容や量が急に変更される

会社がリストラを実施する際、被解雇者を選定する基準に、勤続年数・勤務態度はもちろん、業績など会社への貢献度も大きく関与します。

短期完結型の仕事を任される頻度が増えると同時に、仕事内容・量に変化が見られた場合は、会社による労働者の評価が行なわれていると想定され、勤務成績・貢献度を客観的に評価した上でリストラ対象者を合理的にしぼりこむことができます。

3:社内の雰囲気がピリピリする

会社で任された仕事内容に変化が生じただけでリストラと結びつけることは、安易な考えであり、リストラと呼ばれる整理解雇にも正当な理由が無い限り、労働者を一方的に解雇することはできません。

近い将来にリストラが実施されると想定される場合、仕事だけでなく社内のピリピリした雰囲気など異様な空気が漂います。

異様な空気に気付いたら、そのような雰囲気になったのか、社内の雰囲気を冷静に観察し、見極めることも重要です。

4:コスト削減をよく聞くようになる

リストラとは?リストラがありそうな会社の特徴6つ|レイオフとは?
近い将来に、リストラが行なわれる可能性の高い会社の特徴に、会社から支給される備品の無駄使いを指摘されることも挙げられます。

上司から、コピー機の無駄遣いや節電のようにコス削減を頻繁に聞くようになった場合、多くの方は嫌な気分になるでしょう。

しかし、会社のコスト削減は、長い目で見れば無駄な出費を見直す機会となり、結果、整理解雇という最悪の事態を避けることにもつながります。

5:自社や関連会社の株価の低下

不況の影響による、自社や関連会社の株価の低下は、会社の経営不振にも大きな影響を与え、リストラが行なわれる可能性が最も高いことが示唆されます。

自社の株価の低下は、整理解雇による大量の人員削減が想定されやすく、常に自社や関連会社の株価の動きにも目を通すことも大事です。

6:不祥事

リストラとは?リストラがありそうな会社の特徴6つ|レイオフとは?
会社の不祥事は、自社の株価に大きな打撃を与えると同時に、社会的信用を一気に失う危険性もはらんでおり、会社の経営にも大きな影響を与えます。

特に大企業ほど、不祥事が会社の経営に与える損失は大きく膨らみ、コスト削減などでは経営再建は成り立たず、大量の整理解雇に踏み切らざるをえない状況に陥ってしまうでしょう。

レイオフ(雇用調整)とは?

リストラとは?リストラがありそうな会社の特徴6つ|レイオフとは?
レイオフとは、会社の業績悪化などを理由に、労働者を一時的に解雇し、会社の経営回復時に再雇用させる制度です。

レイオフは、アメリカやカナダで多く見られる一時解雇で、解雇する労働者が長年に渡って培ってきた経験・スキル・ノウハウを外部へ流出することを防ぐ目的があり、製造業で多く実施されています。

再雇用が前提とされるレイオフですが、業績の回度合いにより再雇用が見込めない時は、リストラ扱いにされます。

レイオフをされるとどうなるのか?

再雇用を前提としたレイオフが実施された場合、勤続期間の短い従業員から順にレイオフを言い渡されますが、再雇用時には、熟練の経験・スキル・ノウハウを持つ年長者が優先的に選ばれています。

レイオフは、雇用調整の方策の1つに当たりますが、再雇用を前提とした一時解雇なので、次の仕事を探す必要があります。

また、日本では、早期退職希望者の応募や新卒採用人数を減らすことで雇用調整を行うため、あまり浸透していません。

おすすめの転職エージェント5選

リストラとは?リストラがありそうな会社の特徴6つ|レイオフとは?
リストラによる解雇は、精神的にも大きなダメージを負いますが、新たな企業・業種に挑戦できるチャンスと捉えることもでき、これまでに培ってきたキャリアやスキルを活かした転職先を見つけてみませんか。

以下では、キャリアアドバイザーによる転職支援サポートが受けられるおすすめの転職エージェント5社を紹介します。

1:マイナビエージェント

20代・30代の転職に特化した「マイナビエージェント」は、若手人材を求める大手企業の求人情報を多数取り揃えているだけでなく、キャリアアップを目指す20代の転職希望者からも高い評価を得ている転職サイトです。

エージェントの基本的なサービスはもちろん、職種や業界ごとにサイトが開設されており、効率よく求人情報を得られる使い勝手の良さが人気を呼んでいます。

2:パソナキャリア

2019年オリコン顧客満足度調査転職エージェント第1位に輝いた「パソナキャリア」は、常時30,000件以上の豊富な求人件数に加え、取引実績企業16,000社以上、転職後の年収アップ率67.1%の注目の転職サイトです。

パソナキャリアでは、職種や勤務地など条件で求人を探す方法に加え、企業名から求人情報を得ることができるサービスも展開しています。

3:doda

非公開求人を含む10万件以上の求人情報を扱う転職エージェント「doda」は、希望の条件に合った求人の紹介や、転職に関する相談・サポートだけでなく、企業から直接オファーメールが届くスカウトサービスも実施しています。

スカウトサービスは、企業から直接、面接試験を確約するオファーメールが届けられ、自身のスキルや経験に見合った企業を見つけやすい、大手企業・非公開求人企業の面接試験へのチャンスが見込めます。

4:JACリクルートメント

30代~50代の転職希望者をターゲットとする「JACリクルートメント」は、管理職・技術職・専門職の転職に特化した転職エージェントです。

ミドル・ハイクラスの転職をメインに扱うJACリクルートメントでは、外資系の高収入・ハイキャリア案件の多さや、サービスの質が高さが評判を呼び、市場価値の高い応募者の間で高い評価を得ていますが、市場価値が低い応募者には向いていないともエージェントだと言われています。

5:リクルートエージェント

大手求人サイト・リクルートが運営する「リクルートエージェント」は、キャリアアドバイザーとの相談や求人紹介などの転職支援サービスが受けられる転職エージェントです。

リクルートエージェントでは、非公開求人を含めた業界最大数の保有求人数150,000件と、キャリアアドバイザーとの面談を通じて、自分の希望に合った求人の紹介や効率的に転職活動を行いたいと考えている方におすすめです。

リストラの意味を理解しよう

リストラとは?リストラがありそうな会社の特徴6つ|レイオフとは?
リストラとは、会社・組織の再構築を目的に行なわれる整理解雇を意味し、日本では仕事を失うようにマイナスの意味で使用されています。

近年、不景気や会社の株の低下による業績悪化により、大企業でも大量の人員削減が行なわれつつありますが、これまで培ってきた経験・スキル・ノウハウを次の仕事先で活かしませんか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related