Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月16日

転職理由でワークライフバランスを挙げるのはNG?面接官が受ける印象4つ

ワークライフバランスを適切に保つことは、人生をよくしていく上でとても重要です。現在の環境でワークライフバランスが保てないのであれば、思い切って環境を変えていく必要があります。ワークライフバランスを重視して転職をする際に、注意すべき点を考えていきましょう。

転職理由でワークライフバランスを挙げるのはNG?面接官が受ける印象4つ

ワークライフバランスとは?

転職理由でワークライフバランスを挙げるのはNG?面接官が受ける印象4つ
近年、仕事をしていく上でワークライフバランスが重要だと言われることが多くなっています。ワークライフバランスを適正に保ちたいという転職理由で会社を辞めるというケースも増えています。

ワークライフバランスというのは、どのようなものなのでしょうか。また、ワークライフバランスは何をすれば適正になるのでしょうか。

ワークライフバランスとは何か、転職理由として認められるものなのかということについて紹介します。

意味

ワークライフバランスの意味は、文字どおり仕事と生活を調和させるということです。

ワークライフバランスを実現するということは、やりがいや充実感を持って仕事をしていきながら、地域生活や家庭における個々人の役割を果たしていくということです。

ワークライフバランスは人生の中の子育て期や会社をリタイヤした後などのそれぞれ時期によって望まれる実現の仕方が変わってきます。

なぜワークライフバランスが重視されるようになったのか

転職理由でワークライフバランスを挙げるのはNG?面接官が受ける印象4つ
最近は転職理由にワークライフバランスを挙げることが多くなってきました。

社会の中で生きていく上で、仕事だけを重要と考えて家庭をかえりみないケースは昔からあるのですが、ワークライフバランスを適切に保つことができないことによる弊害が社会に与える影響が大きくなってきたため、取り上げられるようになってきました。

ここではワークライフバランスが重要視されるようになってきた背景についてご説明します。

理由1:非正規雇用の増加による働き方の2極化

ワークライフバランスが重要視されるようになってきた原因の一つは、非正規雇用労働者の増加による働き方の2極化です。

景気の悪化を受けて、企業は簡単にやめさせることのできない正社員の代わりに、非正規雇用の労働者の採用を増やす戦略をとるようになりました。

正社員は長時間労働やサービス残業などの増加など、非正規雇用は社会的身分の不安定さという問題を抱え、適切なワークライフバランスが保てない状態になりました。

理由2:共働き世帯の増加

転職理由でワークライフバランスを挙げるのはNG?面接官が受ける印象4つ
ワークライフバランスにとってのもう一つの問題は、賃金の低下に伴う共働き世帯の増加です。

一人の収入では家計を維持できなくなり、夫婦二人で共働きをするようになった結果、家事や育児の負担が大きくなり、地域社会の活動への参加が難しくなってきています。

共働き世帯が増えた結果子どもを家庭で育てることが難しくなり、また、子どもを預かってくれる施設の不足などにより、ワークライフバランスが保てなくなっています。

理由3:人口減少に伴う女性・高齢者の就業参加

転職理由でワークライフバランスを挙げるのはNG?面接官が受ける印象4つ
出生率の低下により日本の人口は減ってきているのも、ワークライフバランスに悪い影響をもたらしています。人口の減少に伴い、女性や高齢者が働かなければならない仕事も多くなっています。

女性や高齢者の就業参加により、これまで女性や高齢者が担っていた生活にかかわるタスクが実現できなくなっています。

また、高齢の親に育児などをサポートしてもらうための生活拠点の変更が転職理由になるケースも増えてきています。

転職理由としてもワークライフバランスが重要視される

転職理由でワークライフバランスを挙げるのはNG?面接官が受ける印象4つ
ここまで挙げてきたような理由により、生活を維持するために転職する必要が増えてきています。せっかく務めていた会社を、ワークライフバランスの維持を転職理由としてやめなければならないケースが実際に起きています。

これまでは仕事が第一で、二の次にされていたワークライフバランスが重要な転職理由になってきています。

仕事と生活は生きていく上でどちらも同じように欠くことはできません。

転職理由として「ワークライフバランスの重視」はどう見られる?

転職理由でワークライフバランスを挙げるのはNG?面接官が受ける印象4つ
現在の仕事で生活を成り立たせることができないということであれば、転職をすることが視野に入ってきます。

実際に転職活動を行う上で、ワークライフバランスを転職理由とすることは、転職先にどのような印象を与えるのでしょうか。

ワークライフバランスは決して望ましくない転職理由ではありません。ここでは、ワークライフバランスを転職理由とする時に、あらぬ誤解を受けないようにする説明の仕方をご紹介します。

印象1:一般的には「職場環境の不満」にカテゴライズされる

転職理由でワークライフバランスを挙げるのはNG?面接官が受ける印象4つ
転職理由をワークライフバランスとした場合に、採用する側が受ける印象の一つ目は、職場環境に不満を持ちやすい性格なのではないかということです。

不満を持ちやすい性格だと思われると、自社でも同じようにすぐやめてしまうのではないかと不安を持たれてしまいます。

不満の多い性格だと思われないためには、前の職場が生活していく上で難しかった理由を明確にして、自分が望む条件をはっきりさせるとよいでしょう。

印象2:「ワークライフバランスの重視」だけでは転職理由として弱い

転職理由がワークライフバランスの重視というだけでは、前職を止めるに至った理由としては漠然とし過ぎています。

実際に自分が前職で成し遂げたかったことがどんなものであり、その実現のためにワークライフバランスの不足がどのように影響したのかということを伝えましょう。

企業にとっては、ワークライフバランスを整えることで自社で何をやってもらえるのかを転職理由としてアピールしてもらった方がわかりやすいです。

印象3:プライベートを優先すると受け取られかねない

ワークライフバランスを重視するという転職理由は、仕事より個人の生活を優先すると受け取られかねません。

ワークライフバランスを充実させるのは、家庭だけに重心を置くということではなく、会社での疲れを癒す時間をとって仕事のパフォーマンスを最大限にするためです。

ワークライフバランスを転職理由とする場合は、仕事の結果を出すためにワークライフバランスを整えたいというスタンスをはっきりさせる必要があるでしょう。

印象4:「ワークライフバランスを重視して何を実現したいのか」が重要

転職理由でワークライフバランスを挙げるのはNG?面接官が受ける印象4つ
転職理由としてワークライフバランスを挙げる時には、ワークライフバランスを重視して何を実現したいのかが問われます。

転職という大きな決断をしたのですから、必ず実現したいことがあるはずです。

会社を辞めるのではなく、転職しようとしているのですから、生活のみを重視しているわけではありません。ワークライフバランスを整えることで、仕事に集中して結果を出していきたいということをしっかり伝える必要があります。

「ワークライフバランスを重視して何を実現したいのか」の回答例

転職理由でワークライフバランスを挙げるのはNG?面接官が受ける印象4つ
それでは、ワークライフバランスを転職理由として転職先と話をする場合に、どのように伝えれば誤解を受けずに話をできるでしょうか。

ここでは、転職理由としてワークライフバランスを挙げる場合にするべき具体的な説明をご紹介します。

回答例1:安定して働くことで専門スキルを習得したい

転職理由としてワークライフバランスを重視する理由を問われた場合、生活に関する不安や制限を減らすことで、専門的な仕事を集中して行えるということを伝えましょう。

ワークライフバランスを安定させることで生活面に関する不安が少なくなれば、仕事に集中して専門的なスキルを習得することが可能になり、転職先にも貢献できると伝えましょう。

回答例2:限られた時間で効率よく成果を出したい

転職理由でワークライフバランスを挙げるのはNG?面接官が受ける印象4つ
ワークライフバランスの重視を転職理由とする理由は、集中力を維持できるような仕事と生活のバランスを実現したいということです。

人間は長時間以上同じ仕事を続けると、効率が大きくダウンします。

無理な長時間労働で生産性の悪い仕事をするより、最大のパフォーマンスで仕事をすることで成果を出していきたいということを伝えましょう。

回答例3:企業にも貢献できる資格を取得したい

毎日長時間労働を続けていると、個人のスキルアップに回す時間をとることができません。

転職理由にワークライフバランスを挙げるのは、余暇に企業にも貢献できる資格を取るためであるということを強調しましょう。

余暇を生活のためだけでなく、自分の能力を伸ばすための自己啓発に充てるという姿勢は転職先に評価されるでしょう。

ワークライフバランスを重視した企業へ転職をするためには?

転職理由でワークライフバランスを挙げるのはNG?面接官が受ける印象4つ
ワークライフバランスを転職理由として新しい仕事を探すときに、ワークライフバランスを重視することを理解してくれる企業を探すのは、なかなか大変です。

ワークライフバランスの重視を転職理由にする場合、どんなことに気をつけて転職先を探せばよいでしょうか。

情報収集が大事

転職理由でワークライフバランスを挙げるのはNG?面接官が受ける印象4つ
転職理由にワークライフバランスの重視を挙げて転職先を探すときに、最も重要なのは転職先に対する情報収集です。

表面的にはワークライフバランスの重視を挙げていても、実際は長時間労働を強いてくるような会社も多く存在します。

個人でできる情報収集には限界がありますが、情報収集から転職交渉をサポートしてくれるのが転職エージェントです。

情報収集には転職エージェントの利用がおすすめ

転職理由でワークライフバランスを挙げるのはNG?面接官が受ける印象4つ
なぜ転職エージェントを利用すると、転職の情報収集がうまくいくのでしょうか。

転職エージェントは転職の斡旋が専門でありたくさんの企業と接触しており、建前でない生の情報を持っているからです。

転職したい人の転職理由が満たされないと定着せず、すぐに離職してしまう可能性もあります。そうすると転職エージェントの評価が下がってしまうので、転職者の希望条件に、確かに合致した企業を提案してくれます。

1:応募前に企業のナマ情報を知れる

転職エージェントは転職を成功させることが仕事ですので、企業の求人と求職者の希望をマッチさせて、企業と求職者双方にとって良い結果を出す必要があります。

転職したい人の転職理由を確実に満たすため、転職理由と企業のナマ情報をすり合わせ、転職者のニーズに合った企業を選び出してくれます。

企業のナマ情報を教えてもらえるので、転職者が自分が本当に働きやすい環境かどうかを判断することができます。

2:ワークライフバランスを重視した企業を紹介してくれる

転職理由の中で、仕事と生活のバランスが取れないためという理由は大勢の人が抱えています。企業の側では、仕事でより良いパフォーマンスを上げてもらえるなら、労働条件については譲歩できるという企業もあります。

転職エージェントは要求の多いワークライフバランスの重視という転職理由については、確実な情報と企業側のニーズを把握しているので、適切なマッチングを期待できます。

おすすめの転職エージェント

転職理由でワークライフバランスを挙げるのはNG?面接官が受ける印象4つ
転職エージェントに相談しようと考えても、実際にどのような転職エージェントがあるのか、なかなかわかりません。

たくさんの転職エージェントがありますが、それぞれのエージェントによって得意分野も違います。転職を成功させるためには、自分に合ったエージェントにサポートしてもらうことが一番です。

ここでは、ワークライフバランスの重視という転職理由を満たしてもらえる転職エージェントをご紹介します。

1:リクルートエージェント

新卒の就職でも名前の知られているリクルートの転職エージェントで、知名度の高さが参加企業や求職者の多さにつながり、求人数は10万件を超え、転職成功実績は業界No.1で累計32万人の方の転職が成功しています。参加企業が多いので、転職理由も自由度が高いです。

土日祝日や平日20時以降でも転職相談ができる体制をとっているので、現在ワークバランスが整っていない環境の方でも気軽に転職相談をすることができます。

2:doda

dodaは10万件以上の求人があり、20代や第二新卒のような若手が利用者に多く、転職者満足度はかなり高いです。

各業界に詳しいアドバイザーが、書類作成から面接対策、企業との調整などをトータルでサポートしてくれます。

キャリアカウンセリングで転職理由を詰めることができ、ワークライフバランスの充実も織り込んでもらうことができます。

3:マイナビエージェント

名前でわかるとおり、新卒向けの有名サイト「マイナビ」による転職エージェントで、未経験でもOKの求人が多く、若手の転職に強いサイトです。

中小企業の独占案件が多く、全国の求人案件があるので、大手の転職サイトでは見つけられない就職先も多いです。

中小企業は独自の働き方を推進している企業も多く、ワークライフバランスの重視という転職理由とマッチする求人もたくさんあります。

4:BIZREACH

現在テレビのコマーシャルで積極的に宣伝をしているBIZREACHは、ヘッドハンターが2,000人以上在籍しており、年収600万円以上の転職経験者にもっとも支持されている転職エージェントです。

高年収向けの会員制転職サービスで、非公開案件も多数あり、高いスキルを持った人がワークライフバランスを重視して転職する場合に向いています。

5:ハタラクティブ

ハタラクティブは登録がネットで簡単にでき、転職エージェントとの相談もチャットツールを使って気軽に連絡できる転職エージェントです。

面接から入社準備までトータルサポートがあり、なかでもお勧めは自分に合った仕事を見極めて紹介してもらえる企業発見カウンセリングです。

企業の現場に実際に足を運んで集めた求人票ではわからない仕事環境も把握しているので、ワークライフバランスを重視した転職には強い味方になります。

しっかり対策してワークライフバランスのとれた企業に転職しよう

転職理由でワークライフバランスを挙げるのはNG?面接官が受ける印象4つ
よい人生を送るためには、ワークライフバランスがとても重要です。

現在の仕事でワークライフバランスを適正にたもてないのであれば、積極的に転職を考える必要があります。幸い、まだまだ少数ではありますが、ワークライフバランスの重要性を理解している企業も増えてきています。

ワークライフバランスを社員と同じ視点で考えてくれる企業に転職するために、転職エージェントとともにあなたに合った会社を探していきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related