Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月11日

ダイバーシティマネジメントは導入すべき?導入の5つのポイント

近年注目を集めているダイバーシティマネジメントという言葉ですが、どのような概念や意味合いを持った言葉なのでしょうか。この記事では、ダイバーシティマネジメントを活用していく上でのメリットや、活用する上でのポイントについて紹介します。

ダイバーシティマネジメントは導入すべき?導入の5つのポイント

ダイバーシティマネジメントとは?

ダイバーシティマネジメントは導入すべき?導入の5つのポイント
最初にダイバーシティマネジメントの意味について紹介していきます。この概念は1960年代にアメリカで考えられ、男性女性、作業の得意不得意など人間の個々が持っている特徴を項目ごとに分け、それぞれに適材適所の作業を与える事で、労働環境改善や経営目標達成を目指します。

一人一人が極度に無理をせず、自分の持ち味を生かした労働を行うことで職場生産性を高めるのが目的です。

ダイバーシティとは

そもそも「ダイバーシティ」とは「多様性」という意味です。当初アメリカで導入された理由は、他民族国家であったためと言われています。

色々な人種がおり、個性も様々、そして男女の違いや、個々の能力差などがある中、いかに企業における生産効率を高める事が大切かを考えた時に、この概念が考案されたものと考えられます。アメリカでの成功事例が広まり、日本でも近年働き方改革により注目を集めてきています。

ダイバーシティマネジメントの現状

ダイバーシティマネジメントは導入すべき?導入の5つのポイント
これまでのダイバーシティマネジメントを取り巻く現状について説明します。従来の日本企業ではしきたり的な価値観から、特に男女雇用の面で不公平感がありました。

この不公平感を無くすため男女雇用均等法が1980年代に成立されましたが、女性が働きやすい労働環境について、今なお細かい問題点が残っています。ダイバーシティマネジメントでは、これら不具合を改善する環境実現ができることから、注目を集めています。

日本企業に浸透していない

実は従来からの日本企業の多くは、「男女平等の雇用」ばかりに注目していて、多様性の1面しか配慮していませんでした。

このため女性の雇用については、たしかに間口を広く構えているものの、労働環境に配慮されていなかったり、結婚や育児への配慮がうやむやだったり、適切に配慮していない企業もありました。

1980年代に男女雇用均等法の成立が行われたものの、女性には働きにくいと感じた人々も少なくはなかったでしょう。

企業にとって重要性が薄い

企業を運営する側からすると、これまでは個々の人間関係についてまで取り決めを行うと運営の協調性を失ってしまい、他社との連携を取りにくくなり浮いた存在だと偏見で見られる事がありました。

話題が持ち上がったとしても企業の経営層で重要度が低いと認識されてしまっており、社会的な偏見を恐れて具体的な導入に至る企業が少ないという実状があり、どうしても目先の仕事が優先され先送りされてきました。

しかし、少子化によって「多様化」も進む

ダイバーシティマネジメントは導入すべき?導入の5つのポイント
現在の日本では、少子化やグローバル化により多様な価値観が進んできています。こうした現状から、現在はダイバーシティマネジメントの導入を検討したり、あるいは既に導入して実践している会社も増えてきています。

ダイバーシティマネジメントは単に雇用の際に間口を広げるだけでなく、従業員の働きやすさや生きがいを向上させ、価値観が多様化した職場の人間関係を円滑にする役割も期待できる事が知られていきました。

グローバル競争を勝ち抜くための価値創造も必要

グローバル競争を勝ち抜くためには、新しい部分から新規に価値を作り出していく事も大切です。

しかしながら、これまでに無い奇抜な概念やプロセスを考慮し、ゼロから新しい価値を想像していくことはとても難しく、また万が一失敗してしまった時のリスクが大きいといったデメリットもあります。

失敗を考慮しつつ、この見出しではいかにリスクを押さえながらグローバル競走を有利にするか、その方法も併せて考えます。

ダイバーシティマネジメント導入のためのポイント

ダイバーシティマネジメントは導入すべき?導入の5つのポイント
ダイバーシティマネジメントを導入するにあたり、確認をしておきいたいポイントについてピックアップし、紹介していきます。働き方に対する概念を導入するため、企業の働き方改革の中でも一番神経質で、かつ丁寧な作業が求められる部分です。

他社の事例を参考にしながら、そのまま当てはめようとせず、現場に即した柔軟な対応ができるようにします。現場に応じたダイバーシティマネジメントの導入が大切です。

ポイント1:社員同士のコミュニケーションの機会をつくる

導入前には、まず社員同士のコミュニケーションの機会を作るようにします。現場に沿った概念を考慮するために、その場のコミュニケーションを大切にしながらすり合わせをしていく事が大切です。

他社の事例などを既存の例として紹介しながら、自社独自のダイバーシティマネジメントプランを作成するようにします。まずは意見を集めて、経営者と現場とが一丸となって取り組めるようにしましょう。

ポイント2:多様な働き方を実現できる環境の整備

ダイバーシティマネジメントは導入すべき?導入の5つのポイント
多様な働き方を実現することができるよう、環境の整備を整える事も大切です。

例えば「出勤時間を調整できる制度を導入する」、「残業時間を調整できる制度を導入する」などの方法で、従業員の生活環境に対して適切な労働時間を当てはめ仕事を行いやすいようにします。

仮に上記のような配慮があれば、女性でも仕事と育児とを両立しやすく不安を感じにくくなるほか、男性でも育児や介護のために仕事が影響されにくくなります。

ポイント3:多様な人が共感できる企業ビジョン

ダイバーシティマネジメントのメリットは、多様な価値観を受け入れて生産性を高める事にあります。そのためには、色々な人が意見を寄せ、共感できる企業ビジョンを考慮する事も大切です。

従業員の価値観の違いには男女の違いだけでなく、作業の得意不得意もありますが、個々の価値観と現場の目標とをうまくリンクさせた作業形態を考えていく事が大切です。またポイント1の要素を取り入れ、対話の機会を作る事を心がけましょう。

ポイント4:従業員への啓蒙活動

ダイバーシティマネジメントは導入すべき?導入の5つのポイント
やはりこちらもポイント1の要素とリンクする内容となっていますが、従業員への啓蒙活動を積極的に行い、普段からダイバーシティマネジメントの概念について、コミュニケーションの機会を作る事を心がけるようにします。

日常的に多様な価値観を共有できるようにするためにも、普段から時間をかけて要望などを集めるきっかけに繋がりやすくなります。時間をかけておけば導入の際もスムーズに行うことができるようになるでしょう。

ポイント5:プロトタイプを作成しテストを行う

ダイバーシティマネジメントのポリシーが確定した時は、まず一度プロトタイプを作成し、小さなグループでテストを行うようにします。導入まで整えてきた具体的な策定プランを形にし、プロトタイプのテストを実践してみます。

ダイバーシティマネジメントのポリシーを導入してから小規模の人数でテストし、限定された小規模グループでテストを行い、ポリシーの評価や、問題点などについても検証を行います。

ダイバーシティマネジメント導入のメリット

ダイバーシティマネジメントは導入すべき?導入の5つのポイント
この概念のメリットは、
・優秀な人材の確保を行いやすい。
・人材活用をしやすい。
・市場において有利性向上。
・生産性の向上。職場での働き方改革ができる。
といった特徴があります。

他にも企業へもたらすメリットがあり、また多様な社員の違いを戦略的に生かし、競争力強化につなげることができます。半面、職場の価値観が多様化する事によってデメリットの出現も考えられるため併せて考慮します。

メリット1:人材確保ができる

優秀な人材の確保を行いやすくなります。近年では職場の作業環境の多くがIT化しており、グローバリゼーションも行われているようになってきています。

企業を取り巻く社会情勢は、世界レベルで有能な人材の争奪戦が行われているのが現状です。多様化を受け入れることで、就業への間口も広くなり働き安くなることから、従業員に対するイメージアップになり優秀な人材確保を行いやすくする事もできます。

メリット2:企業評価が向上する

ダイバーシティマネジメントは導入すべき?導入の5つのポイント
従業員からの働き方に対するイメージ改善により企業評価が向上しやすく、市場において有利性が向上しやすくなります。

例えば従業員として働いていた女性社員が結婚し、育児休暇を取った前後からは就業時間の調整に応じるとか、無理な作業は交代してもらうといった配慮が可能です。

仕事に対するネガティブな印象が改善され、従業員への柔軟な配慮により働きやすくなる事から、企業評価が向上しやすくなります。

メリット3:ビジネスチャンスの拡大

市場内において、企業の有利性も向上しやすくなります。従業員個々の働き方に併せた労働環境を整えることで、従業員が働きやすい職場環境の改善を行っていくほか、職場内での仕事への負担が軽減され、仕事外の負担軽減にも繋がります。

適切なダイバーシティマネジメントのプランを推進する事で、ビジネスチャンス拡大や働き方改革ができ、結果的に生産性の向上にもつながります。

メリット4:ハラスメント発生リスクの軽減

ダイバーシティマネジメントは導入すべき?導入の5つのポイント
デメリットともなるポイントですが、価値観がバラバラにもなりやすく、パワハラが発生しやすくなる可能性があります。価値観の統制を整えないようにしてしまえばダイバーシティマネジメントの意味合いが薄れてしまいます。

反面、ダイバーシティマネジメントを強く推進すると、今度は価値観が合わなくなりハラスメントが発生しやすくなります。適切な配慮を行うことができれば発生リスクを軽減できます。

メリット5:職場での働き方改善ができる

職場での働き方改革のためダイバーシティマネジメントの推進を行うと同時に、価値観がバラバラになってしまわないよう、リスクを踏まえてバランスが取れた導入が必要です。

ダイバーシティマネジメントが適切に配慮されている職場環境なら、従業員へのモチベーション向上を行いながら、精神面での衛生環境も整える事ができます。バランスが取れた職場環境は従業員同士の雰囲気もよくなり、結果的に生産性も向上します。

ダイバーシティマネジメントの導入事例

ダイバーシティマネジメントは導入すべき?導入の5つのポイント
最後に、ダイバーシティマネジメントの導入事例について紹介をします。日本企業では近年大手企業を中心として、ダイバーシティマネジメントの導入が進められてきています。

ダイバーシティマネジメントが各企業においてどのような形で導入されているのかについて説明していきます。どの企業も既存の概念にとらわれず、オリジナリティある形にアレンジしており、自社に適応しやすい形で導入しているのが特徴です。

事例1:日本IBM

IT系のグローバル企業として知られている日本IBMでは、人種や肌の色、宗教観に関わらず平等な条件で雇用するという概念で推進されています。また性別や性的指向といった差別禁止項目についても併せて設定されており、価値観の多様化による弊害が生じにくいような配慮がなされています。

思想や文化、人種、性別、出身地などの違いを持っている人材を受け入れる雇用制度のポリシーとなっている点が特徴です。

事例2:資生堂

化粧品メーカーとして知られている資生堂では、こちらもはやり個性や価値観の違いを意識しながらも、モラルハラスメントや健康状態に配慮しています。

従業員の個性や人間性といった多様性を尊重しており、従業員が力を合わせて生産性向上を意識している点も特徴となっています。

従業員側から見ても、個々が成長できる機会を意識したポリシーとして配慮されており、社内だけでなく社会との協調性を意識した内容と言えます。

ダイバーシティマネジメントは積極的に取り入れるべき

ダイバーシティマネジメントは導入すべき?導入の5つのポイント
これまで解説をしてきた通り、ダイバーシティマネジメントの導入を取り入れている企業の多くは、従業員の価値観の多様化を認めると共に、価値観がバラバラになってしまいハラスメントの発生を防ぐといった配慮を行っている点に注目しましょう。

従業員の利点を評価しながら、欠点も見据えた仕組みを考慮しておく事で、企業が持っている潜在能力を引き出しパフォーマンスを改善する事ができる点が、最大の強みとなっています。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related