Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月15日

ゲーム業界はブラック?そんな人におすすめの転職先5選

多くの人々に愛され、親しまれるゲームの仕事ができることから、ゲーム業界は仕事自体も自由で楽しそうなイメージがあります。しかし一方で、長時間労働や低賃金などブラックさがある声も上がっています。今回はゲーム業界のブラックさとおすすめの転職先を解説していきます。

ゲーム業界はブラック?そんな人におすすめの転職先5選

ゲーム業界はブラック?

ゲーム業界はブラック?そんな人におすすめの転職先5選
世代問わず多くの人々に楽しまれ、親しまれているゲームに関わる仕事の社会、すなわちゲーム業界は自由で楽しそうなイメージがあります。

しかし実はゲーム業界はかなりのブラックで離職率が高いことで知られており、その理想と現実のギャップは大きいものとなっています。

誰もが好き好むものに関われる仕事という理想と、実際はそうでない現実のギャップは大きいです。

ゲーム業界で働いた人の口コミ

下の口コミからわかるとおり、納期などに追われてのハードワークや長時間労働していて、さらに低賃金の残業まみれといったゲーム業界の現場を経験している人が何人もいます。

そんな現状に、働くことに憧れていたゲーム業界を辞めたくなったり、逃げ出したくなる人が現れるのも無理はないことです。

そこで今回の記事では、ゲーム業界のブラックさと、ゲーム業界から異業種に転職するにはどうすればいいのかを解説していきます。

残業は23時過ぎまで仕事してギリギリの電車で帰るのが日常でした。毎日続くと体調も結構ツラかったです…。残業は多いですが、サービス残業はほとんどなかったです。

出典: https://www.tensyoku-station.jp/116704/ |

ゲーム業界がブラックと言われる理由

それでは、多くの人が憧れて、働くことを夢見ているゲーム業界がブラックと言われているのは一体どうしてなのでしょうか。

その理由に以下の3つを取り上げましたので、ゲーム業界のブラックさについて気になっている人はこれらに目を通し、参考にすることをおすすめします。

理由1:長時間労働

ゲーム業界は、ゲームを作るクリエイティブ系の仕事が多く、このタイプの仕事に関わる人は、基本仕事がメインの生活となります。ゲームを開発するのには当然のようにとにかく時間はかかり、さらに会議や打ち合わせもエンドレスと言っていいほど行われることが多いです。

残業はもちろん、泊まり込んでの仕事もほぼ高い可能性で考えられますので、ゲーム業界で働くならまずこちらを呑み込むことから始めたほうがいいでしょう。

理由2:賃金が安い

前項の長時間労働を強いられるわりには、ゲーム業界の仕事はほとんどが給料が安いという声が多く、ブラックな意味で評判となっています。

ボーナスもあまり出ない方で年収は平均300万とされ、プログラミングなどの高いレベルの仕事の手取りも16万円前後と割に合わないケースも多く存在します。

こうした給料面でのブラックさからも生活が辛くなり、ゲーム業界を続けていくのが早いうちに辛くなるのも無理はありません。

理由3:生活とのバランスが取れない

ゲーム業界で仕事を長く続けられても、年齢と共に体力的に辛くなっていき、さらに前項の長時間労働による長い拘束時間で家庭との両立が困難になっていきます。

さらに子育てができない、家へ帰れない、ストレスで体調悪化など、こうした生活のバランスの取れなさで家庭崩壊につながるケースも少なくありません。

こうした生活や家庭面にもつながる問題も、ゲーム業界のブラックさを物語る一面と言っても過言ではありません。

ホワイトなゲーム会社はどんな会社?

以上の3つの特徴がゲーム業界がブラックと多くの人に言わしめる理由となり、そのブラックな特徴は今でも健在となっています。

それでは、ゲーム業界でホワイトな会社があるとしたら、一体どのような会社なのでしょうか。そのホワイトの会社には、以下の5つの特徴があります。

定時で帰れる

ゲーム業界は長時間労働を強いられることが多いですが、会社の仕事の状況、積んだ経験値次第では定時で帰れることができるようになります。

例えば、あるゲーム会社で働く会社員の場合、その会社員はプロ経験3年目あたりから仕事が捗り、残業をしなくても済むようになり、定時に帰れるようになりました。

また、プロ経験がなくてもスケジュールに間に合うよう仕事をすませられれば、定時帰りとなっても問題はありません。

簡単に休みがとれる

ゲーム業界は基本的にスケジュールに間に合えば良い会社が多い傾向にあり、スケジュールの進捗に問題がなければ休みを取っても大丈夫です。

忙しい場合は休日出勤もありえますが、ゲーム会社は基本的に土日祝日は休日で、お盆休みや年末年始休暇もあるなど他の業界と同じく休みを設けているところが多いです。

しかし、E3などのゲームイベントへの出展を控えている場合は、GWあたりに休日出勤をする可能性もあります。

フレックスタイム制がある

ゲーム業界には従業員が自分で始業と終業時刻を決められる「フレックスタイム」と呼ばれる制度を採用している会社があります。

例えば、「9時に出社して18時退社」「10時に出社して19時退社」など選べることができ、自分で働く時間を決めることができるということです。

そしてこのフレックスタイム制を採用する会社は増えてきており、勤務時間を調整しての脱ブラックの試みが行われていると言っても過言ではありません。

年収が高め

最初のブラックと言われる理由のひとつにも挙げましたが、働き方改革が行われて以降、ゲーム業界でも勤務時間の改善はもちろん、残業代を出て年収を上げようとする会社も増えてきています。

ちなみにゲーム会社の社員の月収は平均20万円〜30万円くらいとされており、これで少ないという人もいれば、満足できるという人もいて、年収や月収の高い低い、そして違いと感じ方は会社はもちろん人それぞれだと言えます。

独立がしやすい

ゲーム業界は技術職のスキルを磨くことができる仕事が多く、その磨いたスキルはCGやその他フリーランスの副業として独立することに大いに役立ちます。

長時間労働や賃金の安さなどのブラックな面はありますが、こうした会社の仕事での頑張りを自分の資産にできるチャンスもあることから、ゲーム業界に就職するのも一つの手であると言えます。

ゲーム会社からのおすすめ転職先5選

以上でゲーム業界のブラックとホワイトの特徴についてそれぞれ解説しましたが、ゲーム業界から転職するにはどういったエージェントやサイトを参考にすればいいのでしょうか。

そこで、おすすめする転職先を5つ以下に紹介します。ゲーム業界を続けるのが厳しくなってきた、もしくはゲーム業界の次にどこへ行くのかを考えているという方は、ぜひとも参考にしてください。

おすすめ転職先1:Web業界

ゲーム業界はブラック?そんな人におすすめの転職先5選
昨今、ゲーム業界と並んで急成長を続けているのがWeb業界で、人材登用も極めて積極的であり、ゲーム業界からWeb業界へ転職していく人はとても多く存在します。

さらに製作スタッフだけでなくディレクターやプロデューサーなど管理職クラスまで異動をする人もいて、ゲーム業界でこれ以上出世が見込めないという人には転職を考える価値はあります。

おすすめ転職先2:SNS系

Web業界と並ぶゲーム業界からの転職先がSNS系で、ゲーム業界で働いている人に大手SNS系メーカーから声がかかるケースも少なくありません。

SNS系ゲームに関わる仕事もあり、その開発期間は数カ月程度と非常に短めで忙しそうに見えますが、随時リリースと追加修正の繰り返しで繁忙期と閑散期という区別はありません。

そのため、長時間労働などのブラックさもなく、安定的に勤務できるのも魅力と言えます。

おすすめ転職先3:パチスロ業界

ゲーム業界はブラック?そんな人におすすめの転職先5選
パチスロで使用されるCGなどの映像に携わるため、ゲーム業界からパチスロ業界へ転職する人もいます。最近のパチスロマシンは映像を多用しているので、ゲーム開発で習得したCGスキルが十分に活用できるのが魅力です。

そして、同じエンターテイメント系としてゲーム業界の分類の中にはパチスロ関連の開発もいくつかありますので、ゲーム業界でのキャリアやスキルを活かすこともできます。

おすすめ転職先4:映像デザイン業界

ゲーム業界はブラック?そんな人におすすめの転職先5選
映像業界もデジタル化などの目覚ましい進歩を遂げており、その進歩をさらに伸ばすための技術を持つ人材が求められています。

ゲーム業界においても、ゲームの要となる映像やデザインのレベルも進歩を遂げていて、映画やTVのクオリティにも負けないものとなっています。

そして、そのハイスペック映像へのこだわりとして、ゲーム業界から映像デザイン業界への転職を考える人も増えてきています。

おすすめ転職先5:スクールや専門学校の講師

ゲーム業界はブラック?そんな人におすすめの転職先5選
ゲームを作る仕事に憧れてゲーム業界に入りたいという人は多いため、ゲーム関連のスクールや専門学校への講師へ転職するという道もあります。

ゲームやデザイン関連の講師として転職することで、ゲーム業界で見てきた現実や実態を交えつつ、デザイン技術や画像処理ソフトの指導をしていきます。

そして、ゲーム業界で培った、プログラムなども含めたゲームシステムの開発スキルを活かすこともできます。

異業種へ転職するならエージェントの利用がおすすめ

ゲーム業界はブラック?そんな人におすすめの転職先5選
ゲーム業界からの異業種への転職を考えている人にとっておすすめできるのは、エージェントと呼ばれる転職専門サイトがおすすめです。

これから以下に紹介する5つのサイトは、エージェントの中でも最も信頼できるもので、インターネットの口コミなどでもおすすめする声は多いです。

現在のゲーム業界の仕事先がブラックでもう続けられない、ブラックからホワイトへと転職したいという方は、ぜひとも参考にしてください。

おすすめエージェント1:マイナビエージェント

ゲーム業界はブラック?そんな人におすすめの転職先5選
首都圏・関西圏で実績があり、数あるエージェントの中でもトップクラスの利用者満足度を誇る転職エージェントです。ゲーム業界も含めた幅広い業界に対応しており、大手企業のみならず、中小・ベンチャー企業への求人情報も多数取り扱っています。

さらに面積や履歴書対策、アフターフォローといった転職者に寄り添った手厚いサポートもありますので、転職ならまずこのエージェントと言っても過言ではありません。

おすすめエージェント2:type転職エージェント

ゲーム業界はブラック?そんな人におすすめの転職先5選
年収交渉に強みを置き、転職者のために転職先と粘り強い交渉を続けてくれることで評判の転職エージェントです。

さらに創業25年と長い歴史を持っていて取り扱う求人情報は大手企業・会社が含まれており、登録者ひとりに親身なサポートをしてくれることが魅力です。

現在の仕事先はブラック会社・企業だから早く辞めたい、しかし自分の年収は落としたくないという悩みを抱えている方におすすめできます。

おすすめエージェント3:JAIC(ジェイック)

ゲーム業界はブラック?そんな人におすすめの転職先5選
ホワイトさを重視した求人を厳選したエージェントで、ブラック企業・会社に行きたくない人に心強いサイトです。

登録後は専任のカウンセラーがつき、キャリアプランを一緒に考えるなどのフォローをしてもらえることから、就職・転職成功までの定着率・満足度94.3%と高い実績を誇ります。

転職したいけどブラック企業には行きたくないという方にもおすすめできますので、気になったらぜひ登録から始めてみてください。

おすすめエージェント4:パソナキャリア

ゲーム業界はブラック?そんな人におすすめの転職先5選
キャリアバイザーからの手厚いカウンセリングが評判の転職エージェントで、真摯かつ丁寧な面談でしっかりと転職プランを練られるのが強みです。

書類の書き方や面接、職場条件の見直しなどのアドバイスを1時間超の面談の中でしてもらえるので、後悔のない転職をしたい方におすすめです。

東京・名古屋・大阪の求人情報を多く取り扱っているので、同地域での転職を考えている方は一度チェックしてみましょう。

おすすめエージェント5:ウズキャリ

ゲーム業界はブラック?そんな人におすすめの転職先5選
第二新卒・既卒・フリーター・ニートを対象とした転職エージェントで、ブラック企業や会社を徹底排除した求人情報へのこだわりで評判です。

ブラックの求人排除、面接対策に2時間を費やすなどサポート面にも徹底することで、全体的な就職内定率が86%、定着率95%とかなりの実績を誇っています。

ゲーム業界のブラックさに疲れた人、ブラック企業や会社への転職を避けたい人にも間違いなくおすすめできるエージェントです。

ブラックな環境と感じたらゲーム業界から異業種への転職もアリ

ゲーム業界はブラック?そんな人におすすめの転職先5選
いかがでしたでしょうか。今回の記事では、ゲーム業界のブラックさと、ブラックだと感じた人におすすめできる転職先について解説しました。

多くの人々に愛されるゲームに関わる仕事ができるゲーム業界は、自由で楽しそうなイメージがありますが、必ずしもそのとおりの仕事ができるとは限りません。

もしもゲーム業界での仕事先がブラックだと感じたら、この記事に目を通し自分にあった仕事への道を模索してみてください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related