Search

検索したいワードを入力してください

2017年03月01日

社会人1年目の心得|仕事が辛くなった時の対処法|転職のメリット・デメリット

社会人1年目となると、今までの学生生活とは打って変わり、慣れないことの連続だと思います。そんな社会人1年目の人が持つべき心得や社会人としての生活をより良くするための方法、そして社会人1年目の転職について紹介していきたいと思います。

社会人1年目の心得|仕事が辛くなった時の対処法|転職のメリット・デメリット

社会人1年目の心得

成長することを忘れずに仕事に打ち込む

社会人1年目となると、仕事を始めるうえで最も重要な時期になってきます。学生時代とは違い、アルバイトとしての雇用ではなく、会社から人材として雇われるということもあって責任感が全く違います。

そして何より、専門職ではない限りはとにかく初めての連続であり失敗することも多く存在するでしょう。そのため、社会人1年目では、成長するということを常に頭に入れておくことが重要になってきます。仮にも、勤めている会社が大企業であれば、その分雇用されている人数も多く、多くの同僚と社会人生活をスタートすることになるでしょう。

野心を持つことも重要!

社会人1年目は、仕事を辞めたいと思う人の割合が高まっているといわれています。初めて正社員として雇用される会社ですから、相当な企業研究がない限りは、入社する前のギャップを感じてしまうわけです。

このギャップを感じないためにも、自分の中で意識の改革を行うことが重要になってきます。常に成長するという環境に、身を投じていれば話は別ですが、会社の基盤が整っている場合はそうはいきません。

しかし、意識だけでも変えていれば、上司や会社からの目は少しでも良い方向に変わってくるでしょう。ここで重要になってくるのは、野心を常に持っておくということです。野心といっても漠然としており、どのようなものをもって仕事に打ち込めばいいかわからないという人も出てくるでしょう。

単純に「この会社の同僚の中では売上トップになる」ということや「2年後には上司を部下にする」というものでもよいです。自分で考えてみて、これは出来そうにないということを目標として定めておくことによって意識の改革を行うことができます。常に野心を持って行動していれば、ハングリー精神をもって仕事に打ち込むことができますから、その目標に向かって仕事に打ち込めることでしょう。
しかし、その中で10年勤続している人の割合は、半分にも満たないといわれているのです。仕事の辛さや、理想のギャップに転職をしたり退職したりする人が多い中で、できることならその会社で一生を終えたいと思っているなら、成長を念頭に置くことです。

成長したいという気持ちがあるだけでも、仕事に対してかなりの意欲をもって打ち込むことができます。また、社会人1年目となると、会社側からすれば手探りの状態で、相当有能ではない限り重要なプロジェクトを任せられないでしょう。

しかし、仕事に真剣に打ち込んでいるという真剣な姿勢を見せるだけでも、会社側にはよく映ります。成長したいという意欲があるなら、行動に移して誰よりも仕事を早く終わらせて、自分自身の鍛錬のために多少つらくても努力することが重要となります。

社会人1年目の平均年収・上手な貯金方法

職種、地域によって変化する!

社会人1年目の平均年収は、職種や入社した企業、地域によって変わってきます。

例えば、専門職になってくると、一般職に比べて専門的な仕事をするということもあって、若干年収は高くなってきます。

しかし、250万円~300万円の差なので、五十歩百歩というのが現状です。地域によって変わってくるのは、自然の摂理といってもよいでしょう。
当然、田舎になってくると最低賃金も低くなってくるので、ボーナスを含めても平均年収が250万円以下という場合もあります。

しかし、都会に出てみると高くて300万円以上も年間にもらっている人も存在します。地方から、都会に出て就職する人が多いというのは、この平均年収の高さにもよく関わっていることでしょう。

学生時代とは違うことを念頭に置いておく

社会人1年目で貯金をしたいと思ったら、かなり切り詰めないと難しいという人が存在します。これは、学生の感覚がまだ抜けていないということが理由として挙げれられます。学生のときは、アルバイトで稼いだお金はすべて自分のものに使っており、若干親に頼っていた部分もあるでしょう。

しかし、社会人になればそれなりに自立しなければなりませんし、金銭的な面でも自立することになります。ましてや、地方から都会のほうに上京するとなったときは、一人暮らしを始めなければなりません。

そうなると、今まで考えなかった「家賃、光熱費、生活費」などを考慮した上で生活することになります。学生時代から完全に自立しているという人も存在しますが、そういった金銭的な面では少し寛容になっていた部分もあるでしょう。

ここで重要になってくるのは、社会人と学生ではお金を使用するシーンが変わってくるということです。社会人になれば、取引先の人との付き合いで食事に行ったりしますし、同僚と飲みに行ったりすることも多いでしょう。そうなれば、学生時代にはなかった出費も増えてきますし、予想外の部分での出費が増え貯金が遠のいてしまいます。

そうならないためにも、社会人1年目の時は学生時代と生活が変わったということを念頭に置いて、急な出費に対応できるようにするとよいでしょう。勤続していくにつれて給料は上がっていくことでしょうから、それと同時に貯金を考えていくとよいです。何かと社会人1年目になると出費がかさんでくるので、余ったお金を全額貯金するという感覚で貯金していくと効果的です。

仕事が辛くなった時の対処法

一日何もしない時間を設けることも重要

社会人1年目になれば、当然仕事に対して思うことが出てくるはずです。何かと、仕事が大変だったら、学生時代にいかに堕落して生活していたということが身に染みてくることでしょう。

当然、休みの多かった大学時代を邂逅しては、大学時代に戻りたかったと思うことも増えてきます。そうなれば、仕事を辞めたいと思ったりつらいと思ったりしてくるでしょうから、何もしない一日を設けてみることが重要です。

激務で、どれだけ仕事をこなしたとしても、土日には休める日があるでしょう。仕事が忙しければ、土日でも仕事をするということもありますが、相当忙しくない限りはそうそうあり得ることではありません。
そのため、一日仕事のことを考えないリフレッシュ期間を設けておくと仕事の意識も変わってきます。よく、仕事とプライベートの両立ができていないという人がいますが、そういった人こそ仕事を辛いと感じているでしょう。

そういった環境に自分が身を投じたのであれば、効率よく仕事をしていくということが重要になります。効率よく仕事をするためにも、一日に何もしない日を設けて、一日中休むべきなのです。

ライバル心を燃やすように努力する!

社会人1年目で仕事を辞めたいというのには、様々な理由が存在します。単純に仕事が辛いという理由もそうですし、成長できない環境にいるということが理由として挙げられます。

しかし、これらの理由はすべて自分の意識の問題であり、会社の問題ではありません。そうなれば、意識を変えることでこの問題を解消することができるというわけです。

最も、意識を変える方法で簡単なことは、ライバル心を常に燃やすということが重要になってきます。仕事が辛いと感じたなら、同僚でも上司でも誰かを超したいという目標を立ててみるとよいでしょう。

感覚でいえば、RPGゲームでボスを倒す感じです。ボスを倒すとなると、それなりに準備が必要となり、自分のスキルを上げた上でボス戦に臨みます。スキルを上げる期間は確かに辛く感じてしまうこともあるでしょう。

ただ、その準備期間があるからこそボスを倒すことができるのです。こういった意識改革を行うことによって、仕事の辛さを改善することができるわけです。ライバル心が消えてしまっては、どのように成長すればいいか分からなくなってしまうので、常に高みを目指すように努力してみることが重要です。

社会人1年目で転職するメリット・デメリット

1年目で転職するメリットとは

社会人1年目で転職するという人が増えてきているというのは、新卒の離職率でわかります。社会人1年目から、離職して3年以内であれば第二新卒として面接を受けることができるので、多少のメリットは存在します。

社会人1年目で転職するメリットは、会社としても即戦力として扱いやすいということがあげれます。これは、研修などを受けた社員にのみ限りますが、ビジネスマナーなどの社員研修を受けている場合は、会社は転職した社員に対して研修を受けさせる必要はありません。

そうなれば、会社にとっても研修費用を抑えることにつながりますし、転職した社員にとっても入社後すぐに仕事を着手できます。専門職になってくると、より即戦力として扱われることもあり、転職したほうが年収がアップするという可能性も大いにあります。

自分自身のスキルを把握しているのであれば、別の会社に転職してより高みを目指してみるというのも良いでしょう。ここで重要になってくるのは、後先を考えずに転職をしないということです。ある程度、転職先が見つかっている状態で転職するというのが社会人1年目が転職するベストなタイミングといえるでしょう。

1年目で転職するデメリットとは

社会人1年目で転職するデメリットは、やはり経歴に傷がつくということでしょう。
履歴書を書く際に、転職するとなれば、職務経歴書も必要となりますし、短期間で仕事を辞めたことを正直に記載することになります。

もちろん、勤続年数が長ければそれなりに評価される対象となりますが、社会人1年目での転職は不利になることが多いでしょう。言わば「この人はすぐに仕事を辞める人」というレッテルが貼られてしまう可能性が大いにあるということです。

そうならないためにも、面接のときに誠実に自分の思いを伝えるということが重要になってきます。ほかのデメリットとして挙げるなら、周りに差をつけられやすいということでしょう。

やはり、勤続している社員のほうが要領は良いですし、仕事の効率も掴めていることでしょう。そういった環境に身を投じるわけですから、同じペースに追いつきたいと思うなら、それなりの努力は覚悟しておくべきです。

社会人としての生活

どうでしたか?社会人として生活をすることで必要な心得や、1年目で転職をする際のメリットやデメリットは理解いただけたでしょうか。

学生生活とは全くと言っていいほどの環境の違いには戸惑うことも多いと思いますが、ぜひこの記事に書かれている社会人1年目の心得などを参考に、社会人生活をより良いものにして行ってください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related